おさんぽ・その他

2015年11月 1日 (日)

天主閣のない甲府城

甲府城には、そもそも天主閣が作られなかった。是地元民の常識也。権威・荻生徂徠が「なかった」と書き残しています。

この通り、石垣だけが残っていたんですのよん。

9703_151011siro

と言いたいのですが、上の写真はかなり修復された石垣と構築物です。数寄屋櫓跡あたり。

遠い遠い昔、若き両親に連れられて花見に来たことがありますが、当時は崩れた石垣と砂ぼこりすさまじい乾いた土だけの荒れた場所だったような記憶があります。

あまりの土ぼこりに両親とも懲りたのか、二度と花見に行くことはありませんでした。

↓堀を見ると、それなりに優雅な気分になれます。

9706_151011hori

↓部分的には立派なお城のようですし。(これも復元)

9695_151011isigaki

(天主台の石垣です)

↓しゃおんとー、というのはなんだったのか。

9692_151011shaon

謝恩碑でありました。通称「謝恩塔」。城内に唐突に突き出ております。碑より塔の方がなじみがよいかと。

皇室の御料林を下賜されたことに感謝する記念碑です。

皇室財産をなぜくれた? 明治40年に大水害が起きたから。

なぜ水害が? 徳川幕府が崩壊して山の権利も新政府(皇室財産)に移った後、手入れがいい加減になっちゃって荒廃、保水力が衰えちゃったそうな。

明治43年にも水浸しになっちゃって、ならばくれてやるから下々よ、きちんと管理せよ・・・みたいな。

お城の階段は結構急です。

9693_151011shaon

スカートの裾をパンプスで踏みつけないよう気を使いながら、ひいこらひいこら息が切れる。

で、冒頭の「甲府城に天主閣はもともと存在しない」ですが、近頃「天主閣復元」の声が上がっているんだそうで。

広島大学の教授が復元図をおつくりになったそうで。

こちらの方がブログに書かれております。
http://yamanashi-kbh-wine.sblo.jp/article/84764526.html
甲府城 天守閣

これだけの規模で天主閣がない方が不思議だよな・・・とは思うのですが、肝心の図面が出てこないことにはどうにもなりませぬ。

享保12年(1727年)の甲府大火で城内燃えちゃったそうですから、その後天主閣が再建されなかった可能性だってあるかも。江戸城だって明暦の大火(1657年)のあと天主閣は再建されてません。

土台は残っております。天主台。写真は撮り忘れております。

これまた、転げ落ちそうな急階段をひいこら上っていって・・・

おお甲府は盆地だ四方が山だ。手前の低山の向こうに小高い山が見えるぞよ。ん?

9694_151011yama

右の石プリンみたいなのなんだ?

9694_151011yama2

怪しいでねえか、としばし黙考。案内板があるのに気づき、しげしげと見比べると「県立科学館」のてっぺんでした。UFOご招待所かと思いましたぞ。

復元に向けた発掘作業で金ピカ鯱が出てきたそうな。

おっこれですか。

9696_151011shati

と思い込んではいけませぬ。これは復元鯱瓦(しゃちがわら)。

〈この鯱瓦(しゃちがわら)は、甲府城跡の発掘調査で出土した資料や、他の城の類例などをもとに復元されたものです。復元整備された稲荷櫓の一階に展示されています。〉 山梨埋蔵文化財センター

紛らわしいな・・・

とにかく金ピカ鯱瓦が発掘されたおかげで、「甲府城にも天主閣?」という話がされるようになったようです。

このあたりのことは、山梨埋蔵文化財センターでご覧くださいまし。
https://www.pref.yamanashi.jp/maizou-bnk/isekiten/kouhujyouten-4.html

↓こちらの方のブログに分かりやすく書かれています。

甲府城に天守閣あったの?…初めての発掘調査で存在明らかに(山梨日日新聞1998-04-26)
http://saint-just.seesaa.net/article/18580167.html

稲荷櫓に上がるのもひいこらでした。櫓内も2階に上がる階段が急で、スリッパあれどスリッパ履いたら怖い、はだしでぺたぺた上がっていき、降りてきました。

写真はほとんど撮り忘れ。というより撮影気力喪失。先の予定が詰まっておりまする。

撤収に向けて歩いていきますと、ここから覗け、と言わんばかりの穴が開いておりました。

9697_151011ana

見張り用でしょうね。

その先は、ザ・お城の雰囲気(ザじゃなくてジか)。

9698_151011magri

門を開けるといきなり石壁、というのは敵襲に備えてでしょうね。

ごっつい門扉。稲荷曲輪門(いなりくるわもん)です。

9699_151011magari

門を出て写真を撮りませう・・・ああっ人が来ちゃった・・・取り直す気力ありませぬ。

9700_151011magari

門を出て下ったところです。ええ雰囲気でしょう。

9702_151011monn

あの橋を渡ると城外だな、という手前に鶴どの。舞鶴城ですものね。

9704_151011turu

変な角度で撮っているのは、背後にビルが入らないようにと・・・

気をつかったところで背後になにか入り込んでいる。

なら、ビルも入れちゃえ。

9705_151011turu

くわーっ、といななく、じゃなかった、雄叫び?をあげてます。ん?

