« 4 ケーブルカーに乗って | トップページ | 高台には病院の群れ 1 »

2016年2月12日 (金)

5 オーガニック

1月5日の5です。

終点でケーブルカーを降りまして、あとは歩いて帰ります。

胸突き八丁みたいなノブヒルは通り越して、高台のパシフィックハイツですので、それほどの急坂はありません。

↓この車、なんでしょ。アメリカ消防車だそうです。

B0894_160105shobo

日本の全体真っ赤ッかに比べると迫力足りない気がしないでもありませんが、働く車はいいものです。手、振ったろか(やめとけ・・・)

豪勢な建物が並んでおりました。

B0895_160105

フランクリン通りの角、個人の家でしょうかしら。

B0895_160105_2

手前は教会のようでした。

B0896_160105

名前が分かりませんが、「クリスチャン・サイエンス」の旗を掲げております。

B0896_160105_2

ネットによりますと、キリスト教系の新宗教だそうです。新といっても1879年創設です。

後ろに「モニター」をくっつけると、オンライン新聞になります。「クリスチャン・サイエンス・モニター紙」と聞くと、一年前のIS人質殺害事件を思い出します。合掌。

↓日曜学校もやってます。

B0895_160105_3

ワタシも幼少のみぎり、日曜学校に通いました。

おかげで宗教に目覚めたかというと、通う動機がお菓子目当てだったし、横須賀の親戚に預けられていた一時期だけでしたから、その後はすくすく立派な罰当たりに育ちました。

わんこのお散歩風景。

B0896_160105_3

で、この先の通り沿いはずっと、上の写真にあるような、お城みたいな家が続きます。延々と続きますので、飽きちゃって写真なし。撮っても撮ってもきりがないんですもん。

で、まだ教会の前にいます。通りの反対側のマーケットでお買いものをいたします。

「WHOLE FOODS MARKET」。オーガニックな自然食スーパーです。

あれもこれもオーガニック。店内広い。種類豊富。圧倒的な物量。こんな国と戦争すれば負けるはずだよ日本(いつの話?70年前の話)。

日本のスーパーは店内撮影禁止です。こちらは写真撮っても良いようですが、日頃の習性抜けきらず、おっかなびっくり少しだけ撮ってきました。つくづくチキンハート。

リンゴだけでどれだけあるんだ。

B0899_150106

2ドル69セントは高いんでねえか、と思いかけましたが、1個の値段じゃなくて、1ポンド(453グラム)あたり。

B0898_160105

ピンク・レディ。3個で2ポンドとして、1個あたり1ドル80セントで・・・まあそんなものですか。

↓こっちはちょい安いです。デリシャス。

B0899_150106_3

↓右上の表示に「AMERICA'S FIRST NATIONAL CERTIFIED ORGANIC GROCERY STORE」とあります。

B0899_150106_2

アメリカで最初に国からオーガニック認定された食料品店・・・かな。

バナナは吊るして売ってました。バナナの下の陳列は「イモ」。

B0900_160105

なんか理由のある組み合わせでしょうか。ジャガイモの発芽防止にはリンゴを一緒においておくといい、なんて話がありますが、バナナは?

写真見ながら気がつきましたが、「KING B」って何?

B0900_160105_2

クインビーは女王蜂です。キングビーは王様蜂、でしょうけれど、蜂の世界の権力者は女王様の筈・・・ ただのオス蜂が少しいるだけの筈・・・

不思議なキャラクターだな、と思いつつ目を凝らすと「Satsuma Mandarin」の文字が。

こりゃ温州ミカンだよ。どこでどうなって、ふくよかな王様になっちまいましたか。

ナッツの種類と全体量が凄かった。

B0902_160105

量り売りです。

B0902_160105_2

好きなだけ取って、値札シールを貼ってレジに持っていきます。

B0904_160105

全部試したくなるぞ。

B0904_160105_2

で、写真撮ってないのですが、ピーナッツとアーモンドだけですが、機械でういんういんとクリーム状にしてくれるコーナーがありました。

レバー押して好きなだけういんういんと容器に絞り出し蓋して計量器に乗っけてプリントされた値札貼ってレジに持ってく。

ピーナッツをクリームにしました。ういんういんと絞り出されてくるのが楽しくてついつい多めになっちゃいそうで・・・

で。機械を止めると少し垂れ下がったまま残ります。色といい形といい太さといい固さといい、まるで○○こ。

なぜそのままにして去るのだアメリカ人。

次の人は、まず垂れ下がったブツを、それ専用の容器で掻きとって排除することから始めます。

あー、写真撮ってくるべきだった。

他にパン買って肉買って野菜買ってワイン眺めてお菓子眺めて、これまた総菜屋が一軒入り込んでるくらいにだだっぴろいホットな調理コーナーを眺めて、見ているだけでお腹いっぱい。

肉はステーキ用に買いました。話には聞いていたけれど、アメリカの肉屋、塊で売っております。薄切り肉なんぞ陳列してない。

いつもの肉と、ちょっとお高い御接待用シャトーブリアンとにしました。英語でもそのまま「Chateaubriand」と書いてあります。滅多に買わない部位なので、誰かさん「シャトーブリリアント」と言っておりました。

その日の夕食はもちろんステーキ。血のしたたるようなレアな焼き加減。

肉はやはり国産牛に限る、大雑把なアメリカ肉なんぞ食えますか、と言ってたのはワタシが無知でした。肉食の国の肉、美味しい。シャトーブリアンも美味しいが、いつもの肉がこれまた美味しい。

また食べたいな・・・

1月5日の部はこれでお仕舞です。次回は6日のお話です。

|

« 4 ケーブルカーに乗って | トップページ | 高台には病院の群れ 1 »

サンフランシスコ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、海外旅行、満喫出来た様ですね。

私の時々行く喫茶店は、健康趣向にのママさんがやっていて、ビーフカレーは人参、玉葱、ジャガイモではなく、レンズ豆、ひよこ豆など数種類の豆がいっぱい。
見た目は悪く、食べても「美味い❗️」と言うものではないんです。
でも、なんだかクセになる。
そろそろ食べたい気分です。

ところで、時々みていた「首輪のない犬」YouTubeに無くなってました。
すごく残念です。

投稿: ユキ | 2016年2月14日 (日) 18時38分

海外旅行の楽しみの一つが、
スーパーマーケット巡り。
見てるだけでワクワクします。
それにしても、広くて楽しそうですねぇ。
ピーナッツをクリームにしてくれるだなんて!
ビックリポンですわ。
いやぁ、行きたい。
私、スーパーで写真撮ってたら怒られたことありましたcrying

投稿: kiri | 2016年2月14日 (日) 21時43分

ユキさん こんにちは。
日がたってしまい、なんだか夢を見ていたような気分です。
サンフランシスコはあらゆるものが健康志向でした。(;´▽`A``


「首輪のない犬」、無くなっちゃってましたね。あーっ。見ようと思っていたのに・・・
また出てきたら、お知らせしますね。
そちらのブログはログインしないとコメントできなくなっちゃいましたね。
登録しなくちゃ、と思っているのですが・・・

投稿: マイマイ | 2016年2月16日 (火) 16時07分

kiriさん こんにちは。
ピーナッツのクリームは楽しかったですよぉ。
アーモンドもやれば良かったかなぁ・・・とか。
ほんと、ぜひ一度行かれることをお勧めします。

投稿: マイマイ | 2016年2月16日 (火) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/63199263

この記事へのトラックバック一覧です: 5 オーガニック:

« 4 ケーブルカーに乗って | トップページ | 高台には病院の群れ 1 »