« カラスとkindleとiPadと | トップページ | 6 海のでんでん虫 »

2016年6月22日 (水)

5 回転木馬鹿

間延びしきっておりますが、1月9日のサンフランシスコ・ゴールデンゲートパークの5です。

サンフランシスコの冬は比較的暖かいとはいえ、冬は冬。真夏日を連発するようになったこの季節に冬の話でっか・・・とも思わないでもないのですが、これを終わりにしないと次に進めませぬ。

さて。

スノーレイク(スノー湖)を後にし、車で「ジョンFケネディドライブ」(車道)を進みます。観光名所デヤング美術館も車窓から横目で眺めます。あれこれ横目。

途中で現地御接待要員と二人で車を降りました。「ジュラシックパークがある」と現地御接待要員が申しました。「見ようよ」と。車組とは後程、近くのオーガニックスーパー「ホールフーズ」で落ち合うことになりました。

暮れかけたゴールデンゲートパークを小さいアジア人二人が奥に進んでいきます。

ここ。

B1120_160109

なあるほどねえ・・・ ジュラシックパーク“みたいなもの”がありますねえ。いかさか想像力が必要だとは思います。

一見大蛇風の物体が横たわっていてぎょっ。

B1120_160109_2

倒木の幹でした。

で。少し進んでジュラシックパークお終い。こんだけ? こんだけ。

ジュラ紀の植物と思えば思えるかもの花がリリー湖の端に咲いていました。

B1121_160109

この、ごしゃごしゃ具合が恐竜風かと・・・(どこがだよ)。

B1122_160109

「湖」と言いながら小さい水溜りです。あっ、違った「池」だった。「Pond」。「湖」は「Lake」でした。

B1123_160109

むき出しの斜面に、木の根っこがしがみついています。

B1124_160109

↓「あれ~、お助け~、落ちまする~」

B1124_160109_2

↓「落ちる所まで落ちれば、おさまるっちゅうもんだよ」

B1124_160109_3

少し先に「ナショナル・エイズ・メモリアル・グローブ」なるものがあります。

B1125_160109

国立エイズ記念の森、ですか。

↓盛大にピンボケなのは、相当薄暗いからです。写真はかなり明るめに写っています。

B1126_160109

エコースポットがある、と薄暗い公園の中を奥に行きます。ある石の上に立って「あー」と声を出すと、その空間に響き渡るのだとか。

で。その場所に行ったら・・・

先客あり。ラジカセみたいなので音楽ながしてたむろする現地青年4人。ラップがよく似合うラフなファッション。

少しぐらい声出したからって、エコーが聞こえる状況ではありませぬ。

何を思ったか現地御接待要員、「音楽止めてもらおうか」と申します。

「やめてくれ、何も言わんでくれ~」とびびりまくるワタシ。いちゃもんつけられた、とカツアゲくらいならまだいい、リリー池あたりに浮かびたくない・・・

B1127_160109

早々に退出したのでありました。あとで現地御接待要員曰く「普通の子たちだよ」。

通りすがりの短期観光のおばちゃんに現地人の良し悪しの見分けはつかんです。心臓に悪かった。

さて、合流地点目指して先に進みます。クラシックな建物あり。

B1128_160109

この写真も明るく映っていますが、内部の照明の具合をご覧くださいまし。夕暮れです。

B1129_160109

この建物は、シャロン・アートスタジオ。御接待要員曰く「友達の○○さんが□□を習いに来ている。」

B1129_160109_2

(○○も□□も匿名希望ではなく、ワタシが忘れちゃっただけです。)

あらん、奥に楽しそうなものが見えます。

B1130_160109

回転木馬。営業時間は過ぎたようで、動いていません。

B1131_160109

ほお、駝鳥が混じってます。回転駝鳥・・・

B1131_160109_2

馬の後を追っかけるのは鹿だよ・・・

(もう少し続きます)

|

« カラスとkindleとiPadと | トップページ | 6 海のでんでん虫 »

サンフランシスコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/63809565

この記事へのトラックバック一覧です: 5 回転木馬鹿:

« カラスとkindleとiPadと | トップページ | 6 海のでんでん虫 »