« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月25日 (火)

4月の東大田無演習林-2

東京地方は毎日暑い日が続きます。

各地では「降れば記録的豪雨」で大きな被害が出ています。どうにもこうにも人智人力では御しがたい自然・・・ 人類の浅知恵のつけも回っているのでしょうか。

もうすぐ8月です。大急ぎで4月の報告をば。

ええと、どこまで書きましたっけ。そうそう半周ちょっとしたあたりまででした。

で、いきなり目の前が「カリブ」。青い海青い空、磯風が火照った体に心地よく……じゃなくて、白い雲がもくもくモクモク雷鳴もとどろき渡ってあれ夕立だ……じゃなくて、カリブの松。

B1905_170429

(今、雷が鳴り響いております。PCの電源切るか悩むところ。以前屋上に落ちまして、停電、ネット電話テレビ不通。加えてモデム昇天、ということがありました。)

外来種はダメでしょ、生物多様性でしょ、多様性って外来種を排除することでしょ(←理解してないヒトのたわごと)。

と思ったら、外国産マツ見本林でした。

B1906_170429

あっそう。見本林なのね。(←理解したつもり)

いろんな松を遠目に眺めて、(松は世界共通で松でしょ)、とつぶやきながら思い出しました。昔々、アメリカ旅行に行った友人、何を思ったのかお土産に巨大な松ぼっくりをくれました。

(チョコレートあげても感謝の念が薄そうな変人だから)こういう物を喜ぶと思ったのでしょうが、そりゃ嬉しいですが、アンタ、よく税関(検疫)で引っかからなかったね。

しっかり種付きだったよ。虫もいたかもよ。微塵な木屑がほろほろ落ちるので、ビニール袋に入れて殺虫剤たっぷりまぶしただよ。あーん、始末書もんだよ。時効ですけどね。

↓なんの変哲もないこういう写真をなぜ撮るのでしょう。

B1907_170429

それはですね、面白そうだから。

「アジア生物資源環境研究センター環境制御温室」ですって。

「温室」ですって。

B1908_170429

入ってみたい。なれど「立ち入り禁止」

井の頭公園の温室が東日本大震災で被害を受け、老朽化もあって取り壊して更地になっちゃっていらい、温室が恋しい。新宿御苑や夢の島に行けばありますけどね、ちと遠い。あ、深大寺にもあった…… でもやっぱり地元に温室欲しい……

↓ゾーンがいくつかあります。第二苗畑とありますが、確か立ち入り禁止でした。以前は入れましたっけ?

B1909_170429

で、少々脱線。秘密の個室を借りに少々戻りまして、個室が庁舎の裏でしたもので、帰りがけに庁舎の裏口の写真をば。

B1910_170429

なにやってんでしょうね、と自分でも思います。思うけれど、作業用の長靴の並び具合がいいですね。お二人ほど、野外にでていらっしゃるようですね。

こちらも裏がわ風景。

B1911_170429

薪もたっぷり準備して、この冬は安泰だわ。と言いたいが厳冬期にストーブにくべたら数日持つかどうか。田舎の冬は厳しいのですよ。(ここは東京 (^-^; )

木には精霊が宿ります。ここには何人宿っているかな。

B1912_170429

うーん、さながら木賃宿……じゃなくて尻深貸し……じゃなくて「尻深樫」。

どんぐりの底がくぼんでいるから「尻深」だそうですが、いまいちぴんときません。瓶などがこの形状なら「底上げ」でしょうが。

この木もスポンサーさんがいらっしゃいます。木下さん。右下の木の下に「木下さん」看板。

B1913_170429

おほほ。緑の小道。

B1914_170429

子どもの頃は、こういう道に座り込んでオオバコ探して茎で引っ張りっこして遊んだのですよ。草野球ならぬ草相撲。切れたら負け。

で、これなんでしたっけ。

B1916_170429

キンランですよね。2年前にも迷いましたけれど。人間が進歩してないので今年も迷いました。木立で光を遮られた暗いところで、浮き上がるように咲いていました。1株だけ。

というところで、おしまいです。

もうちょっと丁寧に見たかったのですが、暑い眠い疲れた。体力が大幅に落ちていることを実感。

ならばバスに乗ってさっさと帰ればよいものを、疲れたと言いながらお家まで1時間歩くのってどうよ。どうよって、疲れていてもなにか面白いものが見たい、という野次馬根性が勝ったのでした。

そうこうして、先日の「剥製ベンチ」に遭遇したのでした。

あ、2年前は「顔のない地蔵」と思った田無演習林入り口前のバス停「六角地蔵」の横の「六角地蔵」さま。ちゃんと顔がありました。

B1917_170429

赤いよだれ掛けの上が頭部と思ったのですが、そうではなくて、お地蔵様は下の六面にお一人ずつ刻まれておりました。合掌。これにておしまいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

4月の東大田無演習林

ご無沙汰いたしました。

ばっくれ中、ぽちをくださいました方々ありがとうございました。
m(_ _"m)ペコペコ

日野原重明先生が亡くなりましたが、ウチの(ウチのじゃないけど)ジイ様も80超えてますので、ひとごとではありませぬ。

ジイ様の元気なうちにHPを立て直さなくちゃ、と日々追われておりますです。仕事もあるです。

なんたらかんたら……

(言い訳ばかりですみませぬ)

さて。4月のお話でございます。東大田無演習林……先先々月のことゆえ、ただでさえ怪しい記憶が一層怪しくなっておりますが、そこは適当にごまかして、じゃなくて、なけなしの脳味噌を圧搾機にかけて無い知恵を絞りだしてみませう。

東大田無農場のお花見開放で勢いづいて、演習林の春の休日公開に行ったのは4月29日のことでございました。以前も行っております。あれ、3年も前だ……

右手にちらっと見えるのはレトロな建物です。

B1885_170429

写真とりましたけど、データにしちゃうとただの古ぼけた建物に見えちゃって、ブログに載せるほどのものではありません(←撮影が下手なだけ)。

正面に見えますのは「庁舎」……では説明になりませぬ。

B1887_170429

事務室・研究室・実験室です。って言われたって分からない。由緒ありげなこの建物の由緒が知りたい……無理みたい。ネット探しましたけど、今のところ解説が見当たりません。

新緑の時期でしたので、花と緑がハレーション起こしそうに勢いづいていました。

B1892_170429

小さい写真だと分かりませんが、緑と赤とでチカチカしてましたよ。自然て、けっこう派手好きみたいです。

休憩コーナーは切り倒した丸太を筒切りにして並べて椅子に見立てて、横倒しにして二つに割ったのがテーブルかベンチ。お弁当広げていいのかな……場内飲食は禁止だったかな……

B1893_170429

なんでしょね、これ。最初はランプかと思いましたが集蛾灯? いや灯火じゃないです。液体が入ってます。

B1890_170429

ペットボトルにお皿となにか。とことんリサイクル・手作り感満載です。

あちこちに立て看がありまして、なにかと思いましたら、スポンサー表示。

B1889_170429

この木は誰々さんがバックアップしてるのよん、みたいな。いくらかかるんだろな……

人だかりしている場所がありました。物見高い野次馬ゆえ近くば寄って見ますと、この日、子供向けの「木登り教室」でありました。

木登りったって、ワタクシの子ども時代の子どものようにはだしになって腕力だけでよじ登るのではありません。

B1894_170429

林業方式。綱掛けといてヘルメットかぶって、くいくいと上っていきます。

B1895_170429

わっ、面白そう、と思っても、中高年は上らせてくれません。身体能力低下してるし、なにより「重い」し。柔軟性ないから、うっかり落としたら、ぽきっといっちゃいそうだし。

それよりなにより、あれこれ能書き並べそうだし……(←すんませんワタクシのことです。)

そして。

みよ、この広大な風景を。

B1897_170429

東京の周囲を住宅・マンションに囲まれているとも思えないスケール感があります。

ここは北海道、と嘘ついたってわかりゃしません軟弱な都会人には……(←嘘はいけません。人間正直に生きねば。)

ほほほ。↓子どもの頃通った山道みたい。

B1899_170429

↓なんの変哲もない道ですが、今時の東京では珍しいのですよ。

B1901_170429

みいんなコンクリートやアスファルトで覆っちゃうもので、ミミズやモグラが苦労してますのよ。

あれ、無粋な。以前はこの道通れましたよ。

B1902_170429

文句言っても仕方ない。別の道をば……

禁止看板。

B1903_170429

あ、禁止じゃなくて「制限」でしたね。

B1903_170429_2

長時間の撮影はおやめください。なるほどね。以前来たとき、立派なカメラを持ったおじさんたちが鳥狙いでじーっと待ってましたっけ。あれに文句が出たのかな。

ワタクシも、撮影の邪魔しちゃいけないと、迂回しましたもの。

がさっごそっと足音立てて鳥が飛び立っちゃって、こんにゃろーと袋叩きにあった見学者がいたのかしらん。(まさか)

制限地域は少しだけでした。

B1904_170429

そもそも、絵になる鳥がいそうな区間は、今回立ち入り禁止になっていたのでした。

もう1回あります。なるべく早くアップするつもりです(←ほとんど詐欺みたいな物言い……)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

なにげなくこわい

次は演習林だとか書いておいて、ながいことご無沙汰いたしました。

ただ今、日々の雑事に負けております。おかげで昨日曜日なんぞ丸一日伸びておりました。

あ、都議選の投票には行きましたよ。行っただけでぐったりしましてね、朝から日が暮れていました。都民ファースト、凄かったですね。これから日本はどっちに行くんでしょ。

歯も詰め物が取れたりしましてね、歯医者さんにいくんですけどね、仕事がね、原稿がね、入るっていうから待機してるのに音沙汰なくて、電話したら午後から入るって言われて、まだ連絡なくってね……

入れば大急ぎなんですのよ。お尻(発行日)が迫ってるんですもの。間に合わなくなったってワタクシの責任じゃありませんのよ。5時になったら次の部が待ってるんだから、とっとと帰っちまうざますよ。

さて。4月の東大田無演習林の帰り道、田無駅近くのベンチに鳥さんがいらっしゃいました。

B1887_170429

あらま、可愛いといいたいのですが、違和感が溢れかえって、そこらじゅうの地べたに見えぬ霧の如く拡散しております。

なんで?

近づいて分かりました。

剥製、だよ、これ。

B1887_170429_2

可愛い、と思ってデコレーションしたんでしょう。

ワタクシにはヒッチコックの鳥より怖い……

↓こちらは近所の公園の水場です。6月のこと。

B1946_0617

可愛い、と思うより前に

ドブネズミがいるよっ。目が怖い。

B1946_0617_2

しかし、いくらなんでもドブネズミをモチーフにするか。

落ち着いて考えたら、「リス」のようです。

もう一匹は見るからにリス。しかし、目がいっちゃってます。

B1946_0617_3

何飲んだ? ハルシオン? みたいな。(春紫苑の煎じ薬ではありませぬ。)

↓物思いに耽るすずめさんは、何飲んだ? ハッパ齧っちゃった?

B1946_0617_4

あらぬ妄想をするのはワタクシなんでしょうね……

それそうと、お客さん、原稿、早く出してよ。

(東大田無演習林レポートは近々提出いたします。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »