« 東大田無農場花見-4 | トップページ | デジカメの中の「なんだコレ?」 »

2017年6月 7日 (水)

東大田無農場花見-5

うかうかしてましたら、東京地方は梅雨入りしてしまいました。

匂うのは桜じゃなくてもはや卯の花です。あ、卯の花って、おからじゃなくてウツギの方です。

花見の話なんぞ、さっさと終わらせてしまいましょう。

の前に、東大農場は現在工事中で見学できませんが、花見に続く例外の「観蓮会」で一般公開されます。

-----------------------------
HPからの転載:
観蓮会
• 6月25日(日)・ 7月23日(日)
• 7:00 ~ 11:30(※ 大雨・強風・雷・酷暑などの場合は予告なしに中止いたします)
• 入園料 無
-----------------------------

だそうです。その日博物館が公開されるかどうかはわかりませんが、興味がありましたらお出かけくださいまし。(農場の回し者ではございません。)

農場博物館は元牛舎だったそうです。取り壊そうとしたら、立派な構造が出てきて、一転保存することになったのだとか。

見よ、この天井を。木造建築「内田ゴシック」。

B1824_170402

月刊旧建築 「東京大学が牛舎を保存再生、博物館に」
http://trystero.exblog.jp/6615177/
「老朽化したこの牛舎の解体も念頭に、来歴を調べてみたところ、東大安田講堂を建てた内田祥三(よしかず)・元東大総長が監修した貴重な建物と判明した。」
(読売新聞:2007年11月22日)

2007年ということは……計算するまでもなく10年前。あんまり知られていないわけだ。

もと牛舎ですから、もちろん平屋でして、そんなに広くはありません。

が、博物館の勝負どころは広さじゃなくて内容の面白さ。小さい博物館だからこそ、へええ、の世界でありました。

農作業道具の展示いっぱい。

困ったことに、ことごとく見覚えがありますなあ。

B1825_170402

ハイテク国家ニッポンも、ついこのあいだまで人力頼みの農作業をしておりましたのですぞ。千歯こき に唐箕(とうみ)にスキにクワに。牛がひっぱったり人間もひっぱったり。

田舎での幼い日々が思い出されて、涙がでてしまいそうになりましたぞ。

あ、もちろん、マシーンも展示されてますのよ。

B1823_170402

高かったんだろうな……というのが第一印象。現代だって、農家は何千万もする農機具の支払いに追われてるんでしょうね。

おほほっ。一番興味をひかれたのがこれ。

B1814_170402

昔は牛を飼っていたので、牛乳を出荷してたんですって。

ブランド名はそのものズバリ「東大牛乳」。

B1814_170402_2

これ飲んだら東大に入れるかな……

残念ながら現在は「臭いうるさい」の苦情に負けて、動物は飼育しておりませんです。

東大農場そのものも一時期は存続の危機にあったそうな。

「東大農場のみどりを残す市民の会」の活動で、2007年に移転撤回となりました。

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/1915/Guest/todainozyo1.html
「2007年8月8日、東京大学から「東大農場の検見川への移転計画中止決定」の知らせが「東大農場のみどりを残す市民の会」 代表の宮崎啓子氏に連絡があったそうです。翌日の2007.8.9には、朝日、読売、毎日、産経、東京の各紙朝刊に「移転計画中止」の記事が掲載されました。

農場のHPにも載っています。
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:L4JcklCmH4UJ:www.isas.a.u-tokyo.ac.jp/detail/index.php%3Fid%3D43+&cd=3&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

で。これなあに?

B1815_170402

なんだか分からないけれど、面白そう。

という野次馬感想はいけません。「バブコックテスター」だそうです。

B1817_170402

乳脂肪率検査に使う遠心機だそうです。右側のハンドルをぐるぐる回すんでしょうね。見事なローテク・マシーン。

で、こっちの取っ手のもげたヤカンみたいなのは?

B1816_170402

「バケットミルカー」

B1818_170402

搾乳機です。使い方がわからん。乳なら手で絞っていたぞ。

↓あばら骨コレクションみたいなこれは「西洋鎌」の刃コレクションでした。

B1820_170402

洋鎌ですが、一部見覚えがあります。手前の小さいの。稲刈りだか麦刈りだかに使っててませんでしたっけ。

B1820_170402_2

正面の「7」と「A」を組み合わせたようなのは、柄を付けた洋鎌のディスプレイです。

B1821_170402

死神が命を刈る時に一振りするアレですよね。現場を見たことありませんけど。

コレクションの説明ですよ。

B1822_170402

アップにしようと思ったら、カメラ構えたマヌケがばっちり写り込んでました。

他にも絵草子風の資料やらなんやら、いろいろあるんですのよ。ありすぎて写真撮りきれず。覚えきれず。

隅の方に「ワタ」の実が展示されていました。

B1826_170402

覚えあります。近所にワタ畑がありました。通りがかりに1個摘み取って……あとはどうしたんでしたっけ。

幼い日々のワタクシの姿が目に浮かびます。取ったワタを揉んでほぐして種が邪魔で、あ落としちゃった……(迷惑なガキ)

もこもこ。ふわふわ。

B1826_170402_2

何かの球根や、ハスの花托なども並べられています。

B1827_170402

ボランティアさんがワタを紡いて糸にして編んだものも展示されていました。

B1828_170402

うん、楽しそうだな。うん、手間かける覚悟が必要だな。(←ワタクシにはボランティア無理)

B1828_170402_2

実の抜けた蓮の花托には、ハスの実風に縫った?小さなお手玉のようなカラフルなのが詰め込まれていました。

蓮の花托に穴が開きっぱなしだと、ちょっと不気味ですが、カラフルな実が詰まっているのもちょっと別の方向で不気味かも。

という観桜会でした。

B1831_170402

ありがとうございました。午後から会議です。さっさと帰ります。バスの時間も調べておいたし、るんるんるんとバス停に向かいました。お家かえって着替えてお昼ご飯食べて楽勝……

そう順調に行くか、と期待する展開ですよね。

バス停に行きました。さあ、バスが来るぞ、の筈があと40分待て、ですと。そんなあ。ちゃんとパソコンでバス停情報を調べてきたのに、現地のと違ってます。

ばーろー

(あらまたお下品な。)

怒っても仕方ない。別方向行きバスに乗って途中で降りて歩くか。タクシーで帰るか(それはない。)

だした答えは

「歩いて帰ろう」

以前も歩いたことがあります。40分ほどでありましょう。歩くぞっ。

結論を申し上げます。会議には間に合いました。お昼ご飯もちゃんと食べました。

だけど途中で秘密の個室に入りたくなりまして、そんなものみあたらない住宅街を必死の思いで歩き続けました。近くまで帰ってきて、大きな公園の個室に駆け込むまでの恐怖といったら……

教訓:バス停の時刻表はパソコンではなく、現地で確認しませう。

とりあえず、花見は終わりました。お付き合いいただきありがとうございました。

思い出しました。別の日に隣の東大演習林にも行ったんでした。次回演習林の予定です。

|

« 東大田無農場花見-4 | トップページ | デジカメの中の「なんだコレ?」 »

おさんぽ3・西東京/小平市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/65381468

この記事へのトラックバック一覧です: 東大田無農場花見-5:

« 東大田無農場花見-4 | トップページ | デジカメの中の「なんだコレ?」 »