« サンフランシスコの大気は今「とても有害」 | トップページ | 痛い »

2018年11月18日 (日)

7 カニ、チョコレート……

サンフランシスコ8日目(2018.1.6)の7です。

太平洋戦争の記憶から逃げ出しゲームアーケードを逆に通り抜けて俗世間に戻ってまいりました。

ここはカニカニストリートです。Taylor streetというちゃんとした名前がありますが、観光客にはカニしか目に入りません。

B2251_20180106

美味しそ……

B2251_20180106_2

通りがかりの人までぷっくり身が詰まって美味しそ……

B2251_20180106_3

カニ食べるんでしょ、という期待をよそに、御接待要員はずんずん先に進みます。

ねえ、カニは……

B2252_20180106

こういう屋台でもいいからさあ……

む? 1ポンド15ドル45セント? 1匹だいたい1.5ポンド? 680グラムで2300円。

B2252_20180106_2

高いのか安いのか分からないけれど、屋台で2300円ねえ…

無駄な計算をしていると置いていかれそうです。カニは諦めました。

因みに「Dungeness crab」は「アメリカイチョウガニ」だそうです。銀杏蟹。ネット情報によると日本の銀杏蟹は小さくて甲羅が固く身は少なく、故に流通していないそうです。お味は癖がなく甘みがあるとか。ふーん。

ぐんぐん進んで着いた先は、ハイドストリートピアのフェリーターミナル。

おおほ、なんて素敵なんざましょ。南おフランスみたいざますわね。

B2253_20180106

このフェリーはどこに行くんでしょ。

B2254_20180106

どこにも行かないみたいです。記念館のようなものかと。

B2254_20180106_2

覗いてみようかと思いましたが、無料じゃないみたいです。

写真撮ってませんが、桟橋には、重そうな樽を持ち上げられるかやってみよう!とかロープを結んでみよう!(船乗り結び)だとかの展示がいろいろありました。

ふと振り返れば、おお、坂の街サンフランシスコがそこにある。

B2255_20180106

日も傾いてきております。そろそろお帰りの時間です。

チビさん、ざっぽーんざっぽーんと打ち寄せる波をじっと見ていました。

B2260_20180106

この日のこの光景を、果たして覚えているでしょうか。

子どもが小さい時、親がせっせとあちこち連れ歩きいろいろ体験させてあげたのに、成長した暁には何も覚えていないというのはよくある話。

じゃあれは無駄な日々だったのか、というと、記憶のどこかに密かに残っているのでしょうね。大人になってから初めてみた筈のモノや場所になぜか懐かしい思いがすることがありますもの。

で。この先の角にお土産物屋さんがありました。店頭にポストカードが並んでいました。多分版権切れの写真などを使っているのでしょう、4枚で99セントですと。

市内のしゃれたお店にあるセンスの良すぎるポストカードは面白くない。この古臭さ、これぞ観光地の絵葉書の正しいあり方です。

これが欲しい、と御接待要員に言いました。

すると、25セント玉を5枚渡されました。自分で買ってきなさいと。

へ?

買いましたよ。店員さんにプリーズ、と言って絵葉書とお金を差し出して。袋に入れておつりとレシートをくれましたよ。

良かったですよ。

良かったのですが、そのあとべらべらとまくしたてられました。

どうも、何とかホテルのなんとかだと15%オフがどうのこうの。

だから、なんとかがどうなのさっ。わたしゃ15%オフでなくていいのっ。4枚99セントで充分安いのっ。

話が通じないもので、中国系と思しき店員さんも出てきてきました。あなたの言語は何語?と英語で聞かれましたので

「ジャパニーズ」

するとその店員さん、なんだ日本人かという雰囲気でさっさと引っ込みました。最初の店員さんも説明を諦めたみたいで、OK、OK。

サンキューとにこやかに笑って出てきましたが、ワタクシの内心は(英語が分からないにもほどがありすぎる)と忸怩たる思い満杯。

戻って御接待要員に分からなかったけど、とにかく買ってきたと伝えました。

何事も体験しながら覚えるのです、と御接待要員のお言葉でしたが、ワタクシ(ピア39で文句言ったから仕返しされたかも)と、被害妄想気味でありました。

よしっ、英語ちゃんと覚えようっ!(と思いつつ本日まで進歩なし)

丘の向こうに見えるのは「ギラデリ」スクエア。

B2261_20180106

ギラデリというのはサンフランシスコの定番土産のチョコレートメーカーです。食べたことはありません。「甘すぎる」というのが御接待要員のお言葉でして、トレーダージョーズやホールフーズで「オーガニックチョコレート」を買うのだそうです。

空のストローラーをおしつつワタクシは上り坂をギラデリ方向へ進みます。チビさん途中でぐずり始め、坂を下りて海の方へ。

B2262_20180106

この辺一体は、海事国立史跡公園(の端)です。写真の左方向には海洋博物館がある筈です。ちょこっと写っているのがそうかも。

日がとても傾いています。写真は明るく写っていますが、そろそろ薄暗い。丘を登り切ったワタクシはチビさん達が上がってくるのを一人で待っていました。いいのかね、英語を解さないおばちゃんを放置して……

ギラデリショップ。しょうもない写真ですみませぬ。入店待ちの長い行列ができていました。

B2263_20180106

当然並ぶのものだと最後尾に着こうとしたら、「並ばなくていい」とのこと。並んでいるのはカフェの入店待ちのよう。

御接待要員とチビさんが店内に入って行き、しばらくして試食チョコを数枚手にして戻ってきました。子ども連れだと気前よくくれるみたいですが、チビさんに甘いものは食べさせていませんので、大人のおやつとなりました。

ショップを出て帰り方向に向かいますが、これが延々と続くのぼり坂。つくづくサンフランシスコは坂の街。

疲れましたが、海の近くで過ごしたせいか気分はすっきり。バスに乗って途中で乗り換えてお家に戻ったときにはすっかり暗くなっていました。

この後の写真に、夜のジャパンタウンと日本食飲食店の写真があるのですが、はて外食した覚えなし。ジャパンタウンの日本食スーパーで買い物して帰った気がしますが、思い出せませぬ。

次回は凍りつく「アルカトラズツアー」の予定です。(さっさと書かねば)

|

« サンフランシスコの大気は今「とても有害」 | トップページ | 痛い »

サンフランシスコ2018」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/67338487

この記事へのトラックバック一覧です: 7 カニ、チョコレート……:

« サンフランシスコの大気は今「とても有害」 | トップページ | 痛い »