« あやめ姐さん | トップページ | 中空の観音様 »

2015年5月21日 (木)

球と亜麻と

本日未明、東京地方は凄まじい雷雨となりました。おかげで4時に目が覚めてしまって・・・今日も一日が長い。

さて、先日、地元団体のバザーに行ってまいりました。お金持ちの多い土地柄ですので、品揃えが高級で人気があります。

混みます。

ですので、開始後1時間ほどたってから行きました。なのに、入場待ちの列が会場外に続いていて・・・

あたりを一回りして戻ってきましたが、まだ行列。仕方なし並びました。順番待ちってイヤ・・・

ワタシが入場できた頃には「残りモノ」の山の雰囲気。「めぼしいモノ」はとっとと売れてしまったのでしょうね。

残り物には服がある。じゃなくて福がある。服も残ってましたけど。

また仕入れてしまいました。台所関係の布2種。ビニール袋に無造作に各4枚入って、それぞれ100円。新品。

1.辛子色のこれは綿100%。目が詰まっています。

9464_150518globus

くしゃっとしているのは、洗ったあとアイロンかけてないから。

縫製が丁寧です。

9465_150518globus

で、GLOBUSってなんでしょ。購入時点では不明。

2.燃えるようなオレンジ色のこれは、リネン65%。100%じゃないのが惜しいけれど、4枚100円なら許容範囲です。

9466_150518ire

こちらは洗ったら、濯ぎ水がオレンジジュースのごとくに染まりました。色止めしてないのかい・・・

しつこく洗ってもなお燃えるようなオレンジ色なのはちょっとした驚異。

で、「Leasurelyn」てなんでしょ。アイルランド製ということは分かりますが。

9468_150518ire

ネットで調べました。おほほ。

1.のGLOBUSはスイスの高級デパートざますよ。日本で言うと伊勢丹とかでしょうかしらね。そこのオリジナルキッチンクロス(多分)。

スイスワンダーネットにはこんなことが書いてありました。
http://www.swisswondernet.com/?page_id=550

<デパート>Globus
スイス全国14箇所に展開するデパート。食料品もあり、日本食品を扱ったコーナーもあるが、価格は高い。

100円で買っちまいましたよ。

GLOBUSのタグの裏の説明はドイツ語とフランス語とイタリア語(→全てスイスの公用語)でした。ほんじゃま、とドイツ語GLOBUSの意味をネットで調べたら「球(たま)」だそうです。

へー、球デパートね。玉デパートでもいいんかしらん。

2.のLeasurelynはなんでしょ。ネットではよくわかりません。「Irish Linen Placemats」というビンテージ商品が取引されているようです。上のと全く同じタグがついていました。

もう存在しないメーカーなのかな? 

で、リネンの意味はですね、「亜麻(あま)」です。茎から繊維がとれ、種から油がとれます。亜麻仁油・・・そうです。話題のアマニ油のこと。体にいいとテレビで放送されて、売り切れちゃってる油です。

話が逸れました。

「たま」と「あま」。

200円の散財で、なんだか満たされた気分。安上がりな人生です。

追記:アイルランドのリネン産業は衰退してしまったようです。

http://kiwoueta.com/?cat=14
最後のアイリッシュリネン工場(ベルファスト)閉鎖
〈アイルランド(ベルファスト)で稼働している最後のリネン工場が、2013年01月25日に閉鎖というニュースが流れて〉

http://nofrills.seesaa.net/article/316230200.html
2013年01月25日
ベルファスト、最後のリネン工場が閉鎖された。
〈かつてはアイルランドで行われていた原材料の亜麻の製糸はもはや絶滅状態、第二次大戦後は欧州大陸から輸入した糸で織物だけを織るようになり、やがて「国際競争」の中でさらに斜陽化、「経済危機」でさらにダメージ。もう新たに工場が作られることもない。〉

|

« あやめ姐さん | トップページ | 中空の観音様 »

コモノ 布・糸系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/61617156

この記事へのトラックバック一覧です: 球と亜麻と:

« あやめ姐さん | トップページ | 中空の観音様 »