« 2 豪邸見物  | トップページ | 首が回らない »

2016年3月12日 (土)

3 坂と海の街

1月7日の散歩2です。写真が相変わらずピンボケで済みませぬ。

「ディビサデロ通り」から「ブロードウェイ」を西へ進んだ豪邸地帯。気になる立て札がありました。

B0951_160117

「ブロデリック通り」の角、急こう配を坂下に降りる道なのですが、「進入禁止」。

B0951_1601072_2

プライベートな坂でしょうか。管理者「ライアン」さん。

プライベート・ライアン・・・という映画がありましたね。

ライアンさんの秘密生活・・・じゃなくて、ライアン「二等兵」(の救出)。分かりにくい邦題でした。

話がそれましたが、このライアンさんはGeneral Contractors 総合土建業者さんでした。

入っちゃいけない坂は↓こうなっています。

B0952_160107

くねくね曲がった自動車用の坂道。そう、観光名所で有名な「ロンバード・ストリート」のミニ版でした。ふぉっふぉっふぉ。本物のロンバードは「lombard street」でイメージ検索すると、ざくざく出てきます。

豪邸ばかりなもので、いちいち写真撮ってもなあ、と思いかけたところで、1枚ぱちり。

B0953_160107

どうでもいい写真じゃないか。

いえいえ、植え込みにロボットがいらしたのですよ。

B0954_160107

一見兵士風。男ロボットであります。微妙なところが微妙にリアル・・・

まだ、クリスマスリースが残っておりますよん。

B0955_160107

で、ここはブロードウェイからバレイヨ通りへ降りる、急で長い坂(階段)です。

B0956_160107

降り切ったところは、花いっぱいの邸宅の玄関脇でした。

実はこの坂をずっと探していたのでした。現地御接待要員がジョギングしていて見つけたお勧めスポットだそうです。

坂だらけの街で、よくジョギングする気になれるな、物好きだな、というのが素直な感想ですが、さすが健康志向の街、このあと何人もジョギングしているのに遭遇いたしました。

おほっ、ドームが見える。「パレス・オブ・ファイン・アーツ」です。

B0957_160107

バレイヨ通りに降り立ちました。さらに先は「マリーナ地区」です。即ち港町。いかにもアメリカな赤いトラック?がシュールに駐車しております。

B0958_160107

ここで、東を見れば、おお、坂の街。

B0959_160107

遥か上を車が横切ります。

B0959_160107_2

坂の上にも下にも「STOP」と大きく道路に書かれています。出合い頭の衝突スポットなんでしょうね。

で。またしても坂の上の豪邸、急階段経由。

B0960_160107

写真の右下に車庫とおぼしきシャッターがあるので、中にエレベーターあるかもしれませんが、それにしても長い長い階段です。

ことごとく急階段付の家ばかりだから、太った住民をお見掛けしないのかも。

もう少し進みますと、またしてもマリーナ地区への急階段がありまして、サンフランシスコ湾が良く見えます。

B0962_160107

ほれ、凄い坂でしょ。ほとんど崖。この崖を、はあはあいいながら上がってくるジョガーがいるのですよ。次から次へと。

B0963_160107

上から眺めただけです。上がってくる苦労を思うと、降りてみたいとは思いませんでした。

坂の下にあるのは廃墟かい、と思いましたが、住んでいる方がいらっしゃる様子。

B0964_160107

右の屋根の上の双子みたいな煙突が可愛いです。窓からは室内の家具調度が見える・・・覗き見はいけませんね。

目を転ずれば、ほら、サンフランシスコ湾にヨットの帆柱が林立。

B0965_160107

海の街です。ピントが合っていれば素晴らしい眺めだったのに・・・

急な階段を上がってきて、また続きも階段です。黄色い上着のジョガー、はあはあ、と歩いていました。その上にもまだ階段があるのですよ。

B0966_160107

上の写真の右側は「プレシディオ」です。↓この塀の向こう側。

B0967_160107

ほほほ、赤瀬川原平さん言うところの「無用階段」がありましたわ。元はどこにつながっていたんでしょ。

ライオンストリートの表示。リオンだとばかり思っていましたが、グーグルマップに「ライオン」と書かれていました。フランスのLyonはリヨンって読むじゃありませんか。

B0968_160107

↑真ん中の汚いのが気になります。何かを剥がしたのでしょうね。何を剥がしたのでしょうね。「街をきれいに」なんて標語じゃないとは思いますが。

とりあえず上の写真の左右の階段を上がったところに、公園がありましてモニュメントがあります。

B0969_160107

多分パブリックアート。写真左下に説明プレートがあります。読んできませんでした。

で、このモニュメントですが、全体ハート型で、首の短い鶴みたいなのと風船らしきオブジェが描かれていました。多分主題は「平和の願い」。

B0969_160107_2

が、絵の具の流れ具合がどう見たって「血まみれの鶴」あるいは「鶴の流血大惨事」。

以後の会話で話題にするたび、「あの血まみれ鶴」と呼ばれることになりました。

流血事件公園の横にも豪邸。

B0970_160107

こんなものが玄関を守っているのですよ。どげな金持ちが住んどるのじゃ。

B0970_160107_2

血まみれ公園からさらに上に上りました。振り返ればどこまでもサンフランシスコ湾。

B0971_160107

上がりきれば、またしても豪邸。

B0974_160107

ブロードウェイとライオン通りの角です。空の青さが「ライオンじゃなくてリオン」だよ~って言ってるみたいです。

続きあります。

|

« 2 豪邸見物  | トップページ | 首が回らない »

サンフランシスコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/63320341

この記事へのトラックバック一覧です: 3 坂と海の街:

« 2 豪邸見物  | トップページ | 首が回らない »