« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月19日 (金)

パレス・オブ・ファイン・アーツ

サンフランシスコ2日目(2017.12.31)です。

前回の滞在時は、ご近所まったりでほとんど観光しませんでしたが、今回は希望を聞かれ「いかにも観光地らしい観光地に行きたい」などと申しました。

「たとえばどこ?」と言われて口にしたのが、「パレス・オブ・ファイン・アーツ、Palace of Fine Arts」。

前回のご近所散歩で、高台から宮殿風のドームのてっぺんが見えました。あれなんだろなと思い、その名を聞けばPalace of Fine Arts。おお芸術の殿堂だ、美術博物館だ、と勝手に想像を膨らませていました。

↓入り口はこんなんでした。

B2066_20171231

美術博物館ではなし、なんなのでしょ。とにかく進みます。

の前に。今回、現地御接待要員に新メンバーが加わりました。

お気に入りの「くまちゃん」をしっかり抱いたこの人。

B2064_20171231

この人のおかげで、思いがけない体験をすることしばしば。

サンフランシスコに来て日本との違いを実感したのは、犬が実におおらかにその辺を歩き回っていることでした。原則リードが必要らしいのですが、リード無しでも飼い主につき従い、吠えも騒ぎもしません。

小さい子がさわりまくっても動じませぬ。

くまさん抱えた小御接待要員は犬とみれば近づいて行きます。飼い主も大抵ニコニコして適当に遊ばせてくれます。

上の写真の門柱の前でしばし2匹の犬と戯れて、それから中へ。

門柱は西洋建築の定番装飾でぎっちりごてごてです。

B2067_20171231

その門柱をくぐった先の池の向こうに、こんなドームがありました。

B2068_20171231

なんでしょね。門柱を見て「ギリシャの廃墟風」と思ったのですが、こっちはギリシャではなさそうです。

ネット検索したら、「ロマネスク建築」だそうです。

「1915 年のサンフランシスコ万国博覧会の目玉として建設され」、「数少ない万博の史跡の 1 つ」だそうで。

ふーん。もしかすると、コンクリート製かな。そんな無粋な。

と思ったけれど「1960 年代には大規模な修復が行われました。基礎を残して建物を取り壊し、コンクリートのビル、舗装道路、庭園を新造。」とありました。(エクスペディアのサイトから)

見上げれば、おお壮大な。

B2070_20171231

と見とれているおば(ー)さんを無視して、「ワンワン」と戯れる御接待要員。わんこの名前は「チャーリー」。

B2072_20171231

チビさんの犬のぬいぐるみの名前もチャーリーだ、と話が始まりましたが、飼い主さん「日本に20年ほど住んでいた」とのこと。父上が東海村で原子力関係の仕事をしていたとか。

おおお。

東日本大震災のことも話していたようですが、ワタクシには詳しいことまで聞き取れませんでした。

ドームの天井。ここまでの写真では高さ感が分かりにくいでしょうが、結構高いです。

B2073_20171231

なんで上方向の写真が多いかと言えば、足元にはホームレスの方が……

B2075_20171231

アメリカは豊かな国じゃなかったんですかぁ~、上のお人ぉ~。もしかして耳ふさいでいますかぁ~

この壺の中には魔法使いは入っていないんですかぁ~

B2077_20171231

パレス・オブ・ファイン・アーツの周辺は瀟洒な住宅街です。

B2074_20171231

ぐるーっと回って、上の写真の対岸へ出ました。

B2082_20171231

まるで絵葉書のような光景であります。ネットにはこの角度の写真が結構あります。

大きな大きな木。

B2079_20171231

これに限らず、あちこちで巨木を目にしました。アメリカ建国以前から生きているんでしょうね。

以上、パレス・オブ・ファイン・アーツ、駆け足で通り抜けました。

これから、ゴールデンゲートブリッジに向かいます。

-----------------------------------------

2018.2.27追記:YouTubeにあったドローンによる映像

「Palace of Fine Arts  San Francisco Drone」
https://youtu.be/leLITkVaNe4

Palaceoffinearts

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

1日が41時間

1月15日の夜にへろへろと日本に帰ってきました。

自分では疲れていないつもりでしたが、お家にたどり着いて、とっとと荷物を片付けてしまおうとスーツケース開けたら、どどどっと脳味噌がゲシュタルト崩壊しまして、どうにもならんわ。

うだうだとお弁当(滞在先で作っておいたサンドイッチ。機内で食べるつもりが機内食が2回も出てしまって、そのまま日本へお持ち帰り)食べて、風呂に入りたいがご近所の常識人はとっくに寝ている時間だし、しゃーない寝てしまうか、しかし眠いのに眠れないぞ……

こういう時には漫画読むのが一番とコミック単行本を広げて……寝落ち。

翌16日は通常のペースで仕事場に行き、結構な量のデータ編集を大特急で仕上げてと言われて、少々パニック。夕方までにって、あんた、できるわけない量だよっ。とも言っていられないので、抜ける手は全部抜いて形だけ整えてデータを送っちゃいました。

ご無沙汰いたしました。改めて新年のご挨拶をば。よろしくお願いいたします。

さて。サンフランシスコ滞在記1です。2007年12月30日。

↓おなじみ羽田空港の正月バージョン。

B2055_20171230

12月30日羽田を19:45に発ち、サンフランシスコには30日の12:00につきました。

時差のなせるわざであります。1日が41時間になっちまいます。日本時間なら31日午前5時の到着であります。

↓これに乗りました。

B2056_20171230

41時間にどう対応するか。考えましたですよ。飛行機飛んでる9時間15分の前半は寝て過ごそう。後半は起きていよう……

結論からいうと、寝たんだか寝られなかったんだか。結構揺れたし雷みたいな光が走ったし機体になにかバチバチうるさく当たってたし、ご飯2回でるし。

後半は映画見てました。2017年  香港/中国:「こんなはずじゃなかった!」(金城武 チョウ・ドンユィ)。結構面白くって、どうやらワタクシ中国映画に目覚めましたぞ。

で、無事入管を通過して、お出迎えの車に乗ってサンフランシスコ市内へ。

B2057_20171230

↑車窓からの風景。左の細長いコクーンみたいなのは……「Salesforce Tower」っちゅうらしいです。ネット情報だと2017年7月の完成みたいです。何のためのビルなのかはサイトの説明がわかりづらくて不明。現地御接待要員も知らんようです。

↓何撮ってるの?と訊かれました。

B2058_20171230

分からんかね。新旧のビルの対比が面白ではないか、と言ったのですが、写真を改めて見ると分かりづらいですね。

進行方向奥にクラシックな建物があります。両サイドは今風のビルディング。

あちこちで、ビクトリアンハウスから超近代ビルディングまでが混在していますが、それなりに調和がとれています。

途中、市内で現地御接待要員がお友達の家に荷物をドロップオフして、高台(パシフィックハイツ)にある滞在先に向かいました。

この「ドロップオフ」「ピックアップ」はその後何度も聞くことになります。荷物でも人でも降ろすのが「ドロップオフ」で回収するのが「ピックアップ」。学校の送り迎えも「ドロップオフ」「ピックアップ」でした。

ちなみにメールするのは「テキストする」と言っていました。初めて聞いたときには、何のこと?と思ったのですが、そういうことですのね。

荷物をおろしにいっている間、駐車できなかったので、戻ってくるまで近辺を車で回っていたら、ビルの谷間の路上に若い(中年かも)男女が一人は寝転んで一人はべたっと座り込んで……ホームレスの人たちでした。

今回はその後も「ホームレス」の人たちと通りすがりに、あるいは隣席することになりました。東京ほど寒くないとはいえ、路上に寝るのは……事情はあるのでしょう。

荷物を下ろしたら、「ご飯食べに行こう」と。ワタクシは機内で2食平らげてきましたのでお腹は空いていませんが、お迎えの人たちは腹ペコです。

行きつけの(ベトナム)フォー屋さんがお休みなので、歩いてジャパンタウンのうどん屋さんに行きました。ジャパンタウンには日本食のお店がたくさんありますが、働いているのは日本人とは限りません。注文その他全部英語です。ワタクシは現地御接待要員の言うがまま、全お任せ。

↓ジャパンタウン近くは道路標示に日本語が添えてあります。

B2059_20171230

前回来たときは「日本語だ」と感激しましたが、今回は「ああそうなのね」。「ェ」の字の位置が微妙です。

前回写真を取り損ねたので1枚。ワタクシの写真は基本的に通りすがりに構図はあてずっぽうでパチリなので、美的なものは期待しないでくださいまし。

右に斜めに写っている看板は日本食スーパー「ニジヤマーケット」です。食事のあと正月用にカマボコ、栗きんとん、イクラなどを買いました。当然のことながら飛行機代の分だけ「日本より高い」です。

すぐ近くの紀伊国屋ビル内の紀伊国屋書店でも日本の本・雑誌は当然の如く「日本より高い」。

ですので、今回は本を頼まれて日本で買って持ち込みました。他にもあれこれ頼まれたものでスーツケースはずっしり重かったです。帰国の際は別のもので一段とずっしりするのですが。

その夜はシャワー浴びて早めにお休みしました。時差で眠れるのか心配されましたが、なにせ1日が41時間、長い昼を過ごしたおかげですんなりと眠りました。

1日目、これにておしまい。しつこく延々と続く予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

今年もよろしくお願いいたします

ただいま 自前のパソコンが使えませぬ。
人様のをお借りしています。借りている身でなんですが、使いにくいったらありゃしません。
Macの使い方なんぞ、忘れちまったです。

写真をいっぱい撮ったので、アップしたいのですが、ゲストアカウントにはフォトショップが入っておりませぬ。

おっきな赤い橋の真下に行っただよ。要塞博物館があっただよ。
島の刑務所の独房に入っただよ。
港にアシカがいっぱいいただよ。
あさりのチャウダーも食べただよ。。。。。

(これじゃ小学生の作文ですわね。)

自分のパソコンが使えるようになったら、みっちりびっちりアップするです。

(クビ覚悟で仕事サボってます。復帰後が少々怖い。。。。。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »