« 花の通学路はどっち | トップページ | 川中散歩サギ »

2014年10月21日 (火)

武蔵野の森

12日の武蔵境だらだら散歩の4です。

その後また北上して、都立武蔵高校の別の角に出ました。そこで曲がります。

↓少し先にあったお宅。中はだだっ広く、旧家風のお屋敷があります。

8768_141012yasikil350

昔の地主様・・・かな。緑影が濃いな、と思ったら後ろ一帯が「独歩の森」でした。独歩の森へは脇の道を通って行きます。

↓途中のいかにも農家然としたお宅。周囲は東京の多摩の最近の普通の住宅街です。

8770_141012noukal350

写真に写っていない左側で野菜の産直販売をやっていました。性善説に基づく無人販売です。ついつい先客のおばさんに並んで物色してしまいました。

買っちゃいかん、いや新鮮だ、との内なる声のせめぎあいの末、バジル1束100円を手にして、会計用の缶にチャリーン。不正なんぞいたしませぬ。お天道様が見てござりまする・・・

で、右を見たら、「独歩の森」入口でした。

正式には「武蔵野市立 境山野(さかいさんや)緑地」ですが、地元では「独歩の森」。国木田独歩の小説『武蔵野』の舞台だったそうです。

↓こんなんね。

B0312_141012sakaiyama

↓こんな道路も通っていますが、メインは上のような山の中風景です。

B0313_141012sakaiyam

舗装でないところは自転車は入っちゃダメです。

↓こんなんね。歩き以外は入れませんよ。

B0316_141012sakaiyama

ぐるーっと回って北上すると、「入口」らしきところに出ました。すなわちワタシが入ったのは「裏口」。どこまで行っても裏口専門・・・

「入口」脇に説明が貼ってありました。

B0314_141012battal300

要するにバッタランドであるので、心せよ、ということらしいです。

↓ここにいるのかしらん。

B0315_141012sakaiyama

別の道をちょこっと公園内に戻ってみます。

おお、目玉だ。

B0317_141012medama

ピーチクパーチクの口もあるぞ。

B0318_141012medama

↓最近どこにでもいる「怪獣系」タイワンホトトギス。

B0319_141012hototo

え、タイワンホトトギスは絶滅危惧種? ワタシ、名前を間違えているかしら?

とにかく、植物好きには、あれやこれやの宝庫です。なまくらなワタシはまだ遠いお家への帰還めざして先を急ぎます。

玉川上水のあちら側へ行くウド橋の上からの眺め。

B0320_141012udobasi

結構深いです。満水だったら怖い流れです。

ウド橋越えて、田園風景を進めば市立「農業ふれあい公園」。

B0321_141012nagaya

でんと御座す(おわす、と読んでくださいまし)は、市内の旧家「高橋家」の長屋門にございます。

(去年2月の農業ふれあい公園に写真あります。)

↓長屋門の脇の酔芙蓉にございます。

8771_141012fuyo

花の中になにかいるような気がしましたが、気のせいでありました。

少々くたびれてまいりましたが、お家はまだまだ先。

寄り道した「市民の森公園」の道路際の花の植え込み。

B0324_141012hana

もうぎっちり花花花・・・ボケ写真で相すみませぬ。実物は圧巻です。管理は市民の方がされています。

↓竜の髭、でしたっけ。似て非なる植物でしたっけ。

B0325_141012_1437ryu

とにかく植え込みで粒々をつけていました。

↓おおーっと、ここは何でしたかしら。

8774_141012genba

緑地であったことは確かですが、なくなってしまうと思い出せない。

ここいら一帯は急速に宅地化しつつあります。緑残してくれい・・・

(くたびれ果てて、この日のだらだら散歩は撤収に向かいました。げっ、25000歩、歩いてる・・・)

|

« 花の通学路はどっち | トップページ | 川中散歩サギ »

おさんぽ1・武蔵野(三鷹北口」カテゴリの記事

おさんぽ1・武蔵野(武蔵境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/60498752

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野の森:

« 花の通学路はどっち | トップページ | 川中散歩サギ »