おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口

2014年11月21日 (金)

玉川上水もどき

11月15日、烏山方面へ行きました。

ずっと前から地図帳を眺めては、世田谷区北烏山の「寺町通り」一帯が広大な緑地であるのが気になっていました。何度か歩いて行こうとしたのですが、もろもろの事情で挫折しては途中で引き返していました。

今度こそ行くぞっ。

最寄駅まで電車で行こうか、と一瞬思いましたが、歩いていけるところは歩いていくのがポリシー。曲げてなるものか。歩き方始め。

行くならなるべく緑豊かな玉川上水沿いを、と思うのは人情です。車行きかう道なんぞ歩きたくありません。

で。

↓ここはどこでしょう。

8909_141115mitaka1051

玉川上水はJR三鷹駅手前で暗渠になります。そんなことは知ってます。だからいつも駅の向こう側に直行していました。

が。

暗渠の上、本来上水が流れていた場所に公園のようなものがあります。

死角のような三角地帯にある高層マンションの裏手でもあり、人通りもそれほどありません。いつも横目に眺めて通り過ぎていましたが、この日、初めて足を踏み入れてみました。

おおー。

水路を模したそれなりの公園がありましたぞ。

8911_141115mitaka1057

そういえば以前水が流れていたかもしれません。

人間様の都合で玉川上水を地下に潜らせてしまったけれど、やっぱりここは水が欲しいと、もどきを作ってしまった・・・回りくどい欲求ですなあ。

公園、と書きましたが、公園名分からず。正式な公園でないのかもしれません。

結構な高低差もありまして、穴場的に森閑としておりました。

8910_141115mitaka1054

「玉川上水緑道 園地」というらしいです。

「玉川上水緑道オフィシャルブログ」
http://musashinoparks.com/blog_tamagawa/2012/02/20/%E4%B8%89%E9%B7%B9%E9%A7%85%E5%8C%97%E5%8F%A3/

ここで遊んでいるわけにはいきません。駅の向こう側の玉川上水に出なくては。

久しぶりに中央線の下を潜って南北に抜ける三鷹通り地下通路を通りました。

こんな雰囲気です。

8913_141115mitaka1100

以前は車の排気ガス充満ゴミ散らかり放題の小汚く物騒な、いかにもアンダーグラウンドな通路でしたが、整備されたのね。

アルコーブに植え込みが置いてあるのは、美観というよりも宿泊阻止用かも。

8912_141115mitaka1059

ひとり分の仮のお宿にはちょうどいい大きさの窪みです。

地下通路は自転車は降りて押しなさい、というのが原則ですが、精力ありあまっている若者はぶっとばしていきますなあ。じいさんばあさんをひっかけると一生が台無しになるかもしれませんゆえ、自重なされまし。

地上に出たあとは、玉川上水沿いに井の頭公園に向かいます。

以前は穴場的な散歩道でしたが、近年ジブリの森ができた頃より整備され始め、太宰治めぐりコースもありまして山本有三邸もありまして、人がびっちり・・・

その昔吉祥寺に住んでいたころ、三鷹オスカーに映画を見に通った道でした。最終回の後など人通りがない道を走って帰ったものでした。遠い日々だなあ・・・(←中高年の繰り言)。

とっとこ駆け抜けまして、井の頭公園に到着。人の少ない左岸を歩いてゆきます。

のつもりが、上水の向こう側に、へ?という光景発見。橋を渡りました。

井の頭公園内に台地が出現してる~

8914_141115kouen1154

城壁ですか~ お城でも作るんですか~

8915_141115kouen1147

いえいえ、グラウンドの整備工事中でした。いつ行っても何かの工事ばっかり・・・

正体がわかったので、ついでに小鳥の森を覗き穴からうかがって、あら誰もいらっしゃいませんわねえ、と後にし、立派なカメラ構えた方が高い木の上を狙っているのを邪魔しないよう遠回りし・・・

左岸に戻りました。

↓ええ雰囲気でしょ。

8917_141115josui1159

このあたりは昔のままのようです。

8921_141115josui1203l350

場所的には、明星学園の近くでしょうかしら。

こんな道を歩いていきますと、やがて右岸に、「雑木林」が出現します。

B0348_141115zouki1217l350

結構広いのです。公園?と思いましたが、「雑木林」云々の標示板があるだけ。

B0349_141115zouki1218l350_2

かなり以前にこの「雑木林」に遭遇したときには、山道だ~と感動いたしました。

こころなしか、狭くなったような気がしますか、気のせいでありましょう。

以前は静かな森林の雰囲気を味わって歩いたのですが、この日は林の向こうに黄色い歓声が響いておりました。

はて、近くの法政中学高等学校は男子校・・・と思ったら共学になっていました。世の中変わるのです。

で、烏山はまだ遠い。散歩は続くのであります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

武蔵野の森

12日の武蔵境だらだら散歩の4です。

その後また北上して、都立武蔵高校の別の角に出ました。そこで曲がります。

↓少し先にあったお宅。中はだだっ広く、旧家風のお屋敷があります。

8768_141012yasikil350

昔の地主様・・・かな。緑影が濃いな、と思ったら後ろ一帯が「独歩の森」でした。独歩の森へは脇の道を通って行きます。

↓途中のいかにも農家然としたお宅。周囲は東京の多摩の最近の普通の住宅街です。

8770_141012noukal350

写真に写っていない左側で野菜の産直販売をやっていました。性善説に基づく無人販売です。ついつい先客のおばさんに並んで物色してしまいました。

買っちゃいかん、いや新鮮だ、との内なる声のせめぎあいの末、バジル1束100円を手にして、会計用の缶にチャリーン。不正なんぞいたしませぬ。お天道様が見てござりまする・・・

で、右を見たら、「独歩の森」入口でした。

正式には「武蔵野市立 境山野(さかいさんや)緑地」ですが、地元では「独歩の森」。国木田独歩の小説『武蔵野』の舞台だったそうです。

↓こんなんね。

B0312_141012sakaiyama

↓こんな道路も通っていますが、メインは上のような山の中風景です。

B0313_141012sakaiyam

舗装でないところは自転車は入っちゃダメです。

↓こんなんね。歩き以外は入れませんよ。

B0316_141012sakaiyama

ぐるーっと回って北上すると、「入口」らしきところに出ました。すなわちワタシが入ったのは「裏口」。どこまで行っても裏口専門・・・

「入口」脇に説明が貼ってありました。

B0314_141012battal300

要するにバッタランドであるので、心せよ、ということらしいです。

↓ここにいるのかしらん。

B0315_141012sakaiyama

別の道をちょこっと公園内に戻ってみます。

おお、目玉だ。

B0317_141012medama

ピーチクパーチクの口もあるぞ。

B0318_141012medama

↓最近どこにでもいる「怪獣系」タイワンホトトギス。

B0319_141012hototo

え、タイワンホトトギスは絶滅危惧種? ワタシ、名前を間違えているかしら?

とにかく、植物好きには、あれやこれやの宝庫です。なまくらなワタシはまだ遠いお家への帰還めざして先を急ぎます。

玉川上水のあちら側へ行くウド橋の上からの眺め。

B0320_141012udobasi

結構深いです。満水だったら怖い流れです。

ウド橋越えて、田園風景を進めば市立「農業ふれあい公園」。

B0321_141012nagaya

でんと御座す(おわす、と読んでくださいまし)は、市内の旧家「高橋家」の長屋門にございます。

(去年2月の農業ふれあい公園に写真あります。)

↓長屋門の脇の酔芙蓉にございます。

8771_141012fuyo

花の中になにかいるような気がしましたが、気のせいでありました。

少々くたびれてまいりましたが、お家はまだまだ先。

寄り道した「市民の森公園」の道路際の花の植え込み。

B0324_141012hana

もうぎっちり花花花・・・ボケ写真で相すみませぬ。実物は圧巻です。管理は市民の方がされています。

↓竜の髭、でしたっけ。似て非なる植物でしたっけ。

B0325_141012_1437ryu

とにかく植え込みで粒々をつけていました。

↓おおーっと、ここは何でしたかしら。

8774_141012genba

緑地であったことは確かですが、なくなってしまうと思い出せない。

ここいら一帯は急速に宅地化しつつあります。緑残してくれい・・・

(くたびれ果てて、この日のだらだら散歩は撤収に向かいました。げっ、25000歩、歩いてる・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

昔、釣り堀がありました

12日の武蔵境目指して散歩の2です。(猫も入れると3)

横尾忠則風三叉路で右に行き、住宅街に唐突に存在する釣具店に遭遇して思い出しました。唐突ではなくて、昔近くに釣り堀があって、住宅街は後からできたものだ・・・

そう思ってきょろきょろしましたが、正確な位置は思い出せず。後で調べました。

太宰治跨線橋のすぐそばの駐車場がそれだとのこと。その日は写真は撮ってきませんでしたが、ふっふっふ、グーグルマップという便利なものがありますぞ。

1410162014horiai2

中央本線を画面中央で縦に横切るのが跨線橋です。その上(北)の長方形が、釣り堀跡の駐車場。

本当かって?

へっへっへ。執念で探しましたぜい。昔の航空写真。

1410161984turibori2

釣り堀がばっちり写ってますぜい。

この写真は「国土交通省 国土地理院」のものです。1984/10/31(昭59)撮影。

http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1032688&isDetail=true

記憶の中の少し西北側は、これが東京かと思うような田舎風景でした。

↓上の「国土交通省 国土地理院」の1984年の広域写真。

1410161984turibori1

↓グーグルマップ。

1410162014horiai1

やっぱり緑が減ってますね。そうでもない? ワタシがチャリでうろちょろしたのは1970年台だったかもしれません。とにかく、どこの山の中だ、と思うような光景がありました。

釣り堀の話は以上。

さて、堀合遊歩道の出口(入口)に辿りつきましたら、出迎えるものあり。

↓「よく来やがったな」

8731_141012risu

可愛いマスコットのつもりが怪奇キャラになってますぞ。公園設置物にはどういう基準があるんでしょ。

政党の辻演説もやってて、ワタシはその種の恰好のカモとみられるのか餌食になりがちですし、遊歩道を北上するのは止めて、記憶ではド田舎であった近辺をぐねぐね回り歩いて、遊歩道の北の入り口を目指すことにしました。

ありましたよ~記憶の中の風景。

8733_141012nouti

部分的に残っていました。

B0302_141012inaka

以前は辺り一面、こんなんだったような気が・・・

B0303_141012inaka

くねくねぐねぐね、写真撮って回っていると、通り過ぎる人が「何やってんだ?」と不審の目を向けます。そりゃそうでしょうね、本人以外には面白くもなんともなさそうなモノばかりとってるんですもの。

廻り回って、堀合遊歩道の北の入り口にたどり着きました。半月ほど前に見て「アケビ?」と思った実はやはりアケビでした。

8738_141012akebi

いい色になってますが採っちゃいけません。個人宅の生垣です。

遊歩道の出発点は「ぎんなん橋」です。

8737_141012akebi

名のとおりぎんなんがいっぱい散らばっていて、臭いのなんの。散歩の定番、ワンコのアレを踏みつぶしたのかと思うくらい。

さて、遊歩道を南に下ります。

始まりですよ~

8736_141012yuhodo

少し先にもあります。

8739_141012yuuho

このあたりは「多摩南北道路」と並行です。

8740_141012yuho

が、左側は緑いっぱい。 現役農地でもあります。

8742_141012satoimo

この日も農家の方が作業をしてらっしゃいました。

↓。どうよ、雰囲気あるでしょ。パリ郊外とか・・・

8743_141012yuhol350_2

張り紙がヤボか・・・

8745_141012ka

蚊に注意のこの張り紙、一番下の管轄役所名が違うだけで、あちこち使いまわされていますねえ。

↓祭壇のようなケヤキ古木の周囲。

8744_141012keyaki

思わず手を合わせてしまいます。なにとぞご利益がありますように・・・

その少し先、JA(地元農協)の仮設店舗のような販売所がありました。安くて新鮮なんだろうなとは思うものの、荷物を抱えちゃいかんです。じっと我慢。

販売所の裏には大輪の花の群れ。

8748_141012matuyoi

オオマツヨイグサでもなくて、ハマボウでもなくて、「トロロアオイ」のようです。 麦ご飯みたいな名前ですけど、実物は優雅。もう少ししたら、種を貰いに行って来よっと・・・

その優雅な花のすぐそばに、「深川の姐さん」こと別嬪猫さんがいらっしゃいました。再登場。

B8747_141012neko2

で、この後、狩猟猫に会ったりなどして、遊歩道の出口に到達しましたが、そのまま三鷹駅を目指したのでは意味がない。180度反対の武蔵境駅を目指します。

来るとき遭遇した、政党の辻演説が場所を変えてやってました。ワタシはやっぱりカモか。遭遇しないよう、こそこそ脇道へ入ったりしていると、人生の裏街道を行く気分になります。

↓なんだか知らないけれど、面白そうな枯草。

8751_141012kara

↓何の実か知らないけれど、テントウムシのお団子天国みたい。

8753_141012musi

で、このぐだぐだ散歩はまだ続くのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

ぐるぐる回り道

12日、武蔵境への道はぐるぐる回り道になりました。その1。

堀合遊歩道を行きたいけれど、東京都水道局武蔵境浄水場横から入ったら、出口が三鷹駅に近くなってしまう。なら、逆に三鷹駅北口から入って、浄水場まで遡って、その後本村公園経由で行こう・・・

で、なるべく普段通らない道を選んでいたら、「野鳥の森」公園に突き当たりました。

↓これだけじゃわかりませぬ。どこにでもある木立です。

8711_141012yatyo

証拠物件。

8713_141012yatyo

三鷹駅北口から少々歩いたところにある小さな公園です。メジャーではありません。この日は三連休の中日なれど(中日だから?)、誰もいませんでした。貸切状態でしたが、うら寂しい雰囲気で一人ぽつねんとしていたら、勘違いされるかな・・・手頃な枝ぶりでも探してるみたいかな・・・で、一回りして出てきました。

ご近所は結構な高級住宅街です。

8714_141012yatyo

公園出て少し歩いて振り返ったところ。奥に見えるのが公園でして、見事な松の大木は個人宅のもの。相続税が大変だろうな・・・と余計なことが気に掛かりますが、きっとポンと現金で支払えるくらいのお金持ちが住んでるんだろうな・・・

野鳥の森、というだけあって、ご近所一帯、うるさいほど鳥が鳴いていました。

公園の向こう側は玉川上水です。上水沿いに三鷹駅に向かいます。

駅手前で玉川上水は暗渠となり、駅の向こう側でまた現れます。暗渠の手前↓。

8716_141012jousui

水が流れてますよ~

8717_141012jousui

で。

8715_141012koi

ひええええ、と思ったのですが、いつの話だ? ネット記事によりますと、2006年6月9日に井之頭公園池でコイヘルペスにやられたらしい鯉が見つかり、その後玉川上水、千川上水でも見つかったと。

張り紙は比較的新しいものです。また最近見つかった? 

この3月の井の頭公園の池のかいぼりの際、鯉が結構処分されましたけど、あれはヘルペス禍の生き残りだったんじゃ・・・(済んだ話ですわよ。)

で。ニッポンレンタカーがあります。じゃなくて、石造庚申供養塔があります。

8718_141012kuyo

三鷹駅と武蔵境駅との間は、武蔵野市と三鷹市が入り組んでおります。供養塔は三鷹市の管轄です。

8719_141012kiyo

↓これが供養塔、だと思います。

8721_141012kanzeon

思います、と自信がないのは、向かって左側のボックスに90度回転した形で別の塔が収まっているからです。

↓「観世音ナントカ」だと思います。

8722_141022kanzeon

「観世音庚申堂」とは記されていますが、塔がなんであるかは書かれていませぬ。

8720_141012kanzeon

古くからの地元民にとっては、わざわざ書くまでもない常識の範囲なのでしょう。

線路にそって、武蔵境方向を目指します。線路の向こう側へ行くための堀合地下道。

8723_141012tikado

ここは通ったことがありませんなあ。どれ・・・は、今回はナシ。くぐっていたら堀合遊歩道がどんどん遠くなります。「堀合」というのは、この辺の旧地名とのこと。

「太宰治」跨線橋が上の写真の奥に写っています。わっかるかな~

寄り道しちゃいかんと思いつつ、橋があれば上ります。線路の南側からは数回上ったけれど、北側からは初めてかも。

おほほ。麗しい光景が。作業車大好き。

8727_141012densal350

もうちょっと移動すると、もう1台。あらん、素敵い~

8728_141012denshal350

いかん、先を急がねば。橋を降りて線路沿いに歩き始めるとまたしても、素敵なものがありました。「脱線復旧用工具」ですと。

8729_141012fukkyu

↓これね。上の台車に乗っかっていました。

8730_141012fukkyu

で、実はこの三叉路は跨線橋の手前にあります。

8724_141012sannsa

最初、堀合遊歩道はこっち、との思い込みで右に行きました。途中で間違いに気づいて、跨線橋近くに回ってきたのですが、右に行って良かった。

↓唐突に「つり具店」。

8725_141012turi

唐突、と書きましたが、そういえば昔この辺に釣り堀があったのですよ。見たなあ・・・釣りはしなかったけれど。どうなったんだろう・・・

この話、次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

開発の前には壊すのよね

JRの特急の止まる駅でありながら、三鷹駅北口はのんびりした住宅街でしたが、近年大型ビルの建設が相次ぎます。

建設するためには古い木造住宅などを取り壊すのよね。

↓表通りから一歩入ると、こんな光景があります。

8571_140829kaihatu

はて、元はどんなんだったかしらん?

8573_140829kaihatu

↓ツタがいい具合で・・・とか言ってる場合じゃありませぬ。

8572_140829kaihatu

上の写真に写っていない左側も更地になっています。ここには木造の古い建物がありまして、年配の女性たちが手芸の店を開いていました。レーステープを買ったことがあります。

ある日、通りかかったら閉店していて、たしか三鷹市側に移転した、と張り紙がありました。いい雰囲気の古家でしたが、暫くして通りかかったら、真っ新の更地になってました。

↓近くの「武蔵野外語専門学校」。ツタのからまるいい雰囲気でしたが、この日、取り壊しらしい業者が出入りしていました。

8560_140828gaigo

↓この階段もなくなっちゃうのかな・・・

8570_140829gaigo

これらの場所からは離れていますが、駅から徒歩3分くらいの別方向の一等地に、奇跡のように日本家屋が残っています。表札がかかっていますが、現住かどうかはわかりません。

8596_140831miktaka

↓古い日本家屋の何気ない装飾。実によろしいかと。

8597_140831mitaka

裏の板壁。いずれ人手に渡らざるを得ないのでしたら、買う人(お金持ちですよね)、このまんま、どっかへ移築して保存してくれませんかね。

8598_140831mitaka

駅から少し離れますが、といっても徒歩10~15分くらいの距離に、まだ趣ある家が残っています。古い建物のどこがいいって、表情があります。

↓ワタシには顔に見えます。

8593_140830kao

ちょっと途方に暮れてるみたいな。

8592_140830kao

横に回ると、玄関側にも顔。いいなあ。

8594_140830kao

↓番外編。水道道路沿いの現役住宅です。駅から徒歩10分以内。

8603_140831suido

見るたび心配になるのですが、先の大震災で無事でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

武蔵野八丁通り2

ちょい忙しかったので、続きが間延びしました。

さて。

名残を求めて、八丁通りをずっと先まで歩いてみましたが、「特飲街」は、先の交差点の一角だけだったようです。

8582_140830hacho

それとは別に、いずれ建てなおされるのかな、と思われる建物が少々残っておりました。

↓交差点の少し先です。緑に覆われた平屋。

8545_140828ie

正面から撮ろうとしたら、お住まいの方がいらっしゃるようでした。洗濯物が干してありました。これはこれで風情があっていいと思うのですが、耐震性その他の要素で建て替えられるかもしれません。

↓その先。おお・・・

8546_140828katana

住宅街に刀剣店ですぞ。ネットには「開いているのを見たことがない」などと書かれていましたが、うーん、ワタシは見たことあります。20年くらい前かな・・・兜が飾ってあったような・・・

写真撮ったような気もして、古いパソコン内のフォルダーを探したら、思い出した。初めてデジカメを使ったのは2006年、カメラ携帯のカメラだった。それ以前はフィルムカメラでだったけれど、1990年頃から写真撮らなくなってた・・・

カメラ携帯のメール添付用のサイズの小さすぎるファイルで残っていたのは、別の店でした。

↓これ。

060427_somemono

今はありません。そめもの屋も時代に追いつかない商売だったのでしょうね。

現在は小規模マンションになってます。

8583_140830somemono

どーしてこの場所か分かったかというと、2006年の別の写真↓

060427_141401

の左側の建物はそのままだったから。

惜しいことしたなあ・・・というのは部外者の余計なお世話。そめもの屋さん、苦渋の決断をしたのでしょうね。

さて、八丁通りは短い通りです。

そろそろお終いというところに、懐かしい雰囲気の店舗がありました。

8547_140828shuri

左のピンクの壁をはう電線がなんともかんとも昭和前期風。

↓古いアパートの1階でした。

8549_140828apart

こういうアパートも急速に姿を消しています。

端っこまできたので引き返します。途中でふと上を見ると

やかましか。じゃなくて、かしましか。

8554_140828sika

お医者さんの名称って、結構面白いものが多いです。

藪井医院とか板井歯科とか竹の子(藪以前)歯科とか・・・(集めてみましょうかしら)

看板の「←」は横道へ入れ、との天啓かもしれません。横に逸れてみました。

ほほー、こーんなお宅があっちゃったりして。

8559_140828ie

実によろしい雰囲気の壁でございます。

8557_140828mado

欲しいなあ、こんなフェンス。

8557_140828mado2

何十字というのでしょうね。

8558_1408128kousijpg

壁。現住住居なのか空き家なのか判然としません。

8555_140828kabe

で、前回の話の「八丁特飲街」のことですが、地元市の広報誌に記事がありました。

『季刊むさしの』2005年冬№73に、ジャーナリスト長沼石根さんが「武蔵野百年史こぼればなし11」として

『「特飲街」の出現に騒然 7年で消えた赤線の灯』を書いています。以下要約。

戦後の昭和24(1949)年、店舗付住宅と称する平屋建てが8軒建った。たちまち、買い手がついたが、新宿や洲崎の特飲街の経営者だった。

「遊郭が出来そうだ」とのうわさが広がったが、届けは飲食店・喫茶店だからと警察はいう。

が、翌25年、まぎれもない”赤線”が開業した。それなりに繁盛したようで、住民とのトラブルも多発。住民の陳情を受けて開かれた参院の連合委員会の質疑を、業者はのらりくらりとかわしたが、昭和32年関係法案成立。翌33年の施行を前に「八丁」は廃業した・・・

25年の開業から32年の廃業まで、地元団体が根強い反対運動を続けたことも書かれています。そんなことがあったんだ・・・

もう一度、交差点近くの飲み屋街。小宇宙、とはいいませんが、この路地内で完結している感あり。

8579_140830hacho

こちらも駅前再開発の波に飲み込まれるのか、48年間お店を続けてきた「辰三」さんは8月31日で閉店すると張り紙がありました。

8580_140830hacho

一つ灯が消えた、と思った方々もいらっしゃったでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

武蔵野八丁通り

8/27のあほたれな日々に書いた、JR三鷹駅北口の廃墟?についてネットで調べたら、予定外のことが判明。

すぐ近くの武蔵野警察署の横を東へ抜ける「八丁通り」は、もと「武蔵八丁特飲街」だったと。

それってどーゆー意味?

ネットで調べればわかるよん。と言ってしまったら身も蓋もない。特飲街とは特殊飲食店街の略。特殊飲食店とは? 解説するのはちょっと・・・俗に赤線、青線といいますが、その赤線の方です。

建築用語にも赤線がありますが、こちらは別名赤道(あかみち)・赤地ともいい、里道のこと。旧法定外公共物でして、取り扱いがやっかい。故坂東眞砂子さんの怖い話「くちぬい」で重要な意味を持ちます。

閑話休題。

↓八丁通りです。後ろの高層ビルはタワーマンション。

8561_140828hacho

この交差点のあたりに名残があると・・・

上の写真の左ビルの裏は、多分袋小路。

8540_140828hacho

拡大すると、飲食店がひしめき合っています。

8540_140828hacho2

↓ネット上で「元検番」ではないかと噂される建物。

8539_140828hacho

↓この石塀もその雰囲気だと。

8544_140828hei

自分で確かめていないので、真偽のほどはわかりません。

本当かどうかは別として、今回付近をじっくり見ましたら、20年ほど前と比べて古い建物が減っています。三鷹駅北口は長いこと、開発の手が及ばなかったのですが、近年、再開発・高層化が著しい。

↓上の交差点の北に、古いアパート?が奇跡的に残っていました。

8541_140828hacho

写真の右上が斜めなのは、写真が傾いてしまったのを修正して、余白が生じたためです。要するに撮影の腕が悪いのよね。

こういう雰囲気、昭和人間の郷愁をそそります。

8541_140828hacho2

↓右端の窓は対面販売の店だった?

8542_140828hacho

いつまで残っているでしょう。

↓少し西側の横道に「床屋」さん。

8564_140828tokya

現役かな・・・

8564_140828tokya2

いずれにせよ、懐かしい雰囲気。

三鷹駅北口は近年再開発著しい地域です。八丁通りにもあっという間にビルが立ち並ぶかもしれません。

何か残っていないかと歩いてみました。続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

あほたれな日々

小人閑居して不善を為す。

とはいうけれど、閑な時なにも為さないのは、それはそれでどうかと。ぼーっとしてると認知症になると言われますし。

↓JR三鷹駅北口のすぐ近くに、取り残されたような一角があります。

8533_140827

確か喫茶店でした。

20年近く前、北口一帯の再開発計画に、地元の一部が反対し署名を集めていました。

8534_140827

当時も今もアホウだったワタシは、(開発計画は止められない。この人たちも分かっていて反対せざるを得ないのだろうな)と、遠くから見ていました。

で、あっという間に駅前の広大な梅林は伐採されてタワーマンションが建ち、ついでにあちこちもどんどん整備されました。

この一角はどうしたのでしょう。営業してないということは手放したのか。権利関係が複雑で手を付けられないのか・・・

↓横に回ると廃墟風。向こうにみえるのが「タワーマンション」です。シュールですこと。

8536_140827

------------------------------------------

仕事がぱったり途絶えました。嵐の前の静けさではあります。追いまくられなくなって気が抜けました。抜け殻とか腑抜けとかの類です。

へらへら状態で、自宅の洗面所の下の収納をかき回していたらヘアマニュキアがでてきました。ナチュラルブラック。すなわち、おしゃれ心も何もない真っ黒けに染まるヤツ。半分くらい使っています。

年取ったら白髪が出てくるのは当たり前、染めるのは自然に反してる・・・とか思ったんでしょうね。思ったら処分してしまえばいいものを、気が変わりやすいことを自覚しておりますもので、とりあえずしまっておきました。

で。

せっかくだから使ってみようかと・・・

えーと、ブラシの部分はどこかな。あ、風呂場にあった。

染めましたよ。正確には「マニュキア」ですから「塗った」のですけどね。見事に真っ黒に染まりました

らんらんらん。

シャンプーして乾いた髪を鏡に映してあぜん。ヅラつけたんでねえかい、というくらいボリュームアップした黒山が頭部にかぶさっていました。

おうまいがっ。

バナナマンの日村だっ。

日村さんは嫌いではありませんけど、己が姿が日村さんはちょっと困ります。

で。

ヘアカットに行きました。坊主に毛が生えたくらいに全体を刈り込んですっきり。染めといて切るのは無駄じゃないか、という心中の声が聞こえないでもなかったのですが、ヅラかぶってんでないかい、と疑惑の目で見続けられるのは嫌です。

