« 神宮外苑のお祭り | トップページ | トラ猫とツノカメレオンのお出迎え »

2015年11月25日 (水)

神宮外苑と六本木ヒルズの間にあるもの

神宮外苑経由で六本木ヒルズに向かうと途中に何があるか。

銀杏並木もありますけれど、↓こういうものがあります。

B0670_aoyama

お・は・か。お墓。青山の一等地に広大な墓石群・・・そうです、お墓の高級ブランド「青山墓地」。青山墓地は通称で、正式には「都立青山霊園」です。

各界の著名人が多く埋葬されています。<萬有の眞相は唯だ一言にして悉す、曰く「不可解」>の藤村操さんのお墓もここにあります。

坪単価でいうならそれほど高くはないかもしれませんが、そうそう空きがあるわけでなし、おいそれと入れるわけではありませぬ。

えーと、wikipediaによりますと、使用料:m2単価2,714,000円、ですか。案外安いな・・・いや最低でも1坪3.3平方メートルは欲しいとなると・・・墓石も必要だし・・・

やめやめ。

↓墓石の向こうに六本木ヒルズ。いとシュール。

B0671_151115hills

見よ、高層ビルにたなびく雲を。

と言いたいのですが、雲かなあ・・・地上の水蒸気かなあ。

10年以上前、六本木ヒルズができたての頃か工事中だったか、夕暮れ時に原宿から歩いて青山墓地内を抜けるとき、墓地の木々と墓石の向こうの六本木ヒルズのシルエットの上に真ん丸お月様がでていて、あれも「いとシュール」でありましたな。

夕暮れ時に墓地を歩いた?

不思議と怖いとは思いませなんだ。

都市伝説によりますと、青山墓地には幽霊注意の!マーク標識が立っているんだとか。

余所んちのお墓の写真なんぞとってはいけませぬ、と思いつつ、だだっ広い墓所がございましたもので、ついつい頭を下げて入らせていただきまして、一巡りしてきました。

百坪以上あったぞよ。

狛犬三段構えで、不審者対策。入り口を見張っています。

B0672_151115kuroda

反対側も。

B0673_151115kuroda

福岡藩主であった「黒田家」の墓所のようでございます。(確証なし)

青山墓地は小高い丘の上の観がございまして、ところどころ断崖になっております。

断崖から下を眺むれば、あれ、あそこに六本木ヒルズが見えるぞよ。

B0674_151115hills_2

此方と彼方では時間の流れが違いまするぞ。きっと。

子どもの頃、墓地は怖い場所でしたが、人生の荒波をくぐって生きながらえてくると、安らぎを覚えたりしますなあ。

どこのどなた様か存じませんが、妙に親しみを覚えるお墓があったりしまして、なんまんだぶ、と手を合わせつつ、下っていきますと、おおっ、時代劇みたいな建物が。

B0675_151115mise_2

バックの新建築が少々邪魔ですけれどね。お墓詣りグッズその他を扱っているお店のようでした。

中身はともかく、見た目はずーっと変えていないんでしょうね。やっぱりね、お墓の入り口はこうでなくっちゃ。

で、お店の先の角を左に曲がったら、いきなり現実がそびえたっていました。

米陸軍施設、ハーディー・バラックス(HardyBarracks)。日本の中のアメリカ。東京の一等地のアメリカ。

写真を撮り損ねて歩き始めてしまって、どこかで写真を撮ろうと思いつつ、門には守衛さんがいたりして、不審尋問されるのは嫌だな・・・と歩き続けて、星条旗新聞・「スターズアンドストライプス」(Stars and Stripes)を通り過ぎかけて、ようやくパチリ。

どうでもいい写真が撮れました。

B0677_151115beigun

入っちゃなんねえですよ。

B0678_151115us

というわけで、青山の一等地は、墓地あり基地ありで、都心とは思えぬ雰囲気が漂っております。

次、美術館の予定です。

|

« 神宮外苑のお祭り | トップページ | トラ猫とツノカメレオンのお出迎え »

おさんぽ4・都心編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/62748225

この記事へのトラックバック一覧です: 神宮外苑と六本木ヒルズの間にあるもの:

« 神宮外苑のお祭り | トップページ | トラ猫とツノカメレオンのお出迎え »