おさんぽ1・ご近所うろうろ

2017年3月15日 (水)

枝の上で踊るヒト

天使の羽つけてひらひらと踊るヒト。

B1709_170314_2

あるいはアンポホーアンハンターイと集会しているのか。

山茱萸花王国は賑やかです。

B1709_170314

はらはらと涙を流す福寿姫・・・じゃありませんね。

B1707_170314_2

はてお名前はなんでしょ。

B1707_170314

鮮やかなピンクがなまめかしいのは

B1706_170314_2

薹の立ったハボタン姐さん。

B1706_170314

菜の花みたいなのが咲きますわよね。

怪獣レッドロブスターみたいなのは

B1705_170314_2

木立アロエにて候。

B1705_170314

桜もありますことですのよ。

B1704_170314_2

盛りを過ぎていましたが、まだまだ綺麗です。

B1704_170314

ねえねえ、あそこの奥さん、ダンナを締め出しちゃったんですって・・・

B1702_170314

と噂話に余念のないハクモクレン町内会。

ご近所を一回りしてきました。花は拡大してアップでみると、結構静かにうるさいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

空中の草原

ご無沙汰いたしております。

蒸発して空の高みから下界を眺めて気楽に暮らしておりましたが、雲行きが怪しくなりまして不本意ながら雨となって地上に落下してまいりました。久しぶりの下界は冷とうございます・・・

と相も変わらず寝とぼけております。

ある日、仕事が途切れまして(というか飽きてしまって放り出して)吉祥寺にのこのこ出かけたとお思いくださいまし。家電量販店でプリンタのインクなど買いまして、このまま帰るのはちょっとなあ・・・で横道に逸れました。

なるべく通ったことのない道を、と歩いて行きました。

へ?

あれはなんでせう。前方の空中に草原???

B1678_170206_2

ほれ、電柱と同じ位の高さですぞ。ワタクシの目がどうかしたのでせうか・・・

B1678_170206_3

いえいえ、屋根でございました。なあーんだ・・・ではありませぬ。

B1678_170206_4

木まで生えてしまっている、この屋根、このお宅。

B1679_170206

今は亡き赤瀬川原平さんちの屋根に藤森照信さんがニラを植えて、建築基準法だか消防法だかで揉めませんでしたっけ、問題なかったんでしたっけ・・・

個人的には大好きです、こういうお家。

裏に回ってみました。あら素敵。

B1680_170206

窓の向こう側には、絵にかいたようにお洒落な生活があるのかな。

B1680_170206_3

箒の収まり具合がなんともよろしいですわね。

少し先の交差点を渡って、通りの反対側を近くまで引き返して、全景を撮っちゃいました。

B1681_170206

いいですわねえ。ついでに正面からも。

B1682_170206

「草」のお家です。

B1683_170206

いいなあ。住めるものなら住みたいなあ・・・

(追記:「スタジオジブリの各部署と三鷹の森ジブリ美術館関係法人の事務所が入居している建物」だそうです。通称『草屋』)

その後は玉川上水にそって三鷹駅南口をめざしました。

B1684_170206

梅が満開です。曇り空でしたので色がぱっとしませんが、そりゃもう白梅も紅梅も満開でして、視覚的には早春。

で。

三鷹駅南口で遭遇しました。ハイジャンプする募集看板。なぜか、レトロ感満載。

B1686_170206

レトロ感といえば、駅からそう遠くない場所に、こういう一角があります。

B1687_170206

奥の方の店は現役なのかな・・・タイムスリップしたような景色です。現在三鷹駅南口は再開発でどんどん様変わりしています。

この一角はいつまで存在できるのでしょう。ある日再訪したらピカピカのビルが建っていたとか・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

煮て食うべし

御無沙汰をば・・・とうの昔に沈没したと思われてるかも・・・今さら更新ですか・・・

昨日は結構雪が降りまして寒かったです。週末に大きなお荷物を運ばねばなりませんので、凍結したら滑りまくって最悪~と心配しておりましたが、どうやらまぬがれたようです。

荷物、を運ぶのではありません。お荷物。「お」が付くと付かないのとで大違い。それは何かと言うと・・・言っちゃいけませんわねジイ様がお荷物だなんてそんなん言っちゃいけませんよ。

さて。年内にいろいろ片付けねばならぬ雑事が山積みとなっておりまして、お散歩にも行けませぬ。

駅前の銀行に行くついでに道いっぽん逸れたりするのが関の山。なんて悲しい人生・・・でもありませぬ。

先日ちょこっと寄った三鷹駅北口のビルの陰にありますお稲荷様。

B1547_161117

昔はあたり一面、原っぱか畑かで、のんびりしてて良かったんでしょうね。

今は、YWCAと駐車場に挟まれて、南には大きなビルが建ってて日当たり悪し。

B1545_161117

入り口のお狐さまが怒ったような顔をしておりました。

どれ、ちょこっとお参りを・・・

へ?

B1546_161117

あれなる供え物はなんでせうか。

B1546_161117_2

左の平べったいのは袋入りの油揚げ。お稲荷さまの定番ですが、右のヤマサはどういうこっちゃ。

自分で煮て喰え、っちゅうことですか。

気が利いているのか単なる料理オンチか。砂糖がありませんでしょ。油揚げと醤油の分量が合ってませんでしょ。

まさか醤油一本鍋にどばっとあけて、油揚げ一枚放り込んで煮るんじゃありませんよね。塩分過剰です。狐は血圧低そうだからいい、ってもんじゃありませぬ・・・

というアホウな妄想にしばし耽ってまいりました。

とにかく、よろしゅうお願いいたします。ぱんぱん。

で、↓こっちはベランダのゴーヤナンバー3と4。

B1540_161114

もう少し大きく育ててから、と思ったのですが、夏の猛暑が嘘のように急激に冷え込んで冬に突入しましたので、しぶしぶ収穫。サラダで美味しくいただきました。

かぼちゃも収穫。

B1541_161114

これこそ醤油で煮て食べようと思っております。

あ、お稲荷様に醤油借りに行ったりはしませんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

まほろばな通り

「大和は 国のまほろば たたなづく 青垣山ごもれる 大和し 美し」(倭建命さん作)

まほろばとは、一番いい場所みたいな意味のようです。

所用で三鷹駅南口に出た日、時間なら少々ある、と駅前大通り(中央通り)を南下しました。

南口は再開発が進み、現在も駅近くの一等地が地上げされ掘り起こされ基礎工事の真っ最中です。東西書房も第九書房も三鷹オスカーもロータリーの古本屋も、とうの昔に思い出の中。

今回の再開発で何が消えたのか、はて、よく覚えておりませぬ。

以前たしか自然食レストランみたいなのがあったんだよな。こだわりの友人に連れて行かれたけれど、ばちあたり人間は(自然食って高いんだな)と思ったんだよな・・・

下連雀3丁目までは賑やかなのですが、交差点渡って4丁目に入ったところで、雰囲気がかわります。なんというか、「古き良き昭和」の香り濃厚。

以前にも通ったことがあるのですが、その頃は目が節穴だったみたいです。目当ての場所が「職安」、いまでいう「ハローワーク」、失業者の身分でありましたから、余裕なんぞなかったのでしょう。

あれ、通りの向こうがいい感じです。

B1477_161009

どれ、と横切って寄って見ますれば、「豆屋 まほろば珈琲店」でありました。

B1477_161009_2

豆屋といっても小豆や大豆や虎豆や隠元豆は売っていません。珈琲豆。

B1479_161009

有名なお店らしいです。知らなんだ。

三鷹都市観光協会に案内がありました。
http://kanko.mitaka.ne.jp/docs/2014112000139/

他のネット情報によると、「豆売りがメイン、喫茶もできる」とのこと。

斜めにかかっているのは「「Cafeinless Coffee 有り〼」。升売りコーヒー・・・

お隣が示し合わせたような「こいけ菓子店」。

B1477_161009_3

こっちでお菓子を買って隣でコーヒー頼んで、と思ったら、こいけ菓子店で喫茶できるようです。

うーん、迷うな・・・って、入る気があるんでしょうかね。一人じゃ多分入りませんね。知り合いが来たら引っ張って行こう。

この他にもなんともレトロなくだけた感じのコーヒー店あり、行列のできているタイ焼き店あり(←タイ焼き店は3丁目)。うん、いいぞ、この一帯。

さて帰りましょうと目をあげたら、このあたりは「南銀座街」ですと。

B1483_161009

地方に○○銀座は数ありますが、三鷹駅南口にもあったとは。

みよ、このレトロ具合。左のビルは通り向こうの3丁目側。4丁目に入った途端のタイムスリップ感は驚異かも。

街路灯もね、いい感じですのよ。

B1485_161009

なにとぞ、このまま残ってください、とは野次馬の勝手な感傷であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

睨まれた

こわ・・・

B1469_161007

頭に花つけても、「こわ・・・」。だって、猫の剥製なんですもん。

というのはウソ。

こんなにデカい猫がいるわけありませぬ。

B1468_161007

吉祥寺・中道通りの看板娘です。「猫本社はじめました展」の最中でした。

B1468_161007_2

とはいえ、表情がきりっとしすぎていて、生半可な人間は追い払われそうな雰囲気です。

↓こういう、少々抜けてる表情がいいですねえ。

B1493_161010

近所歩いていたら、いきなり大きな顔が出現してびっくりしました。

偶然の産物でしょうが、ハロウィン化けかぼちゃ風。

巷はどこもかしこもかぼちゃだらけになりました。万聖節前夜のハロウィンは死者を弔う日とのこと。いわば西洋お盆。アメリカで仮装して練り歩く陽気なお祭りに変じたようです。

ジャックオーランタンは盆提灯か・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

ウサギどんとリスどんの狩猟本能

草叢に身をひそめて狙い澄ましているウサギどん。

B1463_161001

リスどんも参戦。

B1462_161001

ほら、あれだよあれ・・・ってなに狙ってるんでしょ。

これかな。↓より取り見取りムクドリの串刺し、じゃなくて電線ムクドリ。

B1464_161001

写真では大群には見えませんが、実は空を埋め尽くし電線を埋め尽くしてギャアギャアうるさいことこの上なし。カメラを向けたら、「鉄砲?」と驚いたのか、一斉に飛び立って移動、ああ、うるさいっ。

なに、ふんぞり返っているんでしょうね。

B1464_161001_2

ばーか、ばーか、人間のばーか。ここまで来れないだろ。まーぬけ、まぬけ、とか。

(焼き鳥にしたろか。)

↓新婚旅行ですか、と言いたくなるよな、2列縦隊。

B1464_161001_3

その昔、列車(かバスか飛行機か)の座席がハネムーンに向かう新婚さんで埋め尽くされていたのを思い出しました。

↓これね。

000133659

宮崎県のホームページからお借りしました。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/shoko/appeal/jaja/20_08.html

↓これだけいれば、秩序も乱れますわね。

B1464_161001_4

↓小競り合い。

B1464_161001_5

中央:おう、俺の女に手を出すんじゃねえよ。

右 :ななな、なんという言い掛かりを。ワタシ女嫌いです。あれ~、蹴飛ばさないでえ~、落ちちゃう。

左 :(ばっかじゃないの。鳥でしょ、飛びなさいよ。)

鳥といえば思い出すのが。ヒッチコックの「鳥」。

主演のティッピ・ヘドレンが鳥に襲われるシーン、恐かったですね、恐かったですね、恐かったですね・・・

ヒッチコックはブロンド女優が大好きだったそうです。ティッピ・ヘドレンも金髪碧眼の美人。

「大好き」なあまり、愛しのティッピさんを実際に鳥に襲わせて傷だらけにしたんだとか。

愛しのティッピさん以外も、金髪碧眼美女は、ヒッチコック映画の中では結構いじめられているんだとか。

「大好き」がこじれると、「女嫌い」になっちゃうんでしょうか。

小学生の頃は、男子が好きな女の子をいじめて泣かす、というのはよくありましたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

エリザベスわんこ

シャーロットでもダイアナでもキャサリンでもなく、エリザベスなわんこ。

7月のある日、駅前近くの路上にて。

B1394_160729_3

「お母さん(あるいはお父さん)、ご用事まだですか~」とひたすらお店の方を見つめておりました。

犬はけなげです。

こちらは寝そべり猫。

B1401_160803

車は通らないとはいえ、道っぱたで堂々とくつろいでおりました。

顔を起こしたのは、カメラ構えたマヌケが接近してきたから。ごめんよ。

わんこの首に巻かれたエリザベス・カラーは↓この人由来です。

Elizabeth1England

エリザベス一世。wikipediaからお借りしました。

↓これはエリザベス・フラワー・・・じゃなくてひまわり。

B1395_160731

ザ・ひまわり、と言いたくなるような堂々とした咲きっぷり。

都知事選の日、投票所となった小学校の校庭にありました。

夏、暦の上では終わっちゃいましたね。現実は猛暑・・・あぢ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

サトイモ畑で捕まえて

7月23日の逸れ散歩の後半です。

逸れポイントの2。「練馬区の畑」

B1353_160723

武蔵野市と練馬区の境を流れる千川上水沿を下って行くと、途中で上水は武蔵野市を離れてしまいます。吉祥寺橋の辺りです。

そのまま千川上水沿いに進もうとすると、細い未舗装の道はぐっちゃぐちゃ。

サンダルはいてます。つっかけじゃなくて、ギリシャ風の足首しっかり固定するタイプ。結構な難所を歩きまわれるのですが、ぬかるみだけはダメ。

あきらめて、境となる道路を吉祥寺方向に進みました。

で。上の写真の畑風景に遭遇。遭遇と言っても、ワタシの好きな場所なんですが。練馬区側です。

見よ、この東京の田舎風景を。

B1354_160723

子ども時代、田舎の祖父母の農家で、ジャガイモやらトマトやらレタスやらの収穫を手伝ったことがあるので、懐かしくてたまりませぬ。

吉祥寺へ行くことなんぞ忘れ果てて、ふらふらと練馬区方向へ。

ネギにサトイモ。

B1355_160723

サトイモの葉っぱに転がる水滴。

B1356_160723

ワタシの田舎も文字通り田舎でしたので、通学途中、道端の葉っぱで遊びましたぞ。

サトイモの下にはトンネルがあります。

B1357_160723

小学生にはちょうどいい隠れ家。鬼ごっこもしましたなあ。

「サトイモ畑で捕まえて」・・・

農家の方にはいい迷惑だったでしょうなあ。

と思いつつ、千川上水の道の乾いた所へ戻って、もう少し下流へ。

上水沿いのお宅はこんなんです。とにかくだだっぴろくて緑が鬱蒼とし過ぎ。

B1358_160723

固定資産税いくらかかるんだろうな・・・農地なら安いのかな・・・

いかんいかん、吉祥寺に行くんだった。このままではどんどん逸れてしまいます。念のため時刻を見れば、あらま、あと1時間だわ、帰りを考えなくちゃいけない時間だわ。

ということで上水沿いに引き返します。

おおお、何年も前に見た廃墟アパートが健在(?)ですぞ。

B1360_160723

あの時、凄いもの見ちゃった気がしていましたが、いまだに残っていることに新鮮に感動。

しかし、もったいないですね。手入れして貸せば結構な収入になる筈です。

B1361_160723

相続で揉めているんかしらん。固定資産税、大丈夫ですかしらん。

おばあさんが洗濯していそうな上水風景。

B1362_160723

コンクリート護岸じゃない方がいいです。

うろうろきょろきょろ、上水を遡ります。橋ごとに上流下流の眺めをチェックし、鯉と鳥もチェックし・・・ていたら、おばちゃんに声を掛けられました。

「鯉、いますかしら?」

この橋にはいないんですのよ。下流にはいましたけど。

見知らぬおばちゃんですが、おばちゃん同士は会ったばかりでも旧知の間柄のように話をはずませる、という特技があります。

しばし、どーでもいいことをぺちゃくちゃして、「ごきげんよう」と別れてきました。年取るのもいいもんです。

↓おおおおう。

B1364_160723

何に驚いたかって、つい先日までは畑だった場所が住宅街になっちゃってる。売出し中。

ええーっ、畑のままの方が良かったのに・・・というのは野次馬の勝手な願望。地主さん、いろいろ悩んだんでしょうね。

大手住宅メーカーが売出しやってました。

B1366_160723

千川上水挟んだ練馬区側はマンションラッシュです。

B1365_160723

畑地だったところに中高層マンション群。

「練馬の大根畑」が幻になる日がいつか来るのでしょう・・・

↓建て替え中の武蔵野市のクリーンセンター工事現場です。

B1367_160726

順調に進捗しているようです。

足場だか鉄骨だかが虹色に見えます。

B1367_160726_2

塀のイラストに合わせたんでしょうか。

おほほ。武蔵野市の水道部です。相変わらず素敵な光景です。

B1369_160726

写真右の煉瓦塀は監獄、じゃなくて、地元公立小学校の塀です。「チャレンジルーム」があるようです。

柵の隙間からカメラを入れてパチリ。

B1370_160726

桜並木と緑の下草がいい感じ。草は適度に生えているのがいいです。

振りだしの図書館近くに戻ってきました。ヒマラヤスギの新芽もいい感じに揺れていました。

B1371_160723

2時間程度ですが、19000歩歩いていました。

人間、やっぱり歩くと気分がいいです。明日も頑張ろうっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

「オニ」の居る公園

7月23日薄曇り(多分)、気温が下がって過ごしやすい日でありました。

絶好のお散歩日和でありましたが、あれもこれもしなければなりません。

なりませんが、日頃のつけが回ったようで何もしたくない。

ぐだぐだごろごろちまちま、片付けようと、(※)こっちの部屋からあっちの部屋へモノを引っ張って行って、あれ、あんなところにあんなものが置きっぱなし、と気を取られて、いま引っ張ってきたものを放り出して・・・

(※に戻る。エンドレスのお引きずり。)

どうにもならん、といさぎよく寝てしまいました。

少し寝て目が覚めて、寝転がったまま本読んで、寝落ちして本を取り落とし、落とした衝撃で目が覚めて続きを読んで。読んでいたのは町山智浩さんの「トラウマ恋愛映画入門」

面白い本ですよ。図書館の抄録をそのまま書き写すと

「「めまい」「ジェラシー」「愛のコリーダ」…。ホラーより怖くて、コメディより笑えて、ミステリーより謎で、AVよりエロくて、アクションより勇気が出る恋愛映画22本を紹介。『小説すばる』連載ほかを書籍化。」

で、2時過ぎた頃ようやくエンジンが掛かりました。掛かりましたが、室内であれこれする気分ではない。夕方に用があるが、それまで2時間ほど余裕がある。書は捨て置いて町に出よう。吉祥寺に行ってこよう。

で、繰り出しました。図書館に寄って読んじゃった本返して、なるべく裏道歩いて行こう。

「裏道」の時点で、その後が決まりですわね。結論から言うと吉祥寺に辿りつけませんでした。どんどん横に逸れちゃって。

逸れ1。「木の花小路公園」

成蹊学園の近くにあります。国の登録有形文化財「濱家住宅西洋館」が隣接しています。細長くこじんまりしています。ホタルも飼育しています。(と2年前にも書いていました。調べようとしたら自分のブログが出てきちゃった・・・)

2年前のデング熱騒ぎで蚊を退治しちゃったのか、この日、虫よけスプレーを忘れた生足だったにもかかわらず、虫刺され無し。喜んでいいのか悪いのか「沈黙の夏」。

ええと、鬼百合でしたっけ。

B1343_160723

子どもの頃、家の庭にいっぱい咲いていました。百合といえばこれを思い浮かべるので、「楚々とした百合のような」の形容がピンと来ずじまい。言語感覚がなんとなくずれているのはこのあたりに原因があるのかしらん。

拡大すると魔の手(魔の脚)みたいな雄蕊。

B1343_160723_2

百合の花粉てやっかいなんですよね。服についたら落ちなくて。夏服は白が多かったもので、もう悲惨でした。

↓ええと、アザミとは思うのですが、何アザミでしょう。とにかく大きい。

B1344_160723

トゲが凄いんですけどね。

B1345_160723

オニアザミ? アメリカオニアザミ(ヨーロッパ原産ですけど)? どっちにしろ「オニ」。鬼の居る公園です。

↓ヤブラン、でしたっけ? 

B1346_160723

凡人、静寂を破らん・・・

↓萩だよ~早くも秋だよ~ と小躍りしたのに「ピンボケ」

B1347_160723

どこにピントが合っているのでしょう。フルオートでボケ写真撮るのも才能かも。

↓桔梗だよ~ 秋だよ~

B1348_160723

と思ったら、6月から開花するんですって。

アップにしました。

B1348_160723_2

紫色の血管が血走ってます。足長蜂が勢い余って突っ込んだみたいな花芯の雄蕊と雌蕊。

2つの花に挟まれて蕾があります。

昔々のこと。夏になると預けられた高原の祖父母の家の生垣は様々な種類の花が咲き乱れていました。桔梗もたくさん植えられていました。

小学生だったワタクシ、桔梗の蕾を見つけてはかたっぱしから潰して遊んでいました。屈託のある子どもだったのでせう。遠い遠い夏の日・・・

(祖父にえらい剣幕で怒られたと思います。)

振り返れば緑の小道。

B1349_160723

この近辺は、現在のワタクシの田舎の実家よりよほど緑に溢れています。田舎はねえ、木は切り倒し、原っぱはアスファルトで埋め尽くしているんですのよ。緑への恐怖、みたいなものがあるんでしょうかしらん。

公園出て、成蹊学園近くのお宅の庭の栗。これも前に写真撮った・・・

B1350_160723

成蹊学園の周囲は豪邸が一杯あるのですよ。

↓吉祥寺に行くには、成蹊学園内の道を通って行きます。一般人も通行できますが私道です。心して通りましょう。

B1351_160723

で、気がつきましたか? 塀の一部が白いのを。

何もしてないのに、ここだけ白い。

B1351_160723_2

それはですね、成蹊学園の隠された秘密なのですよ。

辺りが暗くなってくると、ほーら・・・

B1351_160723_3

浮かび上がってくるでしょ。妖怪の姿が。

頭は「土筆」、胴は「山鳥茸」。ゆっさゆっさ塀から抜け出し、ぼけーっと歩いている人を喰っちまうんですのよ。歩きスマホは厳禁ですのよ。

B1351_160723_5

という与太話を真に受けちゃいけませんぜ。一部だけ白いのは、歩道橋が天井となっていて雨に濡れないから。おどろおどろしいのはPhotoshopの色調補正で露光量をいじったから。廃墟の写真なんぞ、一発で不気味になります。

成蹊学園には婆がいます。じゃなくて、馬場があります。

B1352_160723

部外者立ち入り禁止なので、遠くから撮りました。馬いません。

と思ったらいたよ。アップにしてみるものですね。鼻筋通ったやんごとなきお馬さん。

B1352_160723_2

学園祭のときは乗馬体験させて貰えるんだったかな。小学生だけだったかな。体格でいうならワタシも小学生並みなんだけどな。ダメか・・・

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

笑うザリガニ

どうにこうにもお散歩に行けません。用もないのに歩き回るのが好きなのに、仕事とナントカで、狭い範囲を連日ちょろちょろ。

ううう、我慢できないっ。

先日、吉祥寺にマウスを買いに出かけたついでに、井の頭公園に行っちゃいました。

仕事ほっぽりだしましたけれど、それがどうかしましたか。取引先は本日(土曜)お休みです。ワタシは納期さえ間に合わせればいいんです。今日(土曜)しなくたって明日(日曜)やればいいんだい。

あまり人がいませんでした。

のんびり歩いていたら外来種調査をやっておられる方たちがいらっしゃいました。

のぞかせてもらったバケツの中には、佃煮にしたいほどブルーギルの稚魚が入っていました。昨年春、「かいぼり」をやって外来種駆除をした筈なのに、また増えてしまったようです。

ブルーギルのお味は悪くないと、ネットのどこかで見ましたが、この場面で「佃煮にするからくれ」とは言えませんですわね。臆面なく言ったところで、譲渡禁止の筈ですし。

久しぶりの井の頭公園は、あちこちが整備されていました。

40年ほど前の野趣溢れる公園と脳内比較すると、整備され過ぎの感がなくもないのですが、世の中は、便利で綺麗な方向を目指しているのでしょうね。

ぐるーっとめぐって七井橋を渡って(ここも昔は木造だったぞ)行くと、こちらにも外来種調査をしておられる方がいらっしゃいました。

一見釣り人に見えます。ちょうどブルーギルを釣り上げた?ところでした。ブラックバスも獲れたとのこと。いろいろ増えちゃっているようです。

池にはぷかぷかとペットボトルの束が浮かんでおりまして、それは何かと言うと、↓これ。

9578_150912gairai

ザリガニも増えちゃったそうです。

9578_150912gairai2

イッヒッヒ、と笑うのですね。知らんかった。ウッシッシ、と笑わせてもよかったかも。

話が違いますが、↓こちらは、何のついでだったか、寄り道したお寺で遭遇した、石のかたつむり。

つい蹴飛ばしたくなる風情でありますが、いけません、そんな罰当たりをしちゃ。

9576_150905maimai

弘法大師さまが見ていらっしゃる。

このお寺は延命寺です。平和の鐘(鐘楼)や平和観音菩薩、中島飛行機ゆかりのプロペラなど、戦争関連のモノがありますが、こちらの250K爆弾の破片もその一つ。

9575_150905bakudan

70年を経て、まだ戦争の記憶をとどめております。

散歩再開はいつになるやら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編