« 6 ムショ入り-2 | トップページ | ぐでぐだ »

2019年5月17日 (金)

7 アルカトラズ刑務所からシャバへ

サンフランシスコ9日目(2018.1.7)のアルカトラズツアー7です。

いよいよ刑務所の表玄関から出ました。

B2311_20180107

アメリカの国鳥のハクトウワシさまが睥睨しておられます。

B2311_20180107_2

ADMINISTRATION BUILDINGって…管理棟です。ワシさまの両脇はブドウなどのお供物のようです。

寄らば喰いつくぞ、じゃなくて、逃げらば襲うぞ。

B2316_20180107

足元の国旗のストライプ部分が「FREE」。「arbeit macht frei」を思い出してしまいました。

自由と拘束の不幸な関係。

再び、焼き討ちされたような豪邸跡。

B2312_20180107

脳内で「焼き討ちじゃない」と何度修正しても、やっぱり「焼き討ち」に書き換えられてしまいます。経年変化による脳内記憶媒体の劣化。

(ありていに言えば、高齢化して脳味噌が古くなって物覚えが悪くなってるってことです。)

脇の階段が興味をそそるのですが、当然「あなたの安全のために」立ち入り禁止です。

B2312_20180107_2

表玄関前には灯台があります(写真なし)。表玄関は高台にありますので、崖下に庭のようなものがみえます。向こうにサンフランシスコの街並みが見えます。

B2314_20180107

そして。

このあたりは、映画「ダーティー・ハリー3」(1976年)で、ハリーと相棒の女性刑事が殺人犯とドンパチやらかし、女性刑事が殉職する場所でもあります。

20190423-dirtyharry2

↓ムーア刑事の遺体の前に立ちつくすハリー。ほぼ中央の太いのが灯台。

20190423-dirtyharry3

(ダーティハリーシリーズはワタクシのお気に入りです。)

崖下で火の手が上がっています。

20190423-dirtyharry4

この場面の撮影場所を探してきょろきょろしましたが、分からず。

あっちも行かずこっちも行かずですが、そろそろチビさんの限界です。

帰りなんいざ 温かき食事処のある桑港へ……

↓来たときと違う道を通りました。

B2317_20180107

うーむ、雰囲気たっぷり。要塞だった頃の名残でしょうかしら。

通路の脇にそれると、アルカトラズ刑務所の歴史なんぞを上映していると思しきビデオルームがあったりするのですが、すべて振り切って「撤収」。

お土産ショップも眺めただけ。なあんも買ってません。

とにかく寒いよ~早くあったまりたいよ~ 桟橋が寒々しいです。

B2318_20180107

向こうにシャバが見える。寒い時期のムショはこりごりです。かなうことなら、夏また来たい……

B231320_20180107

次回はシャバの話です。

ポチッとよろしく!

|

« 6 ムショ入り-2 | トップページ | ぐでぐだ »

サンフランシスコ2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6 ムショ入り-2 | トップページ | ぐでぐだ »