« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

武蔵関公園~石神井川

26日、千川上水越えて西東京市の青梅街道に出て、さて武蔵関公園はいずこと東方をめざし・・・

↓何御殿? 個人のお宅みたいです。

8831_141026iel350_2

あっち曲がりこっち曲がりして練馬区に入り集合住宅の横に出ました。すぐ向こうが公園のようですが、手前に遺跡の案内があります。

8832_141026tamebutil350

「溜淵遺跡」・・・へえ・・・石神井川流域には遺跡がたくさんあるそうです。

上の案内のデジタル版を探しましたが見当たらず。

「石神井川流域の遺跡」 (練馬)
http://www.city.nerima.tokyo.jp/annai/rekishiwoshiru/rekishibunkazai/isekihogo/shakujii.html

「富士見池遺跡群:No.38遺跡」に「旧石器・縄文時代早期~中期の遺構・遺物が豊富な大規模遺跡群」である旨書かれています。

「遺跡」は「高台」にあります。坂を下っていくと公園を背景にした石神井川が眼下に見えてきます。

8833_141026kawa

大昔も似たような俯瞰風景だった・・・?(コンクリート護岸はありえませんけど)

下り坂を兼ねる児童遊園です。うら寂しく誰もいません。滑り台も草に覆われていました。

8834_141026kouen

武蔵関公園の入り口には「デング熱恐怖」の痕跡が。多摩地区と文面が違いますわね。

8836_141026ka

↓住宅地を流れる川はこんなものですのよん。がっちり固められています。

8837_141026kawa

よしきり橋から上流を眺めました。

↓こっちは下流を眺めたところ。

8838_141026kawa

上流とは西方遥か彼方の小金井公園方面、下流は東方遥か彼方の隅田川方面です。

↓武蔵関公園の由来。

8839_141026yurai

これもデジタル版はありませぬ。

武蔵野の面影を残し大きな池のある公園です。ボート場は大正時代に整備されたそうで。

8840_141026ike

ボート遊びするなら、井の頭公園よりこっちの方が情緒あるかも。

8842_141026ikel350

人出は少なく静かです。写真撮ってませんけれど、鳥の宝庫のようです。カモはたくさんいました。池の水は・・・きれいとは言えませぬ。

石神井川は公園に沿っています。この水門は池の水を川に流すために使われています(と思ひまふ)。

8843_141026suimon

水門風景はいつどこで見てもいいですわね(と思ひまふ)。

8844_141026suimonl350

↓水止め板がキャンバスみたい。

8845_141026suimonl350

コンクリートもここでは美しい・・・

8846_141026suimon

角度を変えてもう一度・・・ほほほ。

8847_141026suimon

興味ない人には退屈なだけですわね、ほほほのほっ。

池をぐるっと回って、おお、立派なモミジではありませぬか。あっちにもこっちにも。

8848_141026momiji

紅葉の季節にはさぞかし見ものでありましょうぞ。ぜひ再訪せねば・・・

↓そろそろ一回りしたかな、という所に石神井川に繋がる水路あり。

8850_141026kawahel350_2

増水時に、ここから川の水が公園内に流れてくるのか・・・園内の池は今も溜め池の役目を果たしているのか・・・

付けたし。園内に湧水らしきものあり。ちょろちょろと池に流れ込んでいました。

8849_141026yusui

右の黄色と茶色は多分栄養ドリンクの空き瓶。どこにでもいる阿呆の仕業と推測いたします。

この写真では分かりにくいのですが、小さな魚がたくさんいました。少々斜めの薄いスジのように見えるのがそれです。

さて、公園を出まして石神井川を少しだけ遡りました。続きまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

花と虫

花と龍がありましたね。花と蛇もありましたね。花に嵐とくれば、さよならだけが人生・・・

じゃなくて、花と虫です。相互に恩恵を受ける麗しい関係です。

↓花でも虫でもありませんが、街路樹のイチイが、実をつけていました。赤くていかにも美味しそう・・・

8829_141024itil350

事実、美味しいのだそうですが、種に毒があるので要注意だそうです。ネット情報によりますと「アルカロイドのタキシン。種を飲み込むと生命にかかわることもある。赤い果肉以外全部有毒」だそうです。果肉でジャムを作る人もいるそうですが、用心用心。

26日、図書館へ行って、そのまま練馬区の武蔵関公園方向に歩きだし、石神井川沿いを辿ってしまいました。久しぶりの武蔵関公園は静かな散歩好適地でした。証拠写真はいずれ別の日に。

あちこちに野草が生えていました。花も咲いておりまして、虫も集まっておりました。

↓花の名前は聞かないでくださいまし。(あとで図鑑で調べます。) 

8858_141026hanal350

(追記:蕎麦の花でしょうかしら。)

ピンボケで済みませぬ。虫がいたでござる。触覚の長い・・・なにかな。

8858_141026hanab

↓こちらは蜂・・・

8860_141026hanal350

(黄色い花は、コセンダングサ(小栴檀草)かも)

↓蜂ってこんなんでしたっけ・・・

8860_141026hanab

蠅みたい・・・ハナアブかしらん。

↓ぼけぼけですが、「ツマグロヨコバイ」パラダイス。

8860_141026hanac

↓これは蜂でしょね。

8861_141026hatil350

↓目玉がハエ?・・・アブ?・・・

8861_141026hatib

蜂は何やってんでしょ。

8876_141026tuwabukil350

こんどこそ蜂・・・かな?

8876_141026tuwabukib

↓羽を行儀よくたたんじゃってますけど・・・

8877_141026hati

(花はツワブキですよね。)

ネットの「ハチとアブ」の違いサイトを見ましたが、いまひとつ釈然とせず。昆虫図鑑を借りてきましょうかしら。

ぼーっと見ていたら、いきなりハチもしくはアブがワタシめがけて飛んできました。ぎゃあ、刺されるうううううう唇に止まったあああああああぎええええええ。。。。。。

動くなじっとしてろ我慢我慢人生忍耐艱難辛苦汝を玉転がし・・・

去りました。

花のかんばせの朱き唇を花と間違えたのでしょうね。粋なムシさんですこと、おほほ。

(ちぇっ蜜どころかカサカサで足がひっかかりそうだったぜよ・・・と虫がおほざきになったかも。)

↓カラスウリにしては寸詰まりの感じがしますが。

8857_141026tama

↓じんましんが出そうなので止めとこうかと思ったのですが、クサギ?の虫こぶ?

8809_141019ha

なんだか顔が痒くなってきました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

ネットワーク速度の怪

ベランダのみかんとその花です。

8777_141013komikanl350_2

うそうそ。いや、うそじゃありませぬ。みかんはみかんでも「ナガエコミカンソウ(長柄小蜜柑草)」。

名前の由来は、長い柄にみかんみたいな小さな実がつくから。

みかんねえ・・・よくぞ命名したものです。写真では大きさがわかりませんが、直径1ミリ強です。肉眼ではどこがみかんに似ているかわかりません。写真撮るのも、風で揺れるは手が震えるはで四苦八苦しました。

まともな三脚を買ったら、きちっと撮ります。

↓これはボケの実でしょうかしら。

8785_141018boke

通りがかりのお宅の出窓の下で土まみれになっていました。

-------------------------------------

自宅のインターネット回線はADSLです。

いまどきそんな遅い回線を、と思われるでしょうが、どっこい、ネット速度には様々な要素がありますので、公称速度では落ちるADSL回線の方が、高速をうたう光回線より速かったりもするのですぞ。

ウチのは導入当初、プロバイダーの方が「スピード結構出てますね」というくらいの好条件でありました。

オンラインゲームも株取引もしません、たまに動画を見る時にスピードが必要になりますが、YouTubeなら下り1.5Mbpsもあれば充分だそうです。

実はこの8月、台風による大雨の日に回線がカメさん速度に落ち、途中で切断したりしました。あ~れ~、と思ったのですが、数日後に回復しましたので、そのまま放置。

しかし、気にはなったので、BNRサイトにて速度測定をしました。推測値下り1.5Mbps前後。

影響はないけれど、契約値からかけ離れているなあ・・・電話設備が老朽化しての速度低下ならNTTに直してもらわなくちゃなあ・・・でもNTTのADSLじゃないんだよね・・・固定電話はめったにつかわなくなっているから通話の音質が落ちた、を理由にできないし・・・

もしかして、有線LANで室内を引き回しているのが原因かもしれない、と仕舞い込んであった無線LAN機を取り出しました。

同居人が昨年一時帰国した際に使ったものですが、当時ワタシは無線LAN対応のPCは持っていませんでした。つけっぱなしは電気のムダゆえ使用停止しておりました。

この夏、無線LAN対応PCを買ってしまった。なら、使ってみよう、とセットしました。その結果が

やっぱり遅いっ。

有線無線共通でLANが遅い場合の対策をネットで調べたら、いくつかあるけれど当てはまると思われるのは

1.「モデムとモジュラージャックの接続が長すぎる」

2.「モデムと機器との接続ケーブルの規格が古い」

(カテゴリー5や6は遅いそうです。7なら速いけど高い。6aというのがいいそうです。)

それっとヨドバシ吉祥寺に直行しました。モジュラーケーブルは0.1メートルを、モデムと無線LANとのケーブルはカテゴリー6aの0.3メートルを買ってきて接続替え。

どうだっ。

無線も有線も速ええぞっ。

と感嘆したのは束の間、測定するごとに値が極端に変化します。14Mbpsでたかと思えば、次は680Kbps・・・どうなっとんのじゃ。

で、またまたネット検索。

So-net会員サポート
http://faq.so-net.ne.jp/app/answers/detail/a_id/1959

「フレッツ・ADSL の接続状態が不安定です」

「ADSLモデムの電源を長期間入れたままの状態にしていると、静電気や磁気を帯び、ADSLモデム自体が正常に動作しなくなる場合や ADSL回線に影響を与え、インターネットにつながらなくなることがあります。
一旦 ADSLモデム、パソコンの電源をすべて切り、5 分ほどしてから ADSLモデムの電源を入れ、その後パソコンを起動して再度接続をお試しください。」

だそうです。あーそういえばつなぎっぱなし。ほんじゃま、と電源引っこ抜いて買い物に出かけ1時間ほど放置。

結果は・・・

劇的に改善しました。測定サイト(BNR)で、契約値以上の推測値をはじき出します。

ばんざーい、ばんざーい・・・で済めばよかったのですが。

有線LANだと高速なのですが、無線LANだと3Mbps程度に落ちることしばしば・・・無線は有線より遅いとは聞いていたけれど、違い過ぎでねえですか。

これまた調べると、無線LANは家電製品の影響を受け云々・・・周波数域を変えるナンタラカンタラ・・・

すんません、もういいです。ウチの場合、TVが影響してるみたいです。1メートル以上離れているんですけどね。有線LANを使います。どうしてもダメなときだけ無線LANにします。3Mbpsあれば御の字です。もう文句言いませんです・・・

あ、有線LANは100メートル程度までは、速度の低下はほとんどないそうです。スイッチングハブでとことん引っ張り回しても大丈夫・・・

という話がまたその後ひっくり返りました。

無線LANの邪魔してるヤツはどいつじゃ、と試験を始めた時のことです。前方にテレビ、後方に冷蔵庫と電子レンジの台所テーブルにて、測定開始・・・

へ?

何をやっても何回やっても「9~14Mbps」を表示します。有線LANでもほぼ同値。

つまりですね、電化製品関係なし。

先日の差は、なんだったのでしょう。ご近所さんの電波の影響受けたかな。

結論:

1.ウチのLANが遅くなっていた最大原因は、モデム電源の長期間入れっぱなし。

 ネット情報だと、2週間に1回くらい電源を落とした方がいいそうです。

 ただし、ファームウェアの更新中にやっちゃいけません。

2.ADSLの場合、モジュラージャックとモデムの接続は可能な限り短くする。

 モジュラーケーブルはノイズを拾いやすいそうです。

付けたし:

LANケーブルの規格は、ウチみたいにYouTubeが見られればいい程度の要求なら、カテゴリー5で充分。

(5でいいんなら、長短さまざまウチにありました・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

武蔵野大学~千川上水

武蔵野大学(旧武蔵野女子大)は、お隣の西東京市の市境にあります。ほぼ地元です。

構内へ入ったことはありません。先日、学園祭の案内が新聞に折り込まれていました。いい機会です。行きましょ。

で。

学園祭のごちゃごちゃした雰囲気を楽しめるのは若いうちだけ、という原則を再確認いたしました。人が溢れかえった模擬店だらけの大混雑は、おばちゃんには苦手です。

↓緑豊かな雰囲気の校舎。実は上半分だけ。下は模擬店と人だらけです。

8789_141019koushal350_2

↓併設の「武蔵野女子学院中学校・高等学校」の校舎は、この日は立ち入り禁止です。

8790_141019gakuin

元「女学校」のお嬢様風の雰囲気が濃厚な校風ではないかと・・・

↓制服姿の像には「風と花と夢・・・」の文字あり。

8791_141019kazeto

↓禁止ゾーンの中学・高等学校の道。

8792_141019miti

綱など張ってありませんが、監視役の学生さんが立っていました。強行突破しちゃいけません。

ぐるっと回って、子供の遊び場を設置した広場のようなところへ戻ってきました。用無いわね、と通り過ぎようとしたら、奥に中学・高校の校舎が見えます。

何でしょね。野外の机と椅子。

8794_141019tukue

青空授業ですか。素行不良で教室から出されて、謝罪文100回書いていなさい、とか(まさか)。

その先に広がる校舎。

8795_141019gakuinl350

早々と引き上げることにします。グリーンホール(だと思います)の門から退出。

8798_141019green_2

大混雑の学園祭で、誰一人いない写真を撮ってくるしょうもなさ・・・

すぐ近くに「運動場」があります。

各種地図に詳細は載っていませんが、正式には「三菱東京UFJ銀行健康保険組合武蔵野運動場」でして、だだっ広い緑豊かな場所です。

↓千川上水沿いの柵から覗くとこんな風。

8799_141019undo

ここも一度中に入ってみたい場所です。

↓千川上水の雰囲気は西東京市側から見ると違う、と前に書きましたが、こんな具合です。

8810_141019senkawa

光が溢れています。武蔵野市側はこんな(千川上水のネズミ捕り)です。

この先は上水沿いに下ります。と思ったとたん、車庫のシャッターに滝が落ち、でかい葉っぱが芽を出し、馬が散歩してる・・・ゲージツだ・・・

8806_141019e

隣に楽しそうな看板がありました。

8805_141019fumiyal350_2

「クリスマスローズ ふみ屋」さんです。名前の通りクリスマスローズ専門店のようです。

このウラとありますので行ってみましたが、営業時間外でした。

↓代わりに、レトロな住宅を発見。

8803_141019asagao

板壁は色褪せて屋根は苔むして・・・

8801_141019ie_2

お宅内に入れるのなら入って見たいものです。

「ふみ屋」近くの竹藪。

8804_141019isu

白い椅子がぽつんと置かれて座面に鍋がぽつんと置かれて・・・新手のゲージツでしょうか。

来た道を引き返して、再び千川上水沿いへ。

「鯉にエサをやらないでください」の張り紙があちこちにありますが、張り紙があるということはエサをやる人がいるということ。

↓おばあさんが橋の上からパンくずのようなものを投げていました。

8807_141019koi

うじゃうじゃと鯉が押し寄せます。「蝟集」ですね。

おばあさんに並んで眺めてしまいました。

(自分じゃエサをやらないけれど、他人がやるのは黙認するような人間です、ワタシは。)

↓川岸にベンチがありますけれど、どうやってあそこまで行けと。

8811_141019bentil350_2

道もなければ入口もない。昔は散策コースだったのでしょうね。

だいぶ下ってきました。対岸にある直売所。

8814_141019tyokubai

まだ品物は並んでいませんでした。「吉祥寺野菜」という言葉があるのですね。住みたい街ナンバーワンの吉祥寺は駅前風景からは想像できないけど田舎だ・・・

で、この近くでアオサギに遭遇いたしました。

実は、ネット検索で「ふみ屋」さんのブログの目撃情報に遭遇いたしました。

『君の名はアオサギ』
http://www.fumiya.info/2013/09/post-1528.html

千川上水が縄張りのアオサギなのかな・・・

「吉祥寺橋」で千川上水は市と区の境を外れて、練馬区内に流れていきます。

↓分岐点にあるお屋敷を練馬区側から見たところ。昔は柵もなく、岸もずぶずぶの土でした。個人的にはあの頃の雰囲気が好きなのですが・・・