おばちゃんの頭がヅラだろうが地毛だろうが、気にする人はほとんどいないと思いますけど。

で、役所に書類を提出しなければならないのを思い出して、コンビニで提出用コピーを取って出しに行きました。こっちも暇だし役所も暇そうだし、つい聞かずもがなの質問をして、新たに提出する書類を増やしました。あ~あ~、ほっときゃ良かった。

で、どうせ暇だから、と帰り道はあっちへくねりこっちへくねり・・・このままいっそ散歩に行ってしまおうかと思いましたが、時計を見たらいけません。給食当番のお買い物をする時間・・・・

さえない日々。あほたれな日々。日々の積み重ねが人生じゃぞい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

笑う雪だるま

今週末も、東京地方は雪が降りそうです。前回のような混乱が起きませんように・・・

2月11日建国記念の日、まだ雪が残っていまして、遠出するのはちょっと躊躇われます。

けど歩きたい・・・近所ををあてもなしにふらふらとしておりましたら、溶け残りの雪だるまに遭遇。

↓あんたも極楽トンボだね、と雪だるまに笑われました。

7903_140211yukdaruma

「も」とはなんでしょ。他にも同類がいるということでしょうか。誰よ、それは。

と詰め寄ったところで返事なし。降雪から三日も経ち、半分あちら側へ行ってしまったような雪だるまでした。

↓あたしたち、まだ鎌倉でがんばってます。じゃなくて「かまくら」で持ちこたえています。雪うさぎとナニか。

7904_140211yukidaruma

いや、うさぎなのかな・・・なにかのお呪いかも。

↓さて、これは何でしょう。

7906_140211suidou

臭気抜き、と即答するのは中高年・・・とも限りませんよね。

実はなんだか分かりません。あったのは東京都水道局武蔵境浄水場の敷地内。

もちろん入れません。柵の隙間から撮りました。

↓雪の残る浄水場の隅です。いつの間にか浄水場に来てしまいました。

7907_140211suido

この反対側の隅には、神社みたいなものがあるようなので、覗いてみたいのですが、そちら側に足場なし。

石垣によじ登る、という手もありますが、捕まって警察沙汰になりとうない。

↓浄水場沿いに進みまして、お、なにやら歴史的なものがありそうです。

7908_140211oohasil350

「大橋」というそうです。小さくても大橋。

7909_140211oohasi

上の説明板によりますと、

〈玉川上水ができた承応三年(1654)以降に現在の武蔵野市域内で最初にできた「新橋」「保谷橋」「大橋」の内の一つとされる。〉

〈昭和7年(1932)現在のコンクリートはしに掛け替えられた。〉

〈大橋を通る大師道は(中略)近郷近村の最大の便道であった。また、深大寺(調布市)の元三大師堂へ行く道なので(略)〉

おおおおう、こんな狭い道なのに由緒ありすぎ・・・

大橋から、雪の残る玉川上水を見ました。

青いパイプが素敵というか無粋というかなんといいましょうか。

7910_140211jousui

さらに進むと、「本村公園遊歩道」に行き当たります。昔、武蔵境から浄水場まで砂利を運搬していた鉄道線路の廃線跡地の細長い公園です。

その一角で「かいぼりニュース発見」

7911_140211donguri

公園を管理する?フォーシーズンズの「どんぐりニュース No.139」でした。2月7日付け。

へええ、やっぱり「ゴミ」が話題になるのですね。

公園の隅に溶け残りの雪あり。

7912_140211yuki

一応まっさら。そこへ足を踏み入れたいのが俗人・・・

7913_140211yuki

へへへっ、行って帰ってきました。

で、この後は武蔵境駅前の図書館に行き、しばし吉祥寺の昔の写真集などを眺めて、帰宅することにいたします。

同じ道を帰ったりしません。電車庫通りを行きます。電車庫とは電車の車庫です。

↓なんの変哲もない建物。

7920_140211sharyou

実はJRの車両センター。

7919_140211senta

で、今回初めて気がつきました。向かいの公園に「三鷹事件 五十年碑」がありましたぞ。

7917_140211sekihi

三鷹事件をリアルタイムで知っていられる方はまだいらしゃいます。ワタシは近所の老人からちらと話を聞いたことがあります。凡人なので話聞いただけ・・・

〈三鷹事件(みたかじけん)は、1949年(昭和24年)7月15日に日本・東京都北多摩郡三鷹町(現・三鷹市)と武蔵野市にまたがる日本国有鉄道中央本線三鷹駅構内で起きた無人列車暴走事件。同時期に起きた下山事件、松川事件と並ぶ国鉄三大ミステリー事件の一つとされる。〉 wikipediaより。死者6人。

当時の国労組合員が疑われ、〈国鉄労働運動は敗退した〉と石碑に刻まれています。石碑は1999年12月3日建立。

話に全然関係ありませんけど、石碑の表面をつるつるに仕上げると、光っちゃって読みにくいです。つや消しにしてもらえませんかねえ。

電車庫通りの道のこの表示はなに?

7921_140211miti

立体的にみえますけど? 何に注意を?

7922_140211miti

↓電車の車庫。跨線橋の上から見ました。

7923_140211shako

この跨線橋はですねえ、三鷹市名物「太宰治の跨線橋」なのですよ。

7928_140211kosenkyo

いや、太宰さんの持ち物とかじゃなくて、ここを通ったというだけですが・・・

↑証拠写真。真ん中の人物が太宰治さんです。

↓跨線橋から東の眺め。左の2棟の建物は、三鷹駅北口ツインタワーマンションです。

7925_140211senro

跨線橋の上には大きな時計。電車から見えるようになっていますので、一般人には役立たず。

7926_140211tokei

↓何を撮ったのでしょう。碍子(がいし)です。懸垂碍子。

7927_140211gaisi

懸垂しているよな細長い腕のような部分が碍子ではなく、丸渦皿みたいなものが碍子です。

碍子って分かりますかあ・・・電線と構造物との絶縁器具です。

昔は白い磁器製のが多かったのですが、ここで使っているのはなんでしょうね。

そういえば、最近は電線を見上げる機会がなくなりました。子どもの頃は碍子を見るのが好きだったんですけど。あれ、欲しいな・・・とか・・・

(回顧が多いのは老け込む前兆だとか。やあねえ)

さ、仕事しなくちゃ・・・あ、確定申告用に帳簿まとめて決算もしなくちゃ・・・めんどくさ・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年11月14日 (木)

寝起き猫

左源五郎鮒作「寝起き猫」・・・

6438_131109neko

「にゃあ」と呼びかけたら「ぬぁあ」と返してくれました。

市内某所の某老人ホームの前庭の植え込みでお休みでした。起こしてごめんね。

穏やかなネコさんでした。 写真撮らせてくれてありがとう。

先週土曜日は健診結果を聞きに行く日でしたので、遠出はやめて久しぶりに市内を歩きました。

自宅の周りは殺風景ですが、ちょっと隣町までいくと緑が豊かです。

↓市民の森公園には、今年も花梨が鈴生りでした。

6439_131109karin

この公園には大きな柿の木もありまして、ご近所の公園管理グループの方が収穫をしておりました。

聞けば、翌日の青空市で売るのだそうです。それは、ぜひ行かなくては買わなくては。正真正銘の無農薬です。

↓紅葉がきれいですね、じゃなくて、新芽が赤い植物です。

6440_131109kouyou

トウゴマ。ひまし油がとれますが、猛毒物質を含んでいるそうですので、獲っちゃだめです。

(2年前にも同じことを書いてました・・・)
http://maimaituburi.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-1a2b.html

↓通称あかまんま。

6446_131109akamanma2

おままごとの定番です。赤飯に見立てて遊びましたが、食べられません。イヌタデという名前があります。

植物名に「イヌ」がつくと、ダメなもの悪いもの詰まらないものを意味するようですが、イヌに失礼な話ではあります。今も昔も高級犬なんぞ、凡人よりずっと価値あるもののように取り扱われていますぞ(それはそれで問題ですが)。

詰まらない雑草と言われても、これだけ大きくなると見事です。

6446_131109akamanma

↓この風景、2年前にも撮りましたが、何度撮ってもいいものです。

6444_131109kouen

武蔵野の面影ばっちり。

小川も流れています。

6445_131109suiro

市の生活情報サイトによりますと100メートルの深井戸の水だそうです。

「もりもり森クラブ」
http://musashino.town-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=musashino&areaid=36255&unitid=morimorimori

管理グループのHPもあります。
http://mori3club.com/

----------------------------------

で、↓この写真はなんでしょう。

6431_131106dokodaka2

赤瀬川原平さん言うところの「高所ドア」もしくは「空中ドア」です。

ご近所を歩いていて、何気なく見上げて気づきました。

2階のこのドア、誰が出入りする?・・・どうやって出入りする?・・・

超芸術トマソン」物件でした。

〈超芸術トマソン(ちょうげいじゅつトマソン)とは、赤瀬川原平らの発見による芸術上の概念。

不動産に付属し、まるで展示するかのように美しく保存されている無用の長物。

存在がまるで芸術のようでありながら、その役にたたなさ・非実用に於いて芸術よりももっと芸術らしい物を「超芸術」と呼び、その中でも不動産に属するものをトマソンと呼ぶ。

超芸術を超芸術だと思って作る者(作家)は無く、ただ鑑賞する者だけが存在する。〉 wikipedia

(読みやすくするため、改行しています。)

赤瀬川原平さんは、ワタクシの散歩の師匠です。勿論直接は知りません。いわゆる私淑です。

かなり前に「路上観察学」関係の本を何冊か読み、以来影響を受けっぱなしです。

赤瀬川原平さんは写真家としても面白い本を出しています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編