動物・猫

2016年8月 9日 (火)

エリザベスわんこ

シャーロットでもダイアナでもキャサリンでもなく、エリザベスなわんこ。

7月のある日、駅前近くの路上にて。

B1394_160729_3

「お母さん(あるいはお父さん)、ご用事まだですか~」とひたすらお店の方を見つめておりました。

犬はけなげです。

こちらは寝そべり猫。

B1401_160803

車は通らないとはいえ、道っぱたで堂々とくつろいでおりました。

顔を起こしたのは、カメラ構えたマヌケが接近してきたから。ごめんよ。

わんこの首に巻かれたエリザベス・カラーは↓この人由来です。

Elizabeth1England

エリザベス一世。wikipediaからお借りしました。

↓これはエリザベス・フラワー・・・じゃなくてひまわり。

B1395_160731

ザ・ひまわり、と言いたくなるような堂々とした咲きっぷり。

都知事選の日、投票所となった小学校の校庭にありました。

夏、暦の上では終わっちゃいましたね。現実は猛暑・・・あぢ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

ワニ博士

6月7日上野恩賜公園散歩の3です。

この回の内容は実はすっ飛ばしたかったものばかり。だってぇぇぇ・・・なんだか分からんかったのですよ。アホウな自分がいけないんですけどね。

で、いきなりワニ博士の碑。

ワニ? 鰐? アリゲーター? クロコダイル? カミツキガメ?

そんなことを考えてしまったのは、不忍の池でなんどかワニガメ(カミツキガメ)が見つかっているから。

上野の不忍池にカミツキガメ 2010年6月2日(水) 13時57分掲載
不忍池にカミツキガメ=体長1メートル―東京・上野公園

 2日午前6時半ごろ、東京都台東区の上野公園で、「公衆トイレに大きなワニガメがいる」と通行人の男性から警視庁上野署に通報があった。同署員が駆け付けたところ、同公園の不忍池で泳いでいるカミツキガメを発見し、網で捕獲した。(時事通信)http://news.yahoo.co.jp/pickup/2124117

どれほど凶暴なご面相かはこちらの方のブログに記事入りで。
http://wanigame.exblog.jp/d2010-06-03/

↓で、何が狙いかさっぱりわからない写真。こういう写真を撮っちゃいけません。

9513_150607wani

載せてもいけないけど、他に適当なものがないのであしからず。

↓ワニ博士の碑です。

9513_150607wani2

どういう人かと言うと、大昔の偉い人です。(^-^;

9515_150607wani

〈「古事記」などによると、王仁(わに)博士は古墳時代前半に百済国から渡来し、「論語」・「千字文」を伝えた学者〉 だそうです。

一番上の写真の右側に↓こんな立札がありましたので、最初はてっきり菅原道真公の碑かと思いましたぞ。

味わい深い書体でありますが、どなたがお書きになったのでしょう。

9514_150607ume

しかして何ゆえここに「菅公詠梅」が?

wikipediaなどによりますと、上野公園内にあります「五條天神社」は医薬祖神であられまして、お祭り申しておりますのは、「大己貴命」さまと「少彦名命」さまであられますが、「菅原道真公」も一緒にお祭りされているとのこと。

ああ、そうでしたか。無関係じゃないんだ。

でも、なぜワニ先生の隣に? 

道真公は日本三大怨霊の「祟る神様」として有名ですが、ワニ先生なら人徳ゆえ祟られもしまいということですかね。(違うでしょうね。)

祟られた、と思うのは、当人に後ろめたいものがあるからだそうです。

故に、生きているうちに粗末にした分を、丁寧にお祭り申し上げると・・・死んでからじゃおせーよー、と凡人は思ひまふ。

三大怨霊のあとの二人は、平将門さんと崇徳上皇さんです。いずれも不本意に人生を終えていらっしゃるようです。

で。一番上の写真の左側にも何か石碑が写っているのですが、もうめんどくさ・・・

次行きます。転回騒擾毛髪等・・・違います。天海僧正毛髪塔。

9516_150607tenkai

偉い坊さんの髪の毛を納めているんだそうです。

天海さまは、家康公の神格化に大いに貢献したそうな。

寛永寺を創建したそうな・・・そうか、だから供養塔があるんだ。

108歳まで生きたそうな・・・当時としては不死に近いんじゃなかったかしら。

↓これが「毛」のお墓。

9517_150607mouhatu

手を合わせましたが、中に入ろうという気分にはなれませんでした。無知の罰当たりもんの入るところじゃない・・・

変わりまして↓摺鉢山でございます。

9521_150607suribati

石段じゃないかって。山と行っても海抜23.326メートル(『こんなに面白い上野公園』林丈二 丹尾安典 新潮社 1994.3.20)でして、いわゆる山写真は撮れませぬ。

