« ピロリ大当たり | トップページ | 空中の草原 »

2017年1月27日 (金)

月日は流れ、わたしは残る

いきなりなんでしょ。確かにワタクシ、どでんと居残っておりますが。

月日はどんどん流れて行っちゃいました。

林檎のような女の子の頬は、いつしか三日三晩の土用干しを終えて波打ち・・・

はあ。

あの人もこの人もいなくなりましたわね。年下の友人も先に逝きましたわね。

そろそろ自分も・・・と考え始めたところで胃がんハイリスク検査にひっかかり、これまでかと観念しかけましたが、「あ、大丈夫。ピロリ菌退治しましょうね。」

がくっ。

大丈夫だと言われて湧き上がる、この脱力感。

タイトルの文字は、フランスの詩人、ギョーム・アポリネールの「ミラボー橋」の一節です。

---------------------------

ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ

われらの恋が流れる

わたしは思い出す

悩みのあとには楽しみが来ると

日も暮れよ、鐘も鳴れ

月日は流れ、わたしは残る

(堀口大學訳)

---------------------------

ギョーム・アポリネールの詩が好きだったのは中学生の頃。

伝記的な本も読みまして、掲載されている著者写真が、全身丸まっこく顔のパーツがちまちま真ん中に寄っているのを見て、およそ好みでないと思いつつも、詩に惹かれました。

顔から言えばアルチュール・ランボーの方がずっと好みなのですが、こういう鉄砲玉男とは付き合っちゃいかんです。詩も読んではみたけれど、ランボーは合わんかったです。近頃ではシルベスター・スタローンを連想しちゃうし。

で。

ミラボー橋は歌にもなっています。歌い手はたくさんいますが、ワタクシの好みはレオ・フェレ。

と言いつつ思い出した。数か月前、レコードをまとめて処分しちゃいました。懐かしのシャンソン歌手リーヌ・ルノーとかアンドレ・クラボーとかに交じって、ジャック・ブレルとかレオ・フェレもありまして、確か「ミラボー橋」が入ってました。

CDも山ほど詰め込んで送ったのに二束三文でした(1000円にもならない)。

早まったかな・・・

でも先だってプレーヤーとアンプとスピーカーをまとめて処分しちゃったんだし・・・

こんな歌です。

Le Pont Mirabeau Leo Ferre  https://youtu.be/5WFwtoXm1sc

Mirabeau

今風に歌うとこうなります。

Marc Lavoine - Le Pont Mirabeau https://youtu.be/b3p7M39nHzk

Mirabeau_2

合唱されると、それはちょっと違うんではないかいという気分になったりして・・・

Le Pont Mirabeau - Pow Wow   https://youtu.be/FMFHgjlZ680

Mirabeau_3

ヒマなことやってますけれど、やらなければならないことだらけ。

蒸発しようかなぁ・・・

ってそんなことしたら問題をややこしくするだけ。地道にこなしていきませう。

|

« ピロリ大当たり | トップページ | 空中の草原 »

ちまちま日常」カテゴリの記事

文系(音楽とか)」カテゴリの記事

コメント

このごろ久しぶりにミレーユ・マチューやジリオラ・チンクエッティを聴いています。
むかしなじんだものに回帰するのって・・・。

投稿: OKCHAN | 2017年1月28日 (土) 10時55分

OKCHANさん こんにちは。
ジリオラ・チンクエッティは私も聴きます。
ボビー・ソロは今でも大好きです。
60年代はサンレモ音楽祭に熱中していました。
当時の歌手の名前はすらすらとでてきます。
青春時代になじんだものは一生ついて回りますね。
(コメントが大変遅くなり失礼しました。)

投稿: マイマイ | 2017年2月 8日 (水) 13時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/64815260

この記事へのトラックバック一覧です: 月日は流れ、わたしは残る:

« ピロリ大当たり | トップページ | 空中の草原 »