« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

のんびり郵便と美味しいパンと野宿階段と

サンフランシスコ4日目(2018.1.2)です。

半年過ぎますと、いろんなこと忘れちゃってまして、この日、何してたんだっけ?

えーとえーと…

そうでした。滞在先のチビさんが急きょ「ガッコ行く」ことになって、学校といってもプリスクール(保育園?)なのですが、まず面接があるそうでして、年末に予約を取ったのが、この日の午後2時でありました。

私立だそうです。というか私立しかないみたいです。授業料というか保育料というか、月謝を聞いてたまげました。それほど長時間ではないのに15万ほどだそうで…… 相場だそうで…… 時間延長すると恐ろしい金額になるそうで……

午前中、ワタクシはチビさんとチマチマ室内遊びをしたのですが、2歳児のお守りは大変です。体力が追いつかない重労働。それを思えば妥当なのでせうか。

お昼ご飯を食べよう、美味しいパン屋さんがあるから、と出かけることになってほっとしました。

チビさんをストローラー(ベビーカーのことです)に載せ、大通りを渡って、「治安の悪い」と言われるWestern Addition地区に行きます。

ガイドブックには「行っちゃなんねえ」みたいなことが書かれていますが、子どものプレイパークがあるのですよ。ファーマーズマーケットが開かれるのもここだし、郵便局もここだし、なにより美味しいパン屋さんがあります。

深入りしなきゃいいんですのよ。きっと。

で、大通りを横切るのですが、歩道橋があります。ありますが、あれは渡っちゃなんねえと言われました。なぜ、と聞くまでもなく、通路である筈のらせん状の階段に、びっしりと毛布だかテントだかにくるまった方がおいでです。

サンフランシスコはとにかく路上生活の方が多いのです。

で、美味しいと地元の方に評判のパン屋さんです。「Jane the Bakery」。相変わらず撮り逃げみたいな写真ばっかりですみませぬ。

ちゃんとした写真と案内は
https://www.itsjane.com/location/jane-the-bakery/ をご覧くださいまし。

こんなページもあるですよ。
https://cafecollector.com/2017/03/24/jane-the-bakery/

あ、ここも
https://spottedsf.com/2017/03/10/spotted-sf-western-addition-jane-the-bakery/

↓ワタクシめが撮り逃げしたゴタゴタ写真です。

B2145_20180102

「シトラス・モーニング」の向こうでオレンジを剥いてまする。

B2145_20180102_2

↓右端の壺みたいなのは「ハイビスカス・レモン・ブリオッシュ」

B2145_20180102_3

 真ん中のせんべいみたいなのは「パーシモン・ココナッツ・コーヒーケーキ」。
 パーシモンて「柿」ですよね。
 左の抹茶蒸しパンみたいのは「アールグレイ・カラント・スコーン」

↓トラディショナル・クロワッサン。つまり普通のクロワッサン。

B2145_20180102_4

普通じゃないのはどこ……

↓ケーキとかクッキーです。

B2146_20180102

と思ったけれど「レモン・ブレッド」とあります。ブレッド必ずしもパンを意味せず。

B2146_20180102_2

左:パパイヤとココナッツとバナナとアーモンドとペピータのクッキー。

B2146_20180102_3

右は、わからんです。オレンジとカカオかも。

↓右:ジンジャークッキー。左:何かのクランチ・クッキー。

B2146_20180102_6

店内はこんな感じです。

B2147_20180102

ここには写っていませんが、大型わんこが入店していました。え?

御接待要員に聞いたら、ここはOKなんだそうです。犬に寛大な街ではありますが、「ほんとにOKなんですか?」

↓楽しげなバックヤード。

B2149_20180102

こんがり焼けて美味しそう…

B2149_20180102_2

イートインスペースでお食事をば。甘い美味しいパンは大人だけですのよん。

B2151_20180102

チビさんには健康第一のお弁当を食べていただきました。まだ甘いものの味は覚えなくてよろし(というのが保護者の方針です)。

で、すぐ隣にある「郵便局」へ、日本への絵葉書を出しに行ったのですが、これがまた初体験、驚きの郵便局事情でした。いえ、システムがどうのこうのじゃなくて、局員さんが。

