« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月27日 (金)

月日は流れ、わたしは残る

いきなりなんでしょ。確かにワタクシ、どでんと居残っておりますが。

月日はどんどん流れて行っちゃいました。

林檎のような女の子の頬は、いつしか三日三晩の土用干しを終えて波打ち・・・

はあ。

あの人もこの人もいなくなりましたわね。年下の友人も先に逝きましたわね。

そろそろ自分も・・・と考え始めたところで胃がんハイリスク検査にひっかかり、これまでかと観念しかけましたが、「あ、大丈夫。ピロリ菌退治しましょうね。」

がくっ。

大丈夫だと言われて湧き上がる、この脱力感。

タイトルの文字は、フランスの詩人、ギョーム・アポリネールの「ミラボー橋」の一節です。

---------------------------

ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ

われらの恋が流れる

わたしは思い出す

悩みのあとには楽しみが来ると

日も暮れよ、鐘も鳴れ

月日は流れ、わたしは残る

(堀口大學訳)

---------------------------

ギョーム・アポリネールの詩が好きだったのは中学生の頃。

伝記的な本も読みまして、掲載されている著者写真が、全身丸まっこく顔のパーツがちまちま真ん中に寄っているのを見て、およそ好みでないと思いつつも、詩に惹かれました。

顔から言えばアルチュール・ランボーの方がずっと好みなのですが、こういう鉄砲玉男とは付き合っちゃいかんです。詩も読んではみたけれど、ランボーは合わんかったです。近頃ではシルベスター・スタローンを連想しちゃうし。

で。

ミラボー橋は歌にもなっています。歌い手はたくさんいますが、ワタクシの好みはレオ・フェレ。

と言いつつ思い出した。数か月前、レコードをまとめて処分しちゃいました。懐かしのシャンソン歌手リーヌ・ルノーとかアンドレ・クラボーとかに交じって、ジャック・ブレルとかレオ・フェレもありまして、確か「ミラボー橋」が入ってました。

CDも山ほど詰め込んで送ったのに二束三文でした(1000円にもならない)。

早まったかな・・・

でも先だってプレーヤーとアンプとスピーカーをまとめて処分しちゃったんだし・・・

こんな歌です。

Le Pont Mirabeau Leo Ferre  https://youtu.be/5WFwtoXm1sc

Mirabeau

今風に歌うとこうなります。

Marc Lavoine - Le Pont Mirabeau https://youtu.be/b3p7M39nHzk

Mirabeau_2

合唱されると、それはちょっと違うんではないかいという気分になったりして・・・

Le Pont Mirabeau - Pow Wow   https://youtu.be/FMFHgjlZ680

Mirabeau_3

ヒマなことやってますけれど、やらなければならないことだらけ。

蒸発しようかなぁ・・・

ってそんなことしたら問題をややこしくするだけ。地道にこなしていきませう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

ピロリ大当たり

年頭からお風呂で溺れた方に遭遇してしまいまして、波乱の一年になるかな・・・と、チキンなハートを炒めて、じゃなくて痛めておりましたら、数日後にまたドカンときました。

(鶏のハツの塩ゆでは好物です。)

ルンルンルンと健診の結果を聞きに行ったとお思いください。多少数値が悪くとも概ね健康の範囲でありましょう。先生には「運動します」とでも言っておきましょう・・・

ぎえ。

大当たり~、となりました。胃がんハイリスク健診の該当者でありましたが、その結果がでましてね、あのね、そのね、つまりね、一番悪いの引き当てちゃった。

紛れもない「C」判定。

Cがどのくらいのものかというと、手元に何も残っていないので(全部紹介状に入れられちゃったみたいです)、うろ覚えで言うと、4段階ありまして、問題なしにはアルファベットがついていません。問題ありがA,B,Cなんですのよ。Cはね、ピロリ菌が胃に棲んでおりましてね、萎縮性胃炎も進んでおりましてね、ほっとくと胃がんに進行する確率が最も高い・・・みたいな。(ランク付けは地域によって違うかも。)

ひええ。

紹介状もって病院に行きました。目当ての先生は患者殺到中で、他の先生に診ていただきましたが、先生即

「胃カメラしましょう、一番早いので明日」

ひええ、と驚いたままでいたら

「心の準備ができていない?」と言われました。

いえいえ、覚悟はできてます。明日にお願いします。気がかりはさっさと片付けちゃわないと。

ということで翌日胃カメラを呑みこんできました。20年ほど前、別の病院で胃カメラを呑んだとき、麻酔がきちんと効いていなかったのか苦しくて苦しくて、プラス、担当の医者の態度が悪くて、即ち「胃カメラ大嫌い」となっておりましたが、技術が進歩したと信じましょう。こっちの病院は総じてお医者さんが親切ですし・・・

ぐぶっげぼっ、苦しかったけれど、20年前と比べりゃ楽なもんです。

で。

めでたくピロリ菌による萎縮性胃炎が見いだされまして「除菌」することになりました。

めでたくも胃にがんは無し、食道も十二指腸も綺麗なもんですよん。胃の入口も出口も問題ないんですのよん。それが分かっただけでも大きな収穫です。

あ、ピロリ除菌には強い抗生剤を使います。副作用でお腹の調子が大層わるくなるらしいです。

とりあえずは、闘病ブログにならずに済んだことに感謝します。

中高年は子供時代に井戸水を飲んだりしてピロリ菌に感染している率が高いそうです。どなた様もご用心下されまし。

B1671_170110
飛行機に乗ってきたヨーグルトの空カップ。モデルの赤ちゃん、ピロリ菌とは無縁でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

にへへてへへぎえ~~~

ワタクシの何が悪かったのでしょう。(日頃の行ないが悪いのは自覚してますから、その他に何が?)

年末、飛行機で運ばれてきた風邪菌にあっけなく感染して、大晦日も新年も寝込んで、初詣もすっ飛ばしました。

(今から行けばいいんですけどぉ、やっぱ元旦でなくちゃ気分でないしぃ・・・)

で、小康状態で近県の温泉なんぞに行ったとお思いくださいまし。ご招待いただいておりましたものでほいほいと。

踊り子号に揺られて、相席になった外国人と話が弾みました。といっても、ワタクシは聞いていただけ。英語なんですもん。

南アフリカから来たその人たち、日本人と話してみたいのに、話しかけると避けられちゃう、と言っていたようです。確かにある程度混んでいた車内で、その人たちの席の近くだけ空いていました。

肌が黒いと怖く見えるのかな・・・

一緒に連れていたチビさんを気に入ったようで、話しかけたり握手してくれたり。日本人との会話に飢えていたのか、ワタクシの同行者と延々としゃべっていました。

バイバイ、と途中で降りて行きましたが、日本人を嫌いにならないでね。

で、目的地について、チェックインには早いので、遅めのお昼ご飯を評判のお蕎麦屋でいただきました。地元産のシラス丼と蕎麦のセットが美味しくて、夕食に響くからほどほどにしておきなさいの声も右から左へ抜けて完食。

美味しいものは別腹でっせ。

その夜は貸切風呂に入ったりして楽しみました。

翌日早朝、大浴場に行きました。やっぱり大きなお風呂は気持ちいいです。先客がみな上がって貸切状態になりまして、泳ごうかな、いや止めとこ、露天風呂に入ろうかな・・・

扉開けたら露天はとんでもなく寒いし、なにより入れるのは6時からです。今5時50分。チキンハートなので、規則はきっちり守ります。

その後もう一回、今度はチビさんを連れて、大人二人で行きました。チビさん洗って、互いに子守を引き受けて大浴場を堪能して、明るくなってきたし、露天風呂行ってみようかな・・・

と扉を開けました。寒いな・・・でも露天風呂に浸かれば暖かいかな・・・

と扉をもっと開けました。

ひえ? なんですかあれは。うそでしょ。

人が浮かんでるぅぅぅぅうううう

慌ててもう一人を呼びました。

人が浮かんでるぅぅぅぅうううう

自分の目で見たものが信じられない。だって。まさか。うそでしょ。

それからは大騒ぎ。フロントに電話してきてもらって引き揚げて心臓マッサージしたって追いつかない。フロントに救急車呼んでと電話して。またフロントに電話して誰でもいいから2、3人来てくれと・・・

救急車で運ばれていったその方がどうなったかはわかりません。年配のかたでした。一人で入られたようでした。

警察には事情聴取されました。現場検証に呼ばれました。

チェックアウトしてからは、近くの大きな公園へ行き、足湯につかり、きゃっきゃっと楽しんできましたが、気分は複雑。

その後また風邪をひきこんで昨日までは再起不能じゃないか、という事態でした。本日奇跡的に回復しまして、遅い仕事始めにございます。

ほかにも正月そうそうなんじゃいな、という事態がございまして、それは後程。

はあ、今年も変な話題ばっかりになりそうです。

↓宿近くの川。

B1613_170105

大きな石がごろごろと。

B1614_170105

こんな所で遊びました。

B1626_170105_3

廃墟のようなロッカールームの側の謎の設備。

B1630_170105

ほとんど写真撮ってません。単独行でないと、みょうちきりんな写真は撮りにくいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

新年来たりて

謹賀新年

2005tori

(12年前の酉にて候)

 

今年もよろしくお願いいたします。

ご無沙汰失礼いたしました。ばっくれ中、ポチくださいました方々ありがとうございました。

年明け早々泣き言はよそうと思うのですが、年末に風邪ひいて寝込んでおりました。除夜の鐘知らず、紅白の結末知らず(そもそも見ようという気がない)、早々とお布団にもぐって極楽極楽・・・

いやな夢を見ていたような気がしないでもありませんが、起きたら忘れてしまいました。

さあ、新年だ、まっさらだ。昨日までのあれこれはチャラにして、うふふ真人間になりましたぞ。

ということで、本日はお仕事します。

だってえ、もろもろ溜め込んじゃったんですよ。風邪ひく前は小さいお客さんのお世話係をいいつかってなんにもできなかったし、区切りついてさあと思ったら風邪ひいちゃって気力ゼロになっちゃったし。

青色申告用の帳簿ごっそり溜め込んでるし、町内会の帳簿も記帳怠ってるし、会議資料も作んなくちゃならないし、ジイ様のサイト再構築も中途だし。

いかん、泣き言のオンパレードになってしもうた。

12月31日ですべてがチャラになるシステムって、以前は(そんないい加減な)と思っておりましたが、いやあ、人生後半になると、便利なシステムですねえ。

昨日までのごたごたは除夜の鐘とともにお終い、今日のワタシはピカピカの日の出とともに新しくなりましたのよ。ほほほ、今年はきっと良い年でありますのよ。

こんなアホですが、重ねてよろしくお願いいたします。

(追伸)

昨年の「ごちんっ」、たいしたことはなかったようです。後で目がクレオパトラになりましたが。おでこぶつけた際の内出血が目のまわりにでまして、アイラインくっきり切れ長で非常に色っぽいのですが、なにせ片目のみ。自分でも笑っちゃうご面相になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »