« またまた詐欺メール | トップページ | 夏の夜の味噌 »

2016年7月 6日 (水)

T/Cの遭難

遭難=災難に出あうこと。

遭難したT/Cとは何者か。トラベラーズチェックのことです。

まだそんなものがあったのか・・・と思うのも無理はない。過去の遺物にして、2014年販売中止、2015年両替に取扱い制限。手持ちのT/Cが紙屑と化すのもそう遠くない。

ワタクシのではございません。

家を片付けていたら、ユーロのT/Cが出てきました。思うに2000年頃購入のもの。その頃すでにクレジットカードの時代は来ておりました。面倒くさいT/Cなんぞ・・・という訳で残ってしまったのでありましょう。ヨーロッパ旅行の産物でありました。

さあ、どうするか。

持ってても仕方ない、換金しようとして、上記の事態が発覚しました。銀行は自分のとこで発行したもの以外扱わなくなっています。

例えば、三菱東京UFJ。

「 平成27年11月30日(月)をもって、当行本支店*1でのアメリカン・エキスプレス(AMEX)発行トラベラーズチェック(T/C)は、券面に当行名が印刷されているT/Cを除いてご売却(当行買取)の取り扱いを終了いたしました。 」

そのアメックスです・・・ 他の銀行もほぼ同じ状況。今後どこへ持ち込めばいいんでしょう・・・

「トラベレックス Travelex」という「世界最大級の外貨両替専門店」がありました。

ネット検索って便利ですね。店舗は空港にしかないと思ったら、東京の場合結構あっちこっちにあります。

しかし。

持ち込もうと思いましたが、くだんのT/C、一箇所署名済みです。すなわち署名した本人しか両替できない。その本人は今海の向こう側。話が遠くなる。

問題もう一つ。両替の場合、レートと手数料で大損の可能性あり。タイミングが肝心。現在円高です。

ということで、購入時のレートを調べてみました。ネットで何でもわかる時代です。

購入時(多分2000年)1ユーロ 99.5186円。

本日のレート 111.948381 円。12円の差・・・

しかしですね、2014/12には1ユーロ 147.1179円でありました。50円儲かった筈です。

と間抜けな計算をしていても追いつかない。

もう一つ心配は、イギリスのEU離脱で、EUはどうなるのか。欧州はもろもろ再編成となるのか。欧州が変動すれば、日本だけが安泰なんて訳ありません。

日本人であることが免罪符となった時代が過ぎ去ったことも、ここ数年のテロ事件で明確となっています。

第二次世界大戦終結から70年、世界は平和から遠い。

|

« またまた詐欺メール | トップページ | 夏の夜の味噌 »

ちまちま日常」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 上手く両替できるとよろしいですね。
円高はいい事もありますが、
私が08年に行った時、何とユーロは165円ほどの円安時代down残っている分から妹に少しお餞別として渡しましたがまだ残っている・・・8月にフランスへ行くといってるのであげようと思いますが有難味が薄れて・・・。ドルも125円時代で僅かに手持ちありです。こちらも妹がボストンへ行った折、
少し上げたのですが、全部あげればよかったと
思っても後の祭り!ですね。

投稿: マコママ | 2016年7月 7日 (木) 13時51分

マコママさん こんにちは。
両替は海の向こうにいる人の次の一時帰国の時になります。
それまで取り扱ってくれればいいのですが。
外貨の扱いは難しいですね。
家には外国硬貨が結構あったりします。それこそ国内では使い道がありません。
海外旅行も最近の状況をみると、どこへいくのも不安ですね。
フランス旅行が無事でありますように。
親戚の大学生がスペインに留学しますが、何も起きませんようにと祈る気持ちです。

投稿: マイマイ | 2016年7月 8日 (金) 15時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/63873577

この記事へのトラックバック一覧です: T/Cの遭難:

« またまた詐欺メール | トップページ | 夏の夜の味噌 »