« チョコレート不動 | トップページ | 博物館動物園駅跡と黒田記念館 »

2015年7月 9日 (木)

龍になるには

6月7日上野恩賜公園散歩の10です。数時間の散歩をここまで細切れにするか・・・

ええと、これは・・・そうそう、銅錫杖頭でした。杖の先っぽね。

B0530_150607shakujo

奈良時代・8世紀だそうです。

〈修験者や僧が山野を遊行する際、これを揺すって音を立て、毒虫害虫を防いだ〉 とこのこと。ははーん、それで。

何がははーんかと言うと、遠い遠い昔、ワタシが片田舎で子どもだった頃、もはや戦後ではないと言われて久しいけれど、世相は結構物騒で、親の言うこと聞かない子はサーカスに売っちまうよとか、人さらいに連れていかれるよとか、脅された時代でありました。

今と違って夜になると辺りは真っ暗。冬ともなれば、炭火で暖を取っていた時代、放火も失火も怖い。

町内会の「組」で、毎晩交代で夜回りをしていました。拍子木でちょんちょん「火の用~心」、ではなく、金属の輪っかのついた杖を打ち鳴らしては「火の用~心」・・・火災除けでした。

その杖のことを子どもは「ちゃんかりん」と呼んでおりましただ。

ドスンと杖を突くと、輪っかがちゃりんかちんと鳴るもので。

何十年も忘れていた遠い昔のことを思い出しました。まこと、モノは思い出のよすが・・・

で、上を見上げれば、昔の日本家屋に合ったような照明の笠。

B0532_150607shomei

こっちの方が当時の民家のものより断然立派ですけれどね。

笠に黒い線や飾りを貼り付ける内職を近所のおばさんがやってたな・・・

あら、ダースベーダーの兜が紛れ込んでるぅ。

B0533_150607kabuto

ぴっかぴかの新品じゃありませんかぁ。と思いましたが、鎌倉時代・13世紀の「二十五間星の兜鉢」です。手入れよろし。

で。これはなんだ・・・

B0535_150607koi

「鯉水滴(魚跳龍門)」とありますが、鯉じゃね~よ~

じゃ何か? どう見たって、カバとかブタとか・・・尻尾は人魚系ですけど・・・あ、龍に成りかかっているのかな。登竜門の真ん中くらいかしら。

とことん変身してこうなるのかしらん↓。

B0536_150607kanzasi

龍って、ほんと、玉がお好き。

B0537_150607kanzasi

簪です。写真が暗いのは、フラッシュ使わないから。こういうとこでフラッシュ焚いちゃだめですよ。

で。まだ続きます・・・(さっさと終われや・・・)

|

« チョコレート不動 | トップページ | 博物館動物園駅跡と黒田記念館 »

おさんぽ・博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍になるには:

« チョコレート不動 | トップページ | 博物館動物園駅跡と黒田記念館 »