« 救急車酔い | トップページ | すったかもんだかメダリオン »

2015年7月27日 (月)

腰板

壁などの下の方に貼った板のこと。

じゃなくて腰痛い・・・

爺様の再入院のそもそもは、脚がもつれたのか床に転がった爺様が起き上がれなかったことです。

ワタシより30kgは重い巨体なので抱き起すなんて不可能。近所の方に手伝ってもらって踏ん張りましたが、近所の方もろとも、「ダメっ。腰に来る~」でギブアップ。

あっちへ電話しこっちへ電話し、消防署へ電話し屈強な方々に来ていただきまして、そうこうするうち体温が上がっていることも判明して救急車と相成りました。

爺様、デカイ体して発熱には極端に弱い。心身ともに一気にレベルダウンしてしまいます。

後から考えると、今回も発熱にともなう脱力だったもよう。熱中症ではなく感染症でしたが。

で。

ワタシの腰は大丈夫、と思っていたのですが、じんわり痛い。年取ると筋肉痛はだいぶ遅れてやってくる、と俗に言います。ワタシ、俗人です。俗諺通りじわじわと・・・

思いました。腰(だけでなく全身)を鍛えなくては。

10年以上前のこと。父が亡くなった後、しばらく膝の痛みに悩まされました。

葬儀だ法事だなんだかんだと滞在した実家は車社会の田舎ゆえ、極端な運動不足だったと思います。

腫れ上がって曲げることもできない。病院に行けば「水を抜く」という処置が考えられる。

ワタシ、根がケチです。必要あって体内に溜まっているであろう水を抜いてはいけないのではないか。そう思いまして、急性期が過ぎたころから、せっせと歩きました。でいつの間にか快癒。

その後は意識的に歩くことを心掛けまして、膝の痛み腫れの再発はなし。

今回は猛暑で歩くこともままなりませんが、熱中症にならない範囲で体を鍛えねば。スポーツジムはお金かかるのよねえ・・・

あ、爺様は無事です。避暑地のような病院の快適なベッドで惰眠をむさぼっております。一種の寝たきりゆえ、おつむりの中身が少々心配な状況です。

ついでに。

爺様はその昔、調布中学校に在籍しておりました。今回の調布飛行場から飛び立った小型飛行機の墜落現場は、調布中学校のすぐそばです。

今回の事故のTVニュースに見入っておりましたが、爺様、調布飛行場の記憶は全くないとのこと。あれえ。戦中も戦後も飛行場だった筈ですよぉ。

飛行場は野川公園の近くでもありなじみのある場所です。昨日はニュース速報テロップで事故を知りました。痛ましい事故でした。

|

« 救急車酔い | トップページ | すったかもんだかメダリオン »

ちまちま介護もどき」カテゴリの記事

コメント

本当にお疲れ様です。
痛ましいニュースを観ながら、
マイマイさまを思い出しておりました。
腰、労わってくださいね。

投稿: kiri | 2015年7月28日 (火) 17時13分

kiriさま おはようございます。
お久しぶりです。
もろもろ雑用だらけで更新もままなりませぬ。
腰はぼちぼち鍛え始めております。
酷暑が続くおり、kiriさまも体調にはお気をつけくださいまし。

投稿: マイマイ | 2015年7月29日 (水) 08時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腰板:

« 救急車酔い | トップページ | すったかもんだかメダリオン »