« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月25日 (火)

どん詰まりは開かずの間

東京地方は、いきなり涼しくなりました。全国的にも気温が下がっているようです。

猛暑の後にはありがたいのですが、体がついていけるかしらん。また猛暑がぶりかえすかしらん・・・

ご無沙汰いたしております。いろいろありまして。ありすぎまして。

こういう時に仕事が団体でやってきます。土日のお休みは吹き飛びました。せっせこせっせこパソコン相手に仕事してました。まだ仕事終わっていません。

並行して、炎天下あっちのナントカに行きこっちのお役所に行きまたそっちのナントカに行き・・・

くたびれ申したぞよ。

人生に行き詰ってくるとみる夢があります。ほとんど悪夢。というより悪夢そのもの。

人生の前半戦では、学校に遅刻する夢でした。時間割が揃えられない・時間割そのものがみあたらない、通学バスが来ない、通学路を忘れてしまった・・・

始終にして迷わず、じゃなかった四十にして迷わず、人生中間期になったら、まっいいか、と開き直ることを覚えまして、悪夢とは縁が切れた筈なのですが・・・

明け方、新手の悪夢到来。

海外旅行出発3時間前くらいになって、ワタシお家にいます。荷物そろえてないどころか、ESTA申請してない、パスポートはあるんだけど、ああっうわああっ・・・

とっても眠かったけれど、そのまま寝ていると続きをみそうなので、起き上がっちゃいました。

何が行き詰っているんだ?

↓7月4日、国立国会図書館 国際子ども図書館

B0622_150704tosho

1階の廊下のどん詰まりは開かずの間・・・じゃなくて事務室です。

↓上の階のバルコニーに出て、無理やり撮ったところ。

B0610_150704tosho

バルコニーは狭いです。落ち込んでいるときにここにくると身投げしたくなるかな・・・

ガラス張りですのよん。ガラス越しにレトロな建物が見えまする。

B0611_150704tosho

レトロ建築の正体は、「財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団」ですのよん。

B0633_150704zaidan

図書館を出て、通りの反対側から見ました。窓のばらんばらんな配置がよろしいようで。右奥に豪勢なダニが張り付いているような図書館の外壁が見えます。

散歩からもう二か月になっちゃう・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

Macのメールも居座る・・・

正確には、Mac Mail の不要メールを削除できない。

昨日メールを整理していて気が付きました。いや、思い出しました。

まあいいや、と放っておいたことを。

かなり前に削除できないメールがあることに気づきまして、ネットで対処法を調べて、一応inboxの削除なんぞをやってみましたがダメでした。

複数のメールアカウントを持っていますが、あるアカウントのある期間のメールだけが消えてくれない。

(↓7月4日、国立国会図書館 国際子ども図書館のどこかの扉)

B0596_150704tobira

(1階だったか2階だったか。時間が経ちすぎて思い出せませぬ。)

どうするかね。

しばし考えて、アカウントを削除することにしました。また設定すればいいのよねん。

アカウントを削除すると、受信ボックスも消えました。ざまみろ、の気分。

じゃ、再設定いたしましょ。

(↓扉の前に扉)

B0613_150704tobira

できねえではねえですか。どういうこっちゃ。

設定間違えただけでした。数年に一度しかやらないから忘れちゃうのよね。

まず、パスワード。長年使っていたのを、不審メールが来るようになって複雑なのに変更したら、覚えられない。メモしておいたけれど、そのメモから転記するさいに1文字間違えた。アホウ。

(↓階段室の廊下の脇にあったような・・・)

B0618_150704tobira

次に、受信サーバーと送信サーバーの設定。プロバイダーによって違うんですの。

popとmailの組み合わせあり、popとsmtpの組み合わせあり。

今回は、smtpで設定しなくちゃならないのに、mailと打ち込んでいました。ソコツ。

で、ようやく開通しました。

(↓階段室踊り場の扉。開かずの間のような雰囲気でした。)

B0625_150704tobira

ことが済んでから、またネット検索したら、「メールボックスを再構築」すると直ることもあると書いてあるのを発見。なんだ、再構築を試みればよかったんですか。マヌケ。

巷はお盆(旧盆)です。取引先がお休みの間、ワタシはHPのお勉強に励みます。ほっほっほ。御先祖様、お許しくださいまし。法事には帰りますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

居座るQuickTime

またしても、どうでもいいPCの話です。

(↓7月4日、国立国会図書館 国際子ども図書館の1階のどこかの扉)

B0590_150704tosho

XPパソコンはネットには繋げなくなりましたが、XPでしか動かないソフトがあるので、まだ現役です。

で、ふと思いつきました。

(思いつきでモノゴトを進めるとロクがことがない・・・)

MacのDreamweaver(HP作成ソフト)がどうにもこうにも使いづらい。いや使えていない。

もともとAdobeのGoLiveを使っていました。使わなくなったのは、OSをアップしたらインストールできなくなっちゃったから。

ああん、どうしましょ、でその後HPほったらかし。(爺様の仕事用のHPです。)

そろそろなんとかしないといかん、と思い始めました。

(↓1階から2階への階段)

B0591_150704tosho

(レトロでええ雰囲気です。)

XPにはまさかと思うような古~いソフトがインストールできます。2002年のGoLiveもそれ。

以前インストールしてましたけど、XPが不調になったとき、まとめてごっそり削除しました。

再インストール行こう。

らんらんらん、ふんふんふん、とあっさりインストール終了。

(↓階段踊り場の窓から見えるのは入り口方面)

B0592_150704tosho

さてと・・・ 一瞬画面があらわれただけで落ちちゃうよ。どうしてえ~。

(中略)

何度もアンインストール・再インストールを繰り返して気がつきました。

QuickTimeの問題だ。GoLiveのインストールの後、メッセージに促されてCD内のQuickTimeをインストールしたけれど、あれ、バージョンが古すぎるんだわさ。

(バージョンの問題じゃありませんでした。)

で、Appleのサイトで苦労してXP適合の過去バージョンを別PCで落としてきてインストール。

(↓のたくる「昔ガラス」。確か3階でした。)

B0620_150704tosho

QuickTimeをインストールしてから気づきました。確か、古いバージョンをアンインストールしてからでないといけない筈・・・

わあ、おかしなことになっていました。プログラムの一覧に表示されるのにクリックしても反応なし。

とにかく削除してやりなおそう、で失敗。

「プログラムの削除と追加」からやっちゃいけないらしい(真偽不明)のにしちゃった。→削除できてない。

なお、「プログラムの削除と追加」にはデザインの違う二つのアイコンがありました。

削除するために、再度インストールするみたいなマヌケなはめに。

B0621_150704tosho

今度は、QuickTimeの中の「アンインストール」を選んで、警告が出たので一部を残してアンインストール(正確なメッセージを忘れました。)

削除できていない。

ネットで調べると、QuickTimeの中の「アンインストール」を選んで、警告無視で「すべてをアンインストール」を選べ、と。

Adobeのページです。XP用です。
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/multi/230150.html

できねえよーーー

(中略)

何やったか自分でも覚えていません。うろんな記憶をたどると、二つのバージョンのQuickTimeが不完全に居座っていたみたいです。

「プログラムの削除と追加」で、こっちはどうだと違うアイコンをクリックしたのがアタリ、古いバージョンのアンインストーラーが立ち上がり、「すべてをアンインストール」にて根こそぎ削除。

「プログラムの削除と追加」のQuickTimeアイコンが1個になった。

慎重に慎重に、とネットで情報を探し求めて・・・iTunesの削除方法に行き当たり、似たようなもんだ、と参考に。

そうか、「Apple Software Update」と「Apple Application Support」を削除すべきか。

そうしてからQuickTimeを「すべてをアンインストール」すると、おおっ、きれいに消えちゃったよ。

ただし。

上記、QuickTimeのアンインストール解説ページには

5.Windows エクスプローラで以下のフォルダに移動します。

- Documents and Settings¥All Users¥Application Data¥Apple Computer¥QuickTime

6.「quicktime.qtp」ファイルを削除します。

7.ごみ箱を空にして Windows を再起動します。

と、最後の仕上げがあります。

quicktime.qtpでPC内検索を掛けたら、All Usersの他にAdministratorやシステム内のファイルもでてきます。

全部削除しちゃおうか、と思いかけましたが、やめとこ。

ネット解説ページには全削除みたいな記事もありましたが、見ず知らずの人の意見と、Adobeの指示と、どっちが信用できる? 

結局、権威に従いましたです。中途半端な凡人ですもん、自己責任でPC再起不能にしたくない。

結果、GoLive、するすると立ち上がります。「QuickTimeがない」旨のメッセージが出ますが、インタラクティブにするんでなきゃいらんそうです。

とりあえず、CSSのお勉強と、サンプルづくりしたいだけです。さて、独習できるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

IllustratorでPRIVIOからレーベルダイレクト印刷

なんのこっちゃ? 関係ない人には意味のない話です。すっ飛ばして下さいまし。

関係ある人には深刻な話です。

悩みました。

(↓7月4日、国立国会図書館 国際子ども図書館の階段室)

B0597_150704kaidan

(手すり周囲のガラスは保護のため。改修設計は安藤忠雄さんだそうです。)

DVDのレーベルダイレクト印刷そのものが初体験です。PRIVIO使うのも初めて。

付属ソフトが大雑把すぎて使いづらい。慣れたAdobeのIllustratorから印刷しようとしたら、うんともすんとも言ってくれない。

取説を読むと、付属ソフト以外で印刷できないとは書いてない。

なら、できるはずとIllustrator立ち上げて印刷しようとすると、「ディスクガイドが開いています」と表示されるだけ。

なんでやーっ。

諦めてディスクガイドを片付けて、A4印刷をしようとしたら、さっき何度も印刷タブを押したおかげでA4用紙の真ん中にレーベル原稿が印刷されたものが山ほど出てくる・・・

印刷中止はどこでするんじゃっ。

ネットを調べると、「Illustratorからレーベル印刷できないっ」と怒りの声を上げている方がいらっしゃって・・・

(豪勢な階段です。)

B0617_150704kaidan

★結論から申します。できます。

IllustratorはCS5です。プリンタはブラザーPRIVIO DCP-J957Nです。

インクジェット対応DVDを取説に従いプリンタにセットしておく。

Illustratorを立ち上げる。

プリント画面で、 DCP-J957Nを選ぶ。

用紙サイズを「12センチディスク」にする。

念のため画面左下のプリンターの詳細設定を開いて、基本設定中の「用紙種類」を「CD/DVD/BDレーベル」に、「用紙サイズ」が「12センチディスク」になっているのを確認。

なっていなければ設定する。

途中、いろいろ警告されますが、無視。

イラストレーターにて「プリント」実行。プリンタ背面に10センチの空きが必要・・・とメッセージが出るので、確認してOK。

後は、プリンタ本体の液晶画面に指示が出るので、従います。

ワタシの場合はこれで印刷できました。それでもできないという方、すみません、わかりません・・・

★Illustratorで原稿を作るときに。

120ミリと23ミリの円を描く。サイズ目安です。

文字やら図版やら入れます。

120センチ円を選択し、アートボードオプションでサイズを「選択オブジェクトに合わせる」で120×120ミリにする。微妙に違うようならサイズに120と入れて指定。

アートボードサイズの指定を忘れると、多分悲惨なことになるかと。

(扉の向こうも素敵なのよね。)

B0593_150704kaidan

★最初はお手上げで、付属ソフト「NewSoft CD Labeler」を使おうとしましたが、Illustratorに慣れた身には使いづらい。Adobeのフォントも使えない。

Illustratorから高品質jpegで書きだして、NewSoft CD Labelerに挿入してプリントしてみましたが、なんか違う・・・

以上、備忘録でありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

DVDのコーデックと言われても

爺様は「ジャーナリスト」と称しておりました。頭の中では今も「現役」かもしれません。

「ジャーナリスト」の前に3文字つきます。

「フリー」・・・うん、そうですね。もうあと3文字つく場合もあります。「ビデオ」・・・とか。

(他に「オジン」でも「にわか」でもなんでもお好きに入れてくださいまし。)

爺様、極めつけの機械オンチなのに新し物好きで、出たてのPowerBook買ったり、出たてデジカメ買ったり、ビデオカメラ買ったり・・・

で、一時期、ビデオカメラ片手に撮りまくっておりました。

で、ビデオジャーナリストに交じって作品を売ってたりしました。

20年も前のことです。(ワタシが知らない頃の話です。)

時代は変わって、もうビデオテープの時代じゃない。売れる筈もない。店じまいを。

と考えておりましたのに、DVD化の話が降って湧きました。お客さん、何か間違えていませんか。20年前のビデオを今更・・・どういう内容なのか知ってますか。

知ってます、との返事。

さいですか、とDVD化に取り掛かりました。解説文を考え、ジャケットもデザインして、DVDレーベルもプリントして、見本出来上がり。

と書くと簡単な話のようですが、大変でした。

機械オンチの爺様にDVD化できる筈がない。ガラパゴスセンスの爺様にデザインできる筈がない。するのはこのワタシ。どしろうとのこのワタシ。

しかも入院騒ぎでバタバタしてる。管理が悪いもので、マスターテープが見当たらない・・・

すったもんだの末、ビデオテープの山から探し出し、HDDレコーダーに取り込んで、の段階でVHSビデオデッキが全滅していることが判明。テープを巻きこんじゃって、テープが切れて・・・

デッキがダメと分かるまで、原因を探るためビデオテープを10本ほどオシャカにしました。

よりによって、最初に突っ込んだのが大事なマスターテープだったなんて。

ああん。

ビデオカセットを分解して、テープを取り出し、メンディングテープで補修して元通り組み立てて、自宅に持って帰ってVHSデッキ(ウチのは高級品ゆえ健在)からHDDレコーダーに取り込んで、DVDに書き出してファイナライズしてめでたしめでたし。

の筈でしたよ。

問題あり、と判明したのは、ジャケットに使うシーン抽出のためPCで再生しようとしたときでした。

Windows 7では再生ができない。XPならできる。なんで?

落ち着いて考えたら、XPにはInterVideo WinDVDという専用ソフトが入っていて、これならOK。7にはWindows Media Playerしか入っていない。Media Playerが原因? 

XPにもMedia Playerが入っているので、そちらで再生は・・・できません。原因はMedia Playerと確定。

ネットをあたると、どうやらMedia Playerの「コーデック」がなんたらかんたら・・・

指南に従って解決を試みるのはいいんですけどね、ワタシが解決できたとして、DVDを買って下さった人がMedia Playerで再生しようとしてできなかったら「コーデックをなんたらかんたら」しようととは思わないでしょうね。

「不良品だっ!」って思っちゃうのが普通ですよ。

却下。

どうすべえ。

しばし思案したのち、仕事場のHDDレコーダーなら新しいし、DVD化で「コーデック」が障壁にはならないのでは、と思い至り、でも仕事場のVHSデッキは全滅してるし、今更デッキ売ってないし。ウチから担いでくるのイヤ・・・

売ってました。再生専用。かのSUNSUIから。(実際に買ったのはブランド名が違うだけの安い方でした。)

まあ、ほんとに再生専用、余計な機能全くなしです。いさぎよいっちゃいさぎよい。

このデッキをHDDレコーダー(レグザ)に接続して取り込み、おほほレグザにはDVD Video作成機能がございまして、ちゃっちゃっと。

で。

これなら、Media Playerで問題なく再生されます。Media Playerのコーデックの問題だと聞きかじって書きましたが、違うところに問題があったようです。

自宅のHDDレコーダーは地デジ化以前のものです。アナログ時代はとても役に立ってくれたのですが、今はDVDプレーヤーと化しています。古すぎて何かが対応してないみたい・・・

年取って時代に対応できなくなるのは人間だけじゃないのよね・・・

↓7月4日、国立国会図書館 国際子ども図書館の階段室の窓。

B0614_150704mado

木々の間に見えるドーム屋根は、国立博物館の表慶館でございます。

廊下から見える「窓」。元は外壁だったんじゃないかと・・・

B0600_150704mado

扉の上に窓。天井が高いんですよね。

B0601_150704mado

まだ写真いっぱい残ってます。(^-^;

そうだ、DVDレーベルダイレクト印刷でも苦労しました。その話はまた・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

すったかもんだかメダリオン

爺様の再入院に加えて仕事も入って、なんだかかんだか、あーっもうっ。

仕事は金曜日の夕方入りましたですよ。メールでデータが送られてきただけで、納期もなんも連絡なし。

放っとこうかと思いかけましたが、これまでの経験からすると週明けに一悶着ありそう・・・

土日にPC相手にせこせこやりましたですよ。写真のどっちゃりこ張り込まれたエクセルファイルを、AdobeのInDesignちゅうソフトで、商業印刷用に編集しますだ。辛気臭いですだ。

せこせこ、せこせこ・・・

やってて良かった、土日の編集作業。週明け早々「できた?」の催促。

できとりますだに。データ送りますだに。零細下請けちゅうのは、そんなものですだに。

さて。

爺様の退院はどうするか。今回は頭を抱えちゃいました。

結論から言うと、病院に呼び出されまして主治医の先生と面談してまいりまして、とりあえず現時点の最良コースを選べそうだとの見通しが立ちました。

良かったー。

退院を迫られるんではないかと内心恐々としておりまして、ストレスで唇がぶつぶつになっておりましただ。

で。

これから爺様の親族との打ち合わせやらなにやら、また一山どころか五山ぐらい越えなくちゃ。

それにしても暑いですだ。

一月前の7月4日、上野の「国立国会図書館 国際子ども図書館」を見物(というほど知識人でなし)してきましたが、色褪せちゃった気分。

少しだけ写真をアップいたしまする。

3階「本のミュージアム」の天井の漆喰細工がそれは見事なのですが、写真撮影禁止です。残念。

1階廊下の、お知らせ?の裏側。

B0628_150704toshokan

人間がお子様仕様なので、ついつい反応しちゃって。

外壁にダニが貼りついているだに。

B0609_150704toshokan

じゃなくて「メダリオン」というのだそうです。

3階ホールのシャンデリア。

B0603_150704toshokan

真下から。

B0604_150704toshokan

他にも、性懲りもなく廊下や壁や階段などの写真を撮ってきましたが、整理しようという意欲欠如。落ち着いたらアップいたしまする。

どなた様も熱中症にご注意くださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »