« もしもし 国立山形大学さま | トップページ | 5 ムショ入り »

2019年4月22日 (月)

4 坂を登れば塔が見える

サンフランシスコ9日目(2018.1.7)のアルカトラズツアー4です。

実はですねえ、前回と今回の間の写真が大幅にありませんでして、あれえ、みたいな事態になってます。思うに結構な上り坂でして、こけないよう下向いてはあはあいいながら歩いてたもので、あたりを見廻す余裕なんぞなかったのでしょう。

電気修理店の少し先でヘアピンカーブのごとく折り返してあがり、多分「Electric Shop」の看板を通り越して、またその先でヘアピンカーブではあはあぜいぜい・・・

刑務所の建物が見えてきましたぞ。

B2284_20180107

あと少しかと思いきや、まだまだ↓上があります。

B2284_20180107_2

上の人と下の人との間に、もう1本道があるのですぞ。

がんばれや。最初の写真を左にいくのでなく、右に向います。

その先の突き当りには、面白そうなものが鎮座しております。

B2285_20180107

Water Tower、給水塔にございます。

B2285_20180107_3

で。だれか落書きしてるよ。よくまああんな高いところへ上ったもんです。

B2285_20180107_2

ヒッピーか平和運動家か、その時はのんきに考えていました。

後でパンフを読み返して気がつきました。

アルカトラズは1963年に刑務所としての機能を停止し閉鎖しました。

その後管理方法を模索する間に、アメリカ原住民(インディアン)の政治活動グループが占拠すること1964年から1971年の間に3回。

その時に書かれたものではありませぬか。

「HOME OF THE FREE INDIAN...」の文字がみえます。

占拠者の退去後に連邦政府派遣により建物などが壊されはじめ、1972年に国立公園管理事務局の管理になり、破壊作業は中止されたそうです。

そうですか。

見物中に、刑務所長邸などが結構な廃墟になっているのを見て、暴動が起きて焼き討ちされたのか、なんぞと思ってましたが、壊したのはお役人(連邦政府)だったのですね。

で。

これはなに。左のバラックみたいなのは何の施設。マップには「軍事資料庫」があると書かれています。

B2286_20180107

日本語パンフは「軍事資料庫」でしたが、 ネットの英語のマップには「Morgue」と書かれていました。モルグ=死体安置所。ぎええええ。イメージ検索すると、おどろおどろしい写真がでてきました。今夜の夢見が悪くなりそ・・・

タンクの脇になにか表示があるのですが、その時は遠すぎてわからなかったのですが、Morgueと知った後で見ると、こりゃモルグの表示だ・・・

B2286_20180107_3

気を取り直して、消防士ヘルメット被ったロボットみたいなのが可愛いです。消火栓?

B2286_20180107_2

↓モルグの左隣の奥の建物。危険だからはいらないように、だそうです。案内マップには載っていない物件。モルグと一体なのかしらん。

B2287_1

危険なのは、このひび割れでしょうか。壁の向こう側は囚人たちの運動場です。

B2287_2

以上の全景。

B2287_20180107

でふと下を見れば、皆さん坂道を歩いてますよ。

B2288_20180107_2

ということで、次回いよいよムショ入りです。

|

« もしもし 国立山形大学さま | トップページ | 5 ムショ入り »

サンフランシスコ2018」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
モルグですか。

私は、その昔、大学病院の警備員をしていたことがありまして、その手の施設を夜の2時ごろ、巡回しておりました。
医者からは、もし誰か目を覚ましていたら連絡してくださいねとにこやかに言われたことがあるのですが、そのような経験はしませんでした。

慣れるとどうもないのですが、今思うとそんなもの気にしない人間がその手の仕事についているのですね(笑)

投稿: 一ノ谷博士 | 2019年4月22日 (月) 21時07分

アルカトラズといえば、ニコラス・ケイジ主演(ショーン・コネリー共演)の「ザ・ロック」を思い出しますねえ。
それとその名もずばり「アルカトラズからの脱出」、これはクリント・イーストウッド主演でした。

投稿: OKCHAN | 2019年4月23日 (火) 07時46分

こんにちは。
私も昔、観た映画を思い出しました。
脱出不可能のこの監獄からの見事な?
脱出劇だった思いますが・・・?

投稿: マコママ | 2019年4月23日 (火) 12時07分

一ノ谷博士さん こんにちは。
さらりとそんな怖いお話を・・・


母が亡くなった時、家じゅうに泊りがけの親族があふれ、仕方なし私は母の隣に布団を並べて寝ました。
夜中に母に布団をぐいぐいと怪力で引っ張られて「こりゃいかん」と思いつつ、「これは夢だ」とも思い・・・
不思議に怖くはありませんでした。


子供の頃は「遺体」がとても怖かったのですが、自分が人生後半戦に入っちゃって、生きてるも死んでるも紙一重、みたいな感じになっちゃったのかも。

投稿: マイマイ | 2019年4月24日 (水) 11時46分

OKCHANさん こんにちは。
アルカトラズで真っ先に思ったのは、
ダーティハリーシリーズの3でした。
相棒の女性刑事が銃撃戦で命を落とすのがアルカトラズ島。
思わず「あの辺か」と探しちゃいました。


「アルカトラズからの脱出」は見ていますが、細部をあまり覚えていませんでした。
「ザ・ロック」は残念ながら見ていません。

投稿: まいまい | 2019年4月24日 (水) 11時51分

マコママさん こんにちは。
クリントイーストウッドの「アルカトラズからの脱出」ですね。
ばっちり見たはずなのに、なぜか細部を覚えておりません。

溺死体もあがらす、しかしその後の消息は一切不明で、成功したのかはいまだに不明のようですね。

投稿: マイマイ | 2019年4月24日 (水) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もしもし 国立山形大学さま | トップページ | 5 ムショ入り »