« まだ若いのに・・・ | トップページ | T/Cの遭難 »

2016年7月 5日 (火)

またまた詐欺メール

連日迷惑メールが届きます。

英語(スペイン語のこともある)なら、即座に削除しちゃいます。

日本語の場合は微妙。とはいえ、は?と思ったものはほとんど迷惑メール。迷惑メールだよ、とメーラーに覚えさせてから、じゃんじゃか削除しちゃいます。

しかし、多い。迷惑メールと浜の真砂は尽きまじ。じゃなかった浜の真砂は違法採取でいずれ尽きます。尽きないのは迷惑メール。

本日の迷惑メール。つっこみどころ満載。

-----------------------------------

題名「注文確認書」

ご利用いただき誠にありがとうございます。
この度は以下の内容にてご注文をいただきました。

受注番号 :35441827022515
商品名 : E18862459
数量 :1
単価 :9,640円
送料 :0円

======================================

上記記載の事項でご不明点・ご質問がございましたら下記までご連絡ください。
なお、お問い合わせの際は、受注番号・氏名・電話番号を併せてご連絡ください。

受注受付後、「納期案内メール」にて
商品のお届け予定日をご案内させていただきます。
======================================

**********************
お客様サポートデスク
連絡先 : 0120-930-016
**********************

-----------------------------------

ワタシ何頼んだんですか? くっついてるZIPファイルはなんですか? あんた誰ですか? 客の名前も知らないんですか?

連絡先番号をネット検索すると、京都の実在の会社が出てきました。

勝手に電話番号を使われている「株式会社渡××装 」さん、この駄文が目についたら怒りなさいよ。法的措置も取るべきです。

で、思い出しました。1年前の「へ?」メールのことを。

簡単にまとめると、自称ビデオジャーナリストの爺様の映像を公共機関向け商品にしないか、という話がきました。

(何考えてるんだ)とワタクシ思いました。あんな古臭い映像を今更どうするんじゃ。

爺様の作品を知っているかとお尋ねしますと「はい」と即答。

(絶対見てないぞ)とワタクシ思いました。

見てたらこんな話持ってくるはずない。だって爺様の作品はいろいろな面で物議醸す要素てんこ盛り。ワタクシだったら手は出しませぬ。

しかし他人様が手を出すのなら面白そうだ。費用負担がないなら乗ってやろう。

はたして。半年ほどメールでやり取りしました。メールは丁寧、迅速。

それがある日突然音信不通となりました。

先方最後のメールは「それでは契約のため挨拶に伺います」

当方の返信メールは「来なくていいです。郵送で契約書やり取りしましょう」

以来まったく連絡なし。話が成立しないならその旨連絡してくるべきでしょう。送ったサンプル返してくるべきでしょう。

ひっかかる見込みなし、と思われたんでしょうかねえ。

DVD化して欲しいという先方の要求のおかげで、爺様の古臭いビデオ映像をDVD化する技術をマスターできましたので、ワタクシの方は良しといたします。

それにしても、あの担当者、詐欺でなかったら人員整理に合っちゃったのかしらん。言いたいように言われたくなかったら、最後をきちんとしないといけませんね。

|

« まだ若いのに・・・ | トップページ | T/Cの遭難 »

ちまちま日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/63872477

この記事へのトラックバック一覧です: またまた詐欺メール:

« まだ若いのに・・・ | トップページ | T/Cの遭難 »