« 夢見る力 | トップページ | ニコ・ピロスマニ »

2015年1月16日 (金)

ライオンの歯

ライオンの歯と言えば歯磨き粉、は中高年の郷愁。

昔の歯磨きはペーストじゃなくて粉でした。歯ブラシを濡らして粉をつけてゴシゴシ。ぶくぶく泡だらけになってました。時々粉のまま吸い込んでむせたりしました。

His_mus_02_ind_img01

(↑そうとう古いパッケージ。ライオンミュージアムから画像をお借りしました。)

ではなくて、ライオンの歯のチョコレート。

海の向こうから送られてきた荷物に入っていました。

ライオンの歯の形をしているのではありません。

「DANDELION CHOCOLATE」

9108_150116choco

ちゃんと日本語にすれば「タンポポチョコレート」でしょうか。「DANDELION」の語源は、タンポポのぎざぎざした葉っぱをライオンの歯に見立てたようです。

一瞬、タンポポコーヒーのノリかと思いました。

戦中のモノ不足のおり、タンポポの根っこを乾燥させて焙煎した「代用コーヒー」。往時は不評だったようですが、カフェインを含まないので、自然食ブームで「健康コーヒー」の地位を得ました。

ワタシも飲んだことがあります。コーヒーとは別物、というのが感想です。

で、このダンデライオンチョコレート。タンポポの根っこから作ったチョコレートではありませんでした。

有機栽培のカカオ豆と甘蔗糖だけを使って作られているそうです。

「苦いよ」とメモ書きがありましたが、ほんと苦い。けどブラックチョコが好きですから、どうってことない苦さ。というよりクセになりそうな苦さ。パッケージに「70%」とあるのは、カカオ70%の意味でしょうね。

ネット検索すると、どうも「お洒落」なチョコレートの雰囲気。輸入通販価格、高いよ・・・

9110_150116choco

現地で売っている靴下も一緒に入っていました。猫と犬の織り柄。一匹だけ頭の白い犬がいますが、アリクイに見えて仕方ありません。

左の青い箱の中身は、うふふ、若返りの秘薬です(嘘です)。

|

« 夢見る力 | トップページ | ニコ・ピロスマニ »

ちまちま日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/60982420

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンの歯:

« 夢見る力 | トップページ | ニコ・ピロスマニ »