« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

仙川・丸池公園ぐるぐる

おほほ、オランダの水辺の住宅街ざますよ。

9131_150214sengawa

と性懲りもなく嘘っぱちを。2月14日、三鷹市散歩の2です。

看板に大きく書いてある通り、ここは仙川です。

9131_150214sinkawa

せんがわ、かとおもったら、せんかわ、ですわね。

wikipediaによりますと、〈一級河川。多摩川水系野川の支流。「せんがわ」と称されることが多いが正式名称は「せんかわ」〉だそうです。

上流部は人工河川で、野川宿橋のあたりから天然河川だそうです。

野川宿橋ってどこだ・・・違う道を来て通り過ぎてしまったもよう。改めて地図を見ると、人見街道と交差するところのようです。次回は是非行かねば。

とにかく、上流とは流れの雰囲気が違います。

9132_150214sengawa

♪病葉を 今日も浮かべて 街の谷 川は流れる~

というには水量不足。街の川は哀しいです。多分「新川大橋」からの眺め。

仲宗根美樹/川は流れる
http://youtu.be/3O5zNfaC7kI

話が前後します。仙川に再会するまで、東八道路沿いを歩きました。

角を曲がった途端に、↓細くくねった道。水路跡かな~

9123_150214suiro

怪しいな~

9127_150214suiro

と辿ってみましたが、すぐ消えました。ただの曲がった道のようでした。

その先には三鷹緑化センターと農業公園。ふーん、と通り過ぎましたもので写真なし。整備され過ぎちゃった公園は、どうもいけません。

3歳くらいのお坊ちゃまがお母様に手をひかれてわんわん泣いていました。

農業公園の入り口に戻るのに、お母様は最短コースで広場部分を斜めに横切って行こうとしています。お坊ちゃまは、ここを歩けとばかりに周辺沿いに舗装してある散歩コースを辿りたいようす。

おぼっちゃまの気持ち分かるなあ・・・

東八道路の向かいの建物がなんとも味がありまして、でも写真にするとどうってことありません。(←言い訳。腕が悪いだけ)

9130_150214gakusei

あらま、東大の国際学生宿舎でしたか。

9130_150214keikoku

禁止・注意・監視・・・

ここを通り過ぎて新川大橋で仙川沿いの道に入ります。

三鷹高校前で吉祥寺通りを渡ると、さあ公園の始まりです。

9133_150214skawa

斜めってますが、流れが公園の雰囲気。

9134_150214kawa

この写真ではわかりませんが、先の下流側の柵にはカメラ構えた鳥狙いのおじさん達がメジロのごとく並んでいました。

オープンカーの横の巨木。ではなくて、普通の樹の横に、三輪車レベルのおもちゃカーです。

9135_150214car

粋っていえば粋かも。無粋といえば無粋かも。

ここは「丸池公園」です。この名前が悲劇の元でした。

梅がちらほら。

9136_150214iume

お空はピーカン。

9137_150214ume

紅い梅はこの時点では蕾・・・

9139_150214ume

丸池公園の悲劇とは何か。

それはですね、大雑把な観光マップには「新川丸池公園」と載っていました。

マップには勝淵神社は「新川丸池公園」のすぐ隣に書かれていました。

勝淵神社はどこだろう、とぐるぐる見回して、少し進んで引き換えし坂を上り下りもっと引き返し脇道に入り、ついには東八道路に出て・・・もいっぺん、少しコースを変えてぐるぐる・・・

ぐだぐだ続くのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

開発の取り残し~仙川

2月14日、実に久しぶりに三鷹市新川方面をお散歩しました。その1です。

仕事場に来てからいきなり思い立ったので、地図なし新しいデジカメなし体調管理無しのチョンボ散歩となりました。

体調管理とは「散歩の朝は紅茶を飲まない」。

紅茶には半端じゃない利尿作用がありますもので・・・

この日も三鷹駅南口に出た頃からお呼びが掛かかりましたが、10時少し前なので商業ビルは開いていません。

少し先のスーパー目指して歩いていきましたら、ドラッグストアに変貌しておりまして、無情にも「お客様用のトイレはございません」の貼り紙。

がっくん。

仕方なし駅前まで戻り所期の目的をめでたく達成いたしまして、じゃさっきと違う道行ってみよう。

あ、地図無しと言いましたが、「みたか散策マップ」は持っています。この日は「勝淵神社コース」へ行ってみようかと。

この散策マップ、マップと謳いながら地図としては大雑把すぎます。ついでに持っていった小田急バスのルートマップで距離感はつかめましたが、いずれにしろ詳細さっぱりわからず。勝淵神社を探して同じところをぐるぐるすることにあいなりました。その話は後ほど。

さて、駅南口から「さくら通り」→「むらさき橋通り」→「東八通り」へ出て仙川沿いに下ることにしました。

「さくら通り」には「太宰治文学サロン」があったようですが、じぇんじぇん目に入りませんでした。

↓脇道のこんな光景に気を取られたからだと思います。

9114_150214retro

駅近くだというのに、なんとレトロ(?)な物件。

この通りだけが開発から取り残されたような雰囲気でした。

9117_150214retro

↓貼り紙ですけどね、~禁止鳥居です。久しぶりに見ました。

9119_150214torii

上のレトロ家屋の壁に貼ってありました。

↓近くの店舗。一瞬、鍋も売ってるガラス屋さんかと・・・

9118_150214nabeya

いや、パイレックスを売ってる鍋屋さんですか。

初っ端から道を逸れてちゃいけません。元のさくら通りに戻って南下してむらさき橋通りに合流します。

ウンチク少々。「むらさき」は染料になる「紫草」のことで、昔は三鷹の名産品だったとか。(ネットの請け売り)

↓レトロ関連でつい目が行きました。

9120_150214metate

鋸の目立て。なんと懐かしい響き。亡き父上がよく金ヤスリで目を立てていました。

東京に出てきて、必要があって鋸を買ったワタシは当然のごとくヤスリも買いました。自分で目を立てるのが当たり前だと思っていたからですが、友人にそんなことをする人はいませんでした。

「当たり前」って、人それぞれだなあ・・・(遠い目)

鋸目立の金兵衛さんとは、よくできたお名前で。

↓保育園だか幼稚園だか。味があって微笑ましいですね。

9121_150214buta

微笑ましいけれど、右の豚さん、体割れてますぅ~

おっ、仙川に遭遇しました。いよいよですね。

9122_150214sengawa

とあっさり書きましたが、ここまで結構歩きました。

北浦過ぎて南浦過ぎて・・・「スーパーはないんかい!」(紅茶の威力に脅されています。)

コンビニでもいいよっ。週刊誌でも買うからさっ。

というときに救いのスーパー出現。助かったあ・・・お礼に何か買うべきだなと店内一周するも欲しいものなし。2階の100円ショップへ行ってみました。あら、ウチの近所よりこっちの方が品揃え豊富だわね。店内をちょろちょろして靴の中敷きお買い上げ。なにやってるんでしょ。

この先、東八道路へ出て・・・と延々と続きます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

マーライオンのあとさき

噴水は数時間後に終息。

鉄砲水は24時間程度で終息。

発熱なし。

胃痛はあれど食欲は48時間で再開。

下流側の増水は4日後に完全に引き、後には色・艶・形、申し分ない健康標本のような固形が・・・

失礼しました。

周囲に感染者がいなかったのでノロウイルスの可能性なし。

の筈でした。

-------------------------------

昨日TVニュースで、市内の飲食店で

44人のノロウイルス食中毒が出たと。

-------------------------------

ぎえええ。画面の店舗に「あれ、見た覚えがあるな」と思いましたが、覚えがあるどころじゃなく、毎日その店の前を通っています。入店したことはありません。

ニュースによると、お客が発症したのは16~20日。

ワタシの発症は17日。

潜伏期間は、ネット情報だと24~48時間だそうです。

ワタシが感染源じゃありませんよね~お店の前を通って感染したのでもありませんよね~

発症2日前の15日、お店のすぐ近くの公共施設で福祉ナントカの会がありました。

ご案内(動員要請)をいただいてワタシも参加しておりました。

室内に2時間、おしまいの方は懇談会で、お茶飲んでお菓子いただいて・・・まさか・・・

もしもノロウイルスだったら、ワタシは仕事場でウイルス培養しちゃった筈ですが、仕事場の住人たる爺様はぴんぴんして、連日つまみ食いに励んでおります。(体重減らせよっ)

ワタシのアレは、なんだったのでしょうね。

「取るに足らない人生」

9167_150214toruni2

そりゃそうですけどね、そこまではっきり言わなくても・・・

真ん中のおばちゃんのモデルになった気分。

2月14日、三鷹駅北口の「アート」なんとかでした。

9167_150214toruni1

ただ今のところ、詳細を調べる根性なし。東京文化発信プロジェクト、というらしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

マーライオン

シンガポールに行っ・・・たのではありません。

マーライオンになりました。

◎火曜日の朝のこと。

寒気がしましたが、雪が降りそうに冷え込んでいたので、深く考えませんでした。

胃がちょっと重かったです。疲れているのかなあと思いつつ、炊き立てご飯を美味しくいただきました。

歯磨きしている時にうぷっとなり、個室に駆け込みました。オメデタではなく、胃がくたびれているのに食べすぎちゃったかな、と。

歯磨き再開してうぷっ。個室へ直行。

この時点で気がつくべきでしたが、モノゴトの進行中は状況把握が難しいもの。

治まった気がしたので、いつものように仕事場へ歩いていきましたが、ついた途端にうぷっ。個室へ直行。

なんか変。

とにかく胃をカラにしましょう。胃関係の不調はほとんどこれで片づきます。

ということで、水を飲んでは個室へ行って「家庭内胃洗滌」。洗滌は「せんでき」、と読んでくださいまし。が、気持ち悪さ全開。腸も絶不調化。

爺様を送り出して、さて。

仕事はあるが、納期は厳密でないので、放り出し可。自宅に帰って寝るか、と考えましたが、夕方また爺様のお世話がある。

自宅に戻ったら二度と出てきたくなくなる可能性大。

よって、仕事場の予備の布団を引っ張り出して、布団乾燥機のノズルを引き込み運転しながらもぐりこみました。メーカーの注意書きではやってはいけないことです。

暖ったかくて極楽~

一休みのつもりが2時間経過。こんなに爆睡できるのはやっぱりアレだなビョーキだな感染症かな・・・と水分補給のため起き上がってすぐそれは起きました。

口からぴゅーっ。

タオルで押さえながら個室に駆け込みました。話に聞いたことはありますが、これがマーライオン化というやつですか。

いかん、あかん、どぎゃんかせんといかん。

さらに水を飲んでは洗滌しまた水を飲んで・・・

もういいかな・・・

で、布団乾燥機運転布団に戻りまして、結局1日中布団の中。逆流はしなくなりましたが、胃が痛い腸が痛い・・・

結局この日は爺様のお世話係は放棄して帰宅。メシは自分で喰え。1回くらい手を抜いたって、死にゃせんわ。(←やけっぱち)

帰宅するや着替えて顔洗って歯を磨いてベッドへ直行。当然絶食。翌朝まで寝たきり。

◎水曜日の朝。

不調なれど生き物係のお勤めを果たさねば。食欲ゼロ。口にするのは梅醤番茶の番茶抜きのみ。(番茶がありませんでした。煎茶でもよかったのかな。)

この日もまた仕事放棄して仕事場で1日中布団乾燥機運転布団にもぐりこみ。

暖ったかくして寝るのが一番だよ~

だいぶマシになったので、爺様の夕食を作って帰宅。

自分は自宅でくたくたソーメン煮を食べるも胃が痛い。痛い痛い痛い。

◎木曜日の朝。

お腹が空いた。くたくたソーメン煮を食べる。胃が痛い痛い痛い。

仕事の連絡あり。へいへいと原稿受け取りに外出。かったるいな・・・戻って鏡を見て自分の人相が凄まじくなっているのに気がつき、ぎょっ。顔色悪く髪はねまくり。山姥か。

身だしなみに注意しましょう。

◎金曜日の朝。

ホットケーキの素に、卵を1個のところ2個入れ、牛乳も多めに入れ、バナナを薄い小口切りにして入れて焼き、ミルクティーを入れ、リンゴも切って、いただきま~す。

美味しかったぁ・・・胃が痛かったぁ・・・

週末は仕事が入る、の法則でドドドと原稿が来る。へいへいありがとうございます。納期は・・・できたとこでいいですね。へいへい急ぎますです。

と言いつつ、やる気がない。やったけどできなかったことにするぞ~

◎ということで、本日土曜日は仕事は休み。ゆっくりいたします。

◎なお、ノロウイルスではなかったようです。一応ちょっと心配しました。

◎先週末は久しぶりに三鷹市内の仙川沿いを散歩して、途中パトカーもお出ましになる事態にも遭遇して、ネタにしようと思っていましたが、マーライオンに割り込まれました。

写真整理できたらアップいたしますです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

携帯を洗濯致し候 2

携帯を洗濯機で洗っちゃったのは2月1日のこと。

結論から申しますと、10日後に復活しました。

復活しましたが、10日間携帯なしで過ごせるわけがなく、当日即新端末を購入して切り替え済み。あああ・・・

○水没から復活まで

2/1 洗濯機に投入(過失)→バッテリ・ICカード・SDカードを抜き、タオルドライ。

   その後、除湿剤入れたジップロックに密封。液晶全面水浸し。

2/3 液晶の水引かず、釣り堀状態。本体のカメラレンズの曇りは解消。

2/6 液晶の水たまり、縮小して庭の池状態。

2/8 液晶が干上がった雰囲気。念のため二日間様子見。

2/10 バッテリを戻し電源投入。

   おお、起動する。各種データも無事。

ということで、SDカードをセットして、データバックアップ開始。アドレス帳・メールをバックアップし、新端末に呼び込みました。

めでたしめでたし・・・なのですが、少々「メンドクサ」がありました。

水没端末のICカードはありません。よって、時計がゼロ状態。このままデータバックアップしたので、ファイルがどれか分からず、もう一度バックアップした後で、ようやく日付が「0000年」表示となっているのに気づく始末。

読み込んだあと、新端末から再度バックアップして、正しい日付のファイルにしました。

○旧端末はどうする

ICカードが無いので、電話・メール・ネット等は使えません。ワンセグTVもだめ。

新しい端末のICカードをセットすれば使えるかもしれませんが、じゃ新端末はどうするんじゃ。ということで試さず。もしも新端末を洗濯するような事態が発生したら、試してみます(←洗濯するなっ)

それ以外の機能は、今のところ大丈夫。とはいえ、「水没」経験で、寿命が縮んでいる可能性大。いつ壊れてもおかしくない、と思わなくちゃ。

なお、日付は手動で設定するメニューがありました。よってスケジュール等の設定可能。

-----------------------------------------

今回の水没事件で、最近のオノレが薄ぼんやりであることを思い知りました。諸事心もとない中高年、海馬を活性化させねば。そろそろ散歩に行こうっと。

-----------------------------------------

●ネットで見た「水没時にやってはいけないこと」

○起動させるな→ショートする可能性大。不用意に画面・電源ボタンなどに触れないよう注意してバッテリを抜く。その後も、完全に乾くまで起動させない。

○「水切りのため振る」に関しては、そうせよという意見と、内部に水が入り込んでしまうのでダメ、と2説あり。

○「ドライヤで乾燥」させるという意見と、熱で損傷するからダメという意見あり。

●とにかく、即座にバッテリ・ICカード・SDカードを抜き、タオルやティッシュで水気を取り、気長に乾かすのが良いようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

携帯を洗濯致し候

当然使えなくなりました。

日曜の朝、携帯電話が見当たらなくて、探そうと家電(いえでん)から呼び出したら留守番電話サービスにつながって・・・

ああうっ

自分が何をしたかその瞬間気が付き洗濯機を止めてポケットから携帯を引っ張り出しましたが、すでに遅し。

びちょ~ん。

即座にバッテリー抜いてICカード抜いてSDカード抜いてタオルに包んで振り回しドライヤーで乾かそうと。

本体の水分はとんだようですが、液晶が水浸し。

ネットで対処法を調べましたら、バッテリーやカードをに抜いたのは正解ですが、振り回しちゃいかんそうです。ドライヤーも効果薄そうです。乾燥剤で3日~1週間乾かせば復活する場合があるそうですが、そう知った途端

アウト 

24時間以内に使えないといろいろ困るのですよ。

という訳で即座にショップに走りました。買った時のショップは待ちが多いし目当ての機種が高いので、家電量販店へ。なんだ、同価格だ。しかし、ポイント還元があるので実質1割引き。

機種変更だと伝えると、すぐ手続きして貰え、1時間以内で新しい携帯を手に入れることができました。もちろん「ガラケー」です。

電話とメールができればいいのですよ、おばちゃんには。スマホいらん。

しかし端末が高いですわねえ。昔話をすると、先先先代は0円端末でした。その次のが4000円くらい。旧モデルとはいえ結構気に入っていたのですが、周波数帯域が変わるとかで買い替えを余儀なくされ、特別価格で買った先代が1万円くらいだったかしら。

今度のが3万円ちょい。高けえな~~~とか言ってる場合じゃありません。おばちゃん、その程度の小金はなんとかなります。マンション買うお金はありませんけど。

さて。

携帯をお洗濯したのは初めてです。これまで破損も紛失も経験していませんので、ショック。

この日は朝起きてPCの電源入れてネットニュースを見て・・・「後藤健二さん殺害」を知りました。TVをつけたらどこも衝撃的なニュースばかり。

なけなしの注意力が全部ニュースに行ってしまいまして、もろもろ上の空。

そんな中で携帯を洗濯致し候。携帯電話なら機種変更すればなんとかなりますが、命はそうはいきません。

この人質事件にはいろいろな人がいろいろなことを言っています。ワタシは論評する立場にありません。

根はイラク戦争にあり、さかのぼればサイクス・ピコ協定にあり・・・専門家ではない一凡人の手に負えることではありません。

後藤健二さんと、先に犠牲になった湯川遥菜さんに、哀悼の意を捧げます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »