« 入り口 | トップページ | 天主閣のない甲府城 »

2015年10月29日 (木)

夢の小路と時の鐘と石臼と山手御門

間延びしましたが、甲府城の続きです。時間が経ちすぎて思い出すのに一苦労。

はてさて、駅北口のこの建物は何?

9670_151011yume

予備知識ゼロなので、面くらいました。

左には時の鐘と、古そうな建物が続きます。

9664_151011yume

なんじゃこりゃ、と歩いて行きましたら、「甲州夢小路」=観光商店街でした。

いつできたんじゃ? 知らんぞ。

と部外者が威張ることでなし。地方都市は観光客を呼び込むのに必死です。

↓全体はこんな感じ・・・じゃありません。この写真の左側に延々と続きます。

9663_151011yume

「小江戸情緒が息づく、明治、大正、昭和初期の甲府城下町を再現」したんだそうです。へええ・・・

「情緒」のお写真はこちら↓に。
http://koshuyumekouji.com/about/

「時の鐘」も、明治初期まであったんだそうな。

9674_151011yume

写真や図面が残っていないので、お寺の鐘楼をモデルにしたそうな。川越の時の鐘とはちと違いますわな。

で、この時の鐘ですが、現在は時を告げるんじゃなく、ボタンを押すと20秒後に「ごい~ん」と鳴るようになってます。

9671_151011toki

つまり。

観光客が興味本位で押しまくるので年がら年中、ごい~ん、ごい~ん。うるさいっちゃうるさいな・・・ ワタシも押してくればよかったかな・・・

甲州夢小路にはさまざまなお土産物屋さんがあります。バブル真っ盛りに「夢工場」というのがありましたな。なんとなくあれを思い出しつつ、店から店へ流して歩きました。

見るだけ。買いませんぞ。

という客が多いか少ないかは知りません。

が。しかし。金なら使わんぞ、という固い決意はジャム屋さんであっという間に崩壊。

小さい瓶入りのブラックカシスジャムをお買い上げ・・・手のひらに収まるくらいに小さくて700円。新宿タカノ本店で買ったバラジャムの倍以上高いぞ・・・

9713_151029jam

(タカノが175gで594円で、夢小路が100gで700円で、10gタカノ33.9円夢小路70円・・・つまらない計算するでない)

どうしちゃったかというと、原材料がブラックカシス、国産ビーツ、グラニュー糖だけ。うわ買うしかない・・・。

中高年は「添加物無・天然物」にイチコロです。生物分類「ヒト科」というより「いいカモ科」。むはは。

(充分頭が冷えた今、やっぱり高いな・・・いや高いのには理由がある、と葛藤中)

甲府名物宝飾品のお店の前にあった石臼。穀物をガラガラと粉にする碾臼ではなくて、餅を搗く石の臼。

9672_151011usu

ワタシが可愛いらしい子どもだった頃、ウチにも似たような石臼がありました。一家総出で石臼で餅を搗きました。もち米を蒸かして杵でぺったんぺったん。時々杵を持たせて貰いましたが、なんせ力がない。ふらふらして石臼のヘリに杵をぶつけて、木端入りの餅を搗いておりました。遠い日々・・・

甲州夢小路の近隣はなにかしらの建築規制があるのか、住宅までもが時代がかった造りになっていました。

↓蔵ではなかった筈。民家?の屋根の下。

9675_151011turu

「鶴」紋は、甲府城が「舞鶴城」と称せられるからでしょうね。

漆喰ですよね。材質が漆喰でないにしても、コンセプトは漆喰細工。

伊豆の長八さんが見たらなんていうだろうな。何も言わないだろうな・・・そもそも比べるべきじゃないだろうな・・・

で、本題。甲府城です。甲府城にあった3つの出入口の1つ「山手御門」(復元)です。

↓これは「山手門」 (高さ約6m、幅約5m)です。城門です。・・・って、話が分かりづらい。

9666_151011yamate

「山手御門」とは二つの門の総称です。上のが山手門(やまのてもん)で、

こちらが↓もう一つの「山手渡櫓門」(やまのてわたりやぐらもん)(高さ約12m、幅約14m)。武器庫だそうです。

9669_151011yamate

山手御門のあるところは「歴史公園」となっています。

「山手御門とは、山手門(やまのてもん)と山手渡櫓門(やまのてわたりやぐらもん)の総称で、甲府城にあった3つの出入口の1つです。山手門は城門として、山手渡櫓門は武器庫としての役割を果たしていたといわれています。」 

「山手渡櫓門の中は展示室になっていて、発掘調査で出土した瓦や陶磁器、山手渡櫓門のミニチュア模型、江戸時代の歴史資料などを展示しています。」そうです。

しまった。見てこなかった・・・

以上の請け売りの元は「甲府市観光情報」です。
https://www.city.kofu.yamanashi.jp/welcome/rekishi/rekishikouen.html

さて、お城の本体は線路の向こう側です。つまり、明治に線路を通す際に、お城を分断しちゃったのでした。今思うと「なんちゅうことを」ですが、徳川様の御威光の失われた時期、廃城の価値なんぞゼロに等しかったのでしょう。

あちら側へは陸橋を渡ってまいります。

9691_151011hasi

行くでよ。

(続きは次回に)

|

« 入り口 | トップページ | 天主閣のない甲府城 »

おさんぽ・その他」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
いつもありがとうございます。
今回もユーモアsmile溢れるご解説を楽しく拝見させて頂きました。
お写真の着眼点も素晴らしいですね。
私にはとても無理!
続きを楽しみに・・・。

投稿: マコママ | 2015年10月29日 (木) 16時42分

マコママさん こんにちは。
こちらこそ、いつもありがとうございます。
人間が基本的にヘラヘラしているもので、ヘンな話ばかりです。
ジャム、まだ開封していません・・・

投稿: マイマイ | 2015年11月 1日 (日) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/62571446

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の小路と時の鐘と石臼と山手御門:

« 入り口 | トップページ | 天主閣のない甲府城 »