動物・ネズミ攻防編

2014年6月12日 (木)

カイガラムシ

サザエの貝殻蒸し・・・

アワビの貝殻蒸し・・・

エビも乗っけてカニもウニも乗っけてチーズも乗っけて貝殻蒸し・・・

レモンをきゅっと絞って、よーく冷えたシャブリの白なんか頂いて・・・

という妄想を吹き飛ばす事態発覚。

ベランダにローズマリーの鉢があります。お魚や肉をフライパンで焼くとき一緒に入れると美味しいんです。ららら、一枝取ってきましょ・・・

ぎいやあああ。

なんかいるぅ、可愛いローズマリーに宇宙生物みたいなのがついてるぅ。

8395_140612rose

焦ったのでピンボケ、じゃなくて早朝フラッシュなしでしてシャッター速度10分の1だからじゃなくて、やっぱりピントが後ろにあってます。マクロ苦手・・・

なんですか、このしなびた花のようなものは。

8397_140612rose

ネット検索して「カイガラムシ」と判明。貝殻虫ではなくて介殻虫です。

樹液をちゅーちゅー吸っちゃう害虫。

即、庭用トングでつまんで除去しました。

数匹、と思いましたが、目が慣れてくるに従い次々見つけて、計28匹つまみだし。

ベランダに来る鳥さんが食べてくれるかと、縁にならべておきました。

ここまでが昨日の出来事。

今朝見たら、鳥さん食べてません。不味いみたいです。どれ味見を・・・するわけありません。

で、ローズマリーを改めて点検したら、まだ5匹いた・・・

薬は使いたくないので、つまみだし作戦で対応いたしますです。

それでもカイガラムシはまだカワイイ。ウチのベランダにはありがたくない客が夜ごと訪れるようです。

おネズミ大明神。

食べるものなんかないよ、と思っていましたが、なければ何でも食べてやる、とネズミはたくましい。

朝顔をやられました。種をまいて芽が出て葉っぱが出たところをごっそりと。

朝顔って毒性じゃなかったんですかぁ。毒は種だけかなぁ。

そのうち食えねえと気づくだろうと、2回蒔き直して計3回やられました。蒔くほうがアホウか。

↓朝顔の痕跡なし。

8402_140612asagao

わさわさと朝顔が目を出し歯を出し、じゃなくて芽を出し葉を出していたのですよ。最後には土をほじくり返して根っこまで散らばしやがって。

さあ、どうすべえか。

朝顔のグリーンカーテン欲しい。大きくなるまで仕事場で育ててから持ってくるか。

いや、ネットに絡ませたいし・・・

しばし思案して、虫よけ網を買ってきました。筒状にして鉢をすっぽり覆って種を蒔こうかと。

やってみますよ。

気がかりなのは網が樹脂製だということ。食べたい一心でタッパに穴をあけるような連中ですよあいつらは。

やってみなきゃわかりませんので、やってみますよ。

で、これはなんでしょう。

8398_140612myouga

茗荷ですのよ。

8399_140612myouga

これも芽が出るとネズミが齧り・・・を繰り返されて、ようやく古いすだれで囲いを作ることを思いついたのでした。茗荷って日当たりの悪いところに生えるんだし。

今のところ無事です。ですけどね、いつネズミが茗荷のことを思い出すか。思い出されたらすだれなんぞネズミの歯の敵ではありません。忘れたままでいておくれ。

なんでもかんでもベランダで栽培するのはやめようと思いつつ、柿の種なんぞを埋めちゃったりして。

8401_140612kaki

出てきちゃったよ。

柿って盆栽仕立てにできるのかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

入れてえ~開けてえ~

入れてえ~開けてえ~、と夜な夜な窓を揺さぶるものあり。

ひもじいよ寒いよ、と悲痛な叫びなれど、家に入れるわけにはまいりませぬ。

いくらワタクシがお人好し(マヌケの別名)でも、ネズミだけは入れちゃなんねえです。

もう10年以上前のことですが、ご近所のお屋敷やマンションが建替えのため相次いで取り壊された時、住まいを失ったネズミが手ごろな物件に移っていきました。

我が家のベランダにもおネズミ様があらわれるようになりました。

あれやこれや対策を講じて、なんとかお引取り願ったのですが、また昨年頃からご近所で建替えがあいつぎ、またひょこひょこと現れるように・・・

ベランダの窓には侵入防止の金網を密着させてありますので、以前のように室内の乾麺などを齧られることはあるまい。

と思っていたら、近頃は侵入したい一心で金網をガタガタ揺さぶります。

余りの熱情(窮状)にほだされて、なら、イモでも食うかね・・・なんてこと、しちゃいけませぬ。

無視しつづけたある日、ベランダへ出ましたら、隅にゴミが溜まっておりました。

121110asagao3

ぎえ、きちゃない。

片付けようとして気がつきました。齧られているのは、アサガオの種ではございませんか。

121110asagao1

wikipediaによりますとファルビチンとかコンボルブリンとかの毒性物質があり、素人が手を出しちゃいけないものらしいです。

どう見ても食べたとしか思えませんが、大丈夫なのでしょうか。

暫く前から、こんな状態の種↓を眼にしておりましたが、まさかネズミが齧っているとは思いませんでした。

121110asagao2

毒が回って尾無くなり、じゃなくて、お亡くなりになったネズミさんの後始末はしたくないなあ・・・

スーパーラットとか言う、ネズミ捕りの毒が効かないネズミもいらっしゃるそうですから、そんな心配はないかなあ・・・

どっか、もっと食べ物の豊富なお金持ちのところへ引っ越してくれませんかねえ・・・

ウチはなんにも恵んでやんねえですよ。

話違いますが、↓マルバアメリカアサガオの種。

121110maruba1_2

花は小さいのに、種は普通のアサガオより大きいです。

そして毛深い。

眺めていて、哺乳綱ネコ目イヌ科○○○属のある動物を淡々と思い出しました。

妄想が揺れている・・・

それにしても、犬が猫目だとは知りませんでした。人間にも鳥目がいますけどね・・・(眼の話ぢゃないぞっ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

ネズミの空中サーカス

ベランダに出没するネズミさんは、人間の期待空しく、なかなか撤退してくれません。

プランタを掘り返してゴミを撒き散らすのは、埋まっている“オイシイ”ものが尽きたらしく、おさまりました。

これで縁が切れる、と喜んだのは束の間床の間お次の間。

騒動の種はこれです。↓

120329nezumi2

白菜などの芯を水栽培するとやがて芽が出て花が咲きます。これは騒動物件とは違うものでして、台所の片隅でひっそりけなげに現在10センチほど。

その前に30センチほどに伸びて見事な花をつけた物件がありました。

あまりに見事に咲いたので、ご褒美にベランダに出してお日様をたっぷり当ててあげました。夜は室内に取り込みました。

ある夜、うっかり出しっぱなしにしまして・・・

翌朝見つけたのは花を食べつくされて棒化した茎・・・犯人はもちろん「ネ」の字です。

おのれ、粘着ワナ仕掛けちゃるぞ、といきまいても、根っからの小心者ですから張り付いたネズミの姿は見とうありません。

そこで考えたのがこれ↓

120329nezumi1

高いところに吊るしたら齧れまい。いっひっひ。

で、その後は水遣り以外は出しっぱなしにしました。

それからは夜毎、窓辺でがたごと音がします。

届かないだろ悔しいだろ、と冷たく聞き流します。

ざまみろ。

、ですね、ある朝気がつきました。

齧られて茎までなくなっちゃっている。

おおお、おぉぉぉぉおう。

必死のネズミは、窓辺の進入防止の金網を足場にしてよじ登って物干し竿に乗り移り、網の中のご馳走を齧っていたのでした。

ネズミの執念恐るべし。人間だったら空中大サーカスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

ネズミの発掘作業

以前、ベランダからネズミに侵入されて、大事な食糧を喰い散らかされて、悔しい思いをしたことがあります。

あまりに悔しいので、試行錯誤の末、室内に入ってこられないよう対策しました。

その後鉄壁の守りというか金網の守りを突破されることはないので、一応めでたしなのですが、近隣からネズミが消えうせたわけではありません。

ベランダをちょろちょろしているらしいです。

らしい、というのはお姿をお見かけしていないからですが、痕跡はいろいろとばっちりあります。

フンチ君が落ちていたり、プランタに肥料代わりに埋めておいた魚の頭を掘り出して齧った残りが散らばっていたり。

こりゃいかん、と肥料の自家製造はやめまして、泣く泣く燃えるゴミとして排出しています。

キャベツや白菜の芯だのをプランタに埋めて、春に「菜の花もどき」を楽しむのも止めました。ネズミが全部掘り出しちまうですよ。

埋めるのやめたから、もうプランタも荒らされまいと思っていたのに。

プランタの植物を噛み千切っちゃうのですよ。

カタバミなんか食べても美味くなかろうに、片っ端からぷつんぷつん。噛み千切ったけど美味くない、ってんで、全部放り出してあります。

何考えとんじゃ。

ネズミにむかって、ばっきゃろーと叫んでも仕方ありません。柔らかそうな葉っぱがなくなれば止むだろうと、目こぼししていました。

それがですよ、ここ数日はプランタの土をじゃんじゃん掘り返すのですよ。昔、美味しいものが埋まってた、という記憶が残ってるんでしょうか。

元々は魚の頭などを埋めたわたくしが悪いのですから、我慢しようと思ってました。

けどね、どこまで掘り返すんじゃ。この寒いのにけなげに咲いているラベンダーが枯れちまうじゃないか。それにだよ、

掘った砂を蹴散らかすんじゃないっ。

アルミサッシのレールを掃除しても掃除しても翌朝には砂を詰め込まれてるだよ。

粘着ワナ仕掛けるぞっ。

(といいつつ、ネズミが貼りついた姿は見たくなくて仕掛けられません。)

いい加減で発掘作業をあきらめてくれよ~

120211saien

仕方ないので、白菜の芯などは室内菜園になりました。春になると、結構花が咲くんです。

120211ninjin

ニンジンだって芽を出すし。

120211hakusai

アップでみると美味しそうな白菜・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

ネズミが走り鳥が蹴散らかす

年頭のネズミ事件で、仕事場からネズミは一掃されたかと思ったのに、またしても仕事場の天井裏でネズミが疾走しています。

だだだだだーっ、と端から端まで、人間なら百メートル走に該当する走りを何回繰り返せば気が済むんじゃ。天井裏を走っている分には目こぼしするから、くれぐれも室内に侵入するなよ。

(粘着ワナにかかったのを始末するのはもう嫌じゃ)

さて、自宅のベランダが今度は凄いことになってます。本格的に寒くなって来て、巷の小鳥さん達が食べ物に不自由するようになったらしいです。

その結果、我が家のベランダに集まりまして、プランタをほじくり返して食べ物探しをしているようです。ようです、というのは現場を見た事がないからです。一瞬、(ネズミの仕業か?)と思いましたが、あの蹴散らかし方は紛れも無く小鳥です。

ある夕方家に帰ってベランダに出て驚きました。プランタの土がほじくりかえされて辺り一面に土やら枯れた根っこやら飛び散っています。いつぞや埋めた、古くなったサツマイモも肉の少々へばりついた骨も魚の頭も玄米茶のだしがらもその他もろもろが全部引っ張り出されて突かれて・・・・

掃除しても掃除しても毎日蹴散らかされます。

そして、ほじくりかえしてもう出てこないという日、新たな被害が発生しました。即ち、小ネギを食した後の根元の部分を鉢に植えておいたのをつつかれて食べられてしまいました。春頃にはすくすく成長したネギが収穫できると楽しみにしていたのに、全滅。

鳥がネギ食うか?

と言っても食べてしまったものは仕方ない。ネギの白い部分は結構甘味もあるし。

で、次の日。全滅ネギ鉢の横に、昨年から青々とした葉を繁らせている先輩小ネギの鉢があります。その青い葉が数本、ちぎられて隣の全滅鉢に横たわっていました。

はて? 

どうやら誰かが食いちぎったものの、白い部分と違って青い葉は辛くてまずかったのでしょう。これがダメなら他のはどうだ、としばらく試して諦めたのでしょう。

ちぎったなら全部食え!残すな、もったいない! 

と、わたくしは誰に文句をつければいいのでしょう。さすが、鳥(あるいはネズミ?)の食べ残しはいただきとうございません。

カモみたいにネギ背負って来い・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

今年はネズミ年・・・?

と言いたくなるよな、ネズミ騒動でした。

自宅でのネズミ事件が収まったと思ったら、12月に入って仕事場の天井をネズミが疾走するようになりました。

まさか、と思いましたが、あれは紛れもなく幼少の頃、夜な夜な体験したネズミの運動会。おそるおそる天井を覗いてみましたら、ぐっ、証拠物件の黒いぽちぽちがありました。

ついでに換気扇のダクトがずれて隙間があることも発見しました。引っ越し以来、換気扇の吸い込みが悪いと思っていましたが、こんな穴が開いているとは・・・

その隙間から換気扇伝いに入ってきては大変、とさっそく塞いでもらいましたが、それにしてもどこから天井裏に侵入したのでしょう。

マンション内の別の部屋を改築中ですので、そこから追い出されたネズミだとしても、まさかマンションの天井裏がつながっているとも思えません。

不思議に思っていましたが、本日大掃除もどきでベランダの洗濯機置き場兼物置を片付けていて大量のネズミのフンチ物件を発見しました。

物置内を見回しますと、あれえ、この春配管関係をマンション全体でやり直し工事しましたが、その時繋ぎ変えたと思われる配管を室内に通す箇所に大きな穴が開いたままでした。

通常塞ぐと思うんですけどね・・・

つまり、よその部屋の内装工事で追い出されたネズミはベランダを通って物置に換気用隙間から入り込み、さらに室内に通じる穴から天井裏に入り込み、なにか食べるものはないか、と走り回っていたのでした。

つくづく室内に入り込まれなくてよかったです。

騒動のおかげで、今年が寅年だったことをすっかり忘れてしまいました。あと4日で新年になっちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

あ〜れ〜ねずみが・・・

本格的に寒くなってきたので、自宅も冬仕様にしました。

衣替えは勿論ですが、窓に断熱用のプチプチシートを貼りベランダのサボテン類を室内に移し、夏場はありがたかったグリーンカーテンカボチャを全部取り払い簾も外しました。

あれこれやって勢いづいたところで、台所も整理しました。壁にぴったり寄せていた食糧棚の位置が前から気になっていたので少しずらして、壁のコンセントが使いやすくなるようにします。

よいしょよいしょ、と棚に物を置いたまま動かそうとしてびくともしません。仕方なし、色々と取り出して移動。それまで隠れてみえなかった部分の埃の凄いこと。

年末大掃除の前倒しみたいな気分になって拭いたり掃いたりしましたら、ざらざらっと白い細かい見慣れない物体が大量にでてきました。

見かけは干し飯(ほしいい=ご飯を干したもの)そっくりですが、我が家にそのような非常食の備蓄はありません。はて?(とか言ってないでこの段階で気づくべし)

棚を拭き拭きして要らないものはこの際捨てて、と上の段から整理して行きました。結構不要品を溜め込んでいるものです。

そうして中段に達し、移動の際「軽いから」と取り出さなかったタッパの番になりました。麺類が入ってます。これは上の段に移動して・・・

ひえええ、え〜

大量干し飯の正体が判りました。

↓こいつです。

101120nezutappa

麺を入れたタッパが齧られて穴が開いてました。入れてあったお中元崩れの高級「お茶漬けの素」が喰いちぎられていました。あの白いざらざらはタッパの破片だったのです。隣の楕円形は、やはり穴を開けられかけたタッパの蓋です。

ひえええ、え〜

またネズミが侵入? 冷静に考えてみました。金網を張って換気用小窓も締めて以来侵入はなかったはず。

とすると。

最初に侵入に気づいた時、むき出しの食糧類を全部容器に入れました。

侵入口は簾で覆ったから大丈夫、と思っていて、次に簾を喰いちぎられて侵入されたことに気づくまで数日ありました。その時は、むき出しの食糧は室内に無いから侵入されただけ、と思っていました。

食糧を全部しまわれてしまったネズミは、必死にタッパを齧っていたのでした。

あれからひと月以上経ってます。その間、齧られ物件が食糧棚に鎮座していたことに全然気づかなかったとはなんとおめでたいのでしょう。

↓井の頭自然文化園資料館の団体もふもふネズミ。これはかわゆい。

101121nez

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

はずれ朝顔とネズミ

これから寒くなるのにうっかり発芽しちゃって成長する朝顔・・・

なんて健気なんだろう、と様子を見に夜ベランダにでましたら、あ~れ~、ぽっきり折られてました。まだしおれていなかったので、直前の事件のようです。

よく見れば、朝にはあった小さな花がない。何ものかに食べられてしまったように、残骸もない。そもそも朝の時点で妙な咲き方だなと思ったのが、実は先っぽを齧られて根元だけが残った花だったかもしれない。

とすれば・・・

ネズミに齧られちゃったんです。茎を折ったのもネズミの仕業に間違いありません。現場を見たかって? ネズミに決まってます(推定有罪)。

仕方ないので、室内で切花として栽培することにしました。結構朝顔は強いのです。

↓見よ。隣りにあった蕾が咲き始めました。どこまで成長するかなあ。

101025asa

↓もじゃもじゃしてきた庭の木を少々切り払いました。落ち枝で少々生け花もどきをしました。芙蓉と紫式部です。蔓は紫式部に巻きついた「へくそかずら」(漢字で書くとひどい名前です)。

101025niwa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

開けて~入れて~と夜毎窓を叩くのは

急に冷え込んできて「秋らしく」なってきました。

本日の東京地方の最高気温19℃。雨降りですが、よい季節です。

さて、窓をびっちり金網で覆い、換気用小窓も閉め切ったおかげで、室内へのネズミ侵入はなくなりました。一安心、なのですが、ネズミそのものの存在が消えたわけではありません。ご近所様にお聞きしますに、相変らずベランダを疾走しているとのこと。

それでも、家の中に入ってこなければ良いわな。

そう、思っていたのですが、夜な夜な9時を過ぎたあたり、窓辺で物音がします。まるで檻の中の囚われ人が柵を掴んで、開けろ~出せ~と抗議するように。

違うのは、「出せ~」ではなくて「入れて~」。

金網をがたがた揺さぶって、「開けて~入れて~」です。しばらくそうして、やがて諦めていなくなります。そしてまた次の日、9時過ぎに、「開けて~入れて~」・・・

昨晩なんぞは、金網を揺さぶっても埒が明かないと思ったようで、換気用の小窓まで駆け上がり、そこから入ろうとして閉まったガラスにさえぎられて、下に降りただか落ちただかの物音がしていました。

毎晩来られたのでは、つい情にほだされて、「さあさ、お入り。芋でもいかがかね」と言いそうになりますが、それは絶対いけません。駆除しなければならないネズミを餌付けなんて・・・

(恩返ししてくれるなら話は別だけど・・・)

実は、夜毎訪ねて来られるのには理由があるのかも。ベランダのプランタの土に、捌いた魚の頭を肥料用に埋めました。翌朝ベランダに出てみると、掘り返されていること3回ほど。他に、林檎の芯を小鳥さん用にローズマリーの根元にまいておいたのもの跡形なく消えています。

ネズミを養っちゃったのかも。

ご近所さんにねじ込まれる前になんとかしなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

不眠とバニラエッセンス

世間様は3連休でしたが、わたくしはちっとも、でした。

救急車に収容されたのに病院に行きたくないとダダをこねる御仁を、電話で呼び出されて雨の夜道を引き取りに行ったり(救急隊員の方に、何かあったらすぐ救急車を呼んでくださいね、としつこく念を押されました)、デイサービス施設から電話があったので即見学申請して見に行ったり・・・

平日なら仕事が振り回されるところでしたから、休みの間の出来事でよかったかも。疲れた。

さて、自宅の方では、侵入したネズミに振り回されておりましたが、金網を張ってようやくカタがつきました。ほっとして気がつくと、夜中に数回起きる不眠症が改善しておりました。ネズミのおかげ・・・ではなく、アロマのおかげです。

香りで身心を癒すという、あのアロマ(テラピー)。

香料を買ったわけではございません。ドブ殿の余りの臭さに侵入跡に香水をかけまくりました。おかげで家の中がいつも花の香に満たされるようになりました。で、気がつくと、夜中に目が覚める回数が減ってきました。(ネズミのおかげかも)

不眠には、たまねぎのみじん切りなどを枕元に置くとよい、といわれておりますが、いくら効くからといって、家中があの匂いになるのは嫌です。家中がワンルームみたいな、各部屋のしきりを閉めたことのない生活をしておりますと、寝室の枕元の匂いは居間に干した洗濯モノにもついてしまいます。そんなの耐えられない・・・・

香水の副作用に気をよくして、吉祥寺までアロマオイルを買いに行きました。香水をまき続けてもいいのですが、ちょっとクセのある匂いですので、いかにも安眠できそうな匂いにしてみようかと。

吉祥寺パルコに ハーブ・アロマテラピー専門店の「生活の木」があります。不眠には「ラベンダー」「ベルガモット」がよいと、調べてから行きました。

ラベンダーなら家に1瓶ありますが、あの強烈さは逆に不眠になりそうで、今では生ゴミのにおい消しに使っています。

で、「ベルガモット」を買ってまいりました。ミカン系統の良い香です。というよりベルガモット酒で有名かも(ベルモットじゃありません)。

で、今夜はこれを、という時に、台所の棚でウェットティッシュの小袋がネズミにかじられていたのを発見。ドブ公の匂いはしなかったのですが、念のため隣にあったバニラエッセンスを振りかけておきました。

昔お菓子を作るのに使った懐かしのバニラエッセンスです。たっぷり残っています。封切りから多分20年経過。食用に使っちゃいけません。

おかげでその夜は家中に甘ったるい匂いが充満して、ベルガモットの出番なし。

で、翌朝気がついてみると、夜中に一度も目が覚めていませんでした。ほぉ~。

で、またまたサイトで調べてみると、バニラは不眠に効くのだそうです。

『ヒーリング癒し辞典』にはこんなことが書いてあります。

http://www.yoides.com/iyasi/1288.shtml

「眠気を誘うので、注意力を必要とする時の使用は避けます。」

昼間眠くなっては困るので、ジャムの空き瓶にティッシュを入れてバニラエッセンスをたらして夜枕元に置き、朝起きたら蓋をしておきます。で、夜は蓋を明けて必要に応じてエッセンスを追加・・・

余談:

先日の金網でネズミの侵入が防げると思ったのですが(その部分からの侵入は防げたのですが)、窓上部にある、換気用の小窓から侵入されました。そんなこともあろうかと思って、換気扇用フィルタでふさいでおいたのに、ベランダの齧りかけ完熟カボチャも撤去されて、はらぺこになった鼠にとって不織布のフィルタなんぞひと齧りでした。

夜中に気配に目が覚めて電気をつけて起きだし家中を点検していなくなったと思い、換気用小窓もぴったりしめて寝て、また気配がして・・・を3回ほど繰り返し、ようやく、小窓を閉め切ってはネズミも出て行かれなくて困っている、と寝ぼけ頭で気づき、他のネズミもはいってこないだろうと窓を開放して、ようやく安眠できました。

それまでネズミ、カーテンを駆け上がってカーテンレールの上を走っては閉め切った窓ガラスに当って落下、を繰り返していました。ネズミも困りきっていたでしょう。家の中に食べるものはないのに、出るに出られない。人間は起き出してごそごそやるし・・・生きた心地がしなかったのでは。

この夜ばかりは、バニラの匂いぷんぷんの中で何度も起きざるを得ませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編