口の中が変。鶴の舌って、こんなんでしたっけ? 

ローマ帝国においては鶴舌は究極の美味だったようですけど。

9705_151011turu2

わかりました。噴水の鶴さんだったのでしょう。お口の中からぴゅーっと水を吹き出していたんでしょ。今でも吹き出すのかな・・・

甲府城はまだまだ修復中でしょうか。お堀の端には工事途中ですよみたいに、巨石がごろごろしていました。

9707_151011isigaki

で、見どころはまだあるのですが、時間切れ。

復元された鉄門を見逃しちゃったなあ・・・遠目に立派そうだったのに。心残り。また行く機会がありましたら、じっくりみてまいります。

甲府城、これにて終了です。

-----------------------------

おまけ:甲府城の案内ページ

http://www.yamanashi-kankou.jp/history/koufujo/

http://kofu-jokamachi.jp/event/091101_kofujo.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

夢の小路と時の鐘と石臼と山手御門

間延びしましたが、甲府城の続きです。時間が経ちすぎて思い出すのに一苦労。

はてさて、駅北口のこの建物は何?

9670_151011yume

予備知識ゼロなので、面くらいました。

左には時の鐘と、古そうな建物が続きます。

9664_151011yume

なんじゃこりゃ、と歩いて行きましたら、「甲州夢小路」=観光商店街でした。

いつできたんじゃ? 知らんぞ。

と部外者が威張ることでなし。地方都市は観光客を呼び込むのに必死です。

↓全体はこんな感じ・・・じゃありません。この写真の左側に延々と続きます。

9663_151011yume

「小江戸情緒が息づく、明治、大正、昭和初期の甲府城下町を再現」したんだそうです。へええ・・・

「情緒」のお写真はこちら↓に。
http://koshuyumekouji.com/about/

「時の鐘」も、明治初期まであったんだそうな。

9674_151011yume

写真や図面が残っていないので、お寺の鐘楼をモデルにしたそうな。川越の時の鐘とはちと違いますわな。

で、この時の鐘ですが、現在は時を告げるんじゃなく、ボタンを押すと20秒後に「ごい~ん」と鳴るようになってます。

9671_151011toki

つまり。

観光客が興味本位で押しまくるので年がら年中、ごい~ん、ごい~ん。うるさいっちゃうるさいな・・・ ワタシも押してくればよかったかな・・・

甲州夢小路にはさまざまなお土産物屋さんがあります。バブル真っ盛りに「夢工場」というのがありましたな。なんとなくあれを思い出しつつ、店から店へ流して歩きました。

見るだけ。買いませんぞ。

という客が多いか少ないかは知りません。

が。しかし。金なら使わんぞ、という固い決意はジャム屋さんであっという間に崩壊。

小さい瓶入りのブラックカシスジャムをお買い上げ・・・手のひらに収まるくらいに小さくて700円。新宿タカノ本店で買ったバラジャムの倍以上高いぞ・・・

9713_151029jam

(タカノが175gで594円で、夢小路が100gで700円で、10gタカノ33.9円夢小路70円・・・つまらない計算するでない)

どうしちゃったかというと、原材料がブラックカシス、国産ビーツ、グラニュー糖だけ。うわ買うしかない・・・。

中高年は「添加物無・天然物」にイチコロです。生物分類「ヒト科」というより「いいカモ科」。むはは。

(充分頭が冷えた今、やっぱり高いな・・・いや高いのには理由がある、と葛藤中)

甲府名物宝飾品のお店の前にあった石臼。穀物をガラガラと粉にする碾臼ではなくて、餅を搗く石の臼。

9672_151011usu

ワタシが可愛いらしい子どもだった頃、ウチにも似たような石臼がありました。一家総出で石臼で餅を搗きました。もち米を蒸かして杵でぺったんぺったん。時々杵を持たせて貰いましたが、なんせ力がない。ふらふらして石臼のヘリに杵をぶつけて、木端入りの餅を搗いておりました。遠い日々・・・

甲州夢小路の近隣はなにかしらの建築規制があるのか、住宅までもが時代がかった造りになっていました。

↓蔵ではなかった筈。民家?の屋根の下。

9675_151011turu

「鶴」紋は、甲府城が「舞鶴城」と称せられるからでしょうね。

漆喰ですよね。材質が漆喰でないにしても、コンセプトは漆喰細工。

伊豆の長八さんが見たらなんていうだろうな。何も言わないだろうな・・・そもそも比べるべきじゃないだろうな・・・

で、本題。甲府城です。甲府城にあった3つの出入口の1つ「山手御門」(復元)です。

↓これは「山手門」 (高さ約6m、幅約5m)です。城門です。・・・って、話が分かりづらい。

9666_151011yamate

「山手御門」とは二つの門の総称です。上のが山手門(やまのてもん)で、

こちらが↓もう一つの「山手渡櫓門」(やまのてわたりやぐらもん)(高さ約12m、幅約14m)。武器庫だそうです。

9669_151011yamate

山手御門のあるところは「歴史公園」となっています。

「山手御門とは、山手門(やまのてもん)と山手渡櫓門(やまのてわたりやぐらもん)の総称で、甲府城にあった3つの出入口の1つです。山手門は城門として、山手渡櫓門は武器庫としての役割を果たしていたといわれています。」 

「山手渡櫓門の中は展示室になっていて、発掘調査で出土した瓦や陶磁器、山手渡櫓門のミニチュア模型、江戸時代の歴史資料などを展示しています。」そうです。

しまった。見てこなかった・・・

以上の請け売りの元は「甲府市観光情報」です。
https://www.city.kofu.yamanashi.jp/welcome/rekishi/rekishikouen.html

さて、お城の本体は線路の向こう側です。つまり、明治に線路を通す際に、お城を分断しちゃったのでした。今思うと「なんちゅうことを」ですが、徳川様の御威光の失われた時期、廃城の価値なんぞゼロに等しかったのでしょう。

あちら側へは陸橋を渡ってまいります。

9691_151011hasi

行くでよ。

(続きは次回に)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

「藤村記念館」-豪勢な小学校

甲府駅北口の「藤村記念館」を前回とは別角度から。バックが森だったら最高なんですけどね。仕方ありませぬ。

9662_151012fujimura

藤村記念館の「藤村」は、明治の藤村県令のことです。

県令って何よ? 今でいう県知事さん。

いただいてきたパンフを要約しますと、

藤村紫朗(1845-1908)。熊本出身。明治6年(1873)~20年在任。文明開化諸施策に積極的に取り組んだ。市街を整備し擬洋風「藤村式建築」を推奨した。

明治前期の甲府には藤村式建築が多数存在し、英国公使アーネスト・サトウはその数を「町の規模からすれば私が知る限り日本一だ」と書いている (10.16少々追加訂正)

ほほう・・・くまモンですか・・・ごっちょでごいす甲州弁・・・

9676_151012fujimura

↑撮った本人以外には、どうってことない写真・・・

甲府は城下町でもありました。

武田(信玄)家滅亡のあと、諸大名が支配し、江戸時代に柳沢吉保が城主となり、整備されました。その後幕府直轄地となり幕末を迎え、明治時代に廃城となって主な建物が取り壊された・・・

もったいないことを。今になって再建をしておりますが、甲府城はとりあえず後にしまする。

という訳で、昔の甲府はしっとりとしたいい街だったようです。

過去形になっちゃっているのは、太平洋戦争末期に大空襲を受けまして市街丸焼けになりまして、その後はバラックから始まり安普請新建材ナンタラカンタラ・・・情緒はどこへ行った。

実は亡き母は甲府出身でありまして、1945年7月6~7日の「たなばた空襲」で焼け出され、終戦後母の実家は開拓農家として山地にはいり苦労したのでありました。

母は家族と別れてお嫁に行きましたので、開拓の苦労はしておりませんです。

話が逸れました。

藤村記念館は旧睦沢学校校舎です。現・甲斐市に明治8年(1875)に建てられ、昭和32年(1957)まで小学校として使われたと。豪勢な小学校ですなあ。

この場所に移設されたのは最近の筈です。以前は武田神社境内にありました。その頃はぼろっちかった記憶がありますが、駅前に移設されてピカピカになったような・・・(記憶曖昧)。

当時の教室を再現。やっぱり豪勢な小学校ですなあ。

9677_151012fujimura

天井の照明は違うでしょうけれど。

↓覚えがあるぞ、この机と椅子。

9678_151012fujimura

あ、机の下の板が無くなっている・・・

懐かしのオルガン。足踏み式リードオルガンというそうです。

9679_151012fujimura

休み時間にぷーかぷーか弾いていたのは、お家にオルガンがあるお金持ちの子どもたちでした。

当時の担任の先生が依怙贔屓で、お金持ちの子ばかり集めてオルガンを教えていましたなあ。よーく覚えておりますぞ。先生はお忘れでしょうが。

9680_151012fujimura

↓どこのメーカーでしょうね。 

9682_151012fujimura

左に「YAMANO」とあるような。山野楽器かな。

2階の窓から駅を見る・・・森だったらよかったのに。仕方ありませぬ。

9683_151012fujimura

お祭りがあるようで、トンカントンカン舞台設定が始まっていました。

階段が急こう配でした。

9685_151012fujimura

降りるのが大変。手すりにつかまってよっこらせと。

1階の上り口に、スリッパは2階にあります、と書いてありましたが、なるほど、スリッパ履いては上り下りできませぬ。

忘れていました。ガイドの方に、韮崎(甲府の隣)は今大注目です、と言われまして、「花子とアンのロケセット」ですね、と知ったかぶりで答えてしまいました。

間違いではありませんが、今現在話題なのは、今年のノーベル賞受賞の大村智先生の地元でありました。つくづく脳内がミーハー仕様・・・

(だらりだらりと次回へ続きます)

おまけ。甲州弁の変な動画がTouTubeに・・・去年の甲府大雪・・・

「生まれてはじめて~甲州弁ver~」
https://youtu.be/75GxZfI4xEU

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

勝手にWindows10

昨日、勝手にWindows10にアップグレードされそうになりました。

おお、こわ。予約なんかしてません。

Windows8.1パソコンの終了時に「更新してシャットダウン」と出ました。

何かの更新プログラムがあるということですが、以前これを選択したら一晩中かかっても終わらない事態に遭遇しまして、以来、この表示があるときは、戻ってコントロールパネルで何がインストールされるのか確認の上、その場でインストールすることにしています。

戻ったら、うぎょっ、オプションなのにデカい面してWindows10アップデートが居座っている。

アップデートしません。断固しません。来年7月まで様子見ますっ。

●とりあえずチェックを外して、他の本来の重要アップデートにチェックを入れて、インストール。

再起動。念のためコントロールパネルを開いて・・・チェックを消した筈のWindows10アップデートがデカい面して居座っているぅ。

ネット検索しましたら、勝手にアップされちゃった助けて~、と泣いている人がいます。

●とりあえずの対策

おたおた、あちこち探しまくり、無い知恵を絞って、Windows10アップデートのチェックを外して、なおかつ右クリックで「更新プログラムを表示しない」にたどり着きました。

とりあえず安心。でも毎回「更新してシャットダウン」と出たときには、戻ってコントロールパネルで確かめることにします。

●以上のごとく、どっきりしましたが、その後ネット検索すると、コントロールパネルを開かず、「更新してシャットダウン」にすれば、「Windows10アップデート」がインストールされることはないとか・・・ホントかな・・・

そういえば、Windows7パソコンは「更新してシャットダウン」で終わらせちゃったけど、インストールされていなかったな・・・来てないのかな・・・

7のコントロールパネルを開いたら、げっ、デカい面してWindows10アップデートが居座っている。とっととチェック外して非表示にするざます。

という、アホな日常。

(2015.10.18追記:マイクロソフトのミスだったようです。)

http://gigazine.net/news/20151016-windows-10-automatically-update/
2015年10月16日 10時26分00秒
Windows Updateすると勝手にWindows7/8がWindows10にアップグレードされるエラーが発生

〈Ars TechnicaがMicrosoft広報に問いただしたところ、「Windows Updateプログラム内でWindows 10へのアップグレードプログラムが提供されています。最近のWindows Updateプログラムで、デフォルトでWindows 10へのアップグレードにチェックがついたままでしたが、これは間違いであり、すでにチェックはつかない状態に変更しています」と、Microsoftのミスであったという回答を得たとのこと。〉

-----------------------------------

先日、法事で地方にお出かけしてきました。

お城の写真など、後日にするとして、とりあえず↓

9686_151012motu

ゆるくないゆるキャラ。目がこええよ~~~

駅の北口の待ち合わせ広場にいました。甲府鳥もつ煮がB-1グランプリになったのは5年前でしたね。イメージキャラクターの「とりもっちゃん」着ぐるみも不気味でした。

「甲府鳥もつ煮」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~torimotsu/yurukyaraname.htm

水晶の産地として知られています。昔の話ね。今は加工技術が売りです。

9687_151012suisho

クリスタルアース、というのは広場の名前かな、モニュメントの名前かな。

ネットには「ラピュタの飛行石」なんてことも書かれています。

広場を出て、デッキから見える風景。

9689_151012fujimura

国指定重要文化財「藤村記念館」旧睦沢学校校舎」です。詳細は後程。

ほほほ、さっきの広場には「環境放射線モニタ・表示ユニット」がありましたですよ↓。

9688_151012monita

下にいろいろ説明があるのですが、どこに表示されているのか分からず、もしかして上の時計が時々変わるのかなと思ったりもしたのですが、どうやら現在休止中らし。

本来、写真中央の球体に表示されるようです。

(だらだらと続く予定です。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編