« 2019年7月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

「なんらかの偶然」

岸本佐知子さん新作のタイトルです。嘘です。真に受けないでください。

ワタクシの大好きな翻訳家、といっても翻訳作品はほとんど読んでいません。岸本佐知子さんのエッセイというのかオリジナルの文章が、奇妙に微妙にずれているようで面白くて、ついつい引き込まれてご飯食べるのを忘れて読みました。

とりあえず3冊。「ねにもつタイプ」「なんらかの事情」「気になる部分」。

新作はいつ出るのか、と松友無しに、違う待つともなしに待っていたら「ひみつのしつもん」が出てました。

それっ。

図書館で予約をしようとしたら30数人待ち。ほとぼりが冷めてから借りよう、と思ったのは2月頃でした。

コロナ吹き荒れ、あっという間に図書館が閉鎖され、予約も受け付けなくなって4ヶ月。

そろりそろりと図書館再開しましたが、予約待ち状況は4ヶ月前のまんま。まだしばらく読めません。ワタクシ基本的に本は図書館で借りて読みます。

買いたいな、とは思うのですが、狭いおうちは処分できない本でいっぱいになってます。

世の中には、本がほとんど無いウチと、本だらけのウチとがあって、中間には読まない本を飾っているウチがある……嘘です。真に受けないでください。

で。

なんらかの偶然とは。

あることが気になっていると、関連した別のことが不意に顔を出すことを、シンクロニシティとかセレンディピティとかいうんでしたっけ。セレンの方は「幸運」も一緒らしいので違うかな。シンクロの方も「意味のある」偶然の一致らしいので違うかな。

意味なんぞないです。強いて言えば潜在意識にコロナが巣くっていたとか。

脳みそがくたびれてくると、ワタクシはマンガを読みます。マンガ好きです。マンガを読むのを読書というと怒る人が時々いますが、ワタクシには、文学書もエロ本もマンガも全部読書です。(エロ本は巣ごもり中にまとめて捨てました。万一の事態が起きて後片付けをしてくれる人に「むっつりすけべ」とか言われとうない……)

ハガレンの作者荒川弘さんに「百姓貴族」というギャグマンガ(と言ってしまっていいか)があります。北海道が舞台の農業マンガです。近頃は脳みその回復用にこれを繰り返し読んでます。

で、4巻を読んで気がつきました。39ページに北海道が舞台のテレビCMの話。

牧場の真ん中に女性がたって商品のアピールをしている。背景で放牧中の牛さんが尻尾をぐぐぐっと持ち上げる。

状況説明文:「牛が便意を催しているではありませんか!!!」

そして「しむらーっ、うしろうしろーっ!!」の叫びが。

何度も読んでいたはずなのに、こんなセリフがあったことを覚えていませんでした。

しむらーっとは志村けんさんのことです。訃報を聞かないですんでいたなら、またしても読み飛ばしていたことでしょう。

それから。

図書館が再開されて、お預けをくらっていた東直己さんの本をまとめて借りてきました。

その中に受験生を主人公にした話がありまして、といってもいわゆる青春小説ではありません。北大めざしている主人公は受験参考書をこなしながら年上の女性と酒飲んだりいいことしたりしてます。

「不良学生」がいい気になにやってんだ、といいたくなりますが、そういう話ではなくて、ほんとの主人公は脇にいるあの人たちじゃないのぉ……

「ススキノ、ハーフボイルド」2003年7月発行。

受験参考書の出題例が大学実名付きであちこちに出てくるのですが、今回の騒ぎで全国的に有名になっちゃった大学名も出てきまして。

曰く「北海道の旅行者の中では、この大学はちょっと有名だ。」云々が15行分。

このくだりも世が世なら、多分読み飛ばしていたでしょうね。コロナのおかげですっかり頭にはいっちゃいました。覚えておかなくていいことです。さっさと忘れます。

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

やっかいごとは隊商を組んでやってくる

↓昨年ベランダで育ったメロン玉です。

 B279920191001

残念ながら甘み不足。漬物に化けました。

さて。

コロナだけで十分辟易しているのに、さらに何がやっかいなのか。

それはですねえ、昨年さんざんWindows10不良PCに振り回されて消耗し、やっと解決して明るい未来が見えまして、しめしめワタクシの人生捨てた捨てたもんじゃない、と思ったところに予定通りWindows 7 PCがサポート切れしまして、それがどうした、10が使えるぞ……

実際、7 PCをネットから切り離し、ワタクシの稼業たるDTPはWin 7 PCで作業、データの受け渡しは、USBメモリでWin 10に持ってってお客様とやりとりできます。

ちょっとめんどくさいけど、10用にお高いソフトを買わなくてすむなら、なんの不満がありましょうか。

ふふふん、ふふふん。

が。

Win 7がフリーズしやがりました。うんともすんとも言わない。強制終了したくも電源切れない。

思いあまって禁断の「電源ボタンぶちっと押し」で電源切って、少しして電源を入れました。

文字ばっかりの画面が出て「起動どうするかい」と聞かれました。

どうするって、とりあえずセーフモードでお願いします。

セーフモードで起動して、どこも悪くなさそうです。ほんじゃま、また再起動をお願いしますだ。

じゃーん。

起動した途端にフリーズしやがります。げっ。

(データのバックアップとったよね。外付けHDDにこの前コピーしたよね。ああ、でもスキャンデータはどうするか迷って後回しだったよね。)

うわあ。

結論から申しますと、マウスをつないだ背面PS/2が原因だったようです。USB端子が足りないもので、PS/2ーUSB変換アダプタを介してマウスをつないでいました。

PS/2アダプタが故障か、PS/2端子が故障か、は不明ですが、この際追求する気はありません。

なんのこっちゃ?という方は、読み飛ばしてくださいまし。知らなくたって困ることは絶無です。時代は変わりました。こんな骨董品使ってるほうが悪い……

前面USBポートに差し替えて、今のところけなげに動いています。

しかし。

10年使っている骨董品です。いつ壊れても不思議はない。Win 10に完全に移行するか……

……ソフトが問題なんだよね。

時代はサブスク、今使っているアドビのCSに相当するのはCCコンプリートプラン、オフィスプロフェッショナルに相当するのはMicrosoft 365 PersonalかMicrosoft 365 Business Standard(ワタクシのWin 10にはoffice 2016が入っていますが2つほどソフトが足りない)、ダイナフォントはどういう契約になっとるんじゃ。

最新のソフトでなくていいのに……資金が苦しいよぉ。

いっそ仕事を辞めてしまおうか。そしたら生活が苦しい。

うーん、うーん。

で、悪魔のささやき。

アドビのCS、メーカーは保証してないけど、Win 10で使えるってよ……
Win 10のofficeが2016だから、Win 7に入っているoffice 2010 professionalを持ってくれば共存できるよ……
ダイナフォントも保証外だけど入れてみたら……
Win 7をお払い箱にすれば、ライセンスの問題ないよ……

てか、アドビもofficeも、同時に使わなきゃ2台インストール可能なバージョンだよ……

で、結果からいうと、office 2010 professionalがねえ…………

この続きはちょっとした悪夢でした。諸々省略いたしますが、結論は仕事続けるなら、最新ソフト買え、ということに。

で。隊商組んだ他のやっかいごととは。それはですねえ、FAXが壊れやがったのですよ。1990年代の骨董的ロール紙FAX。この話はいずれ別の日に。

--------------------------------------------------

↓今年のベランダは「ヒメオウギスイセン」に占領されました。

B282820200622

| | コメント (0)

2020年6月22日 (月)

季節は巡る

自分が何をしていたか、ブログに書くことで記憶も維持できていたのだと、ブログを再開してつくづく思いました。

つまり、ほとんど更新してなかったこの1年間の記憶が飛んじゃっています。残っているのは「いろいろ大変だった」……という大雑把な感想だけ。

2020年になってからはコロナウイルスという厄災も加わって、ひたすら縮こまっていたような。

いろいろ自粛解除になりましたが、気分は相変わらず「非常事態」です。

そんな時でも季節は巡る。

今年の梅も桜もあじさいも上の空でしたが、ふと気づくとベランダが例年のごとくジャングル化して夏仕様になっていました。

グリーンカーテン代わりの「山芋」。

B282620200622

カボチャも、ゴーヤも、朝顔も芽をだしました。

B282420200622

B282520200622

そういえば、去年はメロンを美味しくいただいてその種をまいたらわんさと生えてメロン玉が収穫できましたっけ。先祖返りしたのか、マクワウリみたいな味になってましたけど。

| | コメント (2)

2020年6月18日 (木)

心残りのサンフランシスコ 2

更新しようと思って途中まで書いて、うっかりブラウザを閉じてしまい、あ~れ~と思った時にはすべて消えていました。

何を書いていましたっけ?

最近とみに短期記憶の衰えている脳みそは出し惜しみをします。

むう。

ブログを長い間留守にしていたので、以前立ち寄らせていただいた方々のブログを少々遡って読ませていただいていました。

皆さん、それぞれに事情が変わっていました。あるかたは配偶者を見送り、ある方は配偶者が入院しおもわしくなく転院し、ある方はご自身が病気となり…………

ワタクシ自身もガタがきております。

邱永漢さんでしたっけ。人間、60(歳)の坂を越える時が大変で大病をしたりするが、越えてしまうと元気になりなんとかやっていけるが、また70の坂を越えるとき大変な思いをして……と書いていたのは。

今回のコロナウイルスで、衝撃だったのは志村けんさんの死でした。熱心なファンではありませんでしたが、ほぼ同年代です。

やりたいことがいろいろあっただろうな……

--------------------------------------

もう行くことはできないのかな。。。

人通りの途絶えたサンフランシスコの街

YouTubeから 3月22日の様子
Coronavirus: Drone Footage of San Francisco's Empty Streets
2020/04/03
https://youtu.be/yQky8qARcwc

アップが4月2日。撮影日不明
Watch drone footage of all the empty streets in San Francisco (coronavirus)
https://youtu.be/q0qR50sWsnU

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

混乱、混乱、また混乱

遠い昔、ワープロでニフティサーブなんぞに参加していた頃、ブログなんぞというモノができようとは考えてもいませんでした。

少し昔、ブログを始めた頃、後にココログが大幅リニューアルしようとは考えてもいませんでした。

個人的な諸事情もありブログ更新が滞り、たまにログインするたび仕様が変わっていて、ああ……

混乱、混乱、また混乱。

更新しないまま、エキサイトブログあたりに引っ越しちゃおうかとか思ったりしましたが、やっぱり古巣がいい。

が。

戻って玉手箱を開いてみれば、ぼわっと煙が立ち上り、あっという間に白髪のばあさ……じゃなくて、また仕様が変わっていました。

なんとか記事は書けます。問題は、以前訪問していたブログが行方不明になっちゃった……

ブックマークしておかなかったワタクシが悪いです。購読登録しておかなかったワタクシがバカです。

言っても仕方ない。現在、ひと様のブログからリンク発掘中。

さて。

久しぶりに更新した際に、ブログの表示フォント(書体)が見にくいなあ、と思いました。MS Pゴシックです。いわゆる「視認性に欠ける」というやつ。

記事編集画面はメイリオですので、すっきりくっきりです。PCプレビューに切り替えたとたん、「見えねえ……」(老眼……)

ブログでの表示をメイリオにできないか。

結論から言うと、「デザイン」の「CSS編集」でできるはずなのにできない。

理由1:リッチテンプレートは対象外。ワタクシのカピバラさんがまさにリッチテンプレート。とっくに提供が終わっています。お情けで当時使用中の人だけが継続して使えます。

理由2:CSS編集はサポートの対象外。カスタムテンプレートなら編集できる、とありましたので、カスタムテンプレートを作ってためしましたが、じぇんじぇんだめ。

対策します。諦めてなるものか。

ここ数年、ホームページの書き直しを、ソフトを使わずエディタで手書でやっておりましたので、こうすりゃいいのよん、というのがわかるようになりました。

記事作成画面を「通常エディタ」にして、一番上に

<div style="font-family:meiryo;">
(全角で書いていますが、ほんとは半角にします。)
 ここから書体がメイリオだよ、というやつ。

一番下に

</div>
(これもほんとは半角にします。)
 これでメイリオおしまいだよ、というやつ。

たかが書体ですが、されど書体です。MS Pゴシックもメイリオもマイクロソフトさまの書体ですが、メイリオはWEB表示に特化して開発したフォントだそうです。今はほとんどのWindows PCに標準で入っています。ワード文書をメイリオで作成されると、逆に読みにくいです。

というわけで、6月12日の分からメイリオ表示になってます。

しまった、Macのことを忘れていた。メイリオがない環境だとどうなるか……あたふたMacで確認すると、Macデフォルトのヒラギノで表示されていました。よかったぁ。

という、どうでもいい話でした。

ポチッとよろしく!

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

心残りのサンフランシスコ

I left my heart in San Francisco...

ご存じ「想い出のサンフランシスコ」の原題です。

が、今のワタクシには心残りのサンフランシスコ。

また行きたかったのにぃ、パスポートも更新したのにぃ、英会話の教材買って勉強し始めたところだったのにぃ……

みんなコロナが悪いんだあ。

じゃなくて。

コロナ以前の問題でした。

昨年秋に、ご接待要員一家が完全帰国いたしました。降って湧いた話でして、(なんで帰って来るんだ。あと3回はサンフランシスコに行く積もりだったぞ)というのが、ワタクシの心の声でした。

今思うと、いいタイミングでした。

途中ハワイで豪勢に長期バカンスを楽しみ、家も見つかり仕事も再開。数ヶ月遅れたらありがたくない事態に巻き込まれていたでしょう。幸運を感謝いたします、神さま仏さま道祖神さま。よかったよかった……

でしたが、その陰でワタクシ、疲労困憊の極致に。なぜか。

10年以上前、ご接待要員は3年ほどアメリカへ行くと言ってマンションを引き払い家具をワタクシの狭いお家に預けていったのでした。3年過ぎ5年過ぎ、(もう帰って来ることはあるまい)とワタクシはそれらの家具を有効利用しておりました。

帰って来る? げっ。預かっている本棚から本を取り出し、サイドボードからCD,DVD,本を出し、センターテーブルから小物・本を出し、ベンチから飾り物を撤去し……そうだ、鍋釜洋服靴鞄も預かっているだよ、照明器具もあるだよ、もってけドロボー、じゃなくてお返しもうしあげます。

引っ越しトラックの来る日に併せて、家の中ドタバタしました。

トラックが出発し、一安心かと思いきや、家の中に積み上がった本やCDやあれやこれやをなんとかせねば。収納するための家具は買いとうない。

しからば…… 断捨離でしょコンマリでしょゆるりまいでしょ。

と、お片付け蟻地獄。ワタクシの人生で最大に物を処分しまくりまして、なんとか新年に間に合わせました。

人間、切羽詰まると、それまでうじうじ保存していた「青春の想い出」なんぞあっさり不要品にできるものなのですね。

あー、すっきり。

しましたが、頑張りすぎたようです。途中で歯に来ました。人生初めての「虫歯で顎が腫れる」事態。歯髄が化膿したようです。歯医者さん曰く「治療は長くかかります」。

以来、せっせと歯医者通い。コロナ渦巻くさなかに顔がとんでもなく腫れて熱も出て、休日救急診療で「口腔歯科のある大学病院で切開を」とか言われたり(抗生剤が効いて切開は免れました)。その後も腫れるごとに熱も出て(コロナじゃないよねっ)と疑心暗鬼になったり。

歯科治療はコロナ感染可能性大、と言われておりましたから、先生も患者もおっかなびっくり。

いつまで続くんでしょうね。コロナは終息の見通しが立ちませぬ。歯の根管治療は長~くかかるそうです。下手すると1年くらい。

季節は秋から冬になり春がちょこっとで炎熱の夏になっちゃいました。

あー、サンフランシスコは涼しかったなあ……

YouTube 想い出のサンフランシスコ [日本語訳付き]  

ワタクシの好きなジュリー・ロンドンお姉さまが歌っています。

ポチッとよろしく!

| | コメント (4)

2020年6月12日 (金)

冬眠から覚めたら炎熱の夏

昨年の7月に更新してそれっきり。どちら様からも消滅したと思われておりました。

書こう書こうと毎日思っていたのですが、頭上に特大漬物石がジェンガのごとく積み上がっていたのでありました。

はあ。

口を開けば愚痴ばっかりになるのですが、耳汚しなど聞きたくないでしょうが、聞いとくれ。

いろいろあっただよ。(コロナウイルスは全人類の災難ゆえ、とりあえず省きます。)

● いたるところで結構な確率で住民の悩みの種となる「町内会」が・・・

前年度でっけえ面して乗り込んできた方々が任期全うせずばっくれやがりましてその後始末をしました。ああ、めんどくせ。典型的な地域デビュー失敗作を目の前で見せられて、笑っていいんだか泣いていいんだか。もと居た会社の流儀なんぞ自慢げに持ちこまんでくれ。あんたのIT知識、一体何年前のもんじゃ、年齢からすると定年退職して10年は経過しとるぞ、大昔の話なんだよっ。それになっ、わたしゃあんたの使用人でも女中でもないよっ、口の利き方に気をつけろっ。

と、まあ。

もう片付きましたので、この件はさっさと忘れました。ワタクシの脳みそ、余計なことをしまっておく空きスペースはございません。

● 仕事で愛用のWindows 7のサポート切れ

早めに対応を、と去年3月にWindows 10パソコンを買いました。そしたらまあ、まともに動かなくて。結論から言うと、初期不良。メモリが2枚とも不良品でした。

それが判明したのは、昨年9月になってから。従って初期不良品でありながら新品交換はできず、メーカーの修理対応。

3月から半年悩みまくったのですよ。何をやっても落ちる落ちる。再起動の嵐。

ネットの情報を頼りにあれこれ設定を変更しましたが、全くだめ。サポートに連絡すると、あれやりなさいこれやりなさいと指示がくるものの、全部試したものばかり。

思いあまってリカバリしたら、初期状態に戻るどころか、ソフトがいくつも消えちゃって。よせばいいのに、再度リカバリしたらまた消えて。しかも肝心要のstoreアプリまで。戻す方法がないみたい。

あるサイトで、やはり故障を疑いながらメーカーに対応してもらえず、システム監視?だったかの記録をとって交渉し、メモリの故障が判明した、という記述を見つけ、同じ方法で記録をとりサポートに連絡、修理対応にこぎつけまして、結果がメモリ2枚とも不良、マザーボード交換しました、というもの。

落ちなくなりましたよ。落ちないのですが、リカバリしておかしくなったシステムのまま…… そこまでは直してくれないのかい……

結論から言うと、リカバリする少々前に、ドライブがCしかないのでCとDとに分割を試み成功したのですが、その時に万一に備えて分割前の状態をまるごとバックアップしたのがありまして(ということを思い出しまして)、それを復元することで、やっとまともになりました。これぞ不幸中の幸い。

教訓:リカバリなんてするもんでねえ。どうしてもしたかったら、PCがまともに動いているときにまるごとバックアップしとけ。

と、まあ。

久しぶりにブログにログインしたら、昨年8月31日に書きかけでほったらかしになっていた記事がありました。上記のパソコンの愚痴をグチグチ並べておりました。消すのももったいないので、ついでにアップ。

------------------------------------------------------------

2019.8.31:パソコン道は長くて深くて暗い道

少なくともワタクシにとってはぐっちゃぐっちゃのドロドロ…

またしてもひと月経過いたしまして、ああもう人生至る所ぬかるみだらけ。

仕事で使っているWindows 7のサポート終了まで、4ヶ月となりました。

この際仕事やめちゃうというのも有りですが、実際お得意様とはそんな話が出たり引っ込んだりしていますが、取引先とは円満終業できたところで、難物の「爺様のやり残しの仕事の整理」があります。

まだ片付いておりませんので、やめられませぬ。ちゅうことは、新しいパソコンが必要です。

というわけで、乗り換えキャンペーンに乗っかって、メーカー直販で30%くらい安くしてもらってノートパソコンお買い上げ。

Windows 10でございます。

基本的なセットアップは早々にしましたが、なぜかエラーが連発します。いわく

「問題が発生したため、PCを再起動する必要があります」

再起動しました。BIOSの初期化もしました。

やってもやっても、「問題が発生したため、PCを再起動」してくれます。

使えねえよっ。

サンダーバードをインストールしたのが悪いのか、エッジじゃなくてChrome入れたのが悪いのか、TeraPadも入れたぞ、ffftpも入れたぞ…

全部おじゃんにして工場出荷時にもどすしかないのかあぁぁぁぁ。

------------------------------------------------------------

●この他にも漬物石ジェンガブロックがありましたが、別の日にまた書きまする。

| | コメント (6)

« 2019年7月 | トップページ | 2020年7月 »