« 心残りのサンフランシスコ | トップページ | 心残りのサンフランシスコ 2 »

2020年6月16日 (火)

混乱、混乱、また混乱

遠い昔、ワープロでニフティサーブなんぞに参加していた頃、ブログなんぞというモノができようとは考えてもいませんでした。

少し昔、ブログを始めた頃、後にココログが大幅リニューアルしようとは考えてもいませんでした。

個人的な諸事情もありブログ更新が滞り、たまにログインするたび仕様が変わっていて、ああ……

混乱、混乱、また混乱。

更新しないまま、エキサイトブログあたりに引っ越しちゃおうかとか思ったりしましたが、やっぱり古巣がいい。

が。

戻って玉手箱を開いてみれば、ぼわっと煙が立ち上り、あっという間に白髪のばあさ……じゃなくて、また仕様が変わっていました。

なんとか記事は書けます。問題は、以前訪問していたブログが行方不明になっちゃった……

ブックマークしておかなかったワタクシが悪いです。購読登録しておかなかったワタクシがバカです。

言っても仕方ない。現在、ひと様のブログからリンク発掘中。

さて。

久しぶりに更新した際に、ブログの表示フォント(書体)が見にくいなあ、と思いました。MS Pゴシックです。いわゆる「視認性に欠ける」というやつ。

記事編集画面はメイリオですので、すっきりくっきりです。PCプレビューに切り替えたとたん、「見えねえ……」(老眼……)

ブログでの表示をメイリオにできないか。

結論から言うと、「デザイン」の「CSS編集」でできるはずなのにできない。

理由1:リッチテンプレートは対象外。ワタクシのカピバラさんがまさにリッチテンプレート。とっくに提供が終わっています。お情けで当時使用中の人だけが継続して使えます。

理由2:CSS編集はサポートの対象外。カスタムテンプレートなら編集できる、とありましたので、カスタムテンプレートを作ってためしましたが、じぇんじぇんだめ。

対策します。諦めてなるものか。

ここ数年、ホームページの書き直しを、ソフトを使わずエディタで手書でやっておりましたので、こうすりゃいいのよん、というのがわかるようになりました。

記事作成画面を「通常エディタ」にして、一番上に

<div style="font-family:meiryo;">
(全角で書いていますが、ほんとは半角にします。)
 ここから書体がメイリオだよ、というやつ。

一番下に

</div>
(これもほんとは半角にします。)
 これでメイリオおしまいだよ、というやつ。

たかが書体ですが、されど書体です。MS Pゴシックもメイリオもマイクロソフトさまの書体ですが、メイリオはWEB表示に特化して開発したフォントだそうです。今はほとんどのWindows PCに標準で入っています。ワード文書をメイリオで作成されると、逆に読みにくいです。

というわけで、6月12日の分からメイリオ表示になってます。

しまった、Macのことを忘れていた。メイリオがない環境だとどうなるか……あたふたMacで確認すると、Macデフォルトのヒラギノで表示されていました。よかったぁ。

という、どうでもいい話でした。

ポチッとよろしく!

|

« 心残りのサンフランシスコ | トップページ | 心残りのサンフランシスコ 2 »

パソコンの悩み WEB/HTML」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心残りのサンフランシスコ | トップページ | 心残りのサンフランシスコ 2 »