« 2 パクストンの門 | トップページ | 4 カストロストリート »

2016年4月13日 (水)

3 ミッションドロレス

1月8日ミッション地区散歩の3です。

カストロストリートを目指して18番通りを北上中、ちょっとお茶しました。

サンフランシスコで行列のできる店という評判の「タルティーンベーカリー」です。

で。写真無し。またしても撮るのがためらわれました。

店内白人率高し。スタッフもほとんど白人系。

金曜日の昼でしたが、店内にいたのは、景気よさそうで健康このうえなさそうで、ラフそうでお洒落な若い人たち。シリコンバレーのIT長者なのかな・・・という雰囲気でした。

ベーカリーの名の如く、パン美味しそう。サンドイッチ美味しそう。店内でパンを焼く香ばしい匂いが食欲を刺激しまくり。

こちらのサイトに行列と店内の様子がありまする。
http://sfbitebite.com/tartine-bakery/

行ったときは店舗内行列だけだったのですが、直後、店の外に延々と人が並びはじめました。

入り口近くで、壁画アートから抜け出したようなオールドヒッピーが、仲間のオールドヒッピーと顔を寄せて話しをしています。

へええ、ヒッピーってまだ健在なんだ。

と、その時は思いました。

オールドヒッピーが一人去り、残された方は柱にもたれかかって、店を出入りする威勢の良い若い世代にぼそぼそと囁きかけます。

“Excuse me・・・”

え?

よく聞き取れませんでしたが、最初の言葉の後に“Can you give me some ・・・”と続いていたのかもしれません。

かつてのヒッピーは年取ってホームレスとなったのか。フラワーチルドレンのなれの果て・・・というなら物悲しい。

↓タルティーンベーカリー横のテラス席=外壁を背にした路上席。

B1029_160108

白人系は寒さに強いのか、店の外で当たり前のように飲食しています。軟弱な日本人にはマネできません。

景気のよさそうな若い世代が歓談していましたが、仕事はどうした。

前方の塔はなんでしょう。どこかの教会かと思いましたが、違いました。後で近くに行きます。

B1031_160108

スクールゾーン表示あり。

B1031_160108_3

旗も気になります。

B1031_160108_2

「SHOP SMALL  SHOP & DINE in the 49」 サンフランシスコ市長肝いり?で、地元の小さな産業を育てていこうという事業のようでした。(日本語の説明がないのでよくわかりません。)

日本でも、大型店舗進出にともない、地元の小さな商店がばたばたと潰れて空洞化し問題になっていますが、そのサンフランシスコ版対策でしょうか。

余談:アメリカ人は自転車に乗るときヘルメットかぶります。

B1031_160108_4

日本で自転車乗ってヘルメットかぶっている外国人はモルモン教徒、と刷り込まれた頭には、少々妙な気がしましたが、事故を考えたらかぶるべきですわな。

なんでか、ヤシの木がいっぱい。

B1031_160108_5

↓振り返って、右に続くのがドロレス通り。

B1032

ドロレス通りは写真ポイントなのだそうですが、気分乗らず、あっさり交差点を渡ってきました。

上の写真を拡大したら、ちょこっと壁画がみえます。

B1032_2

いずこも同じ、お母さんは子供よりスマホの画面を見る・・・

B1032_3

今気がつきましたが、右の人、怪しくないですか。そう思うのは偏見かも。

↓「ドロレス通り」の標識。アメリカは通りの名前さえわかれば、方向音痴でも目的地にたどり着けそうです。

B1032_4

↓こっちは交差する「18番通り」の標識。背後から襲いかかるエイリアンみたいなのはヤシの樹。

B1032_5

↓教会みたいなのは高校でした。名称「ミッション・ハイスクール」。

B1033_160108

日本でいうミッション系の本家、と思っていいのでしょうか。

壁に顔があります。魔除けか、といいたくなるくらいぎっしり。

B1033_160108_2

18番通りを北上中、お店発見。振り返って写真とりました。

B1034_160108

おほほ、「MOBY DICK」有名なバーです。

B1034_160108_2

なんで有名か? そりゃメルヴィルの小説「白鯨」でしょ。マッコウクジラのモビーちゃん・・・

じゃなくて、ゲイタウンサンフランシスコのゲイセンターみたいなミッション地区にあるのには理由がある。

有名なゲイバーです。

もちろん店内を覗いてみました・・・なんて勇気はありません。通りかかって写真を撮っただけでした。中は別世界なんだろうなあ。覗いてみたいなあ・・・

今回のタイトルの地区「ミッションドロレス」は、ミッションドロレス教会に由来します。

「スペインの入植者がこの地にたどり着いたとき最初に建てたのが、軍用地としてのプレシディオと、このミッションドロレス教会だった。
教会の建設は1776年に始まり、1791年に完成した。現存するサンフランシスコの教会としては最古のものとなる。」(地球の歩き方より)

だそうです。

当然見物するものと思っておりましたが、帰国してから気がつくと見ていない。ミッション・ハイスクールを眺めて教会を観光した気分になっていました。まぬけ・・・

ネットでイメージ検索すると、素敵な教会のようです。この次は見たいな・・・(「この次」があるのかな)

カストロストリートに続きまする。

|

« 2 パクストンの門 | トップページ | 4 カストロストリート »

サンフランシスコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/63460355

この記事へのトラックバック一覧です: 3 ミッションドロレス:

« 2 パクストンの門 | トップページ | 4 カストロストリート »