« 西川家別邸の風呂と会水庵の石臼 | トップページ | 看板建築なるもの-植村邸・大和屋・村上精華堂 »

2015年5月13日 (水)

いざ、庶民ゾーンへ

江戸東京たてもの園4月26日散歩の11です。

江戸東京たてもの園には3ゾーンありまして、Wの西ゾーン、Cのセンターゾーンは、どちらかというと金持ち・財閥などの豪邸です。残りのE、東ゾーンは庶民の暮らしに結びつくあれこれです。例外はありますが。

庶民ゾーンへ行くには橋を渡ります。橋の名前は分かりませんが、この橋が財力の有無で別れる結界みたいなもの・・・

と大げさに言いましたが、ただのコンクリート橋です。

手前のまだCゾーンで獅子が踏ん張って不審者を見張っております。

9437_150426tou

皇居正門石橋飾電燈(屋外展示物番号24)

〈 皇居正門石橋(二重橋の手前側)の欄干に設置されていた6基の飾電燈の一つ。明治20年(1886年)頃の製造。老朽化のため昭和61年(1986年)に同形の飾電燈を製作して交換された。〉そうです。wikipedia

以前来たときには見逃していましたが、足でか~

9438_150426tou1

見覚えがあると思ったら、稲川淳二さんでしたか。

9438_150426tou2

いや、柄本明さんか。まてよ、高田純次さんか・・・ (美女が通りかかったら職務おっぽりだす可能性はДИÅΘ・・・)

とにかく橋を渡ります。渡った向こうはE8 万世橋交番です。

9378_150426koban

(東ゾーンの説明はこちらにあります。万世橋交番はウィキペディアに大きな写真があります。)

橋のたもとにオレンジの輪っかがありました。

9379_150426hori

落下者って? ↓ここに?

9380_150426hori

まさかと思いましたが、別の場所にもオレンジ輪っかがありましたので、いらっしゃるんでしょうね。

ちなみにこのお堀には大きな鯉が泳いでいました。

↓さて、この素敵な窓辺はなんでしょう。

9382_150426koban

万世橋交番の宿直室からの眺めでした。

お布団一式があります。枕の形が年代物風。

9383_150426koban

警察とくれば消防。110番と119番は大抵セットになっています。

こちらは上野消防署(旧下谷消防署)望楼上部です。

9436_150426shobo

建造物じゃないのでゾーン番号はなし。屋外展示物26番となっています。

一見おとぎの国風ですが、軒に半鐘が下がっております。じゃんじゃんじゃん、火事だよぉ~

火の見やぐらにしては小さい? 展示されているのは上部だけです。元の高さは26.3メートルだそうです。

これも屋外展示物(28番)。都電7500形です。

9433_150426toden

渋谷-新橋路線。都電現役時代に乗ったことはありません。このルートのバスなら乗りました。

9432_150426toden

溜池が簡体字風・・・

車両内は立ち入り可能ですので、もちろん乗り込みました。

9430_150426toden

都電現役時代を知っている老いも昔のことなど知らぬ若きも、皆なんだか懐かしそうな顔をしてちょこんと腰かけているのは、なんででしょうね。遺伝子レベルで懐古趣味がすりこまれているのでしょうかしらね。

車両内の注意書き。

9431_150426toden

昔も今も客に求めることは一緒・・・ セルロイド持ち込み禁止は時代を感じさせます。

ほかに、「社内持込禁止の手廻り品」の「(2)その他の携帯品」の「ハ」が「死体」。

死体って携帯可能でしたか・・・

↓庶民の必需品、リヤカー。

9435_150426rear

あらゆるものを運びました。農作物、引っ越し荷物、子ども、老人、嫁さん。時に肥え桶。積めるものなら何でも。

写真は自転車連結専用ですが、西洋大八車みたいに人間が引っ張るよう先端部が広くなっているのがありました。

で、東ゾーンはじまりはじまり。(あと何回になるのかしら・・・)

---------------------------------

東ゾーンの動画ありました。

江戸東京たてもの園 「昭和の面影を残す建物」 4分56秒
(SouthernValleyDiary さん)
https://youtu.be/vhcAUYRAeyw

動画を先に見ちゃったら、ワタシがごたごた言わなくても、と思わないでもないのですが、動画はあくまでも全体の雰囲気、ワタシはチマチマと隅っこをつついていますので、続行予定。

|

« 西川家別邸の風呂と会水庵の石臼 | トップページ | 看板建築なるもの-植村邸・大和屋・村上精華堂 »

おさんぽ・博物館」カテゴリの記事

コメント

そういえば、小さい頃に乗ったバスの注意書きには
多量の?セルロイド持ち込み禁止と
書いてあったような覚えがあります。
そんな記憶、はるか彼方のハズですが
ひょんなことで浮かんでくるものですね

投稿: 瑠璃 | 2015年5月13日 (水) 22時03分

こんばんわぁ。

懐かしいですねぇ。
都電の注意書きは、昭和の終わり頃に今の電車に置き
換えられて撤去されたかと、思ってたら30年後の
今でも生き残って貼りだされてるみたいですねぇ。
出入りの激しい首都東京にしては、物持ちええなぁ

投稿: なかっちょ | 2015年5月13日 (水) 22時26分

瑠璃さん おはようございます。
私も、ストが年中行事だった国鉄時代、都心へ出勤するため吉祥寺~渋谷を私鉄、渋谷~新橋を、このルートのバスに乗ったことを思い出しました。
忘れたんじゃなくて、思い出すきっかけがないだけですね。
セルロイドのおもちゃに覚えがあります。ぺこんとへこむと戻せなくて・・・
み~んなどこかに消えてしまいました。
今も残っていたら、ちょっとしたお宝だったでしょうね。

投稿: マイマイ | 2015年5月14日 (木) 09時24分

なかっちょさん おはようございます。
写真に撮らなかったのですが、懐かしのボンネットバスもありますよ。
次回はバスの試乗レポートをお届けします。

投稿: マイマイ | 2015年5月14日 (木) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いざ、庶民ゾーンへ:

« 西川家別邸の風呂と会水庵の石臼 | トップページ | 看板建築なるもの-植村邸・大和屋・村上精華堂 »