« 人生相談@井の頭公園 | トップページ | モノは古ビル »

2015年9月28日 (月)

怪獣好き建築

一橋大学の続きです。井の頭公園編が横入りして間延びしました。勘弁くださいまし。

さて、なんでしょう↓。

9625_150913kodo

人間の目は、あらゆる事物に顔を見るようにできているそうです。目と書きましたが、脳の認識構造ですかな(←難しく書くと偉そうにみえますわね)。

短足顔デカおぢさんがにこにこ3人スクラム組んでいるように見えるのですよ、ワタシには。

見えない? 目がどうかしてる?

いえいえ。ちゃんとご覧くださいまし。バッハのようなずっぽり髪型、もしかしたら鼻の下が長いおぢさん。額の真ん中に大きな福ぼくろがついてて・・・古代エジプト人みたいな・・・

見えませんか。そうですか。

↓こういう建物です。ロマネスク様式だそうです。ゴシック様式の前ね。

9624_150913kodo

もうちょっと離れてみると、緑に囲まれていい雰囲気です。

9601_150913kodo

欧州の田舎に旅行した時泊まったんです、と嘘っぱちを並べたくなります。

9593_150913kodo

兼松講堂であります。

怪物の棲む講堂」なんだそうです。赤瀬川原平氏の路上観察学会仲間で建築家の藤森照信氏が、平成15年の講演でそう言ってます。

http://www.hit-u.ac.jp/hq/vol001/pdf/001-02.pdf

設計した伊東忠太氏が、〈子どものころから怪獣が好きで、学者になってからも、毎日のように怪獣の絵を描いているんですね。

ですので、装飾が怪獣だらけになっちゃんたんだとか。和物も混じっているそうです。へええ。

内部に入れないので怪獣の横溢する様子はわかりませんが、入り口の柱に「怪獣」がいました。

↓これ。

9591_150913kodo

そういうことなら、ねちねちと見てくるんだった・・・予備知識なしの初回は仕方ありませんね。もう1回行こ。

あ、コンサートが行われることもあるのですね。早めに行けば中をじろじろ見られるかな。えーと、11月、自由席4000円ですか。

ロマネスク様式の特徴はアーチだそうです。

9592_150913kodo

どこもかしこもアーチだらけ。

講堂内部への扉もアーチ。

9589_150913kodo

和物怪獣がいると聞いたら、扉の塗装が漆に見えてきました。違うでしょうね。

↓これも漆塗に見える・・・

9590_150913kodo

脇に回ると、とりわけ顔の長い「ハイドン」さんみたいな窓。

9586_150913kodo

反対側の脇。やっぱりアーチだらけです。

9594_150913kodo

そうそう、こんなんもありました。

9587_150913kodo

緑化する自転車。グリーンエコの新機軸。

続きあります・・・

|

« 人生相談@井の頭公園 | トップページ | モノは古ビル »

おさんぽ3・立川/国立市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/62344823

この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣好き建築:

« 人生相談@井の頭公園 | トップページ | モノは古ビル »