ゆっくりもったりおおらかで、まったく急がない。

絵葉書を数枚日本に送るだけなのに、10分はかかった気がするぞ。

ゆったりもったりのんびり、「そんなデカいのを貼るのか」というくらい大きな切手を取り出してゆっくりのんびりもったり焦らず1枚ずつに分けてくれて、予想外の大きさに貼る場所に悩みながら貼ったら、(どうでもいい)字が隠れたからと、ペン渡されて書き足して…。

数日たってから気がつきました。TO:JAPANとか書いたけど、「AIR MAIL」と書き忘れた。しまったと思いましたが、仕方なし。

2週間後帰国して、まだ届いてない人もいました。帰ってきたよ、の電話をしてから数日後に届いたようです。

(今時、手紙の船便はないので、「AIR MAIL」と書かなくてもいいらしいのですが、アメリカ国内郵便に紛れることがあるみたいです。)

このあと「ガッコ」へ向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

聖ドミニク教会の讃美歌合唱団

サンフランシスコ3日目(2018.1.1)の2です。

お買いものからの帰り道、ぬっとあらわれる教会は、St. Dominic Church、聖ドミニク教会。(日本的には聖ドミニコ教会っていうらしいです。)

前回、野次馬的に入ろうとして諦めた、カトリック教会です。

B2139_20180101

逆光で霞んじゃいましたが、立派な教会でありますぞ。ついでながら、右手前の四角い建物はカトリック系の小学校らしいです。

サンフランシスコの公立小学校は「学区制」じゃなくて「抽選制」なんですって。すぐ近くの学校に入れるとは限らないので、お金持ちは私立を選ぶとか。

どんなに立派な教会であるかは、「st. dominic church san francisco」で画像検索すると、山ほどでてきます。

中はというと……YouTubeだよりですが、場所が場所だけに観光案内みたいなのは少ないです。

↓坊さんたちの讃美歌合唱団みたいなのがありました。

https://youtu.be/AJyJxOTBcww

20180620

意味ぜんぜん分かりませんが、おごそかな気分になれます。

正面(だと思います)。

B2140_20180101

元日(休日)のせいか、人通りはあまりありません。

おじ(い)さん、教会へお祈りにいくのでしょうか。

B2140_20180101_2

見上げれば、高いところが好きな人たち。じゃなくて聖人さまたち。

B2140_20180101_3

和洋問わずの罰当たりなもので、どなた様かわかりません。聖ドミニクさま関係かと。

あんぐり口を開けて見とれていないでとっとと帰りましょう。

脇目も振らずすたこらと、お家の写真はもういらんです、といいながらついパチリ。

B2141_20180101

色合いが素敵です。

B2141_20180101_2

ドアの左側にクリスマスリースがまだ飾られているのが見えますね。

右の柱の右横には監視カメラが見えますね。

素敵な(金持ちそうな)お家は狙われるのでしょうね。

↓これはなんでしょう。

B2142_20180101

リースとかレンタルとかあるので、貸しビルかと思いましたが

B2142_20180101_2

十字架ついているし

B2142_20180101_3

聖人(魔除け?)みたいな顔があるし

B2142_20180101_4

ここも教会でした。Macedonia Baptist Church。

B2142_20180101_5

歩き回っていると、けっこうあちこちに教会があります。

カトリックだったりプロテスタントだったりナントカだったり、日本でもあちこちにいろんな宗派のお寺や神社があるのと同じなのだと思います。

遠い異国に来ても罰当たりは罰当たりのままでして、ワタクシは野次馬的に覗くだけですが、今回はもろもろ覗きにくいです……

およっ。

B2143_20180101

玄関前で微笑んでいらっしゃるのですが(あるいは何言っても無駄と諦めているのか)、生首感がそこはかとなく漂います。

あんたどこから来たの? 初めから植木鉢だったの? まさか略奪されて流れ流れてじゃないですよね。

(よそんちの事情はほっときましょう。)

↓みての通り「老人ホーム」。今回気がついたのですが、あちこちに老人ホームがありました。

B2144_20180101

ごく普通の建物に老人ホームの表示があったりします。

あ、チビさんが手を振りほどいて走っていきます。こら、まてえ、と後を追いかけたりして、家にたどり着いた時にはくたくた。

一休みした後は、御接待要員のお友達の誕生日祝いをするというので、テーブルセットして御馳走作って、中途半端ながらワタクシも英語でおしゃべりして(半分以上わからなかった)、そのお友達からメキシコ土産のチョコレートを貰ったりしたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

平日みたいな元日

サンフランシスコ3日目(2018.1.1)です。

やっと「今年」になりました。クリスマスに重きを置くアメリカでは元日は単なる休日であります。

Happy new year、と声を掛け合うも、日本風の元旦特別感はなし。新しいお洋服着るでなし、お参りにいくでなし。

ワタクシも、目が覚めたら9時だった、という締まりのない年始めでありました。

朝食にサンフランシスコ名物サワードゥーのパンをオーブンで焼いてバター塗って、目玉焼きと野菜とフルーツとコーヒーいただきました。餅食うか、と聞かれたような気もしますが、いらんです。サンフランシスコのパンは美味しいです。せっせと食べとかなきゃ。

まったりした後は、「上」の公園にお散歩に行きます。

前回は、見るものことごとくに感動して「そんなものを」と言われつつ、写真を撮りまくりましたが、今回は「ああ、知ってるぜ」感が見事に漂っちゃいまして、ワタクシはその程度の感性の持ち主だったかと自分で自分にいささか失望。

でもやっぱり住んでみたいな、こんなお家。↓

B2127_20180101

玄関にたどり着くまでが大変そうです。

おお素敵なお屋敷。

B2128_20180101

と思ったら、学校なんですって。

「Dr. William L. Cobb Elementary School」

ネット情報によれば、小学校から高校まであるらしいです。滞在先のチビさんの小学校はここにしたら、と気楽に言ったら、そう簡単に入れるものではないらしいです。

なんやかんや、ややこしい仕組みがあって希望通りの小学校に入れるかどうかは運任せ、みたいな……

そっか。

坂道をえっさほいさと上がって、「上」の公園、アルタ・プラザ・パーク Alta Plaza Parkにつきました。

高台ゆえサンフランシスコが一望でき開放感あふれる公園です。

子ども用のプレイグランドも広いのです。

チビさん、お気に入りの滑り台。

B2129_20180101

この写真では規模がわかりませんわね。

お写真を借りるざます。

パシフィックハイツ (Pacific Heights) から

Alta_2

(元写真は大きくてきれいです。上記サイトにお出かけくださいまし。)

今回残念なことに、プレイグラウンドの北の大きな芝生が「工事中」で入れませんでした。ああん、サンフランシスコ湾が見えるのに……

で。トイレの話。

どこもだだっ広いですが、ここのトイレも、ベビーカーで入ることが前提になっているようで、ワタクシんちの寝室ほどもありまして、一人で入るのが心細い。

で。ついついこんなものに話しかけたりします。

「いつもこんな所にひとりじゃさびしいよね。」

B2131_20180101

「ほえ? おばさん何言ってんの。英語しゃべってよ英語」

荷物掛けでありました(多分。記憶曖昧)。

「下」の公園に行った時、スポーツコートにいたのが黒人青少年ばかりでした。この日の「上」の公園は白人系ばかりにアジア系が混じる感じでした。

たまたまですよね。棲み分けじゃないですよね。

大きな犬を連れた人がたくさんいました。本来はリードが必要なはずですが、ほとんどノーリード。よく訓練されているんだと思います。

思いますけれど、ベンチでお昼ご飯のサンドイッチを食べているところへ、大型犬がのっしのっしと近づいてくるのはちょい怖いです。

とくにチビさんの側に来られると、ひとガブされそうで怖い。狩猟系の犬だったら、狩りの獲物としてはちょろいもんでしょうね。しっし、あっち行け。

(飼い主がソリーと近づいてきました。)

滑り台で遊んで、砂場で誰かのおもちゃで遊んで、ぐるぐる回転台で遊んで、ロープジャングルで遊んで、チビさん遊び足りないがおばさん力尽きて帰ろう……

男の子たちが若いお父さんたちと全力で遊び回っていました。

御接待要員から聞いた話:親が年取ってから生まれた子供はオタクになる傾向がある。なぜなら親が子ともと目いっぱい遊ぶ体力がなく室内で過ごすことが多いから。

ほんとかどうかは知りません。

晩御飯のお買いものをして帰ります。中規模スーパーです。前回もここでお買い物をしました。「モリストア」(脳内で森ストアと変換)と覚えていましたが、今回看板をみたら「モリー・ストア」でした。

B2137_20180101

これなんでしょ。

B2133_20180101

しぼりたてジュースですのよん。

B2133_20180101_2

グレープフルーツかな? いいなあ、こういうの。

B2133_20180101_3

買いませんでしたが。

お寿司コーナー。

B2134_20180101

シュリンプ、サーモン、ツナの裏返しロール。アボカドも入って美味しそ。

B2134_20180101_2

8ドル49セントです。

こちらは、カリフォルニア・ロール。本場カリフォルニアもんでっせ。

B2134_20180101_3

おいなりさんも入って、7ドル49セント。

とにかく色々一杯なのですよ。

デザートコーナー。

B2135_20180101

エクレアにパイ。

B2135_20180101_2

隣りはパスタコーナー。RANAってなんでしょ。

B2135_20180101_3

Giovanni Ranaというニューヨークの有名なパスタ屋さんのパスタらしいです。

このお鍋の中身は、あったかシチューみたいです。美味しそうな匂いが漂ってます。

B2136_20180101

中を覗いてみたいけれど、ぎょえっというものでは困るし(小心者です)。

B2136_20180101_2

おいしそうなパンケーキみたいなのがあるな、と思いつつ離れたのでした。

お店の出入り口。のどかな雰囲気です。

B2138_20180101

左のおじさんのわんこは、どこで待ってたのかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

プレシディオ地区 付けたし

前回の『プレシディオ』は、書いてる本人がさっぱり理解してなく、中途半端になりました。

悔しいので、もうちょい検索して…… おお、英語サイトのほうがわかりやすいです。英語よくわかりませんが。

The Presidio | San Francisco National Park at the Golden Gate

の「Places to Go」に4地区に分けたリンクがありまして、「MAIN POST」なんぞをクリックしますと、いろいろ案内が出てまいります。面白そうなものいっぱいです。次回の見物候補です。(『次回』はあるのかな)

Placetogo

YouTubeも英語で覗いてみました。

なんと、The Walt Disney Family Museum作成のHistory of the Presidioなるものが出てまいりましたが、地味な真面目な内容のためか、2011/5/19公開で視聴回数6456回。

History

英語の勉強のため、後日ゆっくりみまする。

The Walt Disney Family Museum見物のきちっと編集されたわかりやすいのがありました。行った気になれますわね。

Tour of The Walt Disney Family Museum in San Francisco

Mickey

Driving through the Presidio in San Franciscoというのもありまして、ああ、これですワタクシが助手席から見た風景は。しかし、第三者には面白くもなんともない動画でしょうね。音声ないし。5分25秒はちときついです。

Drive

で。トレーダージョーズでのお買い物。ほとんどチョコレートです。

B2604_20180115

70とか73とかは、カカオの割合。ダークチョコレートです。

B2604_20180115_2

慣れるとおいしいんですよね。

↓こちらは30%台の甘いチョコレート。お土産に配りました。

B2604_20180115_3

クリスマスバージョンですわね。2年前にちょこっと書きましたが、1月15日くらいまでクリスマス期間です。今回も名残のツリーやリースが道っぱたに捨てられていて、躓いてこけそうになりました。

Milkと表示のおいしそうなこれは、石鹸です。帰ってからよく見たらトルコ産?だったかな(全部配っちゃったので不明」)

B2604_20180115_4

↑下の丸いのは、メキシコ旅行からサンフランシスコに帰ってきた人がくれたチョコレート。

日本のチョコレートとはかけ離れた味でして、誰かにあげなくて良かったな……と。

次回は2018年1月1日分アップの予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

プレシディオ地区を通りぬけて

大御無沙汰しております。梅雨入りしちゃいました。ゲコゲコ……

B2124_20171231

(↑サンフランシスコのプレイグラウンドの垣根の飾りゲコにて候)

サンフランシスコの思い出が遠くなりつつありまして、はてワタクシ、海の向こうで何してきたんでしょ。

おお、そうだ、思い出の中では、まだ新年迎えてませんでしたわね。フォートポイントから撤収するとこでしたわね。

サンフランシスコ2日目(2017.12.31)の4です。

車に拾ってもらって、だだっ広いプレシディオの緑の中の曲がりくねった道を、程よく右に左にシェイクされて、出来上がりかかって……

プレシディオってなんでしたっけ。

えーと、サンフランシスコ湾に面するだだっ広い国立公園です。ゴールデンゲートブリッジもプレシディオ地区の一部です。緑豊かな中に、レストランあり博物館あり、邸宅あり……なもので、コンセプトがよく理解できません。日本の国立公園とは概念が違うのでしょう。

ネットで調べてもイマイチはっきりしませぬ。

-----------------------

プレシディオ | Visit California
http://www.visitcalifornia.com/jp/attraction/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA

サンフランシスコに行ったら絶対「プレシディオ」に立ち寄って!
https://wondertrip.jp/northamerica/usa/90259.html

プレシディオ:サンフランシスコの原点
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Club/7749/Morales/morales_presidio.html

プレシディオ オブ サンフランシスコ
https://www.expedia.co.jp/Presidio-Of-San-Francisco-San-Francisco.d502558.Place-To-Visit

-----------------------

名所の一つ、ウォルト・ディズニー ファミリー博物館は、通りがかりに見ました。

Disney

(写真は下記サイトからお借りしました。)
https://jp.viator.com/tours/San-Francisco/The-Walt-Disney-Family-Museum-Admission-in-San-Francisco/d651-6471MUSEUM

ヨーダさんもいらっしゃるそうです。
(レターマン・デジタルアーツセンター)

Yoda_2

(写真は『プレシディオ | Visit California』からお借りしました。)

巨大映像製作会社ルーカスフィルムが所有するレターマン・デジタルアーツセンターです。建物は通常、一般の立ち入りができませんが、敷地内の大きな中庭にあるヨーダの像を表敬訪問することはできます。

だだっ広い墓地もあったよな……ゴルフコースもあったよな……公園を抜けるまで結構車で走ったよな……

グーグルマップで確認すると、リンカーン・ブールバード~モンゴメリー・ストリート~プレシディオ・ブールバードと抜けたようです。

↓こんな道も通ったはず……(記憶曖昧)

Presidio

写真は「プレシディオハイツ (Presidio Heights)」からお借りしました。
https://www.airbnb.jp/locations/san-francisco/presidio-heights

↑このサイトに出てくる住宅街風景、滞在先の近所ゆえ見覚えのある建物がいっぱいでした。

公園抜けて向かった先は、オーガニックスーパー『トレーダーズジョーズ』のMasonic店とでもいうんでしょうか。サイトの店番号では100号店。晩御飯用のお買いものして、ついでにお土産用のチョコレートも買い込みました。帰国間際だと忘れちゃうかもしれないので。

『トレーダーズジョーズ』については、『キナリノ』というサイトによくわかる案内があります。

↓こんなスポーツカーで遊び回ったですよ。と言うのはウソ。全く知らないよその人の車です。なんで写真撮ったのかというと、乗っていたのがですね

B2122_20171231

プーさんの親戚みたいなクマさんでした。

B2123_20171231

買い込んだ荷物を降ろして、まだ夕方まで時間があります。緯度の関係で日暮れも遅いのです。

チビさんを連れて下の公園に行きました。下、というのは、サンフランシスコ全体が坂の街なので、上の公園、下の公園、で通じます(滞在先の家庭内では)。

スポーツコートも体育館も、子ども専用の施設もあります。この日スポーツコートでプレイしているのは、なぜか黒人青少年ばかりでした。

子ども用の一角にて。床はコンクリートではなく、ゴムのようなコルクのようなふかふか素材でした。

B2126_20171231

この日は大晦日です。2年前には近くの桑港寺に除夜の鐘を突きに行きましたが、チビさんがいてはままなりませぬ。晩御飯食べて、早々と寝てしまいました。

次は1月1日、上の公園に行った話です。(いつアップできるかな……)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »