« 2 サンフランシスコ湾目指して北上 | トップページ | 4 サワードゥのクラムチャウダー »

2018年11月 3日 (土)

3 アシカの昼寝

サンフランシスコ8日目(2018.1.6)の3です。

アシカさんのいるピア39に戻ってきました。

ピア33からベイストリートを西に向かって進み、ストックトンストリートで右折したと思うのですが、記憶曖昧。

広場に、全身に金粉あるいは銀粉を塗って彫刻の如く静止する芸人さんが3名ほどいらっしゃいまして、人だかりがしていました。

何食わぬ顔で結構離れたところから風景の一部として写真を撮ろうとすると、見得切るかのようにこちらを向きますので、諦めました。おとなしく近くに行ってお布施を差し出して写真撮らせて貰えばよかったんでしょうね。

B2206_20180106

↓アシカさんがいちゃいちゃ。

B2206_20180106_2

写真では分かりづらいのですが、右の掲示に「SEA LION LOVE」とあります。海ライオンです。海の百獣の王族は、ずんぐりむっくりです。

お船。右が「金熊」GOLDEN BEAR号で、左がOSKI号です。

B2207_20180106

OSKIってなによ。「お好きね」じゃないと思います。調べたら、OSKI the bearというのが出てきまして、やっぱり「熊」ですか。カリフォルニア大学バークレー校の公式マスコットのようです。

イメージ検索してみました。可愛くねえ…というより怖い。なんでこんなんをマスコットにするんだカリフォルニア大学バークレー校。(他人の趣味をとやかくいうのは止めましょう)

さて。これぞ、ザ・港ですぞ。この写真の右側を奥に行くのですぞ。

B2208_20180106

↓お船の向こうにアルカトラズ島が見えます。

B2209_20180106

その向こうに対岸のサウサリートかな。もしかするとナパとかも見えているのでしょうか。ほぼ一年前の山火事で被害の出たワイン産地です。

いえいえ全部違いました。向こうに見えるのは、エンジェルアイランドのようです。

いえいえいそれも違うみたい。ナパではないけれど、対岸のようです。どこだ一体?

アシカです。

B2210_20180106

写真では音も匂いも伝わりませんが、潮を含んだ空気、かもめの鳴き声がして、ああ海だなと実感ひとしお。

アシカとなると、もうひとしお、実感が押し寄せてきます。すなわち「うるさい」「臭い」

B2211_20180206

どれほどのものかというと、匂いはお届けできませんが、声はこんなんです↓。

San Francisco's Sea Lions at Pier 39 (in HD)
https://youtu.be/b1c4-rzRGCA

匂いはお届けできませんが、たとえていうと、魚のアラを大きなバケツにいっぱい入れて、タヌキ捕まえてきて放り込んで蓋して、しばらく放置するといいんじゃないかと……やりたくない……

でもね、なんだか可愛いんですよ。じっくり個体を見つめるとぎょっとするご面相だったりするんですが、団体で昼寝してる姿みるとね、まっ人生こんなんでいいじゃないかと。(いくない)

B2213_20180106

ほんと寝てばかりです。

B2221_20180106

ふと上を見ると、カモメの監視員。

B2223_20180106

ここにもカモメ。もしかしてアシカを管理しているのはカモメですか。

B2224_20180106

おら、よく寝とけよ。夜になったらしっかり働けよ、とか。

アシカの向こうの埠頭では人間様が膝を突き合わせてじっくりと懇談をば。

B2212_20180106

人生について語っているのでしょうか。

お船が出て行きますう~

B2225_20180106

やんごとなき皇子様ですぞ。ROYAL PRINCE号。

B2225_20180106_2

さ、フィッシャーマンズワーフに向かわねば。

|

« 2 サンフランシスコ湾目指して北上 | トップページ | 4 サワードゥのクラムチャウダー »

サンフランシスコ2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3 アシカの昼寝:

« 2 サンフランシスコ湾目指して北上 | トップページ | 4 サワードゥのクラムチャウダー »