おさんぽ2・井の頭公園など

2016年8月 8日 (月)

カイツブリのザリガニ獲り

暑い日が続きます。ますます暑くなりそうです。日本は亜熱帯化したようです。

こんな日々。お尻に火がついています。

本業はぼちぼちですが、副業の方で熱いトタン屋根の上でねこじゃねこじゃを踊っております。

すなわち爺様のサイトの書き直し・・・

ファイルが4000ほどあります。HTML5で書き直し作業してまして、ある程度はやりましたが、書き直しと簡単に申しますが、1990年代に作ったサイトですので新規作成同様であります。

すなわち追いつきませぬ。

ちんたらやっててもワタクシは一向に差し支えないのですが、サイト主の時間が限られています。爺様の存命中に片付けなきゃ、とふと思ってしまったのでした。不死身な人はおりませぬ。人間、80年も生きるとあれこれがあれこれなのですよ。

それじゃ話がわからん、と言うなかれ。世の中には、はっきり言っちゃいかんことが山ほどあるのですよ。

このペースじゃ間に合わない、となれば、間に合う方法を考えます。これを世間では「手抜き」と申すようですが、いえいえ「正しい代替法」でありますぞ。

--------------------------------------------

7月24日井の頭公園の池にて。カイツブリさんの漁。

B1381_160724

どうもザリガニを捕まえたみたい。獲物に振り回されて頭を激しく振っていました。シェイク!シェイク!

↓この子に貢いじゃうんですよ。小魚も即行持ってかれてたし。

B1381_160724_2_2

カップルですかね。

--------------------------------------------

で、HTML5じゃなくて、なんで書き換える?

答え。書き換えない。

爺様がサイト開設した1990年代は、まだ、原始的な書き方が主流でありました。

今なら必須と言われるドキュメントタイプ宣言なし。いきなり<HTML>から始まりまして、各種指定はファイル内にどんどん書き込んでいく。複雑なレイアウトは「表」を使う。最新のやり方を教わった人が見たら、「なんじゃこれ?!」のレベル。

でもね、でもね、これでも通用するんですよ。なぜなら、ドキュメントタイプ宣言なしだと、ブラウザが「古いサイト」と認識して、html文法の間違いやら適当に補ってくれてそれなりに表現してくれます。

それでいいじゃないですか、書き換えなくって・・・という結論に達しました。

じゃ なぜ「書き直す」?  替わりに何をする?

問題はあるのですよ。

1.言語宣言がない。

→ 無くてもなんとかなってるんですけど。でも入れておいた方がいい。

2.文字コードが古い。

→ JISとshift_jis・・・(ほんの一部だけutf-8・・・)

3.フォント指定がない。

→ 指定してないと、windowsでMS Pゴシックで表示されたりして、ワタクシの環境だととても見にくいのです。ブラウザでメイリオを指定すればいいのですが、デフォルトは結構MS Pゴシックだったりします。

4.横幅指定がない。

→ その昔は、画面横幅が600ピクセル程度でありました。そんな時代なら画面いっぱいに広がっても読みにくいことはないけれど、今は1440はザラ、2000超えてる場合もあります。読みづらいったらありやしない。

よって。

1.<html lang=”ja”>(実際にはすべて半角。英字小文字)と書き直す。

2.文字コードはすべて「utf-8」

3.横幅を本文700ピクセル以内に収まる指定する。

4.フォントを「ヒラギノ角ゴ Pro", "Hiragino Kaku Gothic Pro" "メイリオ", "Meiryo", sans-serif」と指定する。ついでに行間も開く。見出しだけカラー指定する。

これだけですが、格段に見やすくなりました。

1と2はファイルに書き込み。3と4はスタイルシートにしてリンク。

問題は、この「その場しのぎな姑息な手段」を、ブラウザがいつまでサポートしてくれるか、なんですけどね・・・。

何が原因か分からないのですが、以前からよくアクセスしていたサイトが最近結構つながらなくなっているのですよ。

--------------------------------------------

7月24日、井の頭公園駅近くの選挙ポスター掲示板で発見。ウチの近所ではお目に掛かれませんでした。

B1380_160724

NHK撃退の人、落ちちゃいましたね。ついでに選挙期間中NHK相手の裁判に負けて「1310円」をNHKに支払うよう命じられましたね。

↓この日、駅ビルのトイレに入ったら、なぜか靴がある。

B1373_160724

揃えてあるので、身投げしたんかい?と、蓋をあけて覗きこんでしまいましたぞ。

↓古本屋の100均で発見。あらまあ。

B1374_160724_2

「あるす・あまとりあ」「続あるす・あまとりあ」「あまとりあ選書」。

珍本3冊。欲しい人、いるでしょうね。

B1374_160724_2_2

隣には「火星書房」。いい趣味だ・・・

(追記)この雑誌は当時の読者には単なる風俗誌以上の意味があったようです。

■[古本夜話]古本夜話9 『あまとりあ』と高橋鉄
http://d.hatena.ne.jp/OdaMitsuo/20091112/1257979430

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

亀之浦

じゃなくて、亀の裏。

B1184_160124

ナニ亀の裏側でしたかしら。今年の1月24日のことなので、すっからかんと忘れております。23~24日、御茶の水池とボート池の「かいぼり」が行われたのでした。

その様子はすでにあちこちでアップされていますので、今更レポートしても間に合いませぬ。そもそもレポートしようという気持ちを持ち合わせておりませぬ。ひたすら野次馬にて候。

で、何してたかというと、係員さんに「亀の裏の写真撮らせて」と頼んだのが、上の写真であります。野次馬きわまれり。しかし、亀に限らず猫でも蛙でも、裏側は面白いのであります。

こげなんもあります。

B1186_160124

ブルーギルでっか。よくわかりません。

最初は「でっかい金魚が宙を泳いでいる」と思いました。

こちらは・・・なまず、ですか・・・ちょい違うかも・・・

B1187_160124

(追記:ブラックバスのようです。)

ナマズもいるのですよ。

B1177_160124

在来種。保護の対象。フライにすると美味しいんですって。かば焼きにしても美味しいんですって。黙ってたべさせればウナギと思っちゃうくらい。

すっぽん。

B1181_160124

鍋、でしょうな。泥抜きしなくちゃ。在来種。

日本イシガメ。カメさんどこ?

B1183_160124

これだったかな。(不確実)

B1182_160124

お味は・・・って、食べちゃいけません。準絶滅危惧種です。

クサガメ。外来種。

B1178_160124_2

駆除されます。ニホンイシガメとの間に子供を作っちゃうんですって。いいじゃん、そんなの、という発言はたわごととして処理されます。生物多様性の観点から交雑はいかんのだそうです。(多様性という字面だけながめると矛盾しているような気がします。専門用語って素人には分かりづらい。)

駆除するんなら食べましょうよ、と思いましたが、漢字で書くと「臭亀」、とても臭いんだそうです。食べた人のレポートがありました。甲羅・内蔵は「ワキガ」の匂い。肉は「ウメー!」だそうです。

「ゲテ食大全 カメ料理 クサガメ」で行き当たりますが、グロい写真がありますので閲覧はご注意

ミシシッピアカミミガメ。ミドリガメとも言います。外来種。意外なことに特定外来生物ではないそうです。「要注意外来生物」。

B1179_160124_2

で、「美味しい」んだそうです。神戸新聞NEXTに

「アカミミガメ大量繁殖に一石 カメ肉カレー考案」

「大量繁殖のミドリガメ活用 “カメチリ”に挑戦 明石」

ちゅう記事が載ったそうな。(現在削除)

他にもいろいろネット記事がありまして一様に「美味しい」。美味しいが、野生の場合「泥抜き」が必要だそうです。

以上いらん生活の知恵でした。

↓塩焼き候補・・・

B1180_160124

ブルーギルとブラックバスかと。

ボート池です。

B1188_160124

鳥にとっては素晴らしい休日でありましたでしょう。

B1189_160124

やかましい人間はいないし、小魚は獲り放題だし。

B1189_160124b

かいぼり歓迎。もっと頻繁にやってもらえるよう嘆願いたします。鳥一同。

ドジョウとかもっと増やしてください。おなじく鳥一同。

野鳥の捕獲を許可してください。丸焼き食べたい。人間一同 一部・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

人生相談@井の頭公園

男・中央「この歳になって、母ちゃんに逃げられるなんてよ、思ってもいなかったからよ、どうしていいかわかんねえ。」

男・右「ふむふむ。」

男・左「そりゃあな、お前は悪いけどよ、今更亭主を放り出すのはナンだなアレだな・・・」

9649_150920sodan2

熱心に聞いてる右の人。上半身裸ですけど違和感なし。

普通なら公序良俗がなんとかで、おまわりさんが事情を聴きにくるところですが、ここは井の頭文化園の彫刻館です。

北村西望翁作品「師範代」さんです。師範の代理。

フェンスの向こうのおじさん、相談する相手を間違えております。ひたすら前向きなお方の頭の中には希望と輝かしい未来が詰まっております。それがどういうものか、おじさん、もう知ってるでしょ。

おじさんに必要なのは、規則正しい生活と栄養です。お酒もたばこもやめろとはいいません。ほどほどにしましょ。歩きましょ。そのお腹をなんとかしましょ。歩いているうちに気分はすっきりするものです。

ピンボケで済みませぬ。近寄るわけにもいかず、↓遠くから何食わぬ顔で撮りました。

9649_150920soudan

で。

「救いは彼方にあり」

9650_150920atti

そう自信満々に指差すのは「建国の勇姿」どの。あっちへ行け、ですか。

「もうっ、変なの回してこないでよっ。子育てで手一杯なんだからっ」

9646_150920ike

「鳥の母親-舞踏」。鳥のお母さんです。これまた、あっちへ行け、とたらい回し。

「いい加減にしてよっ。」といきなり指名されて猛り狂う「自由の女神」さま。

9647_150920jiyu

師範だの建国者だの、自分のとこでちゃんと解決しなさいよっ。

ストライークッ、と「花吹雪」さん。

9648_150920zo

ごちゃごちゃうだうだはピンと一緒に吹き飛ばしちゃいなさいよ。体動かすのが一番いいんだから。引き締まるし。見て、この美しいボディ。自分で言うのもなんだけど、肉のだぶついた女神なんて目じゃないわよ。

↓やっぱりこういうお方に救ってもらわないと。

9651_150920kannon

「聖観世音菩薩」 巨大です。足元の台上に子供が並んでおりまして、「絵になる」と写真を撮ろうとしたら、ガキども、さっさと降りやがって。じゃなくて、お子様たち、下にお降りになりましたのよ。

大きい、というだけで有難い気分になれます。とりあえず、なんまんだぶなんまんだぶ・・・

ぬわっ。

9653_150920koma

あんた、たしか近所の八百屋の顔の長いおぢいさん。通りを挟んで両側に店があって、ねじり鉢巻き、パッチに地下足袋、通りをあっち行きこっち行き、車があまり通らない道でよかったけれど、いつもヒヤヒヤしてみてました。

ぢいさん、売り物の菜っ葉を時々踏んづけていました。そんなんだから、そこで買い物をしようという気になれませんでした。だから潰れちゃったのかな。気がついたら、道の南側は駐車場に、北側は住宅になってました。ぢいさんも向こう岸に引っ越ししたのかな・・・

「狛犬」なんだそうです。

9652_150920koma

犬ねえ・・・ガンダルフ犬種だったりして・・・

最近多い「山野草園」。ボケ写真ですみませぬが、奥で萩が咲いていました。

9654_150920yasou

彫刻館近くに資料館があります。ハリネズミなどが展示されています。どれ、行ってみます。

おお、ワタシの好きなカエルですと。

9655_150920kaeru

喜んだのは束の間。5月で終わっていました。くやしい~来るんだった。やっぱり年間パスポート作るべきかな。1600円かかりますけど、元を取ろうとせっせと通うことになるでしょうから。

そろそろ帰ります。園内のあちこちに彼岸花が咲いていました。

9657_150920higan

秋ですねえ。

↓おまけ。水生物園から見た井の頭弁財天。

9637_150920bennten

山の中みたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

あひるの決闘

間違えました。カモと白鳥の決闘でした。

直前にあひる舎のあひる達が一斉にけたたましく警戒音を出していたのに引きずられました。

あひるが何に反応していたかというと、一眼デジカメのレンズのよう。鉄砲に見えたのでしょうか。野生のあひるじゃありませんのに。

都立井の頭公園内の水生物園(井の頭自然文化園)、通称・分園でのことでした。

ぐわぐわ鳴き立てるあひる達を写真に撮ろうと思ったら、残念、檻の細かい網が邪魔で撮れませぬ。一眼デジカメ構えてた方、ちゃんと撮れたのかな。

水生物園には鳥と魚がいます。ゾウの花子さんは動物園、通称・本園の方にいます。

鳥舎は昔は檻の目が粗かったと思います。すずめなどが入り込んで、餌を勝手に食べていた記憶あり。鳥インフルエンザの流行などで、侵入防止のため細かい網になったのでしょうかしらん。

で、決闘。写真がしょぼくて済みませぬ。決定的瞬間は逃しました。

-------------------------------

白鳥「おいそこの鴨、待ちやがれ。」

鴨(左):(うぜえ・・・)

9638_150920ketto

鴨(下)「また白鳥がいちゃもんつけてる。しらんぷりしらんぷり。」

そこへ現われいでたる鴨一家。

鴨母「うちの子に何の用だい。言いがかりはよしとくれ。」

9639_150920ketto

白鳥(あらま。肝っ玉かあちゃんが来ちゃった。)

鴨母「大きな体して、やることがせこいんだから。手を出したら承知しないよ。」

9640_150920ketto

白鳥「手じゃねえよ。嘴だよっ。」

-------------------------------

本当に嘴をぶつけ合ってチャンチャンバラバラしていました。

白鳥も鴨も凶暴・・・と思ったのですが、中央の網で仕切られた区画の左側の陸上には鴨と並んで座っている白鳥もいました。

右側の白鳥がとりわけ凶暴だったのでしょうか。丸暴なもので、隔離されちゃったとか。(勝手な推測です。)

↓鳥別の卵の展示。

9642_150920tamago

一番上のでオムレツ作ったら、何人前になるのでしょうか。写真は脇から撮りました。正面からは光が反射してよく見えません。ほかに見物人がいなかったら、じーっと観察してくるところでしたが、この日はあいにくと人出多数。居座り続けると、変なおばさん、と認識されるかも、と余計なことを考えて早々に移動しました。後悔してます。

教訓:人目を恐れず、我が道を行くべし。

↓アオバトがいました。

9641_150920aobato

普通の展示ではありません。中にいた2羽は、傷ついて保護され、野生に戻るのが難しいため、こちらで飼育されているものです。

1羽は目が見えず、もう1羽は羽が折れているとのこと。どちらも水を飲みに行くのに、木を伝って歩いて行きました。

鳥も人間も、傷ついたり病気になったり年取ったりしたら、ちゃんと面倒みてあげなくちゃ・・・

水族館もあるのですが、中は子連れの方でいっぱい。回れ右してすぐ出てきました。おばちゃんがのさばっちゃいけません。

で、本園(動物園)の方へ。こっちはもっと子連れでぎっしりだった・・・予想していたことでもあり、さっさと彫刻園に行きました。北村西望翁の彫刻が見たくて見たくて、というちびっこはそうはいないでしょう。こちらの見物記は次回にいたします。

動物写真を1枚だけ。

↓ブレーメンの音楽隊のメンツ。

9643_150920yagi

と思ったのですが、あちらは「ロバ、犬、猫、鶏」でしたよね。

こちらは「山羊、豚、鶏」でした。結構けたたましい組み合わせだとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

笑うザリガニ

どうにこうにもお散歩に行けません。用もないのに歩き回るのが好きなのに、仕事とナントカで、狭い範囲を連日ちょろちょろ。

ううう、我慢できないっ。

先日、吉祥寺にマウスを買いに出かけたついでに、井の頭公園に行っちゃいました。

仕事ほっぽりだしましたけれど、それがどうかしましたか。取引先は本日(土曜)お休みです。ワタシは納期さえ間に合わせればいいんです。今日(土曜)しなくたって明日(日曜)やればいいんだい。

あまり人がいませんでした。

のんびり歩いていたら外来種調査をやっておられる方たちがいらっしゃいました。

のぞかせてもらったバケツの中には、佃煮にしたいほどブルーギルの稚魚が入っていました。昨年春、「かいぼり」をやって外来種駆除をした筈なのに、また増えてしまったようです。

ブルーギルのお味は悪くないと、ネットのどこかで見ましたが、この場面で「佃煮にするからくれ」とは言えませんですわね。臆面なく言ったところで、譲渡禁止の筈ですし。

久しぶりの井の頭公園は、あちこちが整備されていました。

40年ほど前の野趣溢れる公園と脳内比較すると、整備され過ぎの感がなくもないのですが、世の中は、便利で綺麗な方向を目指しているのでしょうね。

ぐるーっとめぐって七井橋を渡って(ここも昔は木造だったぞ)行くと、こちらにも外来種調査をしておられる方がいらっしゃいました。

一見釣り人に見えます。ちょうどブルーギルを釣り上げた?ところでした。ブラックバスも獲れたとのこと。いろいろ増えちゃっているようです。

池にはぷかぷかとペットボトルの束が浮かんでおりまして、それは何かと言うと、↓これ。

9578_150912gairai

ザリガニも増えちゃったそうです。

9578_150912gairai2

イッヒッヒ、と笑うのですね。知らんかった。ウッシッシ、と笑わせてもよかったかも。

話が違いますが、↓こちらは、何のついでだったか、寄り道したお寺で遭遇した、石のかたつむり。

つい蹴飛ばしたくなる風情でありますが、いけません、そんな罰当たりをしちゃ。

9576_150905maimai

弘法大師さまが見ていらっしゃる。

このお寺は延命寺です。平和の鐘(鐘楼)や平和観音菩薩、中島飛行機ゆかりのプロペラなど、戦争関連のモノがありますが、こちらの250K爆弾の破片もその一つ。

9575_150905bakudan

70年を経て、まだ戦争の記憶をとどめております。

散歩再開はいつになるやら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

そぞろ歩き

そぞろ歩きとは、あてもなく、気の向くままにぶらぶら歩きまわることだそうです。

確かに、当てがなかったなあ・・・

日曜日の15日、ふらふらと吉祥寺に行きました。

ユザワヤでダイロン(染料)を買いました。

お気に入りのスカートに染みがついて、落とそうと酸素系漂白剤に漬けたら、なんということでしょう、まだらに色落ちしてしまいました。

塩素系じゃないのに。

仕方なし、染めることにしましょう。

他に買うものない。このまま帰りたい気分でもない。じゃ、以前来たときに工事中だった井の頭公園の西園に行ってみましょうと・・・

おもろない。

草茫々のまんまでいいと思うのに、整備されちゃって、奥の方はおガキ様用のカラフルな遊び場が見えちゃったりして・・・

昔どこにでもあった原っぱが懐かしい。

で、玉川上水沿いを遡って帰ることに。

上水の柵の向こうにアジサイが咲いていましたよん。

8413_140615ajisai

古いデジカメしか持っていませんでした。いつも通り撮ったら、色が全然違う・・・

モノは試し、とホワイトバランスを「日陰」に変えましたら正解でした。

実物より落ちますがアジサイの青が鮮やかになりました。

で、ついつい、道端の花なんぞをぱちりぱちり。

8414_140615yuri

なんの花でしょね。ユリだということはわかりますけどね。

8415_140615yuri2

白いユリ黄色いユリ桜色のユリ赤いユリ、でどうでしょ。

8416_140615yuri3

前後しましたが、おもろない井の頭公園西園光景。

8408_140615kouen

整備を望む声の方が多かったんだとは思いますが、田舎育ちはとかく、土が恋しい、むんむんする草いきれが恋しい。

↓小鳥の森の脇路。

8409_140615mori

人がいなくて、いい雰囲気です。

さて、そろそろ少し遠くにお出かけしたいですねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

かぜが抜けた~

風が抜けた~ 

北北東から南南西へ~北東北から西南西へ~

(そりゃ豪快だ~)

北北西から西北西へ~

(そりゃちと無理だ~)

地上より天上へ~

(そりゃ竜巻だ~)

もとい風邪が抜けました。

喉が痛くなって熱が出てやる気がなくなって鼻が炎症を起こして手首に発疹が出た風邪がほぼ抜けました。

ウイルス性でした。

ポールマッカートニーさんと同じウイルスかどうかはわかりませんが、とにかくウイルスに襲われて臥し免疫を獲得して復活しました。

人間、年に数回は風邪を引いて身体をリセットしたほうがいい、と以前読んだ健康法の本に書いてありました。

そうかもしれません。

風邪症状を発する前数週間、体温が35度台でありました。体を温める法を試みましたがじぇんじぇん効果なし。

なぜか酸味も一切受け付けなくなっていました。とにかくイチゴやかんきつ類が酸っぱくて食べられない・・・

38度発熱でリセットされたのか、体温はお手本のような36.6度をキープ。

イチゴはシーズン終わりかけで高騰してますので縁をきりましたが、レモンも夏みかんも酢の物もへっちゃら。

なんだったんでしょうね。

で、本日は仕事してます。ありがたいことに昨日夕原稿データが入りましてね・・・

(ぐすん)

実は昨日の昼、仕事の納品に行ったついでに井の頭公園まで足を伸ばしてました。

吉祥寺のお友だちが「井の頭公園にムサシノキスゲが咲いている」と教えてくれましたもので、「なぬ?」とかけつけました。

おーっ。

B0290_140523kisuge

が、いくらなんでもシーズン終わり近くですので・・・

B0289_140523kisuge

咲いていたのは、2輪だけ。

場所は弁天様の西側の斜面です。

B0287_140523kisuge

↑この写真の真ん中に1本立っているんですけどね・・・見えませんよね・・・

ついでに公園内をちょこっと回ってきました。

↓井の頭池です。かいぼりの名残なし。

B0291_140523ike

手前の黄色いのはたぶん黄菖蒲。

B0292_140523kishobu

盛りを過ぎちゃって枯れ気味です。もっと早くくればよかった。

(ウイルスに負けてましたけどね)。

残っている仕事もあるし帰らなくちゃ、でも折角だから古本屋を覗いて行こう・・・と店頭の100円コーナーを漁っていたらナンパされました。

じゃなくて、地元の友人に声をかけられました。

こんなとこで何してんの?

ウチへおいでよ、と言われホイホイついて行って、途中で仕事の電話が入ったのをテキトーにごまかして、しばしティータイム。

おほほ、他人をサカナにしてコーヒーで酔っぱらってきましたよ。

で、その報いで本日はお仕事してます・・・じゃなくて、仕事はついで。

好物のバザーがありまして、いそいそとお出かけしてきました。モノはふやしちゃいかんです。わかってますわよ。見るだけならいいでしょ・・・

で結局数点お買い上げ。

リネン100%のcotton house 某のスカートが100円なんですもん。

christian aujard pret a porterのしっかりした生地のスカートが200円なんですもん。

次シーズン用のスプリングコート綿100%が300円なんですもん・・・

(代わりになんか処分しなくちゃ)

元気になった途端、物欲が全開する凡人でありました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

これはナニ?

1週間ほど前、近所を歩いていて、信号渡ろうとして・・・

これはナニ?

8204_140315genba

スリッパです。

いえ、スリッパだということは見れば分かります。

別段、珍しくもないスリッパです。

で、なんでここに?

履いていた人はどこに?

まるで身投げ現場。しかし、どこに飛び込んだ?

ここまで歩いてきて蒸発しちゃった?

そもそもスリッパで往来を歩きますかしら。

という、どーでもいいヒマ話でした。

ついでに、これはナニ?

8205_140316ike

ズンズンズンズン・・・と海面下ぎりぎりを進む潜水艦、なわけはなく、かいぼり後に水が戻った井の頭池の水中の杭です。(3月16日)

比較する写真がありませんので説得力に欠けますが、以前より水が綺麗になったようです。

この時点ではまだ鯉などは戻されていないようでした。

で、これはナニ?

8211_140316nisi

山小屋の薪置き場・・・ではなく、井の頭公園西園の一角でした。

結構な巨木のぶつ切りです。

西園は大規模な工事中ですが、ここはその現場とは違う場所です。

何があったのでしょう。雪折れした木を処分してるのならともかく、何かの施設を作るために、ばっさばっさと切り倒したんじゃないでしょうね・・・

あ、西園て、ジブリ美術館↓のある方です。

8212_140316gibri

屋上から「巨神兵」が見てござる・・・ではなくて「ロボット兵」だそうです。

8213_140316gibri

ジブリ美術館の守り神」と、ジブリ美術館のサイトに書いてあります。

特別枠のある近隣住民でありながら、まだ美術館内部に入ったことがありませぬ。

この日、西園の一角では気の早い桜が満開になっていました。

蕾がぎっしりの木もありました。

↓どこをどう見てもピントの合っていない写真。

8216_140316tubomi

どこをどう間違えたんだろ・・・

オートフォーカスでもこんなピントを外しまくった写真が撮れるのですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

頭上の漬物石

あるいは頭上の特大鏡餅(まだ柔らかい)、あるいは頭上の土鍋。

要するに頭が重い・・・いや、気が重い。

入院見舞いは楽しいものではありませんが、入院しているのが、あんのジジイ様となればなおさら。

安静だっちゅうのに「退院したい」ですとお。

担ぎ込んだ身にもなってみろや、おとなしく寝とれっ!!!

↓22日、病院からの帰り道、ふと覗いた小学校校庭にポンプがありました。

7950_140222ido

災害時に活躍するのでしょうね。

何度も通っていたのに気づきませんでした。まこと人間の目は節穴。

戻って残ってる仕事しようか・・・迷いながら足は吉祥寺方向へ向かってました。

↓小さな神社の前の雪塊。

7951_140222jinja

思うに、「かまくら」の成れの果てです。

降雪から1週間経つのに、気温が低い日が続いて、22日ではまだ結構残っていました。

↓いつも「小さい神社があるなあ」と通り過ぎていましたが、今回由緒書きが目に留まりました。

7961_140222jinjal350

あれ、いつから掲示されていたんでしょ。

八枝(やえだ)神社だそうです。江戸初期「牛頭天王社」として祀られ、明治初年「八枝神社」に。

一般には「平方のおししさま」と親しまれ、「悪疫退散に霊験(れいげん)あらたか」なそうな。

小さくても偉大な神様です。

さて、家電店でパソコンの品定め下見をし(XPパソコンをどうするか悩んでます)、古書店の店頭100円本を漁り(昭和34年の古い雑誌を買いました)、ふらっと井の頭公園にやってきました。

井の頭池は、かいぼり中です。が、二度の大雪のため水浸し状態・・・

7953_140222ike

神田川へ向かってごぼごぼ水が流れていました・・・

7954_140222mizu

かいぼりステーションに行きましたら、「2月24日に水入れ」の表示がありました。

結局、池の底はカラカラには乾くことはなかったようです。

池の水、きれいになったでしょうか・・・

22日の時点では、雪折れの枝がまだ残っていました。

↓井の頭線の高架下に向かう道脇です。

7956_140222eda

ところで、公園内の井の頭線高架下近くに、ずいぶん前から「地蔵」があります。

7955_140222jizo

え?ここでなんかあったの?・・・と謂れがわからず、ちょっと不気味に思っておりました。

で、ネット情報を発掘。

「東京ハビタット」さん 2008-09-23 の記事
http://myhabitat.blog59.fc2.com/blog-date-200809.html

〈このお地蔵さん、今年で10歳です。若いです。
私が初めて吉祥寺に引っ越してきた年に、切株の上に突然置かれていました。
由緒あるものではなく、誰かが造ったものを誰かが勝手に置いたのです。
石像ではなく、恐らくコンクリート材のようなもので造られています。
最初は誰もが悪戯半分で置いたものだと判ってはいたものの
お地蔵様だけに処分されることもなく、現在に至るまでそのまま置かれています。
今では頭巾に服にお供え物と、本当のお地蔵様同様に扱われている始末。

始まりが何であろうと、そこに人の心が通い交わるものがある。美しいことです。
それでいいのだと思います。
ただ…
これを見る度、複雑な気持ちになります。なぜだろう… 〉

御歳16ですか・・・

武蔵野八幡宮も雪景色。

7960_140222hatiman

で、翌23日。また病院に様子伺いに行きます。ったく、日曜日だってのに・・・ぶつぶつぶつ・・・

公園にノボリ旗発見。いいのか、公共施設にこんなもの設置して。

7962_140223nobori

と近寄ってみたら、「ゲージツ」でした。

7963_140222nobori

http://teratotera.jp/event/civicpride/
Civic Pride ~わたしたちのマチ・わたしたちのアート~

だそうで、2月22日、23日限定だそうで。

へええ、犬も歩けば棒に当る、物好き歩けばゲージツに当る・・・

(しかし、ようわからん)

病院を出た後、頭に座布団のような重いものが乗っかってます。

このまま帰宅したらまずい、と、とりあえずアサッテの方向に歩き出しました。

↓おっ、キミ、頑張ってるね。

7965_140223semi

二度の大雪に負けず、葉っぱにしがみついて、目指すはこの夏を謳歌することですかね。

↓桜の蕾。もうじき咲くんですか。

7966_140223sakura

と思えば流氷のような、親水公園の池。

7967_140223kori

雪かきしなかった日陰には雪原。

7969_140223yuki

あっち行ってこっち行って、3時間後に帰宅したら、あら嬉や、頭がすっきりしてました。

人間、悩めるときは歩くのが一番です。

ほほほっ。仕事するざますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

大雪の後

2月8日(土)は朝から雪でした。

東京地方も大雪予想で、不要不急の外出は避けるようTVで訴えていました。

ワタシは一種の生き物係りをやっておりますので外出せざるをえず、諸々の用をすませて帰宅するのが7時頃となりまして、雪は降るわ積もるわ風は横殴りだわ、の悲惨な道を辿りました。

歩いている人なんて殆んどいやしない。必死に雪かきする人はいらっしゃいましたけど。

お家へ帰ってベランダを見たら、鉢に雪が積もってました。ベランダのてすりにもこんもりと。

明日の朝写真に撮ろう、と思っていましたら、夜中に水音が聞こえまして、そう、軟弱な東京の雪は早くも溶け始めておりまして、ベランダまっさら。

夜に証拠写真を撮っとけばよかった・・・

↓近所のお宅の屋根です。30センチ近く積もっているかも。

7871_140209yane

↓近所の公園のベンチ。都知事選の投票に行く途中で見ました。

7874_140209yuki

積雪を測っておけばよかった・・・

↓別の公園。踏み荒らされた後ですが、結構積もってます。

7879_140209yuki

お家でおとなしくしている予定でしたが、午後になって雪が溶け始めてきて、思いました。

明日になったら、溶けた雪が凍りついて歩きにくくなる。今日なら・・・

それっと吉祥寺方向へ。

住宅街の雪だるまさん。

7902_140209yukidaruma

帰りに撮ろうとしましたら、行くときにはあった葉っぱの目が落ちていました。

この写真は、胴体に引っかかっていた葉っぱで目を合成しています。

もっと可愛い顔でした・・・

↓凝った雪だるまさん。目は空き缶の底です。

7900_140209yukidaruma

実はこの雪だるまがあったのは、一年前「吉祥寺の殺傷事件」が起きた現場に面したところでした。

事件後しばらくは、花束などが備えられていましたが、もう何の痕跡もありません。

ここを通りかかる人で覚えている人はどのくらいいるかな・・・

↓お店の呼び込み担当の雪だるま。まあね、人気ものだものね・・・

7899_140209yukidaruma

TVで「雪の井の頭公園」の映像を流していましたので、つい公園へふらふらと・・・

↓雪に浮かぶ七井橋。

7883_140209nanai

雪に浮かぶスワンボート。

7886_140209swan

↓お尻が冷えちゃうのよね。わたしもよお。

7886_140209swanup

水面が雪原。

7885_140209ike

雪原を縫って、川が流れていきます。え?

↓雪融け水があちこちで流れ込んでいました。かいぼり中だというのに。

7887_140209mizu

かいぼりステーションを覗いてきました。

捕獲の結果が張り出されています。この写真では分かりませんが、「実物大」だそうです。

7895_140209sakanal350

7896_140209sakana

↓駆除対象。

7894_140209sakanal350_2

金魚1匹って・・・

(アップの写真追加)
7894_140209kingyo

実物大とは、こんな具合です。

7897_140209sakana

右の係りの方の身長からご想像ください。

でっけえ・・・生きてるまま見物できたら、もっと面白かったかも。

↓クサガメ。

7891_140209kusagame

上の張り紙では保護に分類されていますが、容器の説明には「最近の研究で外来種であることがわかってきた」とあります。へ?

なお、漢字だと「草亀」ではなく「臭亀」のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編