コモノ 食器・盆・籠など

2013年11月 5日 (火)

あなたのゴミはわたしのお宝

よそサマが要らないというモノは、ワタシにも要らないモノである場合が多いです。

が、十人十色でございまして、価値観のズレというものがございまして、よその不要品がワタシにとってのお宝だったりすることがあります。

広くもない我が家は、よそサマには普通にある家電製品とかが無くて、用途不明な雑貨があちこちにあります。

うふふ、と眺めていると、なんだか気分が良くなるのですよ。

そうしたモノに出会うのは、もちろん骨董屋ではなく地元のバザーやフリーマーケット。

機会あるごとにせっせと足を運びます。

で、これ。

6430_131105melroses

先日のバザーの「ご自由にお持ちください」 コーナーにありました。

何人か先客かいらっしゃいまして、出遅れたワタクシは後ろで、あ~あ~逃しちゃった・・・、と眺めておりましたが、幸運にもどなたも興味がなかったようで、皆が立ち去った後に迷わずゲット。

容器好き人間には堪りません。

ふっふっふ。これでその日一日幸せ・・・

(なんと安上がりな人生だこと)。

------------------------------------------

後ろの蓋付き陶器は、メルローズ紅茶の空き容器「ベンガルポピー」と「プリムローズ」。(昭和61年頃のもの)

手前左は、ミルクピッチャーとその台? 右は「Original BMF Schnapskrügerl」とある、ガラス容器。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

捨てるヒトあれば拾うヒトあり

モノが捨てられないヒトです。

手に入れたら最後、よっぽどのことがない限り手放さない・・・

ですので、消耗品以外は買わないよう心がけているのですが、年に数回タガが外れます。

初夏の今がその時期、地元団体がバザーをやってます。

で、また買ってしもうた。

↓朱漆の鉢。直径23センチ。

5266_130522hati

黄色いのは大きさ比較用のグレープフルーツです。

↓お盆もしくは丸皿。直径32センチ。

5267_130522bon

少々古びているけど、たいしたことじゃありませぬ。

↓木の刳りぬき鉢。口径21センチ。

5269_130522hati

いい木ですよ~、何の木か分かりませんが。

↓口径15センチの鉢。

5270_130522hati

以上、全て1点50円・・・ いいんですか?

↓この器も50円。

5272_130522savoy

ちょっと迷いましたが、この図柄が気になって、ええい買っちゃえと太っ腹に散財。

(こういうお金の使い方を散財とは言いませんぞ。)

この柄、処分した琺瑯ケトルと良く似ていました。気に入っていたのですが、どこぞのアホウ様がご丁寧に二度も空焚きしてくれまして、それでも使っていたのですが、ふと気づくと中がボロボロ。泣く泣く不燃ゴミに出しました。

さて、ひっくり返して底を見たら

「HANDCRAFTED
 Denby
 Fine Stoneware 
 ENGLAND」

とありました。その下に「Savoy」とも。ふーん、イギリスデンビー社のサヴォイシリーズですか。(←何のこっちゃ)

よく分かりませんが、Vintageモノらしいです。ようするに廃盤商品。Denby の Savoy の Open sugar bowl(無蓋砂糖壷)。イギリスのサイトでは16.5ポンドと値段が付いていました。

円換算すると、2532円ですか、ふむふむ・・・という話ではありません。

お気に入りだったケトルは、このDenby Savoyだったのか、単なるパクリ商品だったのか、どちらでもいいのですが、今は亡き母から貰ったものでした。

処分したのは、母が亡くなってからでしたが、こうして所縁の「モノ」も消えていくのだな、としんみりした次第であります。

閑話休題、増え続けるモノの話。

↓これは数年前に買いました。口径14センチ。

5271_130522kago

竹を編んで漆で仕上げています。これも・・・50円。

↓さらに、これらは50円でもない。

5276_130522kago

蓋付竹細工。直径23センチ。ポケットティッシュ入れにしています。

↓タオル入れ。長径33センチ。

5274_130522kago

ゴミ捨てがまだ無料だった頃、ゴミ置き場に「拾ってくれろ」とばかりに置いてあるのを救出しました。

有料化されてからは、この類のものは叩き壊されてゴミ袋に入れられています。

どうなるのだ日本物質文化・・・

------------------------------

130519_5258kyoukai

マリア様、この物欲にまみれた俗人をお救いください。なんまんだぶなんまん・・・間違えました。罰当てないでくださいまし。

この教会のバザーにも出張して少々買い込んできました。

ルジェクレームドカシス(Lejay Creme de Cassis de Dijion)、成城石井あたりで買うと1400円くらいするのとか・・・ 酒止めた、と言いふらしているのにどうしましょ。シャンパンじゃなくて炭酸水で割って飲みましょうか・・・

130519_5261kouen

↑吉祥寺駅からそう遠くない公園予定地。

もう開園したかと行ってみましたが、まだ立ち入り禁止の柵に囲まれていました。写真には写っていませんが左側に鬱蒼とした竹林もあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

あ・・・

130331a

あ、トイレ流すの忘れた・・・

あ、お米といでおくの忘れた・・・

あ、手紙ポストに入れるの忘れた・・・

あ、洗濯物干してない・・・

いろんな「あ」を思い出させるカップです。

フリーマーケットで、NEWYOKERのスプリングコートか、カップかと迷って、こっちを買ってきました。

おいくらですか? 20円でどうでしょ・・・

小さな赤い口が可愛いな。

でかい忘れ物を思い出しました。ワタクシ、大金持ちを捕まえて、ゴージャスな暮らしをするはずだった。

ま、いっか・・・

↓煙るような桜花。後ろはNTT武蔵野研究開発センターです。

130330ntt1

↓ちょいアップ。

130330ntt2

それにしても寒いですね~(東京地方)。

これなら1週間後の桜まつりまで花がもつかも。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

あのう、本物なんですけど・・・

何の本物か。漆の本物です。

じゃニセ漆ってあるのかと言えば、「ニセ」じゃなくて、合成漆とか新漆とか言うようです。

詳しくはありませんが、ウレタン塗装が合成で、カシュー塗装などが新・・・かな・・・

昔々、実家のお重はプラスチック製でした。

昔のプラスチック成型は原料を流し込んだあとのポチッが残って、素材がもろバレでした。

と~っても嫌でした。

大人になったら、本物のお重を使うんだ・・・と思いつつ流され続けて、ほんじゃまそろそろ本漆いこかと、ある日デパートに出かけて認識の甘さを思いっきり知らされました。

いいな、と思うのは人間国宝の作品なみの値段でとても手が出ません。

これくらいなら、と思うと結構なお値段なのに、ウレタン塗装ですとぉ・・・

カシュー塗装も結構なお値段します。

ほんとに「お手頃」値段ですと、生地がABS樹脂になっちゃって・・・

討ち死に。

お重無くたって困りゃしません。ウチにはタッパーウェアという文明の利器があります(強がり)。

(タッパーウェアも本物は結構します。その本物を友情という名の下にホームパーティにて買いました・・・懐が痛かった・・・)

そんなある日、好物の地域バザーに出かけたとお思い下さいまし。

そういうところで、他の人が見向きもしないガラクタを漁るのが大好きです。

で、1個5円だか10円だか50円だったかの箱内で遭遇しました。

121114kobati

差し渡し19センチほどの菓子鉢? いいんですかい?と半信半疑で買いました。

傷があるわけじゃなし、本漆器ですよ・・・ なんで本物と判ったかというと、そこは目が肥えているから・・・じゃなくて、

121114kobati2

↑裏に貼ってありました。

これが手始めでした。

↓これも地域バザー。写り込んでいるのは天井の線と壁と照明です。

121114bon

琉球漆器 角萬の七寸盆。なんで判ったかというと、

121114bon2

箱に能書き入り。

50円で売ってしまっていいんですかい・・・そりゃ確かに汚れがありましたけど、ぬるま湯で洗って柔らかい布で拭いたら、鏡になるくらいぴかぴかになりました。

さらにこんなもの↓と出合ったのも地域バザー。

121114wan

朱漆のお椀。値段は書くのも申し訳ない5個で100円・・・1個20円・・・

能書きもなんにもないけど、本漆器です。だって生地の厚みが違いますもん。

あれもこれもそれも、デパートで買おうとすると、ため息が出るくらいの値札がついているのに、場所によってはガラクタ扱い。

時代が変わっちゃったんですか。食洗機にいれられない漆なんて邪魔っけ、だとか。

ワタクシが時代遅れなもので、ガラクタを集めてるんでしょうか・・・少々不安だったりして。

-----------------------

↓お値段のお勉強を少々ネットでしました。

琉球漆器 角萬(XPのIE8にはちょい重いサイト)
http://www.kakuman.jp/ryukyu/index.html

川連漆器
http://www.ldt.co.jp/crafts/index.html

-----------------------

肝心のお重はまだ手に入れていません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

全国大陶器市 小金井公園

覚悟はしたけれど、やっぱり3連休仕事漬けは悲しい・・・ので、日曜日はお出かけしました。なんとかなるさ。

行き先は「東京都立小金井公園」。名門ゴルフ場「小金井カントリークラブ」に隣接し、都下4市にまたがる緑豊かなだだっ広い公園です。

地元市もその一部。

なのでお散歩気分で歩いていきましたが、普通歩く距離ではございません。地図をざっと測ったら、公園のはずれの目的の場所まで約6キロありました。人間の歩行時速4キロとして1時間半・・・

わはは。

思い立ったのが午後2時20分。

どうするか。こうします。急ぎ足で、せっせせっせ・・・3時20分着。わはは、アホだ。

↓目当はこれ。

http://dai-toukiichi.com/event2.php?id=122

全国大陶器市 小金井公園
(10月14日までやってますよ~)

なにも買わんぞ、見るだけ、という固い決意で行ったのに、ガラガラ崩れるのが凡人の決意。

121006wan1

↑箸置きならいいか、と2個お買い上げ。

 1個360円は高いのか安いのか。可愛いからいいか。

121006wan3

柄つきソラマメみたいなのは、1個105円の箸置き。

↓会場入口。この先に延々と店が続きます。

121006toki

午前中雨降りだったので、人出は少ないのかも。

121006toki2

公園ですからね、花もいろいろ咲いているのですが、人の目は陶器市にしか向いてません。

121006toki3

ダリアが一杯咲いていました。

一角に「皇帝ダリア」という恐ろしく背の高い植物が生えていました。

大きすぎて、全部写りません。草というより木。

121007koutei

別名「帝王ダリア/コダチダリア」だそうです。
http://www.azami.sakura.ne.jp/hana/f1/ka-gyo/kouteidaria.htm

身の丈3~4メートルになるそうでして、花が咲くのは11月とのこと。忘れず見に来ましょう。

行くときの経路は玉川上水沿いです。↓これは上水を背にしたバス停の野外待合席。

121006isu

赤瀬川源平さんなら面白い写真に仕上げることでしょうね。

武蔵野の地でありますから、国木田独歩さんの記念碑などもありました。

121006doppo

帰り道は「多摩湖自転車道」に出て、つるべ落としの秋の日に追いつかれないよう、せっせせっせ。やっぱり1時間で帰ってきました。

↓道端で呆然としている、リスさんとウサギさん。

121006usarisu

動物遊具って、可愛い系より不気味系が多い気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

あひるのきょうだいは・・・

あひるのきょうだいは、箱の中。

値札をつけて、入っていたよ。

何度も通りかかったけど、買わないよ買っちゃいけないよ。

いくら安くたって、もう食器棚はいっぱいだよ~

120706ahiru3

毎日の通り道にリサイクルショップがあるのがいけないんだ。

道路に箱を出して展示しているのがいけないんだ。

1個50円だなんて、そんなむちゃくちゃな値段をつけるのがいけないんだ。

こんな顔してるあひるがいけないんだ。

120706ahiru2

出来心で買っちまうじゃないか・・・

なんか処分しないと食器棚にはいりません。

たち吉がなんだ、Adam & Eveのカップを処分しよう。

人類の元祖はあひるに負けたぞ・・・

120706ahiru1

mのマークが気になります。なんかの景品じゃありませんよね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

はじめてのトーゲイ

陶芸教室に通い始めて3ヶ月目。

月2回なので遅々として進まず、なのですが、最初の作品ができました。

わあ、嬉しい・・・筈でしたが、並べられた作品の中から自分のを探すのが一苦労、まったく自分の作ったものくらいよく覚えときなさいよ・・・

で、やっと見つけ出し、手にしてがくっ。

ガラクタ増やした・・・

というのが対面しての感想。立派なものができるとは思っていませんでしたが、こんな出来上がりになるとも思っていませんでした。

指のあとがへこんでるし、厚さ不均一で波打っちゃったし、乾燥時のビニールカバーにも少々潰されてるし。

生まれたての赤ん坊を目にして、お母さんギョっとします。

サルみたい・・・。もっと可愛いはずだったのに・・・。

でも、じっと見ているうちに、あら不思議、ウチの子はなんて可愛いんでしょう、と魔法がかかります。

ワタクシも魔法をかけました。

いいじゃないか。へなへなといびつで実に味があるじゃないか。釉のムラがいい味だしてるし・・・

120615togei1

左の白の右側がへこんでいるのはわざとですが、出来上がってみると潰されちゃいましたみたいな雰囲気。へこみ以外はまん丸になるはずでした。

右の2辺がくぼんでいるのもわざとです。残り2辺は緩い楕円みたいになるはずでしたのに。 ぐだぐだ言うのはおよし。出来た作品が全てを物語っているよん。(ありがたいお言葉を頂いて目が覚めました。)

120615togei2

一応“小鉢”のつもり。

左下は、サイズ比較用の愛用のコーヒー紅茶兼用カップ。

自分でやってみてはじめて、市販品をつくる職人さんの偉大さがわかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

かってどーする3

昨日、仕事場へ行って図書館へ行ってパン屋さんへ行ってスーパーへ行って・・・と朝からご近所をかけずり回っていた時のことです。

とりあえず買うものを買ってお家へ帰りますが、たまには違う道を歩いてみたい、とあさっての方向へ歩き出しました。(たま、じゃなくていつもの行動ですわな)

とあるところで人だかりがしていました。物見高い性質なものですから、どれどれと寄って行きました。

どうもそこは学校で、どうもそこで学園祭をやってるみたいです。ぼけーっと張り紙を眺めていたら、関係者の方が「どうぞどうぞ」と案内してくださりスリッパまで出してくださるものですから、するすると吸い込まれていきました。

ほほう、美術部ほか各種展示あり、PTAらしきバザーもあります。もちろんバザー大好きですからのぞいてみました。

ちょっと違うな・・・

品物が微妙にずれていて、安くても買おうという意欲が湧いてきません。

ですので、純粋に展示を楽しむことにして「陶芸」コーナーへ行ってみました。そしたらですね、おおおおう、生徒の作品を即売しているではありませんか。お値段は1個100円から。

もちろん、習作レベルの品々です。買うのはご愛嬌と生徒の心意気・・・

じぇんじぇん期待しないで眺めていたのですが、中に一人、気になる作品を作る生徒がいらっしゃいましたとさ。どれもこれも好みにぴったり、なんともいい雰囲気です。

もちろん技巧的には未熟でして、底には粘土が捏ね足りないような隙間があったり、釉薬は厚すぎたり指の後のようなかけ損ないがあったりですが、それでも実によい風情です。

あれもこれもと8点ほど欲しくて、悩みに悩んだ末2個買ってきました。

(金額的にはたいしたことないのですが、置き場所がありませぬ)

111113togei1

実物はもっとすてき。

111114togei2

111114togei3

器の内部の釉薬が実にきれいな色なのですが、写真にはとれませんでした。

(これを作った地元H学園のW君、将来陶芸家になったりは・・・しないでしょうかしらん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

気が緩むとモノが増える

捨てられない性格ゆえ「捨てない生活」をするには、モノを持ち込まないことが一番です。

そうです。そうです。そんなこと分っています。

けど、分っていることと、することは別・・・

先日、ついふらふらとお出かけして仕入れてしまいました。「見るだけ」のつもりだったのに。

110309shokki

↑青磁、というほどではありませんが、青味がかった差し渡し5センチ位の超小さい「小鉢」。花びら型でして、「花弁」のぷっくら膨らみ具合が実によろしいです。

手前は、空豆の箸置き(京豊窯)。

仕入れたモノをネットで調べる習性がありますもので、空豆の箸置きと検索したらすぐでてきました。現在でも1個250円前後で売られている普及品らしいです。

(4個なら千円か・・・・ 10分の1以下の値段で買ってしまった・・・)

↓箸置きの入っていた「箱」。箱好き人間をくすぐるクラシックな雰囲気です。いまでもこんな箱に入って売られているんでしょうか。

110309hako

どこで買ったかというと、吉祥寺の裕福な地元住民が出店するフリーマーケットです。いいものいっぱいありまして、お家が広かったらあれもこれも買ってきたかった・・・

↓会場の近くにはこんな建物が。裏から覗きました。空き家の雰囲気ですが、表門の立派な表札には、懐かしの革新都知事さんと同じ名前がありました。

110309kitijoji3

↓これも吉祥寺駅近くです。五日市街道沿い。一等地にこんな空間があるとは・・・

110309kitijoji

↓箱好き人間を誘い込むよなお店。これも駅近くの五日市街道沿い。

110309kitijoji4

モノが捨てられない、といいながら、最近靴2足とベータのデッキを捨てました。

靴は散々迷ったけど、眺めているうちに、よそには履いていけない程度に古びていると気づきました。

ベータのデッキは分解したら、あちこち部品がへたっていて、たとえ今回の不具合が修理できたとしても次々にダメになりそうでした。多分30年近く昔の製品です。モノに命があるとしたら、天寿を全うしたのかも。

従いまして、大量のベータテープはこれから「ゴミ」になります。ベータのデッキが手に入らないわけではありませんが、使えそうなものは15万円近くしまして、とてもとても・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

皿はもうやめようと・・・

思うのです。モノを増やしちゃいかんです。どんだけ溜まっていることか。

なのに本日ゴミを捨てに行ったら、拾って下さい、といわんばかりにマンションのゴミ置き場の棚に小皿が鎮座ましました。

101210kozara

直径11cm弱。

あああ、かわええ・・・

101210tori1

101210tori2

101210tori3

もう、何かを入手したら何かを捨てねば置き場所がない段階に入っています。何を捨てろと言うんじゃ。悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編