植物・あれこれ

2017年9月20日 (水)

彼岸花@ユニクロ

本日彼岸入り。

罰当たり凡俗人にては日常と変わるところなし ひがないちにちPCをいじりおり候。

と言いつつも、通りがかりたるユニクロにて彼岸花のセールをやりおりたるにて、適当な株を求め候……1株80円也……

B1986_070913

というのは嘘っぱちです。いくらなんでもユニクロで彼岸花なんぞ安売りはしておりませぬ。あ、白い彼岸花なら売ってるかも(←そんなわけないっ。)

菊を植え替えましょうと掘り起こしたら、大きな芽を出しかけた立派な球根が一緒に出てまいりまして、はてなんの球根でありましょう。

頭蓋骨内で脳味噌玉を転がして思い出すに、そうでした、昨年の今ごろここに彼岸花が生えた。

律儀だねえあんた、ちゃんとお彼岸に咲くつもりなんだねえ。

でも、今は菊を植え替えするの。ちょっと退避しててちょうだい。

そう思ってユニクロの袋に突っ込んだのでした。突っ込んでベランダに置いて…すぐ植えるからね…って。

気がついたらベランダで満開にて候。

B1991_170914

今さら移せませぬ。しばし鑑賞いたします。

ベランダと言えば、7月の話になりますが、思いがけない花が咲きました。

↓幻想的です。夜しか咲かないんだそうです。

B1962_170710

とってもいい匂いがして、咲くといいことがあるんだそうです。

B1962_170710_2

何の花でしょう。

B1959_170710

サンスベリアの花でした。

懐中電灯の光を当てながら写真撮るのは結構難しいです。

本来白い花のようでして、幻想的に見えのは光源ゆえです。

ネットで調べたら、「花が咲くのは珍しい」「咲くといいことがある・ラッキー」などの記述に交じって「そう珍しいことではない」みたいなのも。

ネット情報って玉石混交ですからね。

「よくお手入れしたから綺麗な花が咲いた。きっといいことがある」と思うことにしときました。

↓全体像を忘れるところでした。

B1956_170710

光源のせいで色合いが違いますでしょ。

上の幻想的なのは、LEDの懐中電灯。下の夜の植木屋の店頭みたいなのは白熱球電気スタンド。

(原稿がまた入ってくるんだよ~週末また仕事かね~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

クリスマスローズのおみあし

おみあし。御御足。

おみおつけを御御御付けと書くが如し。丁寧が過ぎて御が重なっています。御が3個のおみおつけが勝ち・・・って勝ち負けの問題じゃありませんよね。

先日(3/29)のご近所の道端風景です。まだ寒いのに、写真写りは真夏の昼下がりのようにあっけらかんと陽光燦々。咲き誇るはクリスマスローズでございます。

B1774_170329

春分の日をとうに過ぎてクリスマスとはこれ如何に。還暦過ぎて第二の青春と言うが如し。(←座布団蒸しにしたろか)

で。

花びらに何かつっこんでいます。アップで見ましたら、ふくよかなおみあしがじたばたと。

B1774_170329_2

(スカートめくりみたいな写真ですみませぬ。)

一瞬、虫かと思いましたが、種でした。じたばたと見えたのは風で揺れていたから。

↓元はこんなふうに咲いていたはず。

B1774_170329_3

陽だまりの桜が咲いていました。満開まであと一息。

B1775_170329

「植物は毛深い」シリーズ桜の蕾編。

B1775_170329_2

チクチクしそうな剛毛が生えていました。

ご近所の給食センターにて。働く車です。

B1776_170329_2

給食配り終えて、車たちの休憩風景にて候。

週末(4/1、2)は寒かったです。土曜日は不覚にも寝込んでしまいまして、花見どころでなくなりました。日曜日の午前中に、昼下がりのシンデレラの如く12時帰宅予定で、あたふたと「東大田無農場 花見公開」に行ってまいりました。写真を撮ってきましたので、次回アップいたしまする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

通りすがりの春

ご近所うろうろしてて、他人様の庭先を通りすがりにパチリと。

桜にございます(ですよね)。

B1759_170325

これも桜ですよね。

B1764_170325

名札がないとさっぱり分からない無粋人でありますので、お許しを。

これは・・・ボケ。ワタクシのことではありませぬ。花の名前がボケ(木瓜)

B1761_170325

まだ咲いてませんね。ついつい剥きたくなるような花びらの重なりが見えます。

B1762_170325

コドモ時代のワタクシはしょうもないアホでしたから、いろんな花の蕾を剥き剥きして遊んでおりました。

野に生えているボケの実を集めたりもしました。とっても美味しくて・・・というのはウソ。食べられるシロモノじゃなかったはずです。しばらくもてあそんでポイ。ほんとしょうもないガキ・・・

すっくと未来に向かって咲きだす紫木蓮。ひたすら前向きだと疲れませんか・・・

B1765_170325

アップで見ると、あ~あ、腰が固まっちゃったよ~イテテ、みたいな。

B1767_170325_2

もうすぐ桜満開。花見宴会は開けるかな・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

鴨が芹敷いて

新青梅街道横切りました。武蔵関公園はすぐそこです。

武蔵関公園には何度も来ています。

(武蔵関公園~石神井川
http://maimaituburi.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-d715.html とその続き)

桜が見事だそうですが、あいにくと一度も遭遇していません。(^-^; 心がけの問題でしょうね。今年こそは、と前にも誓った筈ですが。

ひょうたん型の大きな池がありまして「富士見池」だそうです。昔は「関の溜め井」と呼んでいたそうな。ふたつ島があります。

こちら「葦の島」。

B1740_170320

上の写真の下の方のもやっとした薄紫は花大根の群生であります。

B1739_170320

別名は、諸葛菜、紫花菜、大紫羅欄花。(最後のは「おおあらせいとう」と読みます。)

ネット情報によると食べられるそうです。大根と名乗っておりますが大根ではありませんので大根おろしは無理、葉っぱなどをサラダなどで・・・だそうですが、同名の食べられない花もあるそうですから、半可通が手を出しちゃだめです。

葦の島の周囲には、立派なカメラを構えたおじさんたちがいらっしゃいました。ははん鳥狙いだな。なんの鳥? ここで転んで「あ~れ~お助け~」と大声で叫んでみようか、と一瞬考えないでもなかったのですが、袋叩きにあいとうない。そっと遠ざかりました。

カワセミ狙いだったようです。園内の案内板に乗っていました。

園内をぐるっと一周して、石神井川に向かいます。通り1本挟んで西東京市となります。

結構高低差ありますでしょ。右側は早稲田大学東伏見キャンパスの運動場です。

B1745_170320

何かの試合をやっていたようで、わーきゃーと歓声が漏れてきました。ワタクシはスポーツに関心ないので素通り。

で。

手すりに何やら札が下がっておりました。

B1744_170320

ほほう、武蔵野市が雨水を放流する許可ですと。

ほほう、こんな所に流してたんだ。

へ?今月31日で期限切れだけど、更新できるんかいな・・・(余計な心配せんでよろし)

↓スミレかと思いました。崖の石垣の隙間からけなげに生えていました。

B1746_170320

花大根でございます。アップでみると可憐な花です。

B1747_170320

川沿いに少し上流に進みます。

遥かな下を流れる川を覗きこめば、鴨が二つ落ちてるように昼寝。

B1748_170320

丸々肥えた鴨が芹敷いて美味しそう・・・

B1749_170320

(芹じゃないかも・・・)

さらに上流側に進みますと、結構な崖を上って

B1753_170320

史跡「下野谷遺跡」があります。したのや、と読みます。

昔から遺跡公園でしたが、平成27年3月に国史跡に指定されたそうな。

詳しくは西東京市のHPにあります。
http://www.city.nishitokyo.lg.jp/enjoy/rekishi_bunka/rekishi_bunka2/sitanoyaiseki.html

くつろぐ予定でしたが、子連れ団体さんがいらっしゃってて、おばちゃんには蹴散らす根性ない。また今度と立ち去りました。

空地の定番、イヌフグリとホトケノザが咲いていました。ピントがどこに合ってるか分からない写真ですみませぬ。

B1750_170320

可憐な花の名前が「ふぐり」ですと。漢字で書けないじゃないですか。

さ帰ろう、と南下しましたが、途中で気になります。何がって、ワタクシの大好きな畑風景。1本隣りの道を引き返してみました。

↓この風景 (「お隣はどんなかな-西東京市」
http://maimaituburi.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-c2df.html )が
130518_5193hatake

↓こうなってました・・・

B1754_170320

B1751_170320

仕方あんめ。

note 世の中変わっているんだよ 地目も変わるのさ~

後はひたすら帰ります。

途中の団地で咲いていた桜。

B1755_170320

桜ですよね。山桜ですよね。葉が出てますもん。

同じく団地内のモクレンの大木。

B1756_170320

モクレンですよね。コブシじゃなくて。

B1757_170320

花あまたなれど葉が出ていませんもの。

さ、急いでウチに帰りませう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

小さい春

ベランダにもいつの間にか春が来ていました。

B1713_170318

マーガレットです。花弁の質感がまるで造花みたいですが、生ものです。

10年前は可憐な株でしたが、時が経ちましてごつい木に育ちまして、切り戻せばいいのですがボキボキ折りまして挿し木にしたら増えちゃって繁っちゃってもう・・・

↓菜の花です。ナニ菜? 白菜にございます。

B1714_170318

冬の間、せっせと鍋にしていただきまして、残りの芯をベランダに植えておいたら、今年もすくすくと育ちました。

何株もありますのよん。↓蕾ですのよん。

B1715_170318

ぷちぷちしてて美味しそうですが、食べちゃいけません。花が咲くのを待ちます。

ボケボケですがローズマリーです。

B1716_170318

これも木質化しちゃって、大元の株はとっくに袋に入れて回収に出しちゃいました。ボキボキ折って挿しておいたのが育ってまた木質化しておりまして、またぼきぼき折って・・・と無限ループしそう。

ソメイヨシノが近所の桜並木の陽だまりでちんまり咲いていました。

B1723_170320

ヒコバエです。

B1723_170320_2

幹から直接出てきた蕾も色づいております。

B1724_170320

桜まつりは4月2日。例年、花芽まつりになったり葉桜まつりになったりしてます。いい具合に咲いたと思えば雨に祟られたり。今年はほど良く咲くのでしょうか。

お彼岸の一日、実家の実家の田舎のお墓詣りに行って来ました。電車に揺られ車に揺られ、着いたところは山の中。酔い止め薬を飲んだにも関わらずゲロッピ変身しまして、ちょい辛かったです。

薬でぼーっとしていたせいで、風光明媚な山岳風景を全く撮らず、暮れ始めた帰り道、車の中から言い訳のようにパチリ。

ほんと、山の中・・・

B1721_170319

荒涼・・・

B1722_170319

夏はいいところですよ。春と夏がいっぺんにやってくるので、百花繚乱、蝶は入り乱れ・・・というのはワタクシがコドモだったころの話。

農薬散布で虫類は減少、林は切り開かれ家が立ち並び、近頃はソーラーパネルが乱立するようになりました。

緑を切り倒して無機質なパネルが無秩序に広がる光景を目の当たりにすると、「なにがエコエネルギーじゃい」という気分になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

麹がない

今ごろ気づいたのが遅いのでしょうけれど、味噌を仕込もうと思って大豆と麹を買いに行きましたら、国産大豆はあったもののどこを探しても麹がありませんでして、店員さんに聞きましたら現在品薄でして入荷のめどがたっておりません、ということらしいですが、何があったのでしょう、多分テレビで麹は健康によいとか美容によいとかやったんでしょう。

やったみたいです。巷は麹ブームだそうです。

そんなあ、ウチの味噌、どうしてくれるのよお。

と嘆いていても仕方ない。麹ブームが去るのを待ちましょう。にがりだってエゴマ油だって純ココアだって、ブーム過ぎて普通に手に入るようになりましたもん。あ、にがりはウチの近所では取扱いがなくなっちゃったみたいです。

でなきゃ、いっそ麹を作りましょうか。

ワタクシがコドモだった頃、実家での味噌づくりは麹をつくるところから始めておりましたぞ。蒸した米に麹菌をまぶして暗く暖かい所へ置いといて・・・

調べたら、種麹は400円くらいで手に入ります。

さあて、やってみますかね。

--------------------------------------------

ご近所で見つけた「ミモザ」の大木。

B1711_170315

ボケボケと、どこにピントがあってるか分かりませんね。

卵の黄身を裏ごししてまぶしたようにふんわり咲いているからですよ。

ほれ、こんなにぼわっとしてますもん。

B1712_170315

『ミモザ館』という古い映画がありましたが、主演女優フランソワーズ・ロゼのとろんとしたお目目がたまりませんでしたな。(←中高年限定)

『ミモザ館でつかまえて』は大島弓子さんのコミック。ええと、どんな話でしたっけ。どこかにしまいこんである筈です。引っ張り出してみましょう。

↓これは「坊主の花かんざし」じゃなくて、なんでしたかしら。ハシバミ系でしたっけ。

B1710_170314

そのうち思い出します。

↓ご近所で遭遇した「純粋階段」。

B1708_170314

3段上って後は踏み外すだけ・・・

ご近所は結構ワンダーランドです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

枝の上で踊るヒト

天使の羽つけてひらひらと踊るヒト。

B1709_170314_2

あるいはアンポホーアンハンターイと集会しているのか。

山茱萸花王国は賑やかです。

B1709_170314

はらはらと涙を流す福寿姫・・・じゃありませんね。

B1707_170314_2

はてお名前はなんでしょ。

B1707_170314

鮮やかなピンクがなまめかしいのは

B1706_170314_2

薹の立ったハボタン姐さん。

B1706_170314

菜の花みたいなのが咲きますわよね。

怪獣レッドロブスターみたいなのは

B1705_170314_2

木立アロエにて候。

B1705_170314

桜もありますことですのよ。

B1704_170314_2

盛りを過ぎていましたが、まだまだ綺麗です。

B1704_170314

ねえねえ、あそこの奥さん、ダンナを締め出しちゃったんですって・・・

B1702_170314

と噂話に余念のないハクモクレン町内会。

ご近所を一回りしてきました。花は拡大してアップでみると、結構静かにうるさいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

目の保養

先日テレビで「この洋服の色はなんでしょう」というのをやっていました。

Othedress570

写真は、「ハフィントン・ポスト」からお借りしました。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/28/shirokin-aokuro-thats-why_n_6777126.html

「青と黒」だ、「白と金」だと意見が割れますが、実物は「青と黒」なんだそうです。

困りました。ワタクシにはどう見ても

「薄紫と黄土色」

にしか見えません。

「青と黒」も「白と金」も、脳の補正機能が働いてそう見えるそうです。ワタクシは脳の補正機能が働いていないんか。

どうしてあれが「白や青」に見えるのか、「黒や金」に見えるのか(金は金泥と思えばそう外れてはいないか)。

ホントは「青と黒」にも「白と金」にも見えない人もいるけれど、うっかり口にすると「あんたの目はガラス玉か」って話になっちゃいそうで怖くて言えないとか。

テレビでは目の老化も取り上げていました。老化すると、青が見えにくくなる、暗い場所で色の識別が難しくなる、とか。

ワタクシは目も脳も老化しているのかなあ。

近所の公園を散歩して目(と脳)の保養をすべし。

B1461_161001

マリーゴールドですね。金色に見えないけれど。

B1460_161001

キバナコスモス。オレンジだな・・・

B1457_161001

オシロイバナ。

B1456_161001

紅い白粉と黄色い白粉。おてもやん用。

金木犀。金・・・でしょうね。

B1454_161001

アベリア。

B1455_161001

↓綺麗な花にはヒゲがある。

B1455_161001_2

↓これ、何の花でしたっけ?

B1459_161001

ぐるぐる巻きがなんとも線虫みたいで。

B1459_161001_2

花弁はレースの如し。

B1458_161001

あたりが暗くなりかけています。(10月1日の夕刻)

そろそろ遠くに散歩に行きたいなあ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

お彼岸

22日は全国的に秋分の日でありました。お彼岸の中日でもありました。

明日は散歩に行こう、などと前日に思っていたのですが、目が覚めてみれば東京地方はざんざん降りでありまして、いくら物好きでも家でじっとしている他ありませぬ。

室内の模様替えに取り掛かっていたとお思いください。

そこへ電話あり。げっ、取引先からです。ばっくれよう、と一瞬思いました。思いましたが、今後の取引に差しさわりがあってはいけません。

お世話様ですっ、と元気よくでました。

泣きつかれました。取引先の取引先が前日の夜にデータを送ってきたと。編集したものが明日の朝一で必要なんだけれど、何とかして~

一瞬、今田舎にいます墓参りです無理です、と言おうかと思いました。思いましたが、ばれたら後が怖い。

へえへえ、とざんざん降りの中、出勤いたしましたぞ。結構な量がありましたぞ。またしてもパソコンの前に座りっぱなしでしたぞ。腫れた目がかゆいぞよ。

↓仕事場のベランダで彼岸花が咲いておりました。

B1431_160922

思えばその昔、自宅の改修工事で、庭の花々を掘り起こして仕事場に運んできたとき、一緒に来たのでせう。あれから数年、地下でひっそりと花開く日を待っていたのですね。けなげなやっちゃ。

上から見ると花火みたい。

B1432_160922

思いがけないものが見られたのですから、休日出勤も良しといたしませう。

しかし、こんな日に夜中まで仕事したくない、とっとと仕上げようと根を詰め過ぎたせいで、肩がガチガチぱんぱんになりまして、気分悪し。

夜中に耳鳴り発生いたしまして、血行をよくしようと、真夜中のラジオ体操などいたしましたぞ。人生後半戦は、一箇所無理すると、玉突き状態であちこちガタガタしますなあ。

↓関係ありませんが、7月に近所の公園で見た花です。

B1393_160724

まるで樹脂製造花ですが、触れなば揺らぐ本物の花でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

あやめ姐さん

毎年通りかかるたびにほれぼれします。 艶な姿のあやめ姐さん。

9445_150428ayame

艶な姿は、あでなすがた、と読んでくださいまし。色っぽいいい女のことです。

毎年のことながら塀(柵)の向こう。

9446_150428ayame

向こう側には紫蘭も咲いています。

野生のものは準絶滅危惧種なんだそうですが、結構あっちこっちで咲いています。

栽培種か野生かの判別は難しいんだとか。

9447_150428ran

鴇(トキ)の場合だと、日本の野生種は絶滅しちゃって中国からおいでいただきました。

塀の近くのムラサキツユクサ。

9449_150428tuyukusa

子どもの頃の、その辺に生えていた「ツユクサ」とは別物です。

雑草ツユクサは、あの頃は当たり前のように咲いていて、当時のオンナノコは花をむしって「色水」遊びをしました。

ツユクサはちまちましてて効率が悪く、朝顔をぶちぶちむしって揉みましたなあ。飛び散った汁で服を染めちゃって怒られたような気がします。

遠い日だなあ・・・(最近、回顧が多いなあ・・・)

(あやめ他、写真を撮ったのは4月28日です。もう咲いてないかも。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おさんぽ1・ご近所うろうろ | おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口 | おさんぽ1・武蔵野(吉祥寺 | おさんぽ1・武蔵野(武蔵境 | おさんぽ2・井の頭公園など | おさんぽ2・水道部/上水/川 | おさんぽ31・三鷹市 | おさんぽ31・小金井市 | おさんぽ31・府中市 | おさんぽ31・調布市 | おさんぽ31・野川と周辺公園 | おさんぽ3・国分寺市 | おさんぽ3・立川/国立市 | おさんぽ3・西東京/小平市 | おさんぽ4・世田谷区 | おさんぽ4・中野/杉並区 | おさんぽ4・練馬区 | おさんぽ4・都心の庭園/公園 | おさんぽ4・都心編 | おさんぽ・その他 | おさんぽ・博物館 | おさんぽ・美術館 | お散歩・クリスマスなど | お散歩・街角の変なもの | お散歩・街角の変な遊具とか | ちまちまいろいろ修理 | ちまちまご先祖様 | ちまちま介護もどき | ちまちま各種体験 | ちまちま懐古/回顧 | ちまちま日常 | ちまちま物想い | ちまちま箱遺伝子 | コモノ 人形 | コモノ 布・糸系 | コモノ 雑多な雑貨 | コモノ 顔のある雑貨 | コモノ 食器・盆・籠など | サンフランシスコ | パソコンToon Boom Studio trial | パソコンの悩み | パソコンの悩み 8.1 | パソコンの悩み DTP/PDF | パソコンの悩み Mac | パソコンの悩み XP | 動物・わんこ | 動物・ネズミ攻防編 | 動物・ムシ愛づる | 動物・猫 | 動物・鳩の子育て | 動物生物 | 文系(映画とか) | 文系(本とか) | 文系(本-家庭科系) | 文系(絵とか画集とか) | 文系(絵本・漫画・童謡だとか) | 文系(舞台とか) | 文系(音楽とか) | 暇つぶし講座 | 未整理 | 植物・あれこれ | 植物・かぼちゃ | 植物・きゅうり | 植物・ちまちま菜園 | 植物・アサガオ | 植物・ゴーヤカーテンなど | 植物・トマト | 植物・桜/花見 | 病気・ケガ・あれこれ | 病気・突発性難聴 | 病気未満の不健康と不眠と歯 | 自然・地震・噴火 | 自然・東京の雪 | 自然・空模様・お天気 | 食べる 飲む | 食べる・パンもどき | 食べる・怪料理 | 食べる・梅生姜花梨など | 食べる・発酵系 | 食べる・読む観る(買う) | 食べる・調理器具 | 馬鹿物件・お絵かき編 | 馬鹿物件・室内編