« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

怪獣好き建築

一橋大学の続きです。井の頭公園編が横入りして間延びしました。勘弁くださいまし。

さて、なんでしょう↓。

9625_150913kodo

人間の目は、あらゆる事物に顔を見るようにできているそうです。目と書きましたが、脳の認識構造ですかな(←難しく書くと偉そうにみえますわね)。

短足顔デカおぢさんがにこにこ3人スクラム組んでいるように見えるのですよ、ワタシには。

見えない? 目がどうかしてる?

いえいえ。ちゃんとご覧くださいまし。バッハのようなずっぽり髪型、もしかしたら鼻の下が長いおぢさん。額の真ん中に大きな福ぼくろがついてて・・・古代エジプト人みたいな・・・

見えませんか。そうですか。

↓こういう建物です。ロマネスク様式だそうです。ゴシック様式の前ね。

9624_150913kodo

もうちょっと離れてみると、緑に囲まれていい雰囲気です。

9601_150913kodo

欧州の田舎に旅行した時泊まったんです、と嘘っぱちを並べたくなります。

9593_150913kodo

兼松講堂であります。

怪物の棲む講堂」なんだそうです。赤瀬川原平氏の路上観察学会仲間で建築家の藤森照信氏が、平成15年の講演でそう言ってます。

http://www.hit-u.ac.jp/hq/vol001/pdf/001-02.pdf

設計した伊東忠太氏が、〈子どものころから怪獣が好きで、学者になってからも、毎日のように怪獣の絵を描いているんですね。

ですので、装飾が怪獣だらけになっちゃんたんだとか。和物も混じっているそうです。へええ。

内部に入れないので怪獣の横溢する様子はわかりませんが、入り口の柱に「怪獣」がいました。

↓これ。

9591_150913kodo

そういうことなら、ねちねちと見てくるんだった・・・予備知識なしの初回は仕方ありませんね。もう1回行こ。

あ、コンサートが行われることもあるのですね。早めに行けば中をじろじろ見られるかな。えーと、11月、自由席4000円ですか。

ロマネスク様式の特徴はアーチだそうです。

9592_150913kodo

どこもかしこもアーチだらけ。

講堂内部への扉もアーチ。

9589_150913kodo

和物怪獣がいると聞いたら、扉の塗装が漆に見えてきました。違うでしょうね。

↓これも漆塗に見える・・・

9590_150913kodo

脇に回ると、とりわけ顔の長い「ハイドン」さんみたいな窓。

9586_150913kodo

反対側の脇。やっぱりアーチだらけです。

9594_150913kodo

そうそう、こんなんもありました。

9587_150913kodo

緑化する自転車。グリーンエコの新機軸。

続きあります・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

人生相談@井の頭公園

男・中央「この歳になって、母ちゃんに逃げられるなんてよ、思ってもいなかったからよ、どうしていいかわかんねえ。」

男・右「ふむふむ。」

男・左「そりゃあな、お前は悪いけどよ、今更亭主を放り出すのはナンだなアレだな・・・」

9649_150920sodan2

熱心に聞いてる右の人。上半身裸ですけど違和感なし。

普通なら公序良俗がなんとかで、おまわりさんが事情を聴きにくるところですが、ここは井の頭文化園の彫刻館です。

北村西望翁作品「師範代」さんです。師範の代理。

フェンスの向こうのおじさん、相談する相手を間違えております。ひたすら前向きなお方の頭の中には希望と輝かしい未来が詰まっております。それがどういうものか、おじさん、もう知ってるでしょ。

おじさんに必要なのは、規則正しい生活と栄養です。お酒もたばこもやめろとはいいません。ほどほどにしましょ。歩きましょ。そのお腹をなんとかしましょ。歩いているうちに気分はすっきりするものです。

ピンボケで済みませぬ。近寄るわけにもいかず、↓遠くから何食わぬ顔で撮りました。

9649_150920soudan

で。

「救いは彼方にあり」

9650_150920atti

そう自信満々に指差すのは「建国の勇姿」どの。あっちへ行け、ですか。

「もうっ、変なの回してこないでよっ。子育てで手一杯なんだからっ」

9646_150920ike

「鳥の母親-舞踏」。鳥のお母さんです。これまた、あっちへ行け、とたらい回し。

「いい加減にしてよっ。」といきなり指名されて猛り狂う「自由の女神」さま。

9647_150920jiyu

師範だの建国者だの、自分のとこでちゃんと解決しなさいよっ。

ストライークッ、と「花吹雪」さん。

9648_150920zo

ごちゃごちゃうだうだはピンと一緒に吹き飛ばしちゃいなさいよ。体動かすのが一番いいんだから。引き締まるし。見て、この美しいボディ。自分で言うのもなんだけど、肉のだぶついた女神なんて目じゃないわよ。

↓やっぱりこういうお方に救ってもらわないと。

9651_150920kannon

「聖観世音菩薩」 巨大です。足元の台上に子供が並んでおりまして、「絵になる」と写真を撮ろうとしたら、ガキども、さっさと降りやがって。じゃなくて、お子様たち、下にお降りになりましたのよ。

大きい、というだけで有難い気分になれます。とりあえず、なんまんだぶなんまんだぶ・・・

ぬわっ。

9653_150920koma

あんた、たしか近所の八百屋の顔の長いおぢいさん。通りを挟んで両側に店があって、ねじり鉢巻き、パッチに地下足袋、通りをあっち行きこっち行き、車があまり通らない道でよかったけれど、いつもヒヤヒヤしてみてました。

ぢいさん、売り物の菜っ葉を時々踏んづけていました。そんなんだから、そこで買い物をしようという気になれませんでした。だから潰れちゃったのかな。気がついたら、道の南側は駐車場に、北側は住宅になってました。ぢいさんも向こう岸に引っ越ししたのかな・・・

「狛犬」なんだそうです。

9652_150920koma

犬ねえ・・・ガンダルフ犬種だったりして・・・

最近多い「山野草園」。ボケ写真ですみませぬが、奥で萩が咲いていました。

9654_150920yasou

彫刻館近くに資料館があります。ハリネズミなどが展示されています。どれ、行ってみます。

おお、ワタシの好きなカエルですと。

9655_150920kaeru

喜んだのは束の間。5月で終わっていました。くやしい~来るんだった。やっぱり年間パスポート作るべきかな。1600円かかりますけど、元を取ろうとせっせと通うことになるでしょうから。

そろそろ帰ります。園内のあちこちに彼岸花が咲いていました。

9657_150920higan

秋ですねえ。

↓おまけ。水生物園から見た井の頭弁財天。

9637_150920bennten

山の中みたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

あひるの決闘

間違えました。カモと白鳥の決闘でした。

直前にあひる舎のあひる達が一斉にけたたましく警戒音を出していたのに引きずられました。

あひるが何に反応していたかというと、一眼デジカメのレンズのよう。鉄砲に見えたのでしょうか。野生のあひるじゃありませんのに。

都立井の頭公園内の水生物園(井の頭自然文化園)、通称・分園でのことでした。

ぐわぐわ鳴き立てるあひる達を写真に撮ろうと思ったら、残念、檻の細かい網が邪魔で撮れませぬ。一眼デジカメ構えてた方、ちゃんと撮れたのかな。

水生物園には鳥と魚がいます。ゾウの花子さんは動物園、通称・本園の方にいます。

鳥舎は昔は檻の目が粗かったと思います。すずめなどが入り込んで、餌を勝手に食べていた記憶あり。鳥インフルエンザの流行などで、侵入防止のため細かい網になったのでしょうかしらん。

で、決闘。写真がしょぼくて済みませぬ。決定的瞬間は逃しました。

-------------------------------

白鳥「おいそこの鴨、待ちやがれ。」

鴨(左):(うぜえ・・・)

9638_150920ketto

鴨(下)「また白鳥がいちゃもんつけてる。しらんぷりしらんぷり。」

そこへ現われいでたる鴨一家。

鴨母「うちの子に何の用だい。言いがかりはよしとくれ。」

9639_150920ketto

白鳥(あらま。肝っ玉かあちゃんが来ちゃった。)

鴨母「大きな体して、やることがせこいんだから。手を出したら承知しないよ。」

9640_150920ketto

白鳥「手じゃねえよ。嘴だよっ。」

-------------------------------

本当に嘴をぶつけ合ってチャンチャンバラバラしていました。

白鳥も鴨も凶暴・・・と思ったのですが、中央の網で仕切られた区画の左側の陸上には鴨と並んで座っている白鳥もいました。

右側の白鳥がとりわけ凶暴だったのでしょうか。丸暴なもので、隔離されちゃったとか。(勝手な推測です。)

↓鳥別の卵の展示。

9642_150920tamago

一番上のでオムレツ作ったら、何人前になるのでしょうか。写真は脇から撮りました。正面からは光が反射してよく見えません。ほかに見物人がいなかったら、じーっと観察してくるところでしたが、この日はあいにくと人出多数。居座り続けると、変なおばさん、と認識されるかも、と余計なことを考えて早々に移動しました。後悔してます。

教訓:人目を恐れず、我が道を行くべし。

↓アオバトがいました。

9641_150920aobato

普通の展示ではありません。中にいた2羽は、傷ついて保護され、野生に戻るのが難しいため、こちらで飼育されているものです。

1羽は目が見えず、もう1羽は羽が折れているとのこと。どちらも水を飲みに行くのに、木を伝って歩いて行きました。

鳥も人間も、傷ついたり病気になったり年取ったりしたら、ちゃんと面倒みてあげなくちゃ・・・

水族館もあるのですが、中は子連れの方でいっぱい。回れ右してすぐ出てきました。おばちゃんがのさばっちゃいけません。

で、本園(動物園)の方へ。こっちはもっと子連れでぎっしりだった・・・予想していたことでもあり、さっさと彫刻園に行きました。北村西望翁の彫刻が見たくて見たくて、というちびっこはそうはいないでしょう。こちらの見物記は次回にいたします。

動物写真を1枚だけ。

↓ブレーメンの音楽隊のメンツ。

9643_150920yagi

と思ったのですが、あちらは「ロバ、犬、猫、鶏」でしたよね。

こちらは「山羊、豚、鶏」でした。結構けたたましい組み合わせだとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

べろだしライオン

暑さ寒さも彼岸まで、の筈が今日もお暑うございます。

さて、連休中は仕事の筈でしたが、いざ取りかかったら、なんと必要なデータが半分ほど送られてきていない。取引先はお休み・・・データある分だけやったら、おほほ、休んじまうざますよ。連休明けにしらーっと連絡いたしまする。悪いのはワタシじゃありません。

ということでブログ更新。

先日お出かけしたついでに寄り道した建物の装飾です。面白かったですよ。ワタシには。

----------------------------

ライオンと思いましたが、違うかな。

9604_150913be

タイガーマスクかもしれない・・・ライガーマスクかな、いやタイゴンマスクかな・・・

9605_150913be

怪獣、というべきかな・・・

9623_150913be

映画「ノートルダムの○○○男」(○○○はなんとかコードにひっかかるそうです)の聖堂部分にでてきたような気がしましたが、イメージ検索すると違いますわね。

そもそも建築様式が違いますわね。

ノートルダム大聖堂はゴシック様式で、このべろだし獣面がついているのはロマネスク様式です。

さて、どこの建物でしょう。

↓これはすぐ上の写真の怪獣がついている日時計です。

9622_150913be

右にちらりと見える通り、池の端にあります。

池には睡蓮が咲いていまして

9600_150913suiren

池に水をどぼどぼ注ぐのもライガー/タイゴン獣面。ピンボケで相すみませぬ。

9599_150913mizu

注ぐというより、おえーっ、とやってるみたい。二日酔いか食あたりか。

別の建物のバルコニーからは別の怪獣が吠えついていました。

ぐわーぎゃおー・・・

9596_150913wo2

怪獣というより恐竜ですわ。プロトケラトプスとか。 

並んで威嚇ごっこ。

9596_150913wo

(バジリスクですかねえ。)