古墳だそうです。約1500年くらい前の前方後円墳。弥生式土器も出ているそうです。ちょいさびしいところで、昔は情死沙汰があったそうな。

お山に上がって下りて、公園管理所で案内図をいただいて、ふと横を見ると

↓「正岡子規記念野球場」ですと。そんなものがあるとは、この日まで知らんかった。

9522_150607yakyu

何ゆえに冠が「正岡子規」? 案内図解説によると

「正岡子規が学生時代、上野公園で仲間と野球を楽しんでいたことから・・・平成18年・・・に命名」したそうな。平成18年・・・ワタシの知ってるのは昭和の頃ですもんね。

baseballを「野球」と訳したのは正岡子規、と長く言われてきましたが、ネット情報によると正しくは「第一高等中学校の野球部員 中馬庚」さんだとのこと。

しかし、正岡子規は野球用語を数多く翻訳して野球普及に貢献しているそうな。

↓摺鉢山近辺の茂みに小さきトラありて、くつろぐ二人のババと仲良く交歓。

9523_150607tora

まだ蚊もいないからでしょうが、ご近所の方と思しきおばあさん二人が茂みに敷物広げてお弁当出しておしゃべりしていました。

「あんたねえ、それが」とか「そうなのよ」と下町風の生きのよい会話に、いちいち猫が相槌打ってるみたいな雰囲気でして。

虎模様の猫を見て思い出しました。上野動物園の黒豹脱走事件。昭和11年のことゆえ、知ってるはずもございませんが、似たような事件がありました。

日本が高度成長しておりました昭和30年代、ワタシがまだかわいらしい子どもだった頃、市立動物園から豹が脱走しまして大騒ぎになりまして、その時上野動物園の黒豹脱走事件が引き合いにだされた記憶があります。

上野の黒豹は無事保護されたようですが、ワタシの田舎では重傷者一名を出した挙句に射殺されました。

家から出ちゃいけないと厳命されましたが、言われなくても恐くて閉じこもっておりました。

遠い日のことです・・・

続きます。次、上野大仏の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

昔、釣り堀がありました

12日の武蔵境目指して散歩の2です。(猫も入れると3)

横尾忠則風三叉路で右に行き、住宅街に唐突に存在する釣具店に遭遇して思い出しました。唐突ではなくて、昔近くに釣り堀があって、住宅街は後からできたものだ・・・

そう思ってきょろきょろしましたが、正確な位置は思い出せず。後で調べました。

太宰治跨線橋のすぐそばの駐車場がそれだとのこと。その日は写真は撮ってきませんでしたが、ふっふっふ、グーグルマップという便利なものがありますぞ。

1410162014horiai2

中央本線を画面中央で縦に横切るのが跨線橋です。その上(北)の長方形が、釣り堀跡の駐車場。

本当かって?

へっへっへ。執念で探しましたぜい。昔の航空写真。

1410161984turibori2

釣り堀がばっちり写ってますぜい。

この写真は「国土交通省 国土地理院」のものです。1984/10/31(昭59)撮影。

http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1032688&isDetail=true

記憶の中の少し西北側は、これが東京かと思うような田舎風景でした。

↓上の「国土交通省 国土地理院」の1984年の広域写真。

1410161984turibori1

↓グーグルマップ。

1410162014horiai1

やっぱり緑が減ってますね。そうでもない? ワタシがチャリでうろちょろしたのは1970年台だったかもしれません。とにかく、どこの山の中だ、と思うような光景がありました。

釣り堀の話は以上。

さて、堀合遊歩道の出口(入口)に辿りつきましたら、出迎えるものあり。

↓「よく来やがったな」

8731_141012risu

可愛いマスコットのつもりが怪奇キャラになってますぞ。公園設置物にはどういう基準があるんでしょ。

政党の辻演説もやってて、ワタシはその種の恰好のカモとみられるのか餌食になりがちですし、遊歩道を北上するのは止めて、記憶ではド田舎であった近辺をぐねぐね回り歩いて、遊歩道の北の入り口を目指すことにしました。

ありましたよ~記憶の中の風景。

8733_141012nouti

部分的に残っていました。

B0302_141012inaka

以前は辺り一面、こんなんだったような気が・・・

B0303_141012inaka

くねくねぐねぐね、写真撮って回っていると、通り過ぎる人が「何やってんだ?」と不審の目を向けます。そりゃそうでしょうね、本人以外には面白くもなんともなさそうなモノばかりとってるんですもの。

廻り回って、堀合遊歩道の北の入り口にたどり着きました。半月ほど前に見て「アケビ?」と思った実はやはりアケビでした。

8738_141012akebi

いい色になってますが採っちゃいけません。個人宅の生垣です。

遊歩道の出発点は「ぎんなん橋」です。

8737_141012akebi

名のとおりぎんなんがいっぱい散らばっていて、臭いのなんの。散歩の定番、ワンコのアレを踏みつぶしたのかと思うくらい。

さて、遊歩道を南に下ります。

始まりですよ~

8736_141012yuhodo

少し先にもあります。

8739_141012yuuho

このあたりは「多摩南北道路」と並行です。

8740_141012yuho

が、左側は緑いっぱい。 現役農地でもあります。

8742_141012satoimo

この日も農家の方が作業をしてらっしゃいました。

↓。どうよ、雰囲気あるでしょ。パリ郊外とか・・・

8743_141012yuhol350_2

張り紙がヤボか・・・

8745_141012ka

蚊に注意のこの張り紙、一番下の管轄役所名が違うだけで、あちこち使いまわされていますねえ。

↓祭壇のようなケヤキ古木の周囲。

8744_141012keyaki

思わず手を合わせてしまいます。なにとぞご利益がありますように・・・

その少し先、JA(地元農協)の仮設店舗のような販売所がありました。安くて新鮮なんだろうなとは思うものの、荷物を抱えちゃいかんです。じっと我慢。

販売所の裏には大輪の花の群れ。

8748_141012matuyoi

オオマツヨイグサでもなくて、ハマボウでもなくて、「トロロアオイ」のようです。 麦ご飯みたいな名前ですけど、実物は優雅。もう少ししたら、種を貰いに行って来よっと・・・

その優雅な花のすぐそばに、「深川の姐さん」こと別嬪猫さんがいらっしゃいました。再登場。

B8747_141012neko2

で、この後、狩猟猫に会ったりなどして、遊歩道の出口に到達しましたが、そのまま三鷹駅を目指したのでは意味がない。180度反対の武蔵境駅を目指します。

来るとき遭遇した、政党の辻演説が場所を変えてやってました。ワタシはやっぱりカモか。遭遇しないよう、こそこそ脇道へ入ったりしていると、人生の裏街道を行く気分になります。

↓なんだか知らないけれど、面白そうな枯草。

8751_141012kara

↓何の実か知らないけれど、テントウムシのお団子天国みたい。

8753_141012musi

で、このぐだぐだ散歩はまだ続くのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

猫のお仕事

台風19号は昨夜東京地方を通過しました。本日は強風なれど、台風一過の快晴となりました。西の空に下弦のお月様が傾いたUFOのごとく浮かんでおりました。

二日前の12日、地元では買えないモノを求めて武蔵境へ行きました。

まっすぐ武蔵境を目指すのが一番でしょうが、それじゃ面白くない。例によって曲がりくねった道程となりました。

途中の堀合遊歩道に猫さんがいました。

香箱作ったお行儀のよい猫です。

B8747_141012neko1

おちょぼ口に紅引いた美猫。深川の姐さんみたいです。

B8747_141012neko2

人間の方が風格負けしそうな風情。写真撮らせて下さいましてありがとうございました。ペコッ。

遊歩道をその先に進むと、今度は身づくろいに余念のない猫さんがいました。

B0305_141012neko

最初はジロジロ見られたのですが、猫式あいさつを交わすと、(コイツは害のないただのマヌケ)と認識されたようで、その後はひたすら顔のお手入れに没頭。

B0306_141012neko

気が済んだのか、がばっと起き上って歩き出します。

どこ行くの?

B0307_141012neko

ふん、あんたに関係ないわよ、みたいな雰囲気。

で、大木のそばで身をかがめました。

B8750_141012neko

お、何があるんでしょ。

B8749_141012neko

望遠が必要かも、と別カメラを取り出して電源入れました。

じゃーっと起動音がして・・・

「何やってんのよ、このまぬけっ!」

猫さんに怒られました。振り向いた顔が般若みたいで怖かった。

↓何か狙ってます。そう、猫のお仕事、狩猟の体勢。

B0308_141012neko

狙いは何か。右端に写っている鳩のよう。

B0309_141012neko1

じわじわと近づいていきます。また怒られないよう、ワタシもフリーズしました。

↓のんびり歩く鳩の運命やいかに。

B0309_141012hato

さあ猫が、の瞬間、チャリが猛スピードで突っ込んできて、驚いた鳩が飛び立って・・・残念と言ってよいのか、良かったと言ってよいのか。

空振りに終わった猫の狩人、(まったく人間てヤツは)と思ったかも。

(この日のお散歩、写真撮りすぎて収集つかなくなってます。整理できたらアップいたしますです。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

街の顔

秋分の日、お墓参りにも行かず仕事してました。ご先祖様がご立腹なのか、立て続けに夢に出てまいります。

すんませんです。都合つきましたら行きますので、罰あたり子孫を温かい目でお守りくださいまし。

寒中某蟻石炭備蓄、じゃなくて、忙中閑あり。20日、ちょこっと吉祥寺方向に行ってまいりました。HDDやUSBメモリなどを買うはずでしたが、途中で気が乗らなくなって何も買わず引きあげました。

平日のすいてる時に行こ・・・ (←しばらく行けないことになるのだよ)

↓そうだよ、そうだよ、買える時に買わなくちゃ、とうるさい奴ら。

8641_140920torano2

カクトラノオでしたね。寄り道した公園にありました。ワタシには顔だらけに見えます。

8641_140920torano1

実家の庭に野性的に自生してましたっけ。ウチのベランダにも欲しいと思いましたが花屋さんで買うのはちょっと悔しい。通りがかりに種貰って来ようかな・・・

吉祥寺駅の近くに今年の春できた公園があります。

「吉祥寺の杜 宮本小路公園」といいます。公園になる前は木々の鬱蒼と繁る民家の庭でした。通りがかりに覗き込んでは、「駅の近くにまだこんな場所が残っていたんだ」と感嘆しておりましたが、所有者がお亡くなりになったのでしょうか。経過はわかりませんが、とにかく公園になりました。

整備工事中に通りかかっては、樹木が伐採され光溢れる空間に変わっていいくのを複雑な思いで眺めておりましたが、20日にようやく足を踏み入れました。

こうなっちゃったのか・・・

8616_140920koen

公園入口から推して知るべし。↓竹藪も竹林に出世しました。

8619_140920koen

これは災害対策用に新設のポンプかしらん。

8617_140920koen

回してはいけません、とは書いてなかったので回してみましたが、水は出てきませんでした。もっと回せばよかったのかな。

で、なにやら視線を感じます。

8620_140920neko

おお、猫さんでしたか。野良さんのようです。

8621_140920neko

鼻に傷有り。縄張り争いしたんでしょうか。猫の顔役みたいです。

8625_140920neko

猫と人間の間には深くて暗い河・・・はありませんが、お作法があります。

いきなり接近して手を出しちゃだめ。目をゆっくり閉じたり開いたりするといいそうですが、口パクもよさそうな気がします。んにゃー、と声に出さず口だけ動かしていると、こいつはただのマヌケだなと安心するのか猫が目を閉じたりしちゃって・・・かなり近くまで寄らせてもらいました。

で。何か右側で動いているのに気づきました。ひええ、緑色のカマキリが断末魔。多分猫さんが獲ったのでしょう。これ以上親しくなって、「カマキリあげる」とか言われたくはないので、なでなではせず。

さらに気がつくと、猫の隠れているベンチの座面にもこもこした毛虫が2匹。簡易猫ハウスの門番ですかね。

初秋散歩お約束の彼岸花。この公園にも咲いていました。

8623_140920higan350_2

(駅近くのせいか、この公園、ゴミが散らかっていて、将来荒れそうな感じが・・・いかんいかんマイナスの予想しちゃいかんです。)

この日の散歩、別方向に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

農場ネコと花

4月5日の農業高校の神代農場には花もありました。

もちろん庭園じゃありませんから、ついでに生えているだけ、みたいな風情です。

↓ニジマス養殖池の手前の花。株により、もっと赤いのや紅白やさまざまでした。

B0062_140405hana

ボケ、が花開いている。

そう思いましたが、例により無粋ですから、花名を間違えている可能性大。

キレイな花でした。

「あん? あたしは花じゃないよ。花子と呼んでくりょ。」

B0040_140406neko

と猫が言ってるわけありません。農場内のヌシみたいな猫さんです。

B0039_140405neko

見物人をものともせず、のっしのっしと歩いて、「撫でていけ」とすり寄ってきて・・・

B0037_140405neko

おすまし。あん? もしかして一度お会いしてますよね。竹林の向こうの道で。

もう一匹、白黒猫もいましたが、立ち入り禁止区画で寝そべって草むらに埋もれて写真撮れず。思うに猫の楽天地なのでしょうね。

その白黒猫さん、遠目に見ただけですが、頭頂部が時代劇のヅラを向きを間違えて被ったようなちょっと滑稽な模様の猫でした。

歌川国芳に似たような猫がいたかも、と探してみましたが見つからず。

農場内の桜はこの日見頃でした。

8276_140404sakura

白い桜・・・

8294_140405sakura

無粋なもので、桜の種類は、白い桜、桜色の桜、早く咲く桜、枝垂れ桜、八重桜くらいしかわかりません。(←開き直っていないで、勉強しましょうね。)

あぜ道のようなところに、小さい花がいっぱい咲いていました。

一応撮ったのですが、ミクロ撮影苦手でピンボケ続出(←これも勉強しましょうね。)

ましなのを2枚。

スミレですよね。なにスミレかは聞かないでくださいまし。

B0070_140405nojo

えーと、一輪草かな・・・

8291_140405hana

小さい黄色や青や赤の花(いわゆる野草。団地の草むしりで目の敵にされる類)もたくさん生えていました。

そういう小さい花が生えている風景はなかなかいいと思うのですが、花屋さんで売ってる花以外は目の敵にする人は多いんですよね・・・

↓花じゃありません。芽の出かけたどんぐり。いっぱいありましたよ。

B0067_140405nojo

花ついでに。農場を出た後、自然広場・野草園に行きました。

↓そこで目にしたハナニラ。あん? 花びらが7枚?

B0088_140405hana

通常6枚のはず。と思いましたが、四葉のクローバーのごとく、花びらの数が違うのは結構あるようです。ネットには5枚とか10枚とかの話題がありました。

↓で、ワタシも8枚のを見つけちゃいました。9日、近所を歩いていて。

8302_140409nira

へーっ。

↓神代植物公園・水生植物園はツクシの宝庫。採ってお浸しに・・・しちゃいけません。

8296_140405tukusi_2

あ、肝心の自然広場のカタクリ群生地を忘れるところでした。

↓この頃には、びしょびしょの雨降りとなりまして、みーんな下向いてました。

B0079_140405sizenl350

開いていたのは、ほんの少々。

B0078_140405sizen

ついでに、野草園はこんなところでした。

B0080_140405yaso

B0083_140405yaso

B0084_140405yaso

雨は降るわ仕事も気になるわで、 これにて引き上げてまいりましたが、「野草園」にはまた行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

東小金井のパリ

東小金井駅に高架下商業施設nonowaが開業したのは今年1月のことでした。

何もない野っ原の駅、のイメージが強かったところへ、いきなりの商店街・・・どうなったのでしょうね。

3月15日、小金井散歩のついでに覗いてきました。

↓夜中ではありません。

8110_140315mise

朝の10時頃、フランス風の音楽が流れていて、コンセプトはパリか・・・

(「流通ニュース」によりますと、「武蔵野カルチェラタン」だそうです。昔「神田カルチェラタン」というのがありましたけど・・・敷石ひっぺがして投石したため、その後舗装されちゃったけど・・・)

石畳風の中央通路を行って帰って、そのまま外に出ました。

野次馬おばちゃんの入りたい店はなかったです。

南口へは何度か出たことがあります。今回は北口方面へ行きます。

で、地図に「公園」とあったら野次馬の面目にかけて必ずチェックします。

梶野公園に行きました。うーん、整備されちゃってる・・・

↓埴輪みたいな顔の馬の遊具が気に入りましたが、子どもたちにも人気らしく、おばちゃんが乗っかる隙はありません。

8113_140315uma

人がいなくなる一瞬を待って写真を撮ってきました。

(実は後ろに人が写ってましたけど、ソフトで消しちゃいました。)

小金井市のイメージキャラクター「こきんちゃん」は宮崎駿さん作です。

130908_kokin

だからではないでしょうが、街中がなんとなくアニメ的な気がします。

↓個人宅でしょうかしら・・・

8120_140315ie

歩き回って遭遇したタンク。なんでしょね~

8148_140315josui

この芝山、なんでしょね~

8149_140315josui

桜をあしらってみましたけれど、なんでしょね~

8150_140315josui

↓臭気抜きみたいなの、なんでしょね~

8151_140315jousui

↑右端に鳥が写ってます。手前にはフェンスがあります。人は来ないと安心してるようで、仲間がたくさんいました。

ここは、「東京都水道局 梶野浄水場」でした。水道週間に公開するのかな・・・(来ようかな)。

駅から少し離れると畑多し。緑多し。住宅も多し。発展しつつあるベッドタウンでしょうか。

↓長昌寺です。

8159_140315tyoshoji

マップにはお寺そのものの説明はありませんでした。「長昌寺(応永廿九年(1422)銘薬師如来立像)」と、薬師さまがアピールされています。

お寺の説明は小金井市観光協会のHPにありました。

〈曹洞宗永平寺派のお寺で、群馬県館林の茂林寺(もりんじ)の末寺で、釈迦如来を本尊としています。梶野新田の菩提寺として埼玉県栢山(かやま)村から明和4年(1767)に引き寺したものです。〉 

↓The お寺、という雰囲気の木造の薬師堂。古そうですが、平成15年完成だそうです。

8155_140315yakusi

お祀りされているのは、応永29年(1422年室町時代)の薬師如来様。

8154_140315yakusi

↓本堂は昭和48年に改築されてコンクリート造り。

8158_140315tyoshouji

個人的には木造の方が好きですが、檀家でもないのにつべこべ言うべからず。

境内はそれなりに良い雰囲気なのですが、ベンチで高校生カップルが人目はばからずイチャイチャしておりまして、旧世代日本人としては(薬師様やバチ当てたれや・・・)。

別の考え方をすれば、人目を忍んで境内に来たのかも知れません。そこへおばちゃんが入り込んでうろうろして、うっとうしい、あっち行け、しっし・・・だったかも。

写真の右の大木(枯れ枝)は、秋には見事に色づくヤマモミジだそうです。

他にも、六地蔵あり豊川稲荷あり仁王様もおいでです。詳しくはHPがあります。

http://enichizan.com/index.html

「境内の四季」の写真が素敵ですよ~
http://enichizan.com/schedule.html

稲荷様は写真撮ってました。 (^-^;

8157_140315toyokawa

↑中央奥です。紅梅が見事でした。(写真下手・・・)

お寺を辞去して、なんとなく歩いて、仙川に遭遇しました。以前、武蔵野市内を途中まで辿った涸れ川です。小金井市側も上流まで延々と枯れ川です。

↓涸れ川にしておくのは惜しい構築物。

8160_140315sengawa

左側は早咲きの桜が満開。で、桜の幹と幹の間に小さな白いものが写っています。

↓猫さんがくつろいでいました。

B0004_140315neko

で、ここでカメラの性能比較です。

↑旧式デジカメでは上の写真が最大望遠。猫だということはわかります。

↓新しいデジカメは、余裕でこんな写真がとれます。ズームの半分くらい。

B0003_140315neko

ファイルサイズも大きいので、引き伸ばすと顔が分かっちゃう。

B0003_140315nekob

新しいデジカメ、まだ使いこなせなくて、今のところ望遠・広角専門です。

写真のファイルサイズについては、旧デジカメは1600×1200(ピクセル)で1MB前後に設定しています。新しいのはパソコンに取り込んだら、2048×1536、2~3MB。

新しい方の設定を間違えたかと、メニューを出したら、これが最小サイズでした。画素数が桁違いに上がっている分、ファイルサイズが大きくなっているのよね。

ワタシの腕なら、(望遠以外)1MB前後で充分なんですけど。

↓市内あちこちに面白物件あります。中華のお店でしょうか。

8164_140315tennyo

なんじゃ、というのは他にもありました。

で、続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

昔の野川

3月9日の風邪引き散歩の4です。

一応帰宅体制ですが、車の通行量の多い小金井街道をただ歩くのも詰まらない。

小金井市のてくてくマップをみますと、おんやまあ、前原町遊歩道の続きがあります。

行くざます。てくてく、てくてく・・・遊歩道にたどり着くまでの道は面白いものではありませんが、うっかり裏道に入れば、行き止まりあるいは曲がりくねってもとの場所、ということになりかねません。なにしろ元農道ばっかりですから。(昔々三鷹市牟礼で化かされた経験あります。)

で、ようやく遊歩道を見つけて辿って・・・東八道路でぶつっ。向こう側に続くはずですが、横断歩道はあっちの方・・・

ぐるっと回って戻ってきて、さて、続きはどこかしら。

見当つけて向かった先は行き止まり。ぐっ。

陽だまりのタイヤでにゃーさんがくつろいでおりました。まぬけが迷い込んだわねえ・・と。

8066_140309meko

一本隣りの道でした。

8067_140309yuho

東八道路に平行して進んで、すぐお終い。

さて、どうしましょう、適当に北上しましょう・・・で結局、農道に化かされて迷子状態。

↓小さなお稲荷様に遭遇したりして・・・

8068_140309inari

おお、ここは七軒家通りだそうで。あれ、地図には「七軒通り」となってます。誤植・・・

8069_140309sitikenya

由来は分かりませんが、多分七軒の家があったのでしょう。

↓そのうちの一軒かも。立派なお屋敷でした。

8070_140309ie

西に進んで、川に遭遇。

8071_140309nogawa

ん?

8073_140309nogawa

野川、とありますが、涸れ川でねえですか。

8072_140309nogawa

小さいでねえですか。

ありゃりゃ、どこで野川がこんなんなっちゃったんでしょ?

腑に落ちないまま前進すると、先にはれっきとした野川が流れていまして大城堀橋が架かっています。

じゃ、さっきの野川は・・・

狐につままれた思いで引き返し、「野川」を辿ることにします。

↓涸れ川。写真が斜めってるのは、柵から身を乗り出して撮っているからです。

8074_140309nogawa

↓白く泡立って見えるのは水流じゃなくて、コンクリートです。

8075_140309nogawa

↓通路全体が涸れ川かいな。右側の塀の上には小学校があります。

8076_140309nogawa

おー、「昔の野川」だそうです。

8077_140309nogawa

そういえば、三鷹市の水車経営農家を見学したとき、野川は〈昭和43(1968)年頃に野川の改修によって水流が変わ〉ったことを知りました。

ここもそうなんでしょうね・・・

8078_140309nogawa

で、現・野川ですが、前原小学校のところで潜ってます。

8080_140309mpgawa

というか、小学校が川を跨ぐ形になってます。建設時、何があったのかしら・・・

どういう事情があったか知りませんが、前原小学校には「野川検定」というものがあります。掲示板に問題が張り出されていました。結構難しい。

挑戦してみたい人、↓この方のブログが問題を掲載してらっしゃいます。

雲が流れる如く 「野川検定」
http://joun.blog.so-net.ne.jp/2012-03-07

↓下流側、小学校から出てきた野川。

8082_140309nogawa

地図をよーくみますと、旧・野川は現・野川に流れ込んでいます。新前橋のところ。行くざます。

↓来たざます。中央のぽっかり開いた向こう側が旧・野川です。

8085_140309nogawa

観光マップには旧・野川の流れは記載されていませんが、ネットで調べると、野川・入間川など、1960年代にそうとう流路が変えられている様子・・・

今まで気の向くままキョロキョロうろうろ歩いてきましたが、気にし始めると次々となにか出てきそう・・・ここで嵌っちゃいかんな・・・いや、既に嵌ってるか・・・

コンセプトはあくまで「お気楽散歩」です。

で、しつこいけど続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

街角の抗争

とっとこ先を急いで歩いていましたら、脇道で猫とカラスの立ち回りを発見。

急ぐんだけど・・・面白そう、としばし観戦しました。

↓そ知らぬ顔で、カラスが猫の背後に迫ります。

7690_140125neko

そして・・・猫の尻尾をぱくりっ。

わあ、決定的瞬間!

を逃しました。シャッター遅いよっ(新しいカメラ買えよっ)。

↓え?ええっ?なに、今のなに? とネコさん事態が飲み込めません。

7691_140125neko

知らぬ顔を決め込むカラス。

↓あんた、なんかしたでしょっ。ワタシの尻尾になんかしたでしょっ。

7693_140125neko

詰め寄られて、分が悪くなったカラス、知らんもんね、と口笛ふきながらさりげなく立ち去ります・・・

7694_140125neko

猫さん:「ふんとにもう、最近のカラスときたら、お行儀が悪くてやあねえ」

以上をカラス側からアップで再現すると・・・

抜き足差し足忍び足。

7690_140125nekoup

(ぱくっ)

知んないわよ。アタシじゃないわよ。

7691_140125nekoup

え、背後から襲おうっての。

7693_140125nekoup

あら、あんた、お腹大きかったのね。しゃーない、餌場譲るわよ・・・

7694_140125nekoup

カラスは頭が良くていたずら好きだそうです。

猫とカラスとどっちが頭いいか? 脳化指数というものがあります。

wikipediaによりますと

〈脳化指数(のうかしすう)、略称EQ (encephalization quotient) は、脳の重さと体重から、式

[EQ] = [定数] × [脳の重量] ÷ [体重]2/3

で算出される値である。体重が大きいほど脳も重くなる傾向があるため、それが補正される。動物の知性の指標として、ハリー・ジェリソンが1973年に考案した。〉

だそうでして、

〈ヒト 7.4–7.8  カラス  1.25  ネコ  1.0〉だそうです。

wikipediaに従えばカラスの勝ち。ちなみに

〈イヌ  1.2  ラクダ  1.2  ウマ  0.9〉で、ラクダはウマより賢いんだ・・・

三歩歩くと忘れる、と揶揄される鶏は〈ニワトリ  0.25〉だそうで。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

暮の植物多様性センター

昨年12月23日の散歩の5です。もう少々2013年散歩にお付き合いを。

今2時ということは、あと2時間の余裕(4時頃までに帰るので)・・・神代植物公園には行きません。だって、入園料500円払うなら1日かけてとことん楽しみたい。1時間ちょいで出てくるなんて・・・

なら、併設の植物多様性センターに行きましょう。

神代植物公園の脇を通ります。

7479_131223miti

パリ郊外ですよ~、と言って通じるかな・・・(無理・・・)

臨時駐車場の横を通り、左折して自由広場の横の神代植物公園通りを結構歩きました。

↓植物多様性センターの情報館です。

7480_131223tayou

植物多様性センターは、東京都における植物多様性保全をいっそう推進するため~(略)設立されました。

で、植物多様性って何? 平たく言えば、いろんな植物がきちんと生えていること。

外来種に押しのけられたり環境が変化したりで、固有種の数がどんどん数が減っているのは、動物の世界でも絶滅危惧種としてお馴染み。

こちらでは、庭(学習園)を「武蔵野ゾーン」「奥多摩ゾーン」「伊豆諸島ゾーン」に分けて、植物を野外展示しています。

以下、分けて紹介・・・など、いたしません。この季節、園内枯れ草枯れ枝だらけ。学習したい方は、芽吹きの季節からはじめるのがよろしいようで。

石の見学でも。

7481_131223tayou

園内でくつろぐネコさん、愛想なし。すぐ逃げちゃいます。

7482_131223neko

↓おほほ、好きですわね、こういう植物。

7483_131223tayou

オレは生きたぞ、炎夏を生き延びたぞ、どうだ、文句あるか・・・みたいな。

↓ザ・秋。ジ・秋か。冬ですけど。

7484_131223tayou

河原の枯れススキならぬ、庭の枯れても盛んススキ(ススキかな?)

7485_131223tayou

だめだ、お勉強気分になれない・・・

で、帰り道の算段ですが、地図帳を見ましたら、おっ多様性センターと自由広場の間の道を北上すれば、歩いて帰れる距離だ・・・(バカだ・・・)

で歩き始めました。今回はパスした「自由広場」とは↓こんな公園です。

7486_131223kouen

道の両脇はイチョウの金の絨毯。行きますよっ。とっとことっとこ。

7488_131223ityo

脇目もふらず帰る予定でしたが、そうはイカの足。

早速引っかかってます。ヤマノのゼンデラマルコギってなんだ?

7489_131223yamano

サンノのゼンジマルコボクでした。禅寺丸は柿の品種です。山野はこのあたりの旧地名。今は深大寺北町です。丸の内とか中央とかにならなくて幸いでしたが、もうちょっと旧地名を残す工夫して欲しかったかも。

ちなみにワタシの実家地方には、奥ゆかしい旧地名の片鱗もない丸の内何丁目や中央何丁目などがあります。 田舎を出てから長いので、新地名で言われてもどこだかわかんないよっ。

ネット情報によりますと、この禅師丸古木は推定樹齢400年だそうで(300年という説も)、今でも実をつけるそうです。

見学可能なようですが、この日は奥でチェーンソーの音がしていまして、のこのこ入って行って、誰だっ、とチェーンソー突きつけられて追い回されたくなく(追い回すわけないでしょ)、未練がましく覗き込んだ後、退散・・・みたいな・・・(基本野次馬です。なんにでも首を突っ込みたいけど、首が飛ぶのは嫌。)

で、進んだ先の四つ角にお地蔵様・・・道祖神様・・・庚申塔?

7492_131223kigan

過去に事故が起きたんではないか、と思わせる配置でありました。合掌。

このほか、土壁ハウスありで、ちょっと引っ掛かりすぎまして、帰り着くのは遠い。

よって、もう1回分あります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編