« 魔神のザクザク行進 | トップページ | お寺ワンダーランド »

2015年4月24日 (金)

レアもんでっせ 毒でっせ

何がレア? これ↓です。

9263_150419natio

街の電気屋さんの看板じゃありませんか、と言うなかれ。

確かに昔はあちこちでみかけましたけれど、信頼のブランド・ナショナルこと松下電器は、2008年(平成20年)10月1日にパナソニック株式会社に商号変更しました。(wikipedia情報から請け売り。以下薀蓄部分はwikipediaから)

すでにブランドは「ナショナル」から「パナソニック」に変わって久しく、頭の固い中高年でも「ナショナル」を忘れかけております。

さて、この「ナショナル店会の店」は何かというと、

〈当初は松下製品のみを扱う「ナショナルショップ」と、松下製品に加え他社製品も扱う「ナショナル店会」とに二分されていたが、後者は1993年を以て廃止され、現在は「パナソニックショップ」に一本化されている。〉

だそうです。つまり22年前に無くなっちゃったのよね。22年間、看板そのまんまか・・・

でね。もうひとつね。

別々の営業形態のはずの「ナショナルショップ National Shop」と「ナショナル店会の店」の看板が一緒に掲げられてるんですよね。これってあり、だったのかな。

一本化されたはずの「パナソニックショップ」の看板は見当たりませんが、どうしちゃったのかな。

この電気屋さん、反対側に回ってみたら、「~設備工事」(電気関係)の看板がありました。量販店に押されて小売から撤退しちゃったのかも。

ちょっとした謎でした。

↓この季節、あちこちで芳香を放つ花。

9264_150419jas

民家の生垣にも、道路の歩道フェンスにも旺盛に絡みついています。

いい匂いだな。くんくん。ジャスミンかな。カロライナジャスミンかな。

その通りカロライナジャスミンでした。ネットで何でも調べられる便利な世の中です。

で。

ジャスミンというけれど、植物学的にはジャスミンじゃござんせんそうです。

wikipedia曰く

〈カロライナジャスミンは、マチン科ゲルセミウム属の常緑つる性低木。別名:ゲルセミウム、イエロージャスミン、イブニングトランペット、トランペットフラワー、カロリナソケイ、ニセジャスミン、センペルヴィレンス。

「ジャスミン」という名前がついているが、モクセイ科ソケイ属(Jasminum)のジャスミンとは全く違う種である。〉 (抜き書き)

およ。マチンですか。毒でねえですか。

江戸時代に殺鼠剤として使われ、時に愛想が尽きた亭主に、あるいは鼻につく女房に盛られたりした毒物・・・

マチン(馬銭、学名:Strychnos nux-vomica)は、マチン科マチン属の常緑高木。アルカロイドのストリキニーネを含む有毒植物及び薬用植物として知られる。種小名(ヌックス-フォミカ)から、ホミカともいう。〉

おおこわ。こんなモノ、そこいらじゅうに生やしといていいんですかい・・・

と言ったところで、夾竹桃も猛毒だし鈴蘭も毒だし馬酔木だってねえ。

要するに、道っ端のものを軽々しく口にするなっ、ということですな。(←偉そうに言うことかね)

お口直しに桜を。

9261_150419yae

4月19日、淡い色合いの八重桜が満開でした。

9262_150419yaejpg

↓こちらは別の場所の派手な色合いの八重桜。

9267_150420yae

少々暑苦しい雰囲気でした。

|

« 魔神のザクザク行進 | トップページ | お寺ワンダーランド »

おさんぽ1・ご近所うろうろ」カテゴリの記事

植物・あれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

今日、嵯峨野を散歩しているときに、太秦の
映画村の近くで、もう廃業してるようです
けど、えらく古い「ナショナルのお店」の
看板を見つけましたよ。

それこそ、昭和30年代が舞台の日本映画の
オープンセットに迷い込んだみたいcoldsweats01

投稿: なかっちょ | 2015年4月25日 (土) 21時15分

なかっちょさん おはようございます。
「ナショナル」のお店は中高年の郷愁を誘いますね。smile
おお同志よ無事であったか、みたいな妙な連帯感。coldsweats01
京都はやっぱりいいですね。
こちらでも裏道で探してみようかと・・・

投稿: マイマイ | 2015年4月27日 (月) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/61486333

この記事へのトラックバック一覧です: レアもんでっせ 毒でっせ:

« 魔神のザクザク行進 | トップページ | お寺ワンダーランド »