« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月28日 (火)

お寺ワンダーランド

お暑うございます。本日も夏日。つい先日まで冬がぶり返しておりましたのに。もはや日本には「春」は季節ではなく、一瞬の出来事になったかのようです。

それにしても暑い。暑いけれど、ここでしっかり暑熱馴化しておかなければ、と汗まみれになって歩き回っております。熱中症注意。

4月26日は統一地方選挙後半戦の投票日でした。各地で過去最低の投票率となったようです。

ワタシは行きました。先達が苦労して勝ち取った選挙権です、行かなきゃバチがあたる、とまでは思いつめておりませんが、投票しとかないと後でつべこべ文句が言えませぬ。

投票したらその日の「義務」は終了。そのままあらぬ方向へ歩きまして・・・

↓「あいや待たれい」

9274_150426a

と、頭上からいきなり大音声が降ってきました。

ひえ、なにも悪いことはしてませんよ(多分)。

「そのほう、挙動不審である。おとなしく吟味されよ。」

吟味って、食べるって意味じゃありませんよね。

↓「ええい、うざい、お前ではないわい。コモノは散れっ。」

9276_150426un

ヒトを呼びつけておいて、コモノとはなんだっ。一寸の虫にも五分の魂だぞっ。

↓「そこのお主じゃ。歩きながら本を読んではいかん。交通法規を知らんのかっ」

9277_150426kin

二宮さん、読書に夢中で気がつきません。すたこら行ってしまいましたとさ。

と阿呆な連想をいたしましたここは、「延命寺」であります。

9275_150426enmeiji

お寺の由来はネットで調べてくださいまし。

一つだけ。総務省HP「一般戦災死没者の追悼」に
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/virtual/memorialsite/tokyo_musashino_city002/index.html

〈想えば武蔵野市は(株)中島飛行機武蔵製作所 及びその下請工場が数多く在ったため、昭和十九年十一月廿四日、B29による最初の大空襲を受け、尓来翌年八月十五日の終戦まで十数回の爆撃により工場と付近の民家は廃墟と化し、防空壕もろとも一家全滅が続出、その死傷者千数百を数えた 当山も至近弾による甚大な被害を蒙った (略)

昭和五十二年十月二十三日
延命寺中興第五世住職少僧正 中里崇亮 〉
 (抜粋)

と、ありますように、戦争の記憶が身近なものとして残っています。ページ内に「250K爆弾の破片」の写真もあります。(ワタシ、撮り忘れました。)

目を転ずれば、お正月の七福神めぐりのコースでもありまして、お二方いらっしゃいます。

9278_150426ju

(寿)ほほほ、時季外れに来おって・・・

(毘)来るだけマシってもんよ・・・

9279_150426bisha

(毘)へい、お待ちっ。特大ソフト。

9279_150426bisha2

(鬼)毘沙門のダンナよぉ、足元みて歩いてくれよぉ、痛てえよぉ。

9279_150426bisha3

いーっ、と唸っているのは天邪鬼だそうでして。

横に回れば何やらお堂がございまして。

9280_150426jizo

何やら満員でございまして。

9281_150426jizo

お面やら、コンセプトが分からん・・・

足元でも何かが起きている。

9282_150426jizo

石の地蔵を喰うても美味くなかろうに。

9282_150426jizo2

背後から危機が迫っているに気がつかんのかね、お地蔵さんズ。あ、真ん中のは恐怖のあまり卒倒しちゃってるかも。

↓龍を怒らせたのはあんたですかい。

9282_150426jizo3

ダメでしょ、龍のお宝を持ち出しちゃ。売ればひと財産だって。福徳そうな顔しちゃって、やることが正反対でしょ。

と勝手に思ってみました。お地蔵さんたち、ごめんなさい。

本堂の前には狛犬様がいてござる。

9283_150426hensho

遍照光明ってなんだ? あ、光明遍照でしたか。

9284_140526komyo

〈阿弥陀仏の救いの光があまねく全世界に及んでいるということ〉 だそうです。

左狛:てめえ、オレの女房にちょっかい出しやがって。

9283_150426koma

右狛:おめえがいい加減だからだっ。昨日も借金取りが来て暴れてたじゃねえか。

9284_150426koma

見てられなくて匿ってやっただけだっ。さっさと借金返してこいやっ。

大師さま:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9286_150426kobo

(仏の御前で痴情喧嘩か・・・筆はどうでもいいが、弟子は選ばないといかんな・・・・)

9285_150426kobo

弘法大師さま、失礼いたしました。俗人の妄想をお許しくださいまし。

このほか、平和の鐘(鐘楼)や文化財の護摩炉、平和観音菩薩、中島飛行機ゆかりのプロペラなど、興味深いものが一杯でありました。

どちら様か存じませんが、愛猫と愛犬のために建てたフィギュア付きの立派なお墓もございました。

楽しませていただきました。って、レジャーランドじゃありません。

9287_150426enmei

ありませんけどね、眺める気分の問題でしょうか、金剛力士さまが

「ばいちゃ」 してます。orz.....

9287_150426hi

罰当たりをお許しくださいまし。

(この日のふらふら散歩、続きます。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

レアもんでっせ 毒でっせ

何がレア? これ↓です。

9263_150419natio

街の電気屋さんの看板じゃありませんか、と言うなかれ。

確かに昔はあちこちでみかけましたけれど、信頼のブランド・ナショナルこと松下電器は、2008年(平成20年)10月1日にパナソニック株式会社に商号変更しました。(wikipedia情報から請け売り。以下薀蓄部分はwikipediaから)

すでにブランドは「ナショナル」から「パナソニック」に変わって久しく、頭の固い中高年でも「ナショナル」を忘れかけております。

さて、この「ナショナル店会の店」は何かというと、

〈当初は松下製品のみを扱う「ナショナルショップ」と、松下製品に加え他社製品も扱う「ナショナル店会」とに二分されていたが、後者は1993年を以て廃止され、現在は「パナソニックショップ」に一本化されている。〉

だそうです。つまり22年前に無くなっちゃったのよね。22年間、看板そのまんまか・・・

でね。もうひとつね。

別々の営業形態のはずの「ナショナルショップ National Shop」と「ナショナル店会の店」の看板が一緒に掲げられてるんですよね。これってあり、だったのかな。

一本化されたはずの「パナソニックショップ」の看板は見当たりませんが、どうしちゃったのかな。

この電気屋さん、反対側に回ってみたら、「~設備工事」(電気関係)の看板がありました。量販店に押されて小売から撤退しちゃったのかも。

ちょっとした謎でした。

↓この季節、あちこちで芳香を放つ花。

9264_150419jas

民家の生垣にも、道路の歩道フェンスにも旺盛に絡みついています。

いい匂いだな。くんくん。ジャスミンかな。カロライナジャスミンかな。

その通りカロライナジャスミンでした。ネットで何でも調べられる便利な世の中です。

で。

ジャスミンというけれど、植物学的にはジャスミンじゃござんせんそうです。

wikipedia曰く

〈カロライナジャスミンは、マチン科ゲルセミウム属の常緑つる性低木。別名:ゲルセミウム、イエロージャスミン、イブニングトランペット、トランペットフラワー、カロリナソケイ、ニセジャスミン、センペルヴィレンス。

「ジャスミン」という名前がついているが、モクセイ科ソケイ属(Jasminum)のジャスミンとは全く違う種である。〉 (抜き書き)

およ。マチンですか。毒でねえですか。

江戸時代に殺鼠剤として使われ、時に愛想が尽きた亭主に、あるいは鼻につく女房に盛られたりした毒物・・・

マチン(馬銭、学名:Strychnos nux-vomica)は、マチン科マチン属の常緑高木。アルカロイドのストリキニーネを含む有毒植物及び薬用植物として知られる。種小名(ヌックス-フォミカ)から、ホミカともいう。〉

おおこわ。こんなモノ、そこいらじゅうに生やしといていいんですかい・・・

と言ったところで、夾竹桃も猛毒だし鈴蘭も毒だし馬酔木だってねえ。

要するに、道っ端のものを軽々しく口にするなっ、ということですな。(←偉そうに言うことかね)

お口直しに桜を。

9261_150419yae

4月19日、淡い色合いの八重桜が満開でした。

9262_150419yaejpg

↓こちらは別の場所の派手な色合いの八重桜。

9267_150420yae

少々暑苦しい雰囲気でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

魔神のザクザク行進

頭の中がザックザックと波打っています。

いわゆる「拍動性耳鳴り」。

原因はなんだろうな。

子どもの頃は「ザックザック」が深夜に町を踏み潰しながら近づいてくる巨大な魔人・魔神の足音に聞こえて、毎晩怖い思いをしました。多分成長期の貧血が原因。

お腹が大きかった時には頭の中でぐぅわんぐぅわん鳴り響いていました。原因は貧血でお薬を処方されました。

そして、近頃。

貧血はあり得ない。酸欠かな、と深呼吸したり。脱水かな、と水を飲んだり。良くなることもあれば改善しなかったり。

もしかして血圧が高くなっているのかな。もとは低血圧気味だけど、寄る年波に負けて血管が固くなっちゃったかな・・・

そう思ったもので、夜に血圧を測ってみました。

ひええ。

血管がぶっちぎれそうな高血圧~、じゃなくて、上が88下が63ですと。

下はともかく上が低すぎでねえですか。おかしいな。

しかし、なんど測っても上は80台、下は50台に突入し・・・

なんだかわからんが、風呂入ろう。

風呂上りに再度測ってみました。普通、風呂上りは血圧が低下するんでしたよね。

・・・たいして変わらない。

なんだかわかりません。こういう時は寝てしまおう。

翌朝。上が108で下が76。いずれにせよ、脈圧(最大血圧-最小血圧)が小さい。

運動不足かな。ここのところ座りっぱなしが多いし。肩凝り復活してるしなあ・・・

今度の週末お天気が良かったら、久しぶりにお散歩に行きませう。

ということで、18日の午後、もそもそ近場を歩いてきました。

↓このレトロな建物は何でしょう。

9241_150418jousui2

東京都水道局境浄水場内にありました。

9241_150418jousui1

ネット情報によりますと、「六角井」のようです。

wikipediaには 集合井(八角井、六角井)

八角井は濾過池甲群の濾過水あるいは東村山浄水場から東村山~和田堀線(φ1,600mm)で送水された上水を第一境・和田掘線(φ1,890mm)で和田掘給水所へ送水し、六角井は濾過池乙群から接合井(おぼれ堰)へ濾過水を送水する。〉

「八角井」は、写真に写っていない右部分にあるようです。

年2回の公開日では、立ち入ることのできない部分です。

鉄柵の隙間からカメラだけ中に入れて撮りました。素振りが怪しかったろうな。監視カメラに撮られているかな・・・中に入って、こちら側を見学したいなあ・・・

↓緑になりかけの台地も浄水場内です。

9242_150418josui1

「天日乾燥床」とかいうのかな。乾燥してないけど。

駆け上って遊んでみたいな・・・芝滑り、できるかな・・・

田舎の土手を滑り降りた遠い日を思い出しつつ、あれこれ妄想しながらぐるりと回り、水道道路(井の頭通り)側に出ました。

浄水場の脇は、ちょっとした散歩道になっています。

9247_150418josui

だいぶ前に整備されちゃいました。以前は土の道でフェンスもありませんでした。あの頃が懐かしいけれど、時代は進むのよね。

上の写真ではよく見えませんが、植え込みには花がびっしり。紅系の綺麗な花ばかりでした。

↓ライラックは緑に・・・(古いなあ・・・)

9244_150418lilac2

Harry Belafonte - Green Grow the Lilacs
https://youtu.be/QfnqycUSvy8

Ed McCurdy - Green Grow the Lilacs (Civil War Song) 
https://youtu.be/3BCNSeDOqKw

↓玉ツツジ、じゃなくてシャクナゲ(石楠花)。

9246_150418tutuji

頭ほどの花の塊がぽこぽこ咲いていました。

頭上から、はらりと何か落ちてきまして。

9249_150418gyoi

おお、御衣黄ではございませぬか。花びらが緑色の桜。しかして、樹はどこに? きょろきょろと見あげましたが、お姿がございませぬ。若葉の新緑に紛れちゃったかな。

大事大事に持ち帰って、水をはった小皿に入れておきましたら、いまだに元気です。

9259_150418gyoi

花の命は結構長い。

浄水場の周囲をぐるりと回って、玉川上水に出ますと、今度はぎっちりと花をつけた桜に遭遇いたしました。

少し遅く咲く八重桜です。

9250_150418tamagawa2

八重桜にもいろいろあるのでしょう。ウチの近所のは、ど派手な赤に咲きまして暑苦しいくらい。

あてもなく玉川上水を遡りますと、おいしそうな若葉がございました。タラの芽とは似つかぬ風情なれど、いたく食欲をそそられます。けど、食べちゃだめ。

9253_150418me

正体不明のモノは食べちゃだめ。ニュースで全国区に名前を知られる可能性あり。

独歩の森を通り抜けて武蔵境駅に行きまして、さて帰りましょう。帰りは本村公園にしようかな堀合遊歩道にしようかな、とことこ歩いて行きましたら

「はいっ、通行料500円ねっ」

9254_150418wanko

と道行く人をにらむワンコどの。

「なに、ただで通ろうっての。いい根性してるねえ」

などとは言いませぬ。ドッグカフェ入り口の看板犬(置物)でした。

気がつけば堀合遊歩道。気がつけば八重桜並木の満開。

9257_150418sakura

ここの八重桜もド派手な色合いでした。

遊歩道の隣はド田舎風景。

9258_150418nouka

通るたびに信じられない思いです。少し右へずれればバックは高層マンションとなります。

この後はおうちへ向かって、てれてれたらたと。締まりのないだらだら散歩でした。

それでも1万5千歩くらい歩いたのが効いたようで、翌日の血圧は上が103で下が58。

人間やっぱり、パソコンの前に1日中座りっぱなしはよくありませぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

読めたっ

11年前のこと。

田舎の父が亡くなり、高齢の母が残された。

母は一人で暮らしたことのない人だった。いろいろ不便であろう、なにより心細いだろうと、ワタシが週末に田舎に帰るようになった。

最初は平穏だったが、頻繁に接するようになると、様子のおかしいことに気付いた。認知症が始まっていた。おそらく父の存命中からだったろう。気づく人がいなかったのだ。

しばらくして、弟夫婦が同居することになった。

母の状態は改善することはなく、本人にも世話をする弟夫婦にもワタシにも疲れ果てる日々が続いた。

6年前にすべてが終わったとき、「お母さん、やっと楽になれたね」というのが関係者の正直な思いだった。

足しげく通うことになった田舎の風景は、上京してから何十年を経て様変わりし、知らないものばかりになっていたが、ある時、息抜きに少し離れた街並みを歩いた時に、おそらく戦後、あるいは戦中戦前から変わっていないのではないかという風景に遭遇した。

↓「どまか」ってなんだ?

060415_kamado

倒れそうになっていた家屋の壁の色褪せた看板。今から9年前2006年の写真。

当時デジカメは持っておらず、初めて手にしたカメラ付きケータイで撮影したもの。メール添付設定だったので画質はよくない。その後再び行ったときには家屋ごと無くなっていた。

しばらく考えて「かまど」と分かった。三和かまど。

右から読む横書き。

で、本題。一番上の文字はなんと読むのでしょう。

「日本一」は分かります。途中に「巨大」と読めそうなところがありますが、読む方向が逆。なんだろな・・・

しげしげ見つめて「分かった!」

一度分かってしまえば、そうとしか読めませんが、はて、なんと書いてあるのでしょう。

バラしちゃう前に。

「三和かまど」の右にあるコンクリートブロックみたいなモノの正体はこれです。

Kamado2

二連式 かまど。 寸法よこ90cm×たて35cm×奥行80cm  重量約190Kg

三和かまど」さんのHPからお借りしました。
http://www.d6.dion.ne.jp/~i-miya/

〈 昭和10年に先代の田原商店がかまどの特許を取得し、製造販売を開始。その後、先代から受け継ぎ、現在に至っています。〉

とあります。

健在なんだ・・・

で、看板の謎文字の正体は「日本一 総理大臣賞に輝く」。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

世界の中心でひっくり返るカメ

9237_150415kaeru

(ひっくりカエルじゃなくて、うんざりカエル。あ~あ、やってらんないよ・・・)

ある朝のこと。

仕事場に来ましたら、家主のジイ様がクッションを枕にして寝ておられました。

どうってことない光景ですよね。

どうってことあるのは、寝ていたのが台所の床であったこと。

ダイニングテーブルは大幅にずれている。

推測するに、なんらかの理由で床に転がってしまったけれど、日頃の運動不足と脂肪を蓄積した巨体が災いして、ひっくり返ったカメよろしく自力で起き上がれない。

ぎえ。

何があったのですか。いつからですか。

聞いても分からない。犬のおまわりさんなら困ってわんわんわん・・・で済みますが、いや済みません。

とりあえず低体温症にはなっていない。苦労のすえ起き上がらせると、骨折した様子もない。頭は・・・まあ、元がアレですからナニでして、打っている雰囲気もない。

起き上がると、いつものようにご飯を食べいつものように身支度し・・・ゆえに、いつも通りデイケアに行ってもらいました。

が、ことの顛末を連絡帳に書いていたもので、施設からさっそく電話が掛かってきました。

「転倒」したとのことで、本日は安静で様子見だと。こういう場合には病院に行ってくださいと。

ジイ様の日頃のいい加減な生活態度を目にしているワタシには、転倒というほどのものではないと思えたのですが、預かる施設側ではそうもいかんか。

9238_150415kaeru_2

(大ガエルさん、頭にヒビが・・・)

翌日病院に連れて行きましたです。

XP、MR、ICTその他てんこ盛りで検査していただいた結果は「特に異常ありませんね」。

ただ、床に直接、多分一晩寝ていたせいか少々風邪気味でして、抗生物質が処方されました。

人生いろいろです。最近モノゴトに動じなくなっている(と思っている)ワタシは、今回きわめて冷静(冷酷)に対応いたしました。

今回のことが致命傷になるような事態となったら、それはそれで仕方ないではないか。ワタシは神様じゃないと。

一応、対応策として、今後デイケアに行って運動する日を増やすことにしました。

ほっとくと動かんのですよ、このジイ様は。以前にも筋力の衰えで3か月リハビリ病棟に入院するはめになったのに、全く懲りないやっちゃ。

9239_150415kaeru

(格子から出られないカエル。おウチに帰る~と、むくれ中)

自分の人生なんだから自分で責任もてよっ。

といっても仕方ない。責任能力は経年劣化で衰える。

人生いろいろです。最後まで矍鑠(かくしゃく)と生きられる人ばかりじゃありません。よろよろしながらも最後まで生きていくのもひとつの人生です。

そんな人生に意味? あります。どんな人も自分を中心核とする世界に生きている。人の命が消える時、世界も一つ消滅する。

時々思います。

他の人の世界では、このワタシはどんなふうに見えているのだろうかな、と。

9240_150415kaeru_2

(笑うなっ)

ジイ様の検査待ちの間、ヒマを持て余して病院内のあちこちをきょろきょろ。

おほほ、みつけちゃいましたよ。掲示物を止めるマグネットが製薬会社のノベルティ。

9235_150413meijpg_2

こっちはアスピリンかな?

9236_150413asp

患者にはくださいませんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

フライパンの憂鬱

あるいはフライパンの躁鬱。

フライパンそのものが大騒ぎしたり落ち込んだりしてるわけじゃありません。

持ち主がね・・・

9229_150413suou

(4/10 近所の公園にて。ハナズオウ)

30年以上使った鉄のフライパンに穴があき、テフロン加工のものに(ウチにしては高めの)に買い替え、7、8年は経った気がします。

当初の「つるっ」「すべっ」はとうに無くなり、今では油を敷いても焦げつきます。

さあ、どうしましょう。もっと高級品を買うか、とも考えましたけれど、ネット評によると、樹脂加工のフライパンはいずれ樹脂が剥がれて使えなくなるのよね。

よし、鉄を買うぞっ。

と決心しましたが、近頃近所のスーパーで鉄フライパンは売っていません。

そんな世の中になっちゃったのですね。

ついでに言うと、竹笊も売っていません。15年ほど前の引っ越しのとき、古びた竹笊をまとめて処分し、買いなおそうとしたら、デパートで高級品を買うしかなくなって、仕方なしステンレス笊に切り替えましたっけ。おばか。

で、ネット検索したら、高いのばっかでねえですか。鉄のフライパンに4、5千円は安い方で、これと思えば、ン万ン千円ですと。

ふんっ。

樹脂加工の安いのを2、3年で使い倒すか。

そう思ってスーパーを見て回りましたが、中途半端に高い。1980円とか2480円とか。少し前680円とかあったじゃないか。あれでいいんだけどお・・・

何気なく立ち寄ったスーパーでセールをやってました。お箸やら調理器具やら・・・なに、26センチIH対応の樹脂加工フライパンが463円ですと。税込で500円ぽっきり。

先日まで税抜1780円で売ってたのじゃありませんか。なにがどうしたんですか。いえ理由なんぞどうでもいいです。買うざますっ。

で、買っちゃいました。

買っちゃったのに、なおもネット検索するワタシ。何か欲求不満でも・・・

そしたら出てくるのですよ。国産の鉄フライパンが送料無料800円ぽっきりですって。22センチと少し小さいけれど、いいですわよん。

買っちゃえ。

9227_150413suou

(4/10 近所の公園にて。シロバナズオウ)

* * * * * * 

ここから第二部。

鉄フライパンは昔は防錆油が塗ってありまして、まず落としてから使いました。

今時のはクリア樹脂加工されていまして、まず焼いて落とすのよね。

手順の説明は書いてありましたが、初めてなのでよくわからない。15分ほど強火で焼きました。落ちたと思いますが、よくわかりません。たわしで洗って油しいて、キャベツの外側の葉を炒めて・・・なんだか粘っこくなりました。

樹脂が落ち切れていなかったようです。

もう一度空焼き。落ちたかどうか、わかんないよお・・・

ネットで調べましたら、30分は焼け、とか。過熱防止装置付きのガスレンジだと途中で火が消えちゃうよどうすりゃいいのよ、という泣き言も。

はあ。

ダッチオーブン並みの手間がかかるのですね。

しかたない、もう一回焼くか。もう一回、もう一回・・・鉄色がムラになっちゃったけれど、これでいいかな・・・

次、油慣らし。

油をたっぷり注いで5分くらい過熱するんだそうです。その後油はオイルポットへ戻す。これを毎回使用前にすべし。

ウチは揚げ物しないのでオイルポットありませんです。使った油を戻せないので少々でやりました。

ということで使用開始。オムレツ焼くざます。くっつかないけど、つるっすべっにはまだ遠い。

油をけちったのがまずかったかな。オイルポット買おうかな・・・こうしてモノが増殖していく・・・

(463円の樹脂加工フライパンはどうしたのよ。→台所の飾りになってます。買わなくてよかったかな・・・いんえ、買ったからには使います。ホットケーキ焼こうっと。)

↓先日拾ったハナズオウの種。

9233_150413suou

ぱかっと割ると種。虫みたい。


9234_150413suou

大きく見えますが、莢の全長5.5センチほどです。

ベランダに蒔きまする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

なおるかな?

B0489_150412marg

(マーガレットどすえ。)

1.

自宅のトイレのペーパーホルダーはワンタッチ式です。

心棒を外さずに下からロールを差し込むだけでセットされます。

でも、生協宅配のノンコアロールの細い芯タイプを使っているので、ワンタッチのホルダー芯を押し上げて隙間に専用の細い芯を差し込んで使っております。

手間かかるけど、別にいいの。毎日ロールを交換するわけじゃなし。

そう思っておりましたが、ある日、芯が太いノンコアロールが届きました。あれま、注文を間違えただよ。

仕方なし、細芯を外してワンタッチホルダー芯にセットしたら、使うたびロールが芯から外れる・・・検分すると、ホルダー芯を脇板に対して直角に保つバネが全く機能していない様子。

どうするねえ。

しげしげ眺めた挙句、ねじ回しで壁からホルダーを取り外しまして、さらにしげしげ眺めたら分解可能な雰囲気。プラスチックの留め具の隙間に薄い鉄板を押し込んで外しました。

バネが折れてるなら修理すればいいと思ったのですが、バネはバネでもプラスチックの小さな部品が折れていました。

内耳にあるという蝸牛みたいな渦巻。

折れない方がおかしいと思うくらい、ちっぽけな渦巻。

接着剤で貼り付けようという考えは即座に捨てました。

じゃどうする? 新しいホルダーを買うか、とネットをチェックしかけましたが、待てよ。

要するに芯にロールペーパーを支えるだけの反発力があればいいんだな・・・

プラスチックのホルダーの芯部分は中空だな・・・

じゃ、弾力性のあるプラスチック板を中空部分に入れ、はみ出し部分がホルダーの横板と直角になるようにすればいいんじゃ・・・

↑はい、小人閑居してナントヤラの類の思考を重ねましたです。

アホみたいな試みでしたが、上手くいきましたです。プラスチック板は、国立博物館でお土産ゴーフルを買ったとき風神雷神図の缶が収まっていた透明プラスチック箱を切って使いました。

相変わらず小さくみみっちい話です・・・

9232_150412bane

↑こんな小さな部品は張り合わせられませぬ。

2.

朝は大抵ラジオを聞いています。TVはうるさくてイヤ(歳かも)。お気に入りはFMのJ-WAVE。

ですが、近頃電波の状態がよくない。

地磁気の影響かな、地震の前触れかな・・・とかも考えたのですが、他のFM局は問題なし。

考えられることは、近頃周囲にマンション乱立でして、電波が届かなくなってるのかしらん。それにしてもJ-WAVEだけなのよね。

ロッドアンテナをワタシが握ると改善します。人体アンテナ。しかし握りっぱなしという訳にはいかない。

うーんうーんと無い知恵を絞りまして知恵熱を出しかけて、思いつきました。

アンテナ張ればいいのよねん。→どうやるのよねん。

以前、余っているコードをロッドアンテナに絡ませて室内に張り巡らせたことがありましたが、じぇんじぇん改良しませんでした。

なら、TVのアンテナからひっぱればどうよ。→どうやって?

TVにつないでいるアンテナ線分配器の1つがあいてます。そこへ余っているアンテナコードの接栓プラグを差し込んで反対側の銅線をむき出しにして引っ掛ける→これは片方のプラグをわざわざ外さなくても、外れているのが一杯あります。アナログTV時代の遺産みたいなものです。

こんな具合。

9231_150412sen

ばっちり聞けるようになりましたよん。

なんでTVアンテナから引っ張ろうと思ったかというと、ラジオのFMチューナーはアナログTVの音声を聞くことができました。

ならTVアンテナ使えるんでねえか・・・と。

理系(電気系)のヒトではありませんが、歳の功でこういうこと思いつくのよね。えへん。

B0491_150412suzu

(スズラン水仙どすえ。)

3.

奥歯が痛い。ご飯粒の固いの(おこげ)などを噛むととずきんとします。

また虫歯かよ・・・

何日も続き、明日は歯医者に電話して予約を取らねば、という事態になりました。虫歯でしょうか、歯肉炎でしょうか、歯槽膿漏でしょうか。歯茎も奥歯3本分くらいしくしく痛い。

あ~あと落ち込みました。落ち込みながらお茶でも飲もうかと。ビタミンCの多いローズピップティーにするか、抗酸化作用のルイボス茶にするか、おとなしく番茶にするか。

そうだ。なたまめ茶があった。確か炎症に効くとか。

で、小なべで煮出してがぶがぶ飲んでおかげで夜中にトイレに起き上がるはめになって・・・

朝、気が付きました。歯がじぇんじぇん痛くありません。おーっ。

なたまめ茶が効いたのか、治る時期だったのか、しかとは分かりませぬが、ワタシの気持ちの中では「なたまめ茶は効くっ!」

以上、なんとなく「直った・治った」話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

普通の家族

先日、浅草育ちの方とお話しする機会があった。

物言いがしゃきしゃきして、地方出身者が勝手に思い描く「浅草っ子」そのものだった。

由緒正しい田舎モノにはグサッと来る言葉も時にある。

その方、離婚したとおっしゃる。

ただし別々に暮らしてはいるが、戸籍上は夫婦のままだと。

ん? とも思ったが部外者が口を挟むことではない。

テンポのよいおしゃべりを聞きながら思った。

浅草育ちの活きの良い女性と、地方・都会を問わず朴訥とか素朴とか実直とかの類の男性とは、当初は異質なものに惹かれあうが、いざ一緒になってみるとかみ合わない部分はあるだろうな・・・

話を聞きながら、いくつか思い起こしていた。

9213_150409sakura

(咲き残りの桜。4/9 近所の公園で)

その1.

ワタシの知っている離婚夫婦も、奥方が浅草育ちのお嬢様。亭主は「下町」の情緒・義理人情など木端微塵に粉砕するお方。互いに惹かれあって一緒になっただろうに、崩壊するのはあっという間。亭主殿が家を出た。

母と一緒に育つ子供は、いつの間にか、父に対する母の恨みつらみを共有することになる。

9219_150410yae

(咲き始めの八重桜。4/10 近所の公園で)

その2。

『ウィーン家族』(角川書店、2009/12)

「闘う哲学者」中島義道氏の小説。

〈自己愛が強く他人を愛せない主人公・康司、彼に依存し支配しようとする妻、そして康司を軽蔑し毛嫌いする14歳の一人息子。康司の研究留学先ウィーンで、この閉ざされた家族関係の行方は・・・。〉

とamazonの紹介ページにある。

こちらは、家族に無関心な父とその父を責め続けることを生きがいとする母という「機能不全な家庭」に育った著者主人公と、東京山の手のお嬢さんである妻との確執。

小説ではあるが、かなり著者本人の実生活に近いと思われる。

9222_150410hana

(4/10 近所のお宅で)

その3

同時に、井上ひさし・好子元夫婦のことも思った。

『修羅の棲む家』(西舘好子 はまの出版 1998/10)

当事者の片側から書かれた内容を100パーセント事実と受けとるわけにはいかないが、凄まじいDVの記述だった。その中で、自分のぽんぽんとした言葉が井上ひさし氏を刺激したのだろう、と書いてあったように記憶している。

西舘好子さんは浅草の職人の家に生まれ。かたや井上ひさし氏は山形県生まれ、家庭の事情で苦労を重ねている。

合わなかっただろうな…

と、よそ様のことなのに溜息がでてしまう。

実際、離婚して別の伴侶と結ばれてから、井上ひさし氏は穏やかな家庭人となったようだ。

9225_150410hana

(4/10 近所のお宅で)

その4.

萩尾望都さんの『バルバラ異界』 コミック(2003/6 小学館)

こちらは『ウィーン家族』からの連想になる。

物語は西暦2052年が舞台のSF。

〈他人の夢に入り込むことができる“夢先案内人”の渡会時夫は、ある事件から7年間眠り続ける少女・十条青羽の夢をさぐる仕事を引き受けることになった〉 

という話なのだが、記憶を共有する火星生命体、未来戦争、記憶を受け継ぐ心臓タンパクとカニバリズムなど内容は多岐にわたり、家族の在り方、コミュニケーションの不全も重要な要素になっている。

YouTube(小学館公式チャンネル)に内容紹介がある。

萩尾望都『バルバラ異界』作品紹介ムービー
https://youtu.be/9-C8tRFXtKo

9230_150410hana

(4/10 近所の公園で)

突然気分を変える妻に振り回される夫。妻は子どもを連れて離婚。成長した子供は父を「憎んでいる」…

このあたりは『ウィーン家族』とそっくりで、いや発行年は『バルバラ異界』が先で、いや『ウィーン家族』の元となる話は前から書かれているよな…

(『ウィーン家族』は離婚には至っていない。)

いろいろ連想しながら、「普通の家族」って貴重なものなんだな、とふと思った。

「普通」ってなんだ、と問い詰められると返事に困る。ワタシは所詮凡庸な人間なのだ。東京は今日も寒い。

--------------------------

と偉そうに言ってみたかっただけです。ああ、肩凝った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

黒い羊

ガングロ羊じゃなくて、真っくろけの羊です。

「black welsh mountain sheep」で画像検索するとうじゃうじゃ出てきますが、

300pxhebridean_ram

↑とりあえず他人様の写真をお借りしました。

出典は「wikitionary」、イギリスはサウザンプトンのジム・チャンピョンさんのお写真。
http://en.wiktionary.org/wiki/File:Hebridean_ram.jpg
Jim Champion from Southampton, UK

そいつがどうかしたのでしょうか。

ええ、ええ、どうかしました。ワタシんとこに1匹やってきました。

↓これ。

9191_150406black

セーターじゃございませんか。ええ、ええ、そうなんですよ。脂抜きしてない羊毛セーター。分厚いの。でかいの。暖ったかいの。ほぼ新品。

先日の桜まつりの一角に善意団体のバザーコーナーがありまして、つい引き寄せられまして、これから暑くなるというのに、自分でもどうかしてると思うのに、極寒仕様のセーターなんぞを・・・

ガンパッチ(gun patch)セーター。ラグラン袖で肩と肘にスエードみたいな(ヌバックというらしい)パッチが付いてるの。

正規に買うと28000円はする代物です。それを90%OFF・・・じゃなくて99%OFFで・・・

わあ、どうかしてるっ。

9192_150406black

タグ見ると、グレート・おブリテンざます。大英帝国健在なり。

思えば30年前にも、アイルランド製の極寒仕様セーターを100円で買いましたっけ。GAELTARRA。いまだに大事に持っています。

8244_140402ireland

こういうのは長持ちするんですのよん。ずっと大事にしとこ。

で、なんで元の持ち主は手放したのかな?

推測するに、暖房の行き届いた現代日本では着用の機会が少ないからでしょね。

ウチみたいに原則暖房なし生活だと最適ですが、暖房が効いたお宅へお邪魔したり、お店に入ったりすると真冬でも汗だくになります。

ほほほ、快適暖房生活を送ってらっしゃるお金持ちは、こういうの、どんどん手放してちょうだい。ワタクシが活用して差し上げますわよ。ほほほ。

ところで、かさばるんですよね。どこに仕舞っとこうかしら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

道端スミレ

本日花まつり。お釈迦様のお誕生日。なのに全国的に真冬並みに冷え込みまして、東京地方でも雪予報、みぞれとなりました。今朝聞いてたラジオによると、埼玉県では小学校の入学式なのに雪降ってるよー、とか。定番通りの桜吹雪がよかったのに。

-----------------------------------------

道端ジェシカ・・・じゃなくてカレンでもなくてアンジェリカでもなくて、ご近所の道端のスミレ。

9189_150406sumire

スミレ、と思ふのですけれど、何しろ極めつきのヤボ。確証ありませぬ。

アップで見ると、ショウブみたいだったりして。

9189_150406sumire2

こっちは、パンジー(スミレ科)といった方がいいのかな。違うかな。

9190_150406sumire

アップでみると、やっぱりアヤメとかショウブみたい。

9190_150406sumire2

ちょこまか野暮用に追われていて、郊外散歩にいけません。

用のついでに近所をきょろきょろして、散歩のつもりになっています。

するってえと、こんな方々に遭遇いたします。

仲良しわんこ夫婦。

9193_150406twinwanko

思うに、向かって左がダンナで右が奥さん。

夫:あれだな、今年の花もおしまいだな。下駄屋のオヤジ、今年も酔っぱらってドブにはまったんだってな。つくづく懲りねえな。

妻:(あんたも土手から転がったでしょうに・・・)

いや、画面下半分を見ると夫婦逆か・・・ (;´▽`A``

↓うなだれくまさん。

9194_150406kuma

お昼寝してるだけかもしれませんけどね。うらぶれ感がちらほらと。

足の下の「FUJICOLOR SUPER HG 400」がね、お尻の下のAsahi SUPER “DRY” Steinyがね・・・

つやつや毛並の猫さん2匹が揃って道行く人を眺めているお店もありましたが、その時はカメラを持っておらず、もう一度行った時には会えませんでした。

↓代わりにクロネコさんをば。

9195_150406neko

そういえば、クロネコヤマトで猫バス始めたんですってね。

違うって?ネコパスですって。猫連れていくと安くしてくれるのかな。(違うっネコポスっ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

散りぬるを

「色は匂へど 散りぬるを」

 あるいは

「静心なく 花の散るらむ」

日曜日は地元の桜まつりでしたが、あいにくの雨降り。雨天実行なれど、桜見どころでなく傘の花満開。閉会予定の2時間前には各種ブース撤退体制に入っていました。残念。

打って変わって翌日は晴天気温上昇。1日前にずれてくれたらよかったのに・・・

仕事が一段落したので、お花見開放中の市営陸上競技場に行ってまいりました。

↓川のように見えるこれは、ひらひら舞い落ちる花で埋め尽くされた道です。

9210_150406hana

ほとんど散っていましたが、幹から直接生えている花は元気。

9211_150406hana

一部にまだ花盛りの樹がありました。

9205_150406sakura2

おほほ。↓どこかの田舎風景みたいですこと。

9208_150406sakura

陸上競技場って、こんなところです。

9202_150406sakura

上の写真は光線の具合か、花の色が濃すぎ・・・実際はこんな「桜色」じゃありませんです。

↓こっちが実物に近い気がします。

9206_150406sakura

桜じゃ桜じゃ。

9205_150406sakura

また来年、お目にかかりましょうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

げこげこ うとうと

東京の花見は本日がラストチャンスかな?みたいな雰囲気です。

昨日大風が吹いたし明日は雨らしいし・・・

こういう日にワタクシは仕事をしております。

先日からもう、だらだらと仕事が入ってきて、とにかくせっつかれて、予定表では○日初校となっているのに、前々日くらいに「できた?」と陽気なお問い合わせがあったりします。

(次週火曜日納期なのに前週の金曜日に催促がくる、みたいな・・・)

物理的に30時間かかる仕事なら2日でできるだろう、との計算でしょうか。

1日15時間で済むじゃないか、と。

そういう突貫工事ができるのは年に数回、それもぴちぴち若いうちだけですのよん。人生後半戦に入った人間に無茶を言わんでくださいまし。

交渉の末「じゃ週明け納品ね」、となりましたが、それって「週末は働け」ってことですよね。

げこげこ

9187_150402kaeru

↑先日、近所をあるいていたら、道っぱたにカエルさんがいました。

春だもの、カエルくらい、と言いたいところですが、アスファルト+コンクリートジャングルの住宅街のどこにお住まいだったのでしょう。

ネコに食われるなよ。車に轢かれるなよ。

うとうと

9188_15040wanko

カエルさんのいたお宅の隣の玄関前におねむわんこ。

手押し車の荷物入れにすっぽり入っていました。

往復したのですが、往路のときは目があってじっと見つめられて、じゃ写真撮ろうかと立ち止まったら、“あやしいっあやしいっ”とワンワン吠えられました。

復路のとき、歩きながらパチリ。気が付かれなかったようでした。

もろもろほかほかと春ですねえ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »