« 注意力散漫 | トップページ | 凡人も駄馬も走る »

2015年12月11日 (金)

MSのクリップアートが無くなったので

MicrosoftのOfficeのクリップアートダウンロードサイトが無くなって1年。

代わりにBingサイトで検索してください、ということでしたが、はっきり言ってBing使えない。

使い方が分からない、というのではなくて「使えね~」の方。ライセンス関係を自己責任で調べるのがチョーめんどくさ。←おばさんにあるまじき発言というなかれ。おばさんだからこそ「わかんね~」

「クリップアート、無料」で検索すれば、使えないサイトがぞろぞろ。

一つ選んで、無料会員登録しようとしたら、仮登録の次の段階でサイトがつながりまっせんっ。月額使用料金今なら183円を掲げて、有料会員はこんなにお得ですよ~といっているうらで、無料会員なんぞいらんさっさと帰れっちゅうことかな、と勘繰りたくなりますぞ。

もう、このサイトには頼らんっ。

で、ネット界を放浪して、安心サイトをいくつか見つけました。

定番の、Ricoh「クリップアートファクトリー」とか、「ピクト缶」とか「CCライブラリー 【フリー素材集】」その他いろいろ。

で、放浪中に、「パブリックドメイン」「クリエイティブ・コモンズ」という言葉に行き当たりました。

かなり大雑把にいえば、どちらも社会の公共財産。好きに使っていいよ、少し条件あるけれどね、というやつです。

最初に説明をじっくり読めば、これこそが安心できるダウンロードサイトへの直結道路。

MSがクリップアートサイトを廃止した理由は「利用が減っている」とのことでした。代わりにネットに自由に使えるイラストがあるからと・・・のことでしたが、それは英語圏での話。

たしかに、英語圏には検索結果を持て余すほどある。対して日本語での検索は、泣きたくなるほど限られている。

その英語圏へ、日本サイトを踏み台に出張できます。ワタシには↓この辺が足掛かりになりました。

「 All Free Clipart + 」

利用するなら、よく読んで権利関係にご注意を。クリエイティブ・コモンズには、一定の条件がありまする。完全自由に使えるものから、作者名あるいはタイトルを表示すること、改変の可否、商用利用の可否・・・それぞれマーク表示されています。

と、大威張りで言いたかったのですが、前途多難。グローバル検索出張はヤバイぜよ。

ライセンス関係も明示されているし、ダウンロードすっか、とクリックしたとお思いくださいまし。

大元サイトが理解不明の言語だったりした場合は、そこで怖気づいて退却するのですが、英語だったし、License:  Creative Commons (Attribution 3.0)とあったし、「ダウンロード」クリックしました。

・・・・拡張子「.rar」ファイルが来やがりました。PCに「開けねえよ」と拒否られました。Winrarちゅうソフトを使えばいいんでしょうけど、もしかしたら

う・い・る・す混じり かも・・・

ワタシ、チキンハートです。とっとと削除して、ブラウザもクリーニングしました。

やっぱり、島国育ちに海の外は怖い・・・

Microsoftさま、日本限定でクリップアート復活してくださいまし。

|

« 注意力散漫 | トップページ | 凡人も駄馬も走る »

パソコンの悩み」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/62843637

この記事へのトラックバック一覧です: MSのクリップアートが無くなったので:

« 注意力散漫 | トップページ | 凡人も駄馬も走る »