« ライオンの歯 | トップページ | ルソーはお好き? »

2015年1月21日 (水)

ニコ・ピロスマニ

ピロシキの小さいのを2個・・・

失礼しました。Niko Pirosmani。グルジアの画家です。亡くなってそろそろ百年。

グルジアってどこよ? 旧ソ連邦です。昔は「ソ連」でひとくくりにしてました。

で、ピロシキがどうかしたって? じゃなくてピロスマニがどうかしましたか。

ワタシ、インフルエンザ恐しで外出を控えております。自分のことだけなら罹患したとて寝込むだけで済みますが、某お世話係をしておりまして、早い話が生き物係は休みがないよのね。世話を怠ると祟りがあるのよね。インフルエンザをうつすのも厳禁なのよね・・・

というわけで、休みの日はお散歩もせずひたすら掃除洗濯整理整頓各種工作に励んでおります。

で。映画パンフレットの箱を整理しようとして追憶の扉を開けてしまったのでした。

出るわ出るわ、昔観た映画の思い出が。

その一つが「ピロスマニ」。1969年制作、日本公開は1978年岩波ホール。ピロスマニがどういう人か一切の予備知識なしに観まして、グルジアの色彩の美しさに圧倒された記憶がありました。

150121pirosmani_2

ニコ・ピロスマニ(正式にはピロスマナシヴィリ)は、正規の美術教育を受けていない、いわゆる「アール・ブリュット」の画家。素朴派という方がわかりやすいかしらん。1862年に生まれ、1918年不遇のうちに生涯を閉じました。

↓こんな絵を描いています。いいなあ・・・

Noko_kojika

「小鹿のいる風景」(1913年)。

YouTubeに作品紹介がありましたので、ご覧くださいまし。

Pirosmani」 4分 http://youtu.be/LHltmb1Bzok

Niko Pirosmani」 6分 http://youtu.be/O0q0dU0NssY

映画「ピロスマニ」もYouTubeにありました。

Pirosmani (film rusesc cu subtitrare in limba romana) 」 81分。
http://youtu.be/ta7EI7OoxUA

おお、観るざます・・・グルジア語ざます。理解不能な字幕が付いてるざます。

ネットで解説を探しましたが、大雑把な筋書きだけしか見つかりません。

絶望的・・・ではありません。うふふ、昔の映画パンフにはシナリオが採録されているのですよ。では。

80分間、名画鑑賞の時間でした。昔の記憶では実に鮮やかな色彩が溢れていたのですが、今回の動画では画面が小さいせいか、あるいは制作後45年を経ての変化か、画面が暗い。暗いのですが、ことごとくの場面がそのまま絵画の観を呈していました。

映画としても名画だ・・・

映画は、若きピロスマニがそれまで暮らした地主の家を出ていくところから始まります。地主の娘が別れを悲しんで泣いていますが、ニコラ(以下映画ではニコラ)、どうしても町へ出ていきたい。

Niko_3

(↑画面下に字幕、さっぱり解読できません。)

場面が少し進んで、レストランに二人の男が入ってくる。二人は画家。壁の絵に目を留める。画家ピロスマニが中央画壇に見いだされた瞬間。

ニコラは旅暮らしに飽きて、友人ドミトリと食料品店を始める。が、なにかに興味をひかれると客を放り出してしまったりで、商売向きではない。姉夫婦が結婚相手を世話し、田舎で婚礼が行われるが、途中でニコラは姉夫婦に騙されたと思い逃げ出してしまう。

↓婚礼の場面。

Niko_23

↓同じく婚礼の場面。

Niko_23_2

婚礼騒動が原因で、ドミトリとも仲たがいし、食料品店は閉店、貧しい人々にありったけを与えてしまう。看板の牛の絵も、通りがかりの男に乞われわずかな金で売ってしまう。

と、この調子で解説をしていったらきりがありません。

ごくごく大雑把にまとめると、ニコラは絵を描くことで町の人に愛されたが、中央画壇に「見いだされた」が「基礎ができてない」との批判にもさらされ、人々に見下され冷笑される。

Niko_61

↑ニコラを冷笑する三人の「友」。右に「キリン」の絵。

「なぜだ。俺が何を求めた。俺に大げさな約束をしたのは奴らじゃないか。俺は何も変わらん。今まで通りやる。俺には主人もおらん。俺が絵を描くのは聖ゲオルギーにせきたてられた時だけだ! 違うか!」

(岩波ホールのパンフから)

アンリ・ルソーも冷笑され続けたし、モディリアーニも生前は評価されなかったし、「美」は理解されるまで時間がかかるのでしょうかしら。

(たちまち評判になる作品は忘れられるのも早い、という事実はありますよね。)

|

« ライオンの歯 | トップページ | ルソーはお好き? »

文系(映画とか)」カテゴリの記事

文系(絵とか画集とか)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/61004130

この記事へのトラックバック一覧です: ニコ・ピロスマニ:

« ライオンの歯 | トップページ | ルソーはお好き? »