« 2019年1月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月22日 (月)

4 坂を登れば塔が見える

サンフランシスコ9日目(2018.1.7)のアルカトラズツアー4です。

実はですねえ、前回と今回の間の写真が大幅にありませんでして、あれえ、みたいな事態になってます。思うに結構な上り坂でして、こけないよう下向いてはあはあいいながら歩いてたもので、あたりを見廻す余裕なんぞなかったのでしょう。

電気修理店の少し先でヘアピンカーブのごとく折り返してあがり、多分「Electric Shop」の看板を通り越して、またその先でヘアピンカーブではあはあぜいぜい・・・

刑務所の建物が見えてきましたぞ。

B2284_20180107

あと少しかと思いきや、まだまだ↓上があります。

B2284_20180107_2

上の人と下の人との間に、もう1本道があるのですぞ。

がんばれや。最初の写真を左にいくのでなく、右に向います。

その先の突き当りには、面白そうなものが鎮座しております。

B2285_20180107

Water Tower、給水塔にございます。

B2285_20180107_3

で。だれか落書きしてるよ。よくまああんな高いところへ上ったもんです。

B2285_20180107_2

ヒッピーか平和運動家か、その時はのんきに考えていました。

後でパンフを読み返して気がつきました。

アルカトラズは1963年に刑務所としての機能を停止し閉鎖しました。

その後管理方法を模索する間に、アメリカ原住民(インディアン)の政治活動グループが占拠すること1964年から1971年の間に3回。

その時に書かれたものではありませぬか。

「HOME OF THE FREE INDIAN...」の文字がみえます。

占拠者の退去後に連邦政府派遣により建物などが壊されはじめ、1972年に国立公園管理事務局の管理になり、破壊作業は中止されたそうです。

そうですか。

見物中に、刑務所長邸などが結構な廃墟になっているのを見て、暴動が起きて焼き討ちされたのか、なんぞと思ってましたが、壊したのはお役人(連邦政府)だったのですね。

で。

これはなに。左のバラックみたいなのは何の施設。マップには「軍事資料庫」があると書かれています。

B2286_20180107

日本語パンフは「軍事資料庫」でしたが、 ネットの英語のマップには「Morgue」と書かれていました。モルグ=死体安置所。ぎええええ。イメージ検索すると、おどろおどろしい写真がでてきました。今夜の夢見が悪くなりそ・・・

タンクの脇になにか表示があるのですが、その時は遠すぎてわからなかったのですが、Morgueと知った後で見ると、こりゃモルグの表示だ・・・

B2286_20180107_3

気を取り直して、消防士ヘルメット被ったロボットみたいなのが可愛いです。消火栓?

B2286_20180107_2

↓モルグの左隣の奥の建物。危険だからはいらないように、だそうです。案内マップには載っていない物件。モルグと一体なのかしらん。

B2287_1

危険なのは、このひび割れでしょうか。壁の向こう側は囚人たちの運動場です。

B2287_2

以上の全景。

B2287_20180107

でふと下を見れば、皆さん坂道を歩いてますよ。

B2288_20180107_2

ということで、次回いよいよムショ入りです。

| | コメント (6)

2019年4月19日 (金)

もしもし 国立山形大学さま

facebookもtwitterもアカウントありますが、使ってません。

ミミズの寝言のようなブログでぼそぼそ言って届くかどうか分かりませんが、とりあえず。

本日資料検索しておりました。出て来たサイトが山形大学のものでした。

クリックしようとしたら、ノートンセーフウェブに思いっきり警告されました。

「危険だよ」

20190419yu0
(クリックで拡大します)

げ・・・・

とりあえず詳細レポートをクリックしました。

「危険なWebページを遮断しました」そうです。

20190192
(クリックで拡大します)

「詳細レポートの表示」をクリックしました。

「ID情報の脅威:1」だそうです。

20190193

(クリックで拡大します)

困りました。「読みたい」と「怖い」のせめぎ合いです。

強行突破という手もありますが、小心者なので「キャッシュ」から開いてみました。読めますが、ページ内のリンクをたどろうとすると、また真っ赤な画面に警告されます。

キーワードを「山形大学」に変えると以下の状況です。

20190419yu01
(クリックで拡大します)

なんでしょね。ノートンシマンテックのセーフウェブが有効になっているブラウザだけでしか表示されないとは思いますが、由々しき事態ではありませぬか、なんぞと余計な心配を・・・

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

3 アルカトラズ島へ上陸 

サンフランシスコ9日目(2018.1.7)のアルカトラズツアー3です。

ピア33からフェリーに乗って揺られること20分、いよいよ上陸です。チビさん連れのストローラー押しですので、降りるのが遅くなりました。

さあ見物だ、と思いきや、話があるから聞け、とばかりに客集めて係員が大声張り上げています。

B2277_20180107

場所は「兵舎・アパート」の前。もともと1階建ての兵舎を3階に増築し、官吏とその家族用のアパートにしたんだとか。

注意事項を伝えているのだと思うのですが、ワタクシにわかるわけがありません。

このての脳内ピーカン観光客が、(あれほど説明したのに)なんでこんなことするんだ、という事態を引き起こすのでしょうね。

御接待要員や、よくきいといておくれ。それよか、寒いよっ、暖まるとこないのっ。

ありません。上陸地点にはぬくもりを感じさせるもの皆無。昔の囚人たちも同じ思いだったのでしょうか。

なら、とっとと行きましょ。の前にパンフレットのたぐいはないのでしょうか。

ありましたぞ。Map & Guide。わあ地図が一杯だ、英語やいろんな言語。日本語もあります。

え? 1ドル? 無料じゃないの?

と残念そうな顔したら、御接待要員が25セント硬貨を4枚くれました。ちゃりんちゃりんちゃりんちゃりん・・・

これです。

20180107al1

で、なにか変です。なにが?

20180107al2

ようく見てくだされ。段落の頭が2文字下がっておりますぞ。普通は1字下がりです。

英文では2文字下げます。本文は全文見事に2文字下げ・・・ 

きっと日本語が分かるアメリカ人がつくったんです、きっと。

↓そうでした。スタッフ全員アメリカ人。印刷もアメリカ。

20180107al3

日本語の説明文にへんな所はなく、分かりやすく書かれています。

↓坂道を登り始めてすぐの「監視塔」のあたりで振返ってみました。

B2278_20180107

ゴールデンゲートブリッジがかすんで見えます。

B2278_20180107_2

道端の樹。どれだけ海風に吹きさらされてきたのでしょうか。

B2279_20180107

で。ここ↓はどこだ・・・

しばし頭をひねってようやく思い出しました。先の監視塔から進み、「衛兵所」と出撃口」の上に通りをまたぐ橋のように作られた「陸軍チャペル」の下をくぐってきたところでした。右側は「電器修理店」と呼ばれる建物。

B2280_20180107

その隙間に目が行っちゃいました。あらまなんて素敵なレトロ具合。

B2280_20180107_2

「Area closed for Your Safety」

「あなたのためですぞ、あなたの安全のために閉鎖しておるのですぞ」

へいへい、入りませんです。

「電器修理店」です。思うにこちらは裏側みたいです。

B2281_20180107

「Alcatraz Electrical Repair Shop」の画像検索には、この反対側の入口みたいな写真が看板付きででてきます。 出てきません。検索時にどこかを間違えたみたいです。

2019.4.19訂正 キーワード「alcatraz electric shop」で写真でてきました。

その中の美麗写真
https://visualventuring.com/alcatraz-island-electric-shop/

裏でも表でもいいです。素敵な寂れ具合です。

B2281_20180107_2

で、この廃墟はなに。

B2282_20180107_2

「郵便物引き渡し所・刑務所官吏クラブ」の成れの果てだそうです。

1943年に連邦刑務所となった後は娯楽関係の施設となりボーリングレーンまであったそうな。1970年の火事で焼けてしまったそうな。

その火事の動画がYouTubeにありましたが、見て面白いものではありませぬ。ああ燃えてるなあ・・・

Fire On Alcatraz Outtakes (full)
https://youtu.be/zcNx5_1KZXo

その陰にはネイティブアメリカンによる島占拠など、込み入った歴史があるのですが。

(えんえんと続きます。。。(^_^;)

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

2 海は寒いよ冷たいよ

サンフランシスコ9日目(2018.1.7)のアルカトラズツアー2です。

1年以上前を思い出しながら書いてますので、あちこち不正確ですが、なにとぞお目こぼしを。

前回チケットゲットまで書きました。

と、ここで記憶変更。チケットゲットしたんじゃなくて、たしか御接待要員の iPhone を乗り場で見せたんでした。いちいち現物と引き換えなら、何のためのネット購入じゃい。

記憶は嘘つきますねえ。アナログ時代に育った世代は特に「切符が必要」と思いこんじゃってますので。

キャッシュレス?それは食べるものですか飲むものですかスーパーで買えますか、みたいな。

出航まで、まだ少々時間があります。

列に並ぶ前に、あそこへ行っときましょ。万人共通世界共通の秘密の個室へ。

どこかな、ときょろきょろしたら、ありました。倉庫みたいなスペースに仮設トイレ並べた一角が。

難儀したのは、地べたに設置されてるんでなくて、50センチくらいありそうな台の上に並んでいること。よっこらせと上がるのが大変でした。降りるのはもっと大変でした。脚の長さの基準が違うのですね。

と思ったけれど、体格のよろしい非チビ人の方々も難儀しているようでした。バリアフリーってなんでしたっけ。

そろそろ人が集まってきたので列に並びます。周りの人達の様子を見ていると、(アメリカ人にとっての)外国人が多いようです。南米とか欧州とか、あるいは台湾・中国・韓国……

そろそろ乗り込みです。iphoneを見せて、手にスタンプを押してもらいます。ワタクシは手の甲にペタン、ですが、おしゃれな外国娘は手首にペタン。いいな、若い娘っこは……(オヤジ化しててどうする)

チビさんをストローラーに乗せたまま乗船です。こっち、と係員が誘導してくれました。

船内では、ストローラーはここに置け、と場所が決まっています。チビさんを降ろし、管理は大丈夫かなと思いつつ席を探しますが、1階は満員でした。階段上がって2階へ。窓際にベンチみたいな席が並んでいました。

YouTubeに船内の様子がわかる動画がありました。
Ferry ride to Alcatraz with Alcatraz Cruises (San Francisco, USA)

こちらのおじさんはきっちり撮ってます。最初の3分位がフェリー。
Alcatraz Island Cruise & Tour INSIDE

さてさて、フェリーは出港しました。サンフランシスコの街が遠くなる…(ほんとはそんなに遠くない)

B2271_20170107

この日はとにかく、天気が悪く気温が低いので、世界が灰色に見えました。

サンフランシスコは1年中秋、という説もあるくらい、夏涼しく冬は比較的暖かいのですが、この日の寒さは半端ないっす。芯まで冷えましたぞ。

アルカトラズ島が脱出不能の監獄として機能したのは、 サンフランシスコ湾の海流がそもそも冷たくて流れが速く、たとえ島を抜け出しても、海流に体温を奪われ流されてしまうからだそうです。

↓出て来た桟橋を振り返って、しばし浮世とお別れ。わたしゃ監獄に行くだよ…

B2272_20170107

お船がいくよ~

B2274_20170107

向こうはゴールデンゲートブリッジだよ~

B2273_20170107

とにかく寒い。

B2275_20170107

↓「あなたの安全のためにベンチに立たないでください」と書かれていましたが、言いたいのは「危ないからベンチに立つんじゃねえ」でしょうね。

B2275_20170107_2

「余計なお世話」なんて言っちゃいけません。

アルカトラズ島が見えてきました。

B2276_20180107

この頃から、身を乗り出して片手でつかんだスマホで写真を撮る人がいっぱい。

(↓クリックでばかでかくなります。)

B2276_20180107_2

ワタクシ思いました。スマホ持つ手が滑ったら全ておじゃんだよ・・・

ほとんどのスマホにストラップついてません。というかつけられない?

ガラケーからガラホに買い替えて悩んだのが「ストラップつけるとこがない」でした。ネットであれこれ調べてやっと「カバーはずして小さな穴くぐらせて突起に引っかけて云々」を見つけて、しかし穴も突起も小さすぎてばあさんは難儀しましたぞ。

| | コメント (2)

2019年4月12日 (金)

アルカトラズツアー 1

サンフランシスコ9日目(2018.1.7)の1です。
(1年以上前の話です。記憶曖昧にて候)

いよいよ、「アルカトラズツアー」です。

予約時間に遅れたら全て無に帰すので、朝きっちり起きてさっさとごはん食べて、大通りに出てバスに乗り、途中でミュニメトロ (路面電車)に乗り換えて向かいます。

バスというのが曲者でして、滞在中に何度か乗りましたが、結構な確率でおよよという場面に出くわします。

この時も、治安の悪いとされている地域に差し掛かった時、目のいっちゃってる多分ホームレスの若者が乗り込んできました。

腰パンというかケツパンというか、何枚も重ね履きしたパンツの外側がずりずり下がってほとんど足枷のような状態で、ずりずりと乗り込んできてもちろん料金は払ってません。

でかい態度でワタクシの隣にどかっと座りまして、内心ぎょっとしましたものの、即移動するのもあからさまで刺激するかなと思いつつお尻が浮いた状態になりまして、ああ、どうしましょ。

こっちへ来たら、と御接待要員が声を掛けてくれまして、ああ良かった。

少し乗った後、若者は「OPEN THE DOOR!」(開けゴマ!に聞こえた)と扉に向って叫び、ずりずりと足を交互に動かして降りて行きました。

移動先の隣の席にいた年配のアジア系男性が、その後ろ姿を指差しながらワタクシに話しかけてきました。

「あんな恰好でよく歩けるね」とか多分中国語で言ったのだと思います。ワタクシも多分中国人だと思われたのだと思います。チャイナタウンがあるので中国人率高いです。

ミュニメトロはねえ、昔々に乗った都電みたいで、古臭くて可愛くて郷愁を誘う乗り物ですのよ。写真撮りたかったけれど、すぐ来ちゃったものでさっさと乗りました。

ミュニメトロの窓から見た「コイトタワー」。小糸塔じゃなくてCOIT Tower(Link-USAさん「Tawer」になってますよ)。この日はお天気悪し。霧でかすんでみえます。

B2266_20180107

フィッシャーマンズワーフ辺りで降りて、ここは多分ピア39近くです。

B2267_20180107

ほらね、39の旗がはたはたと。

B2267_20180107_2

前方に先日の、どでかクリスマスツリーが見えます。

B2267_20180107_3

スピード制限25キロとはゆっくりですね。じゃなくて25マイルです。40キロ。

B2268_20170107

アルカトラズへのフェリー乗り場、ピア33を目指して歩きます。はたはたはた…

B2268_20170107_2

振返れば、コイトタワーは霧の中。

B2269_201707

↑タワーの左下に豪邸のようなものがチラリと見えます。後日そのあたりを歩くのですが、こんな景観が残されているのか、おおお、と驚きの連続でありました。

上の写真を拡大すると、こんなものが写ってます。

B2269_201707_2

イルカに乗った少年、じゃなくてシーラカンスに乗った少年かしらん。

↓なにげない街灯がすてきですのよ。

B2269_201707_3

切符売り場です。

B2270_20180107

左のWILL CALLは、予約チケットの受取専用です。現金は右ですか。

切符はここで買えと、列ができています。

B2270_20180107_2

アルカトラズの切符はこっちだよ、と。

B2270_20180107_3

ワタクシ達は、ネット購入してあるので、受け取るだけです。

予約したのはもちろん御接待要員です。切符にはシニア割引というのがありまして、どうやらワタクシが該当するようなのですが、予約時に申し込まなんだのだよ。今さら変更はできんのだよ。できるとしたところで、証明書もってねえだよ。こわくてパスポートもちあるけねえだよ…

| | コメント (3)

2019年4月11日 (木)

げっ 変わってるっ

たいへん御無沙汰いたしました。

ながいことばっくれていましたのに、ポチをくださいました方々、ありがとうございました。

さてさて。

久しぶりにログインしてみましたら、びっくりいたしました。

なんですかこれ、というくらい様変わりしております。

投稿ページがガラッと変わったのは、慣れの問題でしょうから、せっせと更新して要領をつかむしかありませぬ。

一番びっくりしたのは、ブログ広場がなくなっちゃったこと。よそ様のブログの更新状況がわかりませぬ。

B2776_20190406

上の写真は、ご近所でお見かけした、シルバーカー?のお顔でし。

で。ばっくれ中いろいろあったのですよ。

仕事だの町内会だの爺様だの……

 

ガラケーを機種変更したら、見かけほとんど同じなのに、中身がアンドロイド(すなわちガラホ)になっちゃってて、設定をいじるとこがいっぱいあるだよ~ なにもしてないのにピコピコ鳴るんだよ~ なんでだよ~ と思ったら、歩数計の設定がイベント通知モードになってただよ~ とか

仕事で使っているメインパソコンがWindows 7でして、サポート終了まで数か月となりました。これを理由に仕事やめちゃうか(フリーランスなので廃業届出せばいいの)、パソコン買うか。

悩んだ末に、自宅でも使えるんだしと、Windows 10パソコン買っちゃいました。

セットアップはどうにか済みましたが、メールソフトはなんにする? これまで使っていたテキストエディタは10対応? ffftpは? 4台あるプリンタのドライバは? スキャナは? ・・・・・・ 悩み多し。

極め付けは、Adobe CS 5.5がWindows 10非対応だということ。CCに切り替えると、わーん、月5680円もするんだよぉ・・・ Officeも入っているのはProfessionalじゃないから、Office 365を契約すると、わあ、月1274円だよぉ・・・

 

とりあえず、直近の雑事は、町内会新年度をどうするか(もう役員降りたい・・・)、取引先と交渉して仕事止めにしたい・・・、爺様のサイトリニューアルを2年以内に終わらせたい・・・、人生楽しみたい・・・

という所です。

まて。サンフランシスコの思い出をどうにかしなきゃ。

| | コメント (6)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年5月 »