« 美しいものには鱗がある | トップページ | お墓の隣にヘリポート »

2015年12月 1日 (火)

村上隆「五百羅漢図展」-近目の遠目見物

村上隆「五百羅漢図展」。いよいよ本題に入ります。威張って始めたかったのですが、写真整理の段階で何がなんだかわからなくなりまして、及び腰にて候。

そもそも五百羅漢をちっとも理解していませんのが問題だとは思います。

ネットから借用すると

〈仏教で供養尊敬を受けるに値する 500人の人々。第1回,第4回の仏典編集会議に集った人々がそれぞれ 500人であったことから両会議の参加者をさしていう。〉

とのことですが、はて。

要するに500人の偉い人。おぢさんばかりなのは、古代社会が女性の人権を認めてなかったらかでしょうね。今でもそういうところありますけどね。

さて展示のメインに、神獣「青龍 白虎 玄武 朱雀」、4枚の巨大絵画があります。

これは白虎ですな。 

B0686_151115gyakko

〈細長い体をした白い虎の形〉とネットにはありますが、白虎にもいろいろ事情があるんでしょうね。

目つき悪し。アレルギー持ちなのか目の上が腫れています。

B06863

以下画像が小さくて済みませぬ。

中高年はナローバンドを経験しているもので、画像はなるべく小さく軽く、を叩き込まれておりまして、とはいえ5KB程度では辛い、30KB前後を目標に圧縮をかけております。それじゃいくらなんでもと思っても70KB程度以上にはできない・・・・

300KB位あれば結構鮮明なんですけどね、それではブログの容量があっという間になくなっちゃう・・・

B0686_151115rakan

↓左側の4人さま。真面目にやらんかい・・・

B0688_151115rakan

↓こんなんですもん。

B06883

裾には小さい羅漢さんがびっしり。

B0688_151115rakan2

↓首回りが剛毛だらけの象みたいなものはなんじゃ。(白虎の部にいらっしゃいました。)

B0687_151115rakan

(追記:獏(ばく)だそうです。)

↓「目を白黒させている」と表現していいのでしょうかしら。

B06873

↓はっちゃけた青龍、と思ったら、蜃(しん)だそうで。蜃気楼を作り出すといわれる伝説の生物だそうで。

B0689_151115seiryu

玄武の部らしいのですが、どれが玄武か分からん・・・

B0689_151115seiryu2

↑おぢさん、どう見たってアチャラカそうだし。

↓玄武って、カメですよねえ・・・お化けガエルじゃないですよねえ・・・

B0690_151115yagi

目が可愛い・・・かな。鼻から出ているのは鼻息かな鼻毛かな・・・

B06903

クリスマスに便利な山羊さん。肉食系山羊に見えまする。顔怖い。

B0690_151115yagi2

ちょっと金持ちそうな羅漢さま。

B0691_151115rakan

ほれ。黄金ピアスしてますぞ。

B0691_151115rakan2

山羊の頭の果物、実は蓬莱の玉だったりして。値踏みしてたりして。

隣で、いくら?と聞き耳立ててる羅漢さま。

B06914

玄武?の横でジャンプする赤鬼。

B0692_151115oni

(↓画像追加:赤鬼の右隣の建物が玄武をイメージしている、とのこと)

B0694_151115genbu

(生物じゃなかったんだ・・・分からない筈だ・・・)

あら、青鬼もいらっしゃる。阿吽形。狛鬼ですか。

B0694_151115oni

アップで見るとこういう具合でして、鼻毛カッター送ったろか・・・

B0694_151115oniaka

虫歯はありませんわね。扁桃腺も腫れていませんわね。結構結構。

B0694_151115oniao

おほほ。間違いなく朱雀。派手な孔雀みたい。

B0693_151115suzaku

顔がよく分からなかったのですが、アップにしたら巨大鶏冠のニキビ面。

B0693_1511151

性格悪そう・・・かな。

↓あれ、また蜃? 写真間違えたかな。いや、上の蜃とは違います。右にいらっしゃるのは、あちゃらかおぢさんではなく、後光の差した有難い菩薩さま。

B0698_151115seiryu

あら、蜃さん、子持ちだわ。ワニの進化形みたいなチビさん6匹。

B0699_151115ryu

アップでみると、やっぱり、はっちゃけた龍みたいです。歯を磨きなさいよ。

で。青龍はどこよ? 蜃を青龍と思い込んで、本物青龍を落としたようです。お粗末。

↓こちらが青龍です。龍?(谷岡ヤスジさんを連想するワタシが間違っているはず・・・)

151130seiryu

公式ビデオYouTube「村上隆の五百羅漢図展」メイキング映像 44秒あたりでみられます。
https://youtu.be/hJkTvtV6n5o

↓黄色い白虎・・・なわけ無く、虎。

B0700_151115neko

虎ねえ・・・父方が狸だったりして・・・

大量のしゃれこうべ踏みつけて、目つきは悪い・・・

B0700_151115neko2

B0700_1511151

↓基本的にこのイメージ多いです。

B0685_151115murakami

《たんたん坊:a.k.a ゲロタン:輪廻転生》 2015年

じっくり見ていくと、かなり疲れます。そして、じっくり見たつもりで、かなり見落としています。もう一度行きたし。チケット1600円也・・・芸術鑑賞はお金が掛かります・・・

(再訪する前に、五百羅漢についてお勉強せねば。)

|

« 美しいものには鱗がある | トップページ | お墓の隣にヘリポート »

おさんぽ・博物館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
いつもありがとうございます。

いや~面白い解説つきの村上隆氏の「五百羅漢図」楽しく拝見させて頂きました。
まったく新しい「五百羅漢図」ですね。
以前「江戸東京博物館」で増上寺の「五百羅漢図」を観た事があります。
全部観るのは大変でしたし、今はほとんど覚えていない?極彩色溢れるものなどあった事位!
怖いのもありましたね。

投稿: マコママ | 2015年12月 1日 (火) 13時50分

へたな解説聞くよりずぅぅっと面白い。
マイマイさまとご一緒したい。

投稿: kiri | 2015年12月 1日 (火) 15時54分

こんばんは。

おぉー! これは想像を絶する羅漢様の集合で
ございますね

お寺の本堂で、威厳に満ちた顔つきでお釈迦さま
に付き従っておられるお姿ばかり、拝見して
おりますが、こんな表現も有りだとは。

せひ見てみたいですなぁ。

投稿: なかっちょ | 2015年12月 1日 (火) 22時21分

マコママさん おはようございます。
村上隆さんは「マンガ的」と思い込んでおりましたが、今回の五百羅漢図展は思い込みをぶっちぎる面白さでした。
五百人一人ひとりをじっくり見たら、もっと面白いでしょうね。

投稿: マイマイ | 2015年12月 2日 (水) 09時42分

kiriさん おはようございます。
現物はもっと面白くて楽しいですよ。
是非、会場にお出かけ下さい。

投稿: マイマイ | 2015年12月 2日 (水) 09時44分

なかっちょさん おはようございます。
そちらは謹厳実直な羅漢様の本場ですね。
機会がありましたら是非ご覧ください。
現代アートは観念的で面白くない、と思い込んでいましたが、今回は声を大にして「楽しい!」

投稿: マイマイ | 2015年12月 2日 (水) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上隆「五百羅漢図展」-近目の遠目見物:

« 美しいものには鱗がある | トップページ | お墓の隣にヘリポート »