で、ここはどこかというと、↓こういう所です。

9629_150913hitotubasi

レトロ建築の宝庫でありました。それも、他大学がほとんどゴシック様式なのに、ここはロマネスク様式。

ちなみに、最初のべろだし獣面は「西本館」の入り口部分、恐竜みたいなのは「附属図書館」の壁面にありました。

大学看板写真は東部分の入り口です。西部分の入り口では撮り忘れました。

続きあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

バラジャムの誘惑

安保関連法案成立の修羅場のあとはシルバーウイーク。理由づけはともかく、最大5連休になるという、結構な休日でございます。

ワタシ、金曜日の夕に、「納品は連休明けでいいよ~」という有難い仕事が入りました。うぉほほっ。よそ様が遊んでいる間は仕事に励みます。世の中が勤勉モードに復帰したら、好き勝手いたしまする・・・

------------------------------

8月の暑いさなかに新宿にお出かけしました。

近頃半径1キロ圏内をせかせか歩き回ることの多くなった日常において、電車に乗って新宿に行くのはちょっとした“遠出”です。

目的地に行く前に、新宿高野本店にちょこっと寄り道。

ほほほのほっ。念願の「バラジャム」を買いましたのよん。これ。

9562_150812jam

通信販売でも買えますけどね、本体が594円で、送料が594円かかりますのよ。(関東地方)

2つ買える値段で1個しか手に入らないのはいや(とことんケチ)。

8月お出かけの予定が入ったときに、新宿高野本店で絶対買うぞ、と決めていたのでした。

で。左に並んでいる瓶は何でしょう。

9565_150812jam

ブルガリアのダマスクローズのバラジャムです。

実は、吉祥寺の輸入食品店で手に入れていました。開封するのがもったいなくて、タカノのバラジャムを買ったら、両方同時に味わってみようと。

9566_150812jam

で、お味はどうだったかといいますと、すみません、まだ開けていません。

日々誘惑に駆られるのですが、冷蔵庫の中に自家製の梅ジャムが入っておりまして、あれを食してからでないと、いけなかろうと。

瓶を並べて想像しています。タカノのはさらっとした、シロップみたいなジャムかな。ダマスクローズの方は、ぎっちり実(花弁)が詰まっていそう。

どちらも紅茶に合うんだろうな。ああっ、開けてしまいたいっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

XPの最期

XPパソコンがとうとういけなくなったようです。

8月末から何をしても起動できません。

「起動できません」にもいろいろありまして、「BIOSが起動しない」というレベル。

Windowsが立ち上がらなくても、BIOSまでいくのなら、それなりの対処法があるのですが、何も出てこないんじゃねえ・・・

静電気の影響も考えられますが、推奨される静電気対策は全部試したうえでの「最期」判断です。

(↓草ぼうぼうのここはどこでしょう。)

9570_150905kouen

(都立武蔵野中央公園の一角です。手入れが悪い?んじゃありません。)

●内蔵電池の消耗かもしれない、とマザーボードのCMOS電池交換してみました。

↑あはは。何言ってるか分からない人の方が多いはず。

ワタシだって、ネットで調べて「電池交換」にたどり着きました。

今回の御指南サイトはこちらです。

「BIOSが起動しない」
http://pctrouble.lessismore.cc/boot/cannotboot_bios.html

CMOSクリアもしてみました。

「CMOSクリア(BIOS初期化)」
http://jisaku-pc.net/hddnavi/tec_02.html

「CMOSクリア手順」
http://www.tekwind.co.jp/faq/ASU/entry_33.php

で、結論を申しますと「電池じゃない、CMOSじゃない」。

マザーボードが壊れちゃったかなあぁぁぁぁ。

(↓ワイルドフラワーガーデンなのです。)

9569_150905kouen

(早い話が雑草・野草系の花壇。

花屋さんで売っていそうなカタカナも並んでいますが、イラストに描かれている通り、ねこじゃらしだの菜の花だのを愛でましょう、という趣旨であります。)

●その前段階で、「内蔵ハードディスクは無事か?」という疑問がありましたので、吉祥寺の家電量販店で「内蔵HDDの接続をUSBに変換するケーブルセット」を買っておきました。

Ud500sa Groovy

買いに行ったとき、店員さんに「”さた”ですか”あいでーいー”ですか、と聞かれました。「わかんない」じゃなくて「さた」です、と答えましたよ。

おほほ、その程度の知識はありました。さた、とはSATA 、シリアルATA接続のこと。

なんのこっちゃ?と思うでしょうけれど、接続方式の違い、とでも覚えておいてくださいまし。

なお、IDEがどういう方式かは知らなかったので、両対応のケーブルを買いました。後で調べたら、IDEは古い方式らしいです。

けれど、XPのDVDドライブがIDE接続のようなので、場合によってはDVDドライブを取り出して外付けにできますわね。おほほ。(ドライバどうする)

かくして、素人のおばちゃんは基礎知識のないまま、PCオタク界のケモノ道のぬかるみにはまっていく。

で、結論を申しますと、内蔵HDDは無事でした。

7に接続すると、CもDも表示されます。しかるべき筐体に納めればXPパソコンとして使えるかも。

かも、しれませんが、もうお役御免にいたしましょう。サポート終わっちゃってるし、10年も使ったんだし。1年あたりの使用料約2万4千円。ひと月2000円ほど。十分働いて貰いました。これ以上深追いしちゃいかんです。

(↓花が咲いていない時期だと、草ぼうぼうにしか見えないかも。)

9572_150905kouen

(囲いに近い部分では、ねこじゃらしなどが引っこ抜かれて捨て置かれていました。

「まったくこんなに雑草を生やしおって。手入れするよう投書しなきゃ」と、どなたかぶつくさ言っていたのでしょうね。

雑草・野草といえども、花の咲きそろう時期は趣があっていいと思うのですけど。)

●で、問題はソフト。

確定申告用の会計ソフトがXPでしか使えません。

新しいのを買わなくちゃ・・・またお金が出ていくよ・・・と嘆いて見せましたが、おほほのほっ、経費に計上できるのよね。さっさと買っちまお。

・・・しばし待たれい。新バージョンが10月末に発売されるようです。

ええと、ワタシの持ってる旧バージョンのデータが取り込めるのかな。

おおっ、その新バージョンが最後の対応ですって。よかったー。

と、XPマシン故障の不幸が、滑り込みセーフの幸せに変わりました。モノゴトは考えようですわね。ほほほっ。

XPに入っているAdobe CS3もOffice2003Proも、もう諦めましょう、時代は変わるんです。ちょっと悔しいな。高かったんだよな・・・あ、e.Typistもアウトだ。Dynafontもアウトだ。携帯万能もアウトだ・・・って今さら使わないよな。

かくて、不要ソフトのパッケージの山が積みあがる。日暮れて道遠し暗し険し。

-----------------------------------

CMOSクリアのジャンパの場所が分からず、基盤上を探しまくりました。

↓これ。

9635_150917clrcmos

ピンボケで相すみませぬ。右下のピンクの物体です。3ピンでして、ピンクのカバーを外してよっこらせと上と中のピンにかぶせてショートさせ、また元に戻しました。

↓こっちの写真だと「CLR_CMOS」の文字がはっきり見えます。

9636_150917clrcmos

あはは、ここまでやってだめだったんだ、諦めるぞ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月17日 (木)

笑うザリガニ

どうにこうにもお散歩に行けません。用もないのに歩き回るのが好きなのに、仕事とナントカで、狭い範囲を連日ちょろちょろ。

ううう、我慢できないっ。

先日、吉祥寺にマウスを買いに出かけたついでに、井の頭公園に行っちゃいました。

仕事ほっぽりだしましたけれど、それがどうかしましたか。取引先は本日(土曜)お休みです。ワタシは納期さえ間に合わせればいいんです。今日(土曜)しなくたって明日(日曜)やればいいんだい。

あまり人がいませんでした。

のんびり歩いていたら外来種調査をやっておられる方たちがいらっしゃいました。

のぞかせてもらったバケツの中には、佃煮にしたいほどブルーギルの稚魚が入っていました。昨年春、「かいぼり」をやって外来種駆除をした筈なのに、また増えてしまったようです。

ブルーギルのお味は悪くないと、ネットのどこかで見ましたが、この場面で「佃煮にするからくれ」とは言えませんですわね。臆面なく言ったところで、譲渡禁止の筈ですし。

久しぶりの井の頭公園は、あちこちが整備されていました。

40年ほど前の野趣溢れる公園と脳内比較すると、整備され過ぎの感がなくもないのですが、世の中は、便利で綺麗な方向を目指しているのでしょうね。

ぐるーっとめぐって七井橋を渡って(ここも昔は木造だったぞ)行くと、こちらにも外来種調査をしておられる方がいらっしゃいました。

一見釣り人に見えます。ちょうどブルーギルを釣り上げた?ところでした。ブラックバスも獲れたとのこと。いろいろ増えちゃっているようです。

池にはぷかぷかとペットボトルの束が浮かんでおりまして、それは何かと言うと、↓これ。

9578_150912gairai

ザリガニも増えちゃったそうです。

9578_150912gairai2

イッヒッヒ、と笑うのですね。知らんかった。ウッシッシ、と笑わせてもよかったかも。

話が違いますが、↓こちらは、何のついでだったか、寄り道したお寺で遭遇した、石のかたつむり。

つい蹴飛ばしたくなる風情でありますが、いけません、そんな罰当たりをしちゃ。

9576_150905maimai

弘法大師さまが見ていらっしゃる。

このお寺は延命寺です。平和の鐘(鐘楼)や平和観音菩薩、中島飛行機ゆかりのプロペラなど、戦争関連のモノがありますが、こちらの250K爆弾の破片もその一つ。

9575_150905bakudan

70年を経て、まだ戦争の記憶をとどめております。

散歩再開はいつになるやら・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

マウスの寿命

ハツカネズミは1~1年半、 嫌われ者のドブネズミ、クマネズミは3年くらい・・・という話じゃなくて。PCにくっついてて、ちょろちょろする「マウス」。

案外と寿命が短いようです。

クリックするとPCが挙動不審になる場合にはマウスを疑うべし。

(昨年(2014年11月19日)にも同じタイトルで書いておりました(^-^;・・・)

今回は特に短命でした。↓こいつ。

9632_150914mouse

7月に取り換えたのに2か月でしょうもなくなりました。

クリックしても動作しない。思いっきり押さえると「ほえ~」みたいに反応します。

クリックリッククリック、で仕事してるのに、なに寝ぼけとんのじゃっ。

さっさと見切りをつけて新しいのを買いました。

買ってから寝ぼけマウスのネット評価を見てみると、同じような苦情が結構でてくる・・・

「静音」が売りでしたが、クリック音を出さないために、肝心のクリック動作が犠牲になっちゃったようでした。本末転倒。

同じメーカーの「クリック音のする」マウス↓は4年動いてくれたのに。

9633_150914mouse

家電量販店に買いに走り、店頭でサンプル品をクリックしまくって、カチッカチッと気持ちのよい音のを買ってきました。

↓これ。

9631_150914mouse

デザインに惹かれたんじゃありませんよ。あくまでもクリック感で選びましたのですよ。

同じクリック感なら、顔のついている方がいいとは思いましたけどね。

ELECOM製です。Mサイズ。お値段は1000円以下。いやあ、ここまで安くなりましたか。もろもろバカ高かった昔を知る中高年は、感嘆の声を上げるのであります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

むかごとむしの秋

お久しぶりでございます。

久しぶりすぎて、アップ写真の処理方法を忘れかけておりました。

えーと、元写真のファイル番号を生かして、内容が分かる名前にするんだっけ・・・

もろもろ忙しかったのですよ(と威張ることでなし)。

自宅のベランダに秋がきておりました。

9583_150913mukago

今年もグリーンカーテンになってくれた山芋の恵みの「むかご」です。むふふ、今年も自前のむかごご飯が食べられる。

あちこちで台風による被害が甚大でした。でした、じゃなくまだ継続中です。

子どもの頃住んでいた田舎は大きな河川の側でした。

高い土手がありまして、平常時の川面は周囲の土地よりやや低めでしたが、昔は何度も大水が出て、周囲を水浸しにしたそうです。ワタシの母は子供の頃に何度も経験していました。

思い出しました。ワタシが子供だった頃にも、下流側で水が溢れて被害が出て、被災者向けの市営住宅が建てられましたっけ。

「土手」はその後も改修が続き、田舎に帰るたび、これなら洪水は起きないだろうと思っていましたが、今回の異常事態を目にすると、不安になってきます。

↓気づくとベランダの「柑橘」の葉っぱが食されている。

9584_150913musi

何の「柑橘」だかわかりません。柚子かレモンか夏みかんかグレープフルーツか。

いずれの種も鉢に埋めた覚えがあります。

で。

視線を感じる。

あんたですかっ。

9580_150913musi

でっかい目玉の可愛いやつ。お嫌いな人にはたまらないでしょうね。

目玉と書きましたが、目玉みたいな模様です。

アゲハ蝶の幼虫でしょうね。

他にも2匹。大きなフンを転がしています。

9581_150913musi

で。こちらのスコッチテリアみたいなのは・・・

9582_150913musi

別の虫かと思いかけましたが、アゲハさんの幼虫です。まだちびっこいの。

脱皮を繰り返して変貌していくんでしたね。「変態」って言うんでしたね。

人間の変態は御免蒙りますが、蝶の変態は楽しいですね。お嫌いな方もいらっしゃるでしょうけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年9月 2日 (水)

貝殻お玉に鮑石鹸

秋が来たと思いましたが、本日は蒸し暑い夏に逆戻り。

世の中、ままなりませぬ。

どどどどっと疲れが出ました。もろもろ重なり合って、2週間ほど土日も仕事してまして、そろそろ終わるかと思ったら、次の仕事が入りました。ありがたいけど、少し休みたい・・・

↓涼しげなこれは何でしょう。

B0639_150704hasu

そもそもここはどこでしょう。山の中?

B0642_150704benten

いえいえ、2か月前の上野散歩の不忍池の蓮の咲き始めでございます。

ビルが写ってなければ、田舎で通用しますわね。

で、これ↓は何でしょう。

B0648_150704sitamati

即答できる方は、中高年でありましょう。

石鹸なのは見てわかります。入れ物の方にご注目。アワビの貝殻。

結構使ってましたよね。味噌汁よそうお玉も、貝殻を木に挟んだものでした。ウチのお隣さんはたしか赤貝の殻を使ってましたっけ。

↓こういう所にあります。

B0647_150704sitamati

上野公園隣接の「台東区立下町風俗資料館」内の展示です。

再現でござい、の雰囲気でありますが、懐かしいことは懐かしく、忘れていたことを思い出させてくれます。貝殻のお玉のことなんぞ、何十年も忘却の彼方でありました。

↓昔の家は茶色づくしでしたなあ。

B0645_150704sitamati

お店の再現です。

B0644_150704sitamati

「古き良き時代」はこんなんで商売が成り立っていた・・・かどうかはわかりません。

「再現」からは抜け落ちるもの多数。

当時を知る人間の目には「よくできた偽物」と映るかも。

当時を知らない人間には「この目で見た昔」として記憶されてしまうかも。

恣意的に作られた映像が記憶として定着することの怖さは分かっているつもりなのに、結構いろいろ影響されてしまっている。

(何が言いたい・・・←自分で訳分かんなくなってる・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »