« いいね!はいくない | トップページ | 鴨が芹敷いて »

2017年3月23日 (木)

寒緋姥桜

春分の日、少し歩こうと思いつきました。

制限時間2時間ゆえ行き先はご近所限定。となれば、千川上水越えて石神井川方面へ行くざます。

北へすたこら歩いて行くと、ほどなく地元市で建て替え中のクリーンセンター(ごみ処理施設)が見えてきます。

写真は一部分のみですが、壁面に格子と緑をあしらった洒落た建物です。あら手前になんかありますわね。

B1727_170320_2

監視カメラ?と思ったのですが、上を向いています。烏・鳩・ドローン用?

B1728_170320

あ、灯光器だ。そうか、桜並木のライトアップ用だ。

で。灯光器の下をご覧くださいまし。無機質がアートしてます。うっとり。

B1728_170320_2

偶然の美ですわね。インスタレーション、と言うんでしたっけ。(違うぞ)

道をちょい逸れます。桜の名所陸上競技場では早くもお花見開放がはじまっていました。

B1729_170320

日付と曜日の下が白いのは、毎年使いまわしているからですのよん。

野次馬ですから競技場の中に入って見ましたが、ぜーんぜん咲いてません。咲いてないのにシート拡げてくつろぐ家族連れが2組。

この寒いのにと思いつつ、人はそれぞれ、余計な心配するもんじゃありません。

さっさと競技場を出て通りを渡って住宅街を通りぬけ・・・

住宅街のど真ん中に石倉発見。ひえ。周囲は、ごく普通の家ばかりです。

B1730_170320

思うにおそらく多分、このあたりは昔は大きな農家だったはず。相続税はらう段になって土地を分割して売って、それを買った人がまた相続税はらう段になって切り売りして・・・で、細切れ住宅地になっちゃった。

相続税、良いのか悪いのか。都心の趣のある古い住宅がことごとく失われていったのは相続税のせいだとか・・・

ご覧くださいまし。↓貫禄ある物件でありますぞ。

B1730_170320_2

この次売る時は「倉付き住宅地」で売り出すのかな(ひとんちを勝手に査定しちゃいけません)。

やってきました千川上水。いつ見ても同じ流れですが、いつ見てもいいです。奥が吉祥寺方向です。

B1731_170320

水辺にでるとほっとするのは、コドモ時代を水音の聞こえる環境で過ごしたからでしょうかね。

千川上水渡った向こう側は「練馬の菜の花畑」。

B1733_170320

畑の向こうには住宅の群れ。実は写真の左右とも住宅です。ほんの隙間だけが菜の花畑です。このあたりの練馬区は急速にマンションに埋め尽くされつつあります。

なおも北上します。

緑あふれる大規模マンションの一角に、真っ赤な花が咲いておりました。

B1734_170320

色は血の如く鮮やかなのですが、ちょい盛りを過ぎてます。

B1734_170320_2

数日早ければさぞかし艶やかな咲姿でありましたでしょう。

盛りの花を見るには1年待たなくちゃ、と口にしたら、ともに見上げていた通りがかりのおばちゃんに「1年たったら生きてるかどうか」と言われてしまいました。

そうですよね。1年後のことをうかつに口にできないお年頃です。

さて、この血に染まったような桜は「カンヒザクラ」です。御親切にも下に看板がありました。

B1735_170320

景観ぶち壊しかなと思いつつ、野暮天にはありがたい表示です。

この先は新青梅街道を横切って武蔵関公園・石神井川周辺に向かいます。

|

« いいね!はいくない | トップページ | 鴨が芹敷いて »

おさんぽ1・ご近所うろうろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/65055186

この記事へのトラックバック一覧です: 寒緋姥桜:

« いいね!はいくない | トップページ | 鴨が芹敷いて »