« 空中の草原 | トップページ | かぜひいてねんね »

2017年2月10日 (金)

物は壊れる

ということを最近再確認しました。

1年365日、仕事でも私用でもいつも斜め掛けにしている愛用のショルダーバッグをふと眺めたら、大変、ストラップの付け根が切れかかっていました。

げっ。

これがないと困るのです。手帳メガネ財布ペンケース印鑑USBメモリ喉薬デジカメ携帯充電コード懐中電灯エコバッグ巻尺マスク鏡ええと・・・全財産持ち歩いているのかといわれるくらい入っています。

renomaです。ですけど、アタマにUPとついてます(廉価版)。高級品じゃなくて残念、という話じゃなくて、安かろうが高かろうが、ポケットがたくさんついてて見た目小ぶりで、チビさんが使うには最適なんですの。

しばし考えたのち、町の修理屋さんに持ち込みました。1200円で直してくれるって。良かった・・・

その間、代わりに使ったのはKIMIJIMAブランドのバッグ。うっかり買っちゃったけれど、使うことないだろうな・・・としまいこんでいましたが、ついに役に立つ日が来た。

持ち手に金鎖が編み込んであって、派手と言えば派手だけれど、持つ人間が地味だから遠目には相殺されるんじゃないかと。大きさもまあまあだし。

さっそくぎゅうぎゅう詰め込みましたが、見た目同サイズなのに全部入ってくれない。おおお。

しばし我慢の日の後、愛用のショルダーバッグが戻ってきました。ベージュのステッチのところが黒になっちゃったけれど、まあいいか。

というのが1番目。

2番目は何かというと、台所のガステーブル。こちらは壊れたわけではありませんが、なにしろ年代物。そろそろ30年です。ガスの検査の人に取り換えた方がいい、と言われてしまいました。

安全装置が何もついていない、というのが問題です。立ち消えてもそのまんま。焦げ付いてもそのまんま。消し忘れたら当然そのまんま。

大昔の原始的なガステーブルのことを考えれば、だからなにさ、と言いたくなりますが、開き直っちゃいけません。

使う人間が劣化する一方です。ガス付けてその場を離れたら、一切合切忘却の彼方へ押しやってしまいそう。

彼方へ流さなくても、ガス付けたまま、倒れたりしたらどうなるのさ・・・

で。

東京ガスに行ってガステーブル見せて貰ってあまりの高さに笑顔をひきつらせて退散し、家電量販店に行って適当なのをみつくろって・・・と安直に書きましたが、実際は4,5回量販店に足を運んで現物を眺め、ネットで評判を調べ、しばし考えあぐね・・・

結局デザインで選びました。性能で選べよ性能で、と言われそうですが、性能はさほど違いは無し。見た目は重要ですぞ。直線美のノーリツのにしました。

グリルが両面焼きで、湯沸しモード、炊飯モードがあればいいです。

で、次は・・・

3番目だなんて言っちゃいけません。

イトコが亡くなりました。60代半ば。ガンと聞いていました。訪ねて行こうと思いつつ、髪がすっかり抜けてしまって、などと聞くと、ためらってしまって。

イトコ仲間のリーダー的な存在でした。結果として往時のいきいきとした姿だけが記憶に残ることになりましたが、会いに行けばよかったのかな・・・

4番目は、このワタクシ。

またしてもひどい風邪引いちゃいました。明日は町内会の会議があるというのに、資料そろえなくちゃならないというのに、ああ日々ポンコツ化するワタクシ。

ばっくれちゃえ、と思いかけたところに町内会長からお電話をいただきまして、明日はアレとコレとソレとええとドレを・・・

今日は早く帰って寝よっと。

|

« 空中の草原 | トップページ | かぜひいてねんね »

ちまちま日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/64867613

この記事へのトラックバック一覧です: 物は壊れる:

« 空中の草原 | トップページ | かぜひいてねんね »