おさんぽ31・三鷹市

2017年2月 8日 (水)

空中の草原

ご無沙汰いたしております。

蒸発して空の高みから下界を眺めて気楽に暮らしておりましたが、雲行きが怪しくなりまして不本意ながら雨となって地上に落下してまいりました。久しぶりの下界は冷とうございます・・・

と相も変わらず寝とぼけております。

ある日、仕事が途切れまして(というか飽きてしまって放り出して)吉祥寺にのこのこ出かけたとお思いくださいまし。家電量販店でプリンタのインクなど買いまして、このまま帰るのはちょっとなあ・・・で横道に逸れました。

なるべく通ったことのない道を、と歩いて行きました。

へ?

あれはなんでせう。前方の空中に草原???

B1678_170206_2

ほれ、電柱と同じ位の高さですぞ。ワタクシの目がどうかしたのでせうか・・・

B1678_170206_3

いえいえ、屋根でございました。なあーんだ・・・ではありませぬ。

B1678_170206_4

木まで生えてしまっている、この屋根、このお宅。

B1679_170206

今は亡き赤瀬川原平さんちの屋根に藤森照信さんがニラを植えて、建築基準法だか消防法だかで揉めませんでしたっけ、問題なかったんでしたっけ・・・

個人的には大好きです、こういうお家。

裏に回ってみました。あら素敵。

B1680_170206

窓の向こう側には、絵にかいたようにお洒落な生活があるのかな。

B1680_170206_3

箒の収まり具合がなんともよろしいですわね。

少し先の交差点を渡って、通りの反対側を近くまで引き返して、全景を撮っちゃいました。

B1681_170206

いいですわねえ。ついでに正面からも。

B1682_170206

「草」のお家です。

B1683_170206

いいなあ。住めるものなら住みたいなあ・・・

(追記:「スタジオジブリの各部署と三鷹の森ジブリ美術館関係法人の事務所が入居している建物」だそうです。通称『草屋』)

その後は玉川上水にそって三鷹駅南口をめざしました。

B1684_170206

梅が満開です。曇り空でしたので色がぱっとしませんが、そりゃもう白梅も紅梅も満開でして、視覚的には早春。

で。

三鷹駅南口で遭遇しました。ハイジャンプする募集看板。なぜか、レトロ感満載。

B1686_170206

レトロ感といえば、駅からそう遠くない場所に、こういう一角があります。

B1687_170206

奥の方の店は現役なのかな・・・タイムスリップしたような景色です。現在三鷹駅南口は再開発でどんどん様変わりしています。

この一角はいつまで存在できるのでしょう。ある日再訪したらピカピカのビルが建っていたとか・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年11月 8日 (火)

太宰橋から富士が見える

正確には『三鷹電車庫跨線橋』ですが、陸橋と呼ばれています。ワタシの中では「太宰橋」。太宰治がよく訪れた場所として有名なんですの。

三鷹駅から西に少し行ったところに、電車庫がありまして、始発電車などの車両が待機しております。電車庫を見下ろせる跨線橋は絶好の鉄っちゃんスポットであります。

もろもろの雑用にくたびれ果てたある日、駅前での用が済んだらとっとと帰ればいいものを、ついふらふらと跨線橋に向かいました。

夕暮れです。明るく写っていますが、実際は心細くなりそうな薄闇が迫っておりました。

始発電車が見えますよ~ ミニ鉄のちびっこ達が興奮して橋上を走り回っておりましたぞ。

B1530_161103

で。

日が沈むよ~

B1531_161103

おお、富士山が見えるではありませぬか。

B1534_161103

そういえば、ここは富士が見える場所としても有名でありました。

でっかい日が沈むよ~

B1536_161103

と日没を目の当たりにしたように書いていますが、実際は目が焼けちゃってまともに見ていません。写真見たら、あら、ちゃんと写っているわ、という状況でありました。

20分ほど跨線橋をちょろちょろして、少しは気が晴れたかな。あしたもがんばろっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

抗議する埴輪

だからね、ここ自転車止めちゃだめなのっ。

入り口なんだからさあ、常識で考えてよ常識でねっ。逮捕しちゃうよっ。

B1517_161020

はにわ君じゃなくて、こまわり君だったか・・・

三鷹駅南口近くのマンション入り口で頑張っていました。

駅前にでたついでに少し先に行ってみました。駅から10分圏内です。

この辺に古本屋さんがあったよな・・・と思ったところは骨董・古物のお店になっていました。

B1516_161020

古本屋さんはどこもかしこも店じまいのようです。ネットに押されたんでしょうかね。吉祥寺サンロードの由緒ある古書店もとうに無くなりました。ブックオフがありますが、中高年の喉から手がでるような本はありません。古くて汚いということで、ゴミになっちゃうみたいです。

近頃増えているのが、古い皿などを売るお店。吉祥寺にもあります。小皿1枚100円くらいで並べています。正直いって欲しいものはない。100円には100円の訳がある・・・

ここもか、と思ったら、小皿の値付けが高い。高いといっても800円くらいですが。へー、ほーと眺めてみたら、あら、いいお皿並べているじゃありませんか。

B1516_161020_2

これならウチの食器棚に並べてもいいな、とか思ったのですが、買っちゃいかんです。

B1516_161020_3jpg

買うなら今あるお皿を処分しなさい。←できませぬ。←買えませぬ・・・

(広いお家が欲しいな・・・)

気を取り直して。巨大な筆がぶら下がっているのは書道用具専門店の「山口文林堂」です。

B1512_161020

大通りから西側へ入ったところにありまして、通りかかるたびに、逆さに吊るされたイノシシを連想しております・・・(連想回路に難あり)。

筆の横に宣伝旗がありました。

B1511_161020

あきないカフェですって。今度の日曜日です。

B1511_161020_2

第2回目って、去年もやったということですね。知りませんでした。近くでも自治体が違うと気がつかないものですね。覗いてみますせうか。

おそば屋さんの前に謎の古物体あり。

B1513_161020

なんざましょ。蕎麦の脱皮器? 三鷹の水車小屋(野川の新車)は蕎麦を挽いて粉にしてましたよね。三鷹は蕎麦と縁が深いんですよね。

現役? 単なるディスプレイ?

B1513_161020_2

手作業の延長みたいな機械には威厳がありますわね。

で。

何年も前から気になっているけれど、入ったことのないお店。

B1515_161020

この店構え、美味しいんだろうな、とは思うんですけれどね・・・

ネットで調べたら、隣り合わせにもう一軒「ハルピン」があるそうで、それはどういうことじゃ・・・

うだうだ考えてても仕方ない。一軒ずつ攻略しましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

のようなものの罪

2月14日、三鷹市散歩の4です。

な~んか、でれでれした今回のお散歩でした。

勝淵神社を後にして遺跡資料室へむかうも開いてない・・・どうしましょ。

引き返して帰るか先に進むか悩みつつ、あら、右に行くと「島屋敷遺跡」ですって。行くだわさ。

で曲がってみましたが、遺跡なんかね~ぞ~

しばしうろうろして、マップに「遺跡」とかかれた部分はUR賃貸住宅であることが判明。

9149_150214sima

痕跡くらい残してないのかいっ・・・ないっ。

諦めきれずきょろきょろしましたら、古そうな松の木がありましたぞ。怪しい。

9150_150214matu

おほほ、古いアカマツでした。樹齢どのくらいでありましょう。

9151_150214akamatu

「島屋敷遺跡」はマップには

〈蛇行する仙川に囲まれた「島」のような地形には、約3万年前から人が住んでいたことが、発掘調査で解っています。〉とあります。樹齢3万年は無理だわな。

この「発掘調査」は、〈2000年代に新川団地が建て替えられた際の発掘調査で、大規模な遺跡が見つか〉ったそうです。↓こちらの方が詳しく書いています。

謎解き仙川用水その3ー島屋敷ルートと仙川源流地帯~深大寺用水と入間川を紐解く(12)  2012年 04月 01日
http://tokyoriver.exblog.jp/17751222

で、そのあとは埋め戻して団地にしちゃったのね・・・少しくらい残しといてよ・・・

しょぼんと仙川に戻ります。水きれいだな。鴨がぷかぷか。水に流されてはじたばたと戻ってきます。

9152_150214kamo

川の向こうに「天神山遺跡」が見えます。直線距離はわずかなれど、渡る橋がない。

The water is wide, I can't cross over, And neither have I wings to fly.

とか言ってる場合じゃない。下流側に橋があります。歩いて行きましょうぞ。

9153_150214tenjin

の途中に石碑あり。「仙川樋口取水場」ですと。

9154_150214higuti

説明には

〈昭和20年代頃までは、ここを取り入れ口として川の水を水田や生活用水に利用。時代の流れとともに姿を消した。上流に水を送る施設として生まれ変わった。〉(要約)

とあります。どういうこっちゃ。

〈人見街道の野川宿橋より下流にはきれいな水が豊富に流れています。これは丸池公園より下流の河床から現在も湧き出る湧水を中央自動車道付近の樋口取水場より1,650m上流の野川宿橋まで汲み上げ循環しているからです。〉
三鷹市HP

http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_service/011/011247.html

ああ、そうなんですか。周囲に水源のなさそうな「野川宿橋」でいきなり水量豊かになるのはそういうことなんですか。わかった・・・

取水場周辺は小さな公園になっています。

羽ばたく連鶴ならぬ連鴨。

9155_150214kamo

カモ鍋から逃れようとしている気がしないでもないです。

9155_150214kamo2

ネギは・・・それどころじゃないわよっ。お尻に火がついてるのよっ。みたいな。

ぐるーっと回って天神山遺跡入り口。

9156_150214tenjin

入り口脇に公衆トイレがありまして、車を止めては駆け込んでくる人が多くてえ・・・

トイレの戸がなくてえ・・・朝顔丸見えでえ・・・

乙女としては困りましたぞ。

〈戦国時代(16世紀前半頃か)の城跡が残されています。今も残る「堀切」と「土塁」が、いまだ知られざる三鷹の中世の歴史を伝えています。〉

とマップにはありますが、すんません、わかりません。ただの雑木林。

↓土塁でしょうか。堀切でしょうか。

9158_150214hori

だあれもいませんでしたよ。

↓こっちは個人の農地? 三鷹市は自然豊かなのです。

9159_150214niwa

さあて、そろそろ帰らなくちゃ。仙川沿いにさかのぼっていたら、あら、遺跡展示室前の通りに出ました。そのまま進めば勝淵神社です。肝心の兜塚に行き忘れましたので、どれ参りましょう。

のどかな道だなあ。

あら、向こうから来る人、マスクしてサングラスかけて帽子を目深にかぶって、月光仮面のなりそこないみたい・・・

すれ違った瞬間、どきっ。

ナイフを握っていました。

焦るな慌てるな何食わぬ顔で先へ行け振り向くな・・・

すたこら離れて安全な距離を確保し振り向くと、ぎえ、パトカー到着。

居合わせた学校帰りの男子小学生たちが、パトカー来たぞ来たぞと騒いでいました。誰かが通報済みだったのですね。

男子小学生といったら好奇心のかたまり恐いもの知らずバカと背中合わせの蛮勇横溢。

「近づいちゃだめだよ」と止める間もなく、それっとすっ飛んで行きました。さすがに小高い斜面の上の方を走っていましたが。

さて。パトカーから降りた警官、男に事情を聴こうとしていました。即逮捕でなかったのは「銃刀法違反」に該当しなかったから?

刃物を握っている。すれ違った時そう思いましたが、冷静に思い出すと「刃物のようなもの」だったかもしれません。

その後、男は道を戻ってきます。後ろからパトカーが付いてきて・・・

小心者のワタシは逃げましたよ。もしかして本物の刃物を隠し持っていたら、トロいおばちゃん、あっという間に餌食になります。

逃げながら↓兜塚の写真パチリ。

9160_150214kabuto

手前に力石もありましたが、今それどころじゃないのっ。

とにかくとっとと現場から離れました。ワタシのポリシーの一つは、三十六計逃げるに如かず。命あっての物種。

さかのぼって「仙川公園」にきました。

9161_150214kouen

ストーップ、ストーップ。はい、直進車だけね。

9162_150214heiwa

こんなところでお目にかかろうとは。北村西望翁「平和祈念像」。

長崎にありますが、井の頭公園にもあります。三鷹駅北口にもあります(違う像でした)。北区にもあります。

公園のコンセプトは「平和」でしょうか。

↓アンネのバラ。ふーん・・・

9163_150214bara

帰ると言ったら帰ります。東八道路をすたこら。

あれっ。何かを見たような気が・・・と戻って確認したら、植え込みの陰にニャンコレストラン。

9165_150214gohan

街ネコでしょうかしら。こっそり外飼いでしょうか。

歩きながらでは見えにくい場所にありました。

さて、東八道路を渡って帰るぞ~という時上を見上げたら「海上技術安全研究所」ですと。

9166_150214kaijou

なんですか、それ。

〈国土交通省所管の独立行政法人。略称は海技研。

海上交通の安全及び効率の向上のための技術や、海洋資源及び海洋空間の有効利用のための技術、海洋環境保全のための技術に関する研究等を行っている。〉wikipedia

そうです。なんだかじぇんじぇん分かりませんが、研究施設の一般公開を平成27年4月19日に開催するそうです。行ってみようっと。

この後は朝来た道を引き返して、新川散歩は終わりました。歩数は・・・歩数計エラーが2回も出て不明。帰宅して地図上を辿ってみたら、約36000歩相当でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

丸池と勝淵神社

2月14日、三鷹市散歩の3です。

嫌になるほどぐるぐる回りましたが、マップ上では丸池公園のすぐ近くにある神社がみつかりません。

同じころ、スマホの画面をじっと見て同じようなところをぐるぐるしている人がいました。

ワタシがぐるーっと大回りして六差路から吉祥寺通りに向かい、途中で仙川方向へ折れて細い道を南下(緑の濃い方へ)していたら、反対側からやはりスマホの画面を見たまま北上してきました。

スマホのナビ見ながら迷ってるんですかね。

緑の濃い一画はこんもり盛り上がった「林」でありました。霜柱の溶けたぬかるみにすってんころりんの恐怖を覚えながら坂を上っていくと、おお、「遺跡」を思わせる場所でありました。

なんとよい眺めでありましょう。

(写真撮り忘れ。あ゛あ゛あ゛)

おお、あれに見ゆるは池ではございませぬか。公園ではございませぬか。下界へ降りましょうぞ。

すってんころりんしないようよちよち歩きでおりましたそこが「新川丸池公園」でありました。

この丘も含めて新川丸池公園でしょうかしら。詳細不明。資料なし・・・待った「みたかナビ」がありました。

〈昭和46年(1971年)に埋め立てられ、23年後の平成6年(1994年)に東京都と三鷹市が復活計画をスタート。

人工的だが、水がかなりの勢いで流れ出し満々と水をたたえている。池の北側は小高い丘のようになっていて原っぱ公園、見晴らし公園、雑木林公園と続いている〉そうです。

抜き書き要約:http://www.mitakanavi.com/spot/park/maruike.html

↓丸池。この日はどうも撮影意欲なしで全体を撮っていませぬ。

9140_150214maruike

↓原っぱ公園かな。

9141_150214maruike

公園の向こうは豪邸ぞろいですなあ。さぞかし眺めの良いお家でありましょう。

案内板は「新川」抜きの「丸池公園」

9141_150214maruike2

ずーっと上流側の「丸池公園」とこの「丸池公園」の関係はどうなってるんでしょ。新参者には紛らわしいでっす。

! ( ̄○ ̄;) !

「勝淵神社」ありましたよ。写真写りがちょっとナニですが。

9143_150214jinja

その昔、柴田勝重さんがお祖父さんの勝家(戦国武将)の黄金の兜を祀ったといわれる「兜塚」があるそうです。

9144_150214kabuto

↓由来。読んでません・・・

9145_150214yurai1_2

後で読もうと思ったんですけれど・・・

もう一つ掲示板がありまして、「猫のあしあと」さんが採録しています。興味のある方はそちらへいらしてくださいまし。

http://www.tesshow.jp/tama/mitakamusashino/shrine_shinkawa_katsu.html

日当たりが良いのか、梅が満開でありました。

9148_150214ume

満開の梅の下で、小さな女の子が霜柱どけぬかるみですってんころりん。若いお父さんが拭いてあげていました。

おばちゃんもつるんつるん滑りながらおっとっとと歩きました。

夢の中ならスーイスーイと横滑りしていればよいのですが、現実でそれやったら、相当みっともなくひっくり返るでしょうね。

そうそう、「遺跡みたい」と言いましたが、事実「遺跡」でありました。

三鷹遺跡展示室によりますと

〈1980年の発掘調査によって、立川ロームⅩ層(約30,000年前)の黒曜石製石器が出土しています。〉だそうです。

http://www.mitaka-iseki.jp/jousetsu2/newpage9mk.htm

そういえば、三鷹遺跡展示室はこの近くの筈。行ってみるざます。

のこのこ歩いて行ったら本当にすぐ近くでしたが、閉まっていました。

そうでした。事前の電話予約が必要でした。

野次馬除けトラップだ。あ゛あ゛あ゛・・・

(また続きがあります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月28日 (土)

仙川・丸池公園ぐるぐる

おほほ、オランダの水辺の住宅街ざますよ。

9131_150214sengawa

と性懲りもなく嘘っぱちを。2月14日、三鷹市散歩の2です。

看板に大きく書いてある通り、ここは仙川です。

9131_150214sinkawa

せんがわ、かとおもったら、せんかわ、ですわね。

wikipediaによりますと、〈一級河川。多摩川水系野川の支流。「せんがわ」と称されることが多いが正式名称は「せんかわ」〉だそうです。

上流部は人工河川で、野川宿橋のあたりから天然河川だそうです。

野川宿橋ってどこだ・・・違う道を来て通り過ぎてしまったもよう。改めて地図を見ると、人見街道と交差するところのようです。次回は是非行かねば。

とにかく、上流とは流れの雰囲気が違います。

9132_150214sengawa

♪病葉を 今日も浮かべて 街の谷 川は流れる~

というには水量不足。街の川は哀しいです。多分「新川大橋」からの眺め。

仲宗根美樹/川は流れる
http://youtu.be/3O5zNfaC7kI

話が前後します。仙川に再会するまで、東八道路沿いを歩きました。

角を曲がった途端に、↓細くくねった道。水路跡かな~

9123_150214suiro

怪しいな~

9127_150214suiro

と辿ってみましたが、すぐ消えました。ただの曲がった道のようでした。

その先には三鷹緑化センターと農業公園。ふーん、と通り過ぎましたもので写真なし。整備され過ぎちゃった公園は、どうもいけません。

3歳くらいのお坊ちゃまがお母様に手をひかれてわんわん泣いていました。

農業公園の入り口に戻るのに、お母様は最短コースで広場部分を斜めに横切って行こうとしています。お坊ちゃまは、ここを歩けとばかりに周辺沿いに舗装してある散歩コースを辿りたいようす。

おぼっちゃまの気持ち分かるなあ・・・

東八道路の向かいの建物がなんとも味がありまして、でも写真にするとどうってことありません。(←言い訳。腕が悪いだけ)

9130_150214gakusei

あらま、東大の国際学生宿舎でしたか。

9130_150214keikoku

禁止・注意・監視・・・

ここを通り過ぎて新川大橋で仙川沿いの道に入ります。

三鷹高校前で吉祥寺通りを渡ると、さあ公園の始まりです。

9133_150214skawa

斜めってますが、流れが公園の雰囲気。

9134_150214kawa

この写真ではわかりませんが、先の下流側の柵にはカメラ構えた鳥狙いのおじさん達がメジロのごとく並んでいました。

オープンカーの横の巨木。ではなくて、普通の樹の横に、三輪車レベルのおもちゃカーです。

9135_150214car

粋っていえば粋かも。無粋といえば無粋かも。

ここは「丸池公園」です。この名前が悲劇の元でした。

梅がちらほら。

9136_150214iume

お空はピーカン。

9137_150214ume

紅い梅はこの時点では蕾・・・

9139_150214ume

丸池公園の悲劇とは何か。

それはですね、大雑把な観光マップには「新川丸池公園」と載っていました。

マップには勝淵神社は「新川丸池公園」のすぐ隣に書かれていました。

勝淵神社はどこだろう、とぐるぐる見回して、少し進んで引き換えし坂を上り下りもっと引き返し脇道に入り、ついには東八道路に出て・・・もいっぺん、少しコースを変えてぐるぐる・・・

ぐだぐだ続くのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

開発の取り残し~仙川

2月14日、実に久しぶりに三鷹市新川方面をお散歩しました。その1です。

仕事場に来てからいきなり思い立ったので、地図なし新しいデジカメなし体調管理無しのチョンボ散歩となりました。

体調管理とは「散歩の朝は紅茶を飲まない」。

紅茶には半端じゃない利尿作用がありますもので・・・

この日も三鷹駅南口に出た頃からお呼びが掛かかりましたが、10時少し前なので商業ビルは開いていません。

少し先のスーパー目指して歩いていきましたら、ドラッグストアに変貌しておりまして、無情にも「お客様用のトイレはございません」の貼り紙。

がっくん。

仕方なし駅前まで戻り所期の目的をめでたく達成いたしまして、じゃさっきと違う道行ってみよう。

あ、地図無しと言いましたが、「みたか散策マップ」は持っています。この日は「勝淵神社コース」へ行ってみようかと。

この散策マップ、マップと謳いながら地図としては大雑把すぎます。ついでに持っていった小田急バスのルートマップで距離感はつかめましたが、いずれにしろ詳細さっぱりわからず。勝淵神社を探して同じところをぐるぐるすることにあいなりました。その話は後ほど。

さて、駅南口から「さくら通り」→「むらさき橋通り」→「東八通り」へ出て仙川沿いに下ることにしました。

「さくら通り」には「太宰治文学サロン」があったようですが、じぇんじぇん目に入りませんでした。

↓脇道のこんな光景に気を取られたからだと思います。

9114_150214retro

駅近くだというのに、なんとレトロ(?)な物件。

この通りだけが開発から取り残されたような雰囲気でした。

9117_150214retro

↓貼り紙ですけどね、~禁止鳥居です。久しぶりに見ました。

9119_150214torii

上のレトロ家屋の壁に貼ってありました。

↓近くの店舗。一瞬、鍋も売ってるガラス屋さんかと・・・

9118_150214nabeya

いや、パイレックスを売ってる鍋屋さんですか。

初っ端から道を逸れてちゃいけません。元のさくら通りに戻って南下してむらさき橋通りに合流します。

ウンチク少々。「むらさき」は染料になる「紫草」のことで、昔は三鷹の名産品だったとか。(ネットの請け売り)

↓レトロ関連でつい目が行きました。

9120_150214metate

鋸の目立て。なんと懐かしい響き。亡き父上がよく金ヤスリで目を立てていました。

東京に出てきて、必要があって鋸を買ったワタシは当然のごとくヤスリも買いました。自分で目を立てるのが当たり前だと思っていたからですが、友人にそんなことをする人はいませんでした。

「当たり前」って、人それぞれだなあ・・・(遠い目)

鋸目立の金兵衛さんとは、よくできたお名前で。

↓保育園だか幼稚園だか。味があって微笑ましいですね。

9121_150214buta

微笑ましいけれど、右の豚さん、体割れてますぅ~

おっ、仙川に遭遇しました。いよいよですね。

9122_150214sengawa

とあっさり書きましたが、ここまで結構歩きました。

北浦過ぎて南浦過ぎて・・・「スーパーはないんかい!」(紅茶の威力に脅されています。)

コンビニでもいいよっ。週刊誌でも買うからさっ。

というときに救いのスーパー出現。助かったあ・・・お礼に何か買うべきだなと店内一周するも欲しいものなし。2階の100円ショップへ行ってみました。あら、ウチの近所よりこっちの方が品揃え豊富だわね。店内をちょろちょろして靴の中敷きお買い上げ。なにやってるんでしょ。

この先、東八道路へ出て・・・と延々と続きます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

寺町の幻

16日玉川上水散歩の2回目です。

上水散歩と言いながら、井の頭橋で上水から離れ、井の頭通りを南下しました。

その先の上水沿いは前にも歩いたことがあるし、烏山の寺町に行くにはこの方が近い・・・と思ったからでした。吉と出るか凶と出るか・・・

井の頭通りは旧農道と思しき曲がりくねった細い道ですが、車はそれなりに通ります。

街並みも旧農家と新開発住宅が混在しております。あたりをきょろきょろすると、右に入る迷路のような元農道の奥の畑の中に高層マンション建設中・・・

↓左側一帯は旧地主様のお屋敷兼農地のようです。

B0352_141115mure1233

こんな蔵付きのお屋敷が続きます。表札は申し合わせたように「ixxxi」。そういえばその名前の市議会議員がいましたなあ・・・地主様のお坊ちゃまだったのかな・・・

↓この鳥居も個人宅のものかも。

B0353_141115mure1234

↓ここんちも蔵付き。

B0354_141115mure1235l350

↓ここんちは道の奥にどういうお屋敷があるのでしょう。

B0355_141215mure1237

と思ったら、「牟礼の里」公園入り口でした。

ちょっと高台の公園内は、緑豊かです。

B0356_141115mure1243

お天気がよかったにも関わらず、敷物広げた一組がピクニック気分で飲食とおしゃべりで盛り上がっていただけ。

↓公園から見える農家の蔵。家紋付きですなあ。

8924_141115mure1235

跡継ぎの方は、単に財産を受け継ぐだけでなく、家の歴史も引き継ぐのでしょうなあ。持てる者には持てる者の悩みがあるでしょうなあ。

↓覗き見趣味でなくとも、公園からちらとお家が見えます。

B0357_141115mure1243

奥にだだっ広い農地もあり。

B0358_141115mure1243

えへへ、神様も見えちゃう。

B0359_141115mure1243

あっち向いてましたけど、とりあえず合掌。

違う角には学校農園の標示がありました。

B0361_141115mure1244

柵越しに伺うと、農地は結構下にあるようで、急階段がありましたぞ。

B0360_141115_mure1244

(もしかしたら、違う方から見ると こういう風景 になるのかしらん。2010年4月の散歩「歩け歩け 玉川上水編」)

ここにもデング熱の余波が残っていました。

8926_141115mure1248

トイレの張り紙が傑作でした。

8925_141115mure1245

2.3.はよくある注意ですが、1.はなんだ?

実はこのトイレ、結構広い個室でして、夜泊まろうと思えば泊まれなくもない。ただし冷暖房施設はなし。よって寒い冬の夜はついつい・・・でしょうかしら。

寄り道しすぎました。寺町目指すざます。

車行きかう人見街道をとっとことっとこ・・・おお、山寺風の門がありますぞ。

B0362_141115sanmon1301l350

仁王様のいらっしゃる立派な門です。

眞福寺でありまして、ネット情報によりますと

「日蓮宗寺院の真福寺は、高栄山と号します。真福寺は、碑文谷法華寺(現天台宗円融寺)の日栄上人(慶長6年1602年寂)が開山となり創建したといいます。」
http://www.tesshow.jp/tama/mitakamusashino/temple_mitaka_shinpk.html

だそうです。

本堂であります。心してお参りいたしましょうぞ。

B0363_141115hondo1301l350

心ばかりの賽銭を投じて、合掌。

「どうか(悪いことが)何もありませんように・・・」

今さら金持ちになりたいとか美人になりたいとかお願いしたってねえ、仏様も困っちゃいますもんねえ。

境内から振り返った仁王門です。うーん、いい雰囲気ですね。

B0364_141115sanmon1301l350

鐘楼も立派ですのよ。

B0365_141115tera1302

本堂の屋根の下に何か居るでござる。

B0366_141115tera1303

羊のよう見えますが、まさか。

本堂前の火鉢じゃなくて灰鉢じゃなくて、とにかく線香をあげるところの足にも何か居るでござる。

B0367_141115tera1303

悩めるご面相。アレ見つからないなあ、捨てたはずないんだけどなあ・・・みたいな。

深々と頭を下げて辞しまして、先を急ぎましょう。と思ったとたん、二股に分かれる道の、車に突っ込まれそうな端っこに小さな神社がありました。

古峯神社です。

B0368_141115komine1306

各地の「古峯神社」は大和武尊をお祭り申し上げているそうですが、この牟礼の古峯神社はネット情報少なし。今のところ詳細不明です。

先を急がねば。車行き交う中本宿通りをとっとこ行きますと、おお東八道路がありましたぞ。

ありましたが、東八道路、中本宿通りと交差した地点でぷっつん。その先は用地買収が中途半端なのか、フェンスで囲んで虫食い工事中。

141122tohati

(グーグルマップ)

東八道路って、1970年代には工事始まってませんでしたっけ? 当時三鷹あたりでいきなり先がなくなるので、車ほとんど通らず。だだっ広い道をチャリで走り回った記憶があります。

で、ここでブックオフに引っかかっちゃいました。上のグーグルマップの右下の白い建物。

古本を漁っている場合じゃないだろ、と思いつつ店内を30分以上うろうろ。

何も買わずに出てきましたが、計画性を持たねば先が危うくなる(わかってますけどねっ)。

ブックオフの脇の烏山通りを、寺町目指して南下します。

の途中で「首フクロウ」発見。生首風の公園遊具です。

8927_141115kubi1327

可愛い、というジャンルでしょうかね。こいつのおかげで腰掛キノコが毒キノコにしか見えません。

先、急げっ。

やってきましたよ、「岩崎学生寮」。

B0369_141115iwasaki1343

地図帳でみると、ここもだだっ広い緑地になってます。興味津々で来ましたが、無情の「部外者立ち入り禁止」。

公開日はないのかね。(ないみたいです)

寺町はすぐ近く。あの角曲がって・・・

素通り。

なぜって、時間切れちゃったよっ。寄り道しすぎだよっ。帰って給食当番しなくちゃならんだよっ。

というわけで、寺町は幻と消えたのでした。

きょろきょろしすぎのオノレが悪いのですが悔しい。再挑戦いたしまする。

帰り道、京王線久我山駅に向かう途中で玉川上水を渡ります。

玉川上水、ただいま拡幅工事中。一区画がモデル整備されていました。

B0370_141115josui1403_2

↓多分、ここも伐採されて、道路になっちゃうんでしょうね。

B0371_141115josui1407l350_2

こんな風に更地になって。

B0372_141115josui1409

仕方ないとはいえ、淋しいですなあ。人間以外の生物には大迷惑でしょうなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

昔、釣り堀がありました

12日の武蔵境目指して散歩の2です。(猫も入れると3)

横尾忠則風三叉路で右に行き、住宅街に唐突に存在する釣具店に遭遇して思い出しました。唐突ではなくて、昔近くに釣り堀があって、住宅街は後からできたものだ・・・

そう思ってきょろきょろしましたが、正確な位置は思い出せず。後で調べました。

太宰治跨線橋のすぐそばの駐車場がそれだとのこと。その日は写真は撮ってきませんでしたが、ふっふっふ、グーグルマップという便利なものがありますぞ。

1410162014horiai2

中央本線を画面中央で縦に横切るのが跨線橋です。その上(北)の長方形が、釣り堀跡の駐車場。

本当かって?

へっへっへ。執念で探しましたぜい。昔の航空写真。

1410161984turibori2

釣り堀がばっちり写ってますぜい。

この写真は「国土交通省 国土地理院」のものです。1984/10/31(昭59)撮影。

http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1032688&isDetail=true

記憶の中の少し西北側は、これが東京かと思うような田舎風景でした。

↓上の「国土交通省 国土地理院」の1984年の広域写真。

1410161984turibori1

↓グーグルマップ。

1410162014horiai1

やっぱり緑が減ってますね。そうでもない? ワタシがチャリでうろちょろしたのは1970年台だったかもしれません。とにかく、どこの山の中だ、と思うような光景がありました。

釣り堀の話は以上。

さて、堀合遊歩道の出口(入口)に辿りつきましたら、出迎えるものあり。

↓「よく来やがったな」

8731_141012risu

可愛いマスコットのつもりが怪奇キャラになってますぞ。公園設置物にはどういう基準があるんでしょ。

政党の辻演説もやってて、ワタシはその種の恰好のカモとみられるのか餌食になりがちですし、遊歩道を北上するのは止めて、記憶ではド田舎であった近辺をぐねぐね回り歩いて、遊歩道の北の入り口を目指すことにしました。

ありましたよ~記憶の中の風景。

8733_141012nouti

部分的に残っていました。

B0302_141012inaka

以前は辺り一面、こんなんだったような気が・・・

B0303_141012inaka

くねくねぐねぐね、写真撮って回っていると、通り過ぎる人が「何やってんだ?」と不審の目を向けます。そりゃそうでしょうね、本人以外には面白くもなんともなさそうなモノばかりとってるんですもの。

廻り回って、堀合遊歩道の北の入り口にたどり着きました。半月ほど前に見て「アケビ?」と思った実はやはりアケビでした。

8738_141012akebi

いい色になってますが採っちゃいけません。個人宅の生垣です。

遊歩道の出発点は「ぎんなん橋」です。

8737_141012akebi

名のとおりぎんなんがいっぱい散らばっていて、臭いのなんの。散歩の定番、ワンコのアレを踏みつぶしたのかと思うくらい。

さて、遊歩道を南に下ります。

始まりですよ~

8736_141012yuhodo

少し先にもあります。

8739_141012yuuho

このあたりは「多摩南北道路」と並行です。

8740_141012yuho

が、左側は緑いっぱい。 現役農地でもあります。

8742_141012satoimo

この日も農家の方が作業をしてらっしゃいました。

↓。どうよ、雰囲気あるでしょ。パリ郊外とか・・・

8743_141012yuhol350_2

張り紙がヤボか・・・

8745_141012ka

蚊に注意のこの張り紙、一番下の管轄役所名が違うだけで、あちこち使いまわされていますねえ。

↓祭壇のようなケヤキ古木の周囲。

8744_141012keyaki

思わず手を合わせてしまいます。なにとぞご利益がありますように・・・

その少し先、JA(地元農協)の仮設店舗のような販売所がありました。安くて新鮮なんだろうなとは思うものの、荷物を抱えちゃいかんです。じっと我慢。

販売所の裏には大輪の花の群れ。

8748_141012matuyoi

オオマツヨイグサでもなくて、ハマボウでもなくて、「トロロアオイ」のようです。 麦ご飯みたいな名前ですけど、実物は優雅。もう少ししたら、種を貰いに行って来よっと・・・

その優雅な花のすぐそばに、「深川の姐さん」こと別嬪猫さんがいらっしゃいました。再登場。

B8747_141012neko2

で、この後、狩猟猫に会ったりなどして、遊歩道の出口に到達しましたが、そのまま三鷹駅を目指したのでは意味がない。180度反対の武蔵境駅を目指します。

来るとき遭遇した、政党の辻演説が場所を変えてやってました。ワタシはやっぱりカモか。遭遇しないよう、こそこそ脇道へ入ったりしていると、人生の裏街道を行く気分になります。

↓なんだか知らないけれど、面白そうな枯草。

8751_141012kara

↓何の実か知らないけれど、テントウムシのお団子天国みたい。

8753_141012musi

で、このぐだぐだ散歩はまだ続くのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

猫のお仕事

台風19号は昨夜東京地方を通過しました。本日は強風なれど、台風一過の快晴となりました。西の空に下弦のお月様が傾いたUFOのごとく浮かんでおりました。

二日前の12日、地元では買えないモノを求めて武蔵境へ行きました。

まっすぐ武蔵境を目指すのが一番でしょうが、それじゃ面白くない。例によって曲がりくねった道程となりました。

途中の堀合遊歩道に猫さんがいました。

香箱作ったお行儀のよい猫です。

B8747_141012neko1

おちょぼ口に紅引いた美猫。深川の姐さんみたいです。

B8747_141012neko2

人間の方が風格負けしそうな風情。写真撮らせて下さいましてありがとうございました。ペコッ。

遊歩道をその先に進むと、今度は身づくろいに余念のない猫さんがいました。

B0305_141012neko

最初はジロジロ見られたのですが、猫式あいさつを交わすと、(コイツは害のないただのマヌケ)と認識されたようで、その後はひたすら顔のお手入れに没頭。

B0306_141012neko

気が済んだのか、がばっと起き上って歩き出します。

どこ行くの?

B0307_141012neko

ふん、あんたに関係ないわよ、みたいな雰囲気。

で、大木のそばで身をかがめました。

B8750_141012neko

お、何があるんでしょ。

B8749_141012neko

望遠が必要かも、と別カメラを取り出して電源入れました。

じゃーっと起動音がして・・・

「何やってんのよ、このまぬけっ!」

猫さんに怒られました。振り向いた顔が般若みたいで怖かった。

↓何か狙ってます。そう、猫のお仕事、狩猟の体勢。

B0308_141012neko

狙いは何か。右端に写っている鳩のよう。

B0309_141012neko1

じわじわと近づいていきます。また怒られないよう、ワタシもフリーズしました。

↓のんびり歩く鳩の運命やいかに。

B0309_141012hato

さあ猫が、の瞬間、チャリが猛スピードで突っ込んできて、驚いた鳩が飛び立って・・・残念と言ってよいのか、良かったと言ってよいのか。

空振りに終わった猫の狩人、(まったく人間てヤツは)と思ったかも。

(この日のお散歩、写真撮りすぎて収集つかなくなってます。整理できたらアップいたしますです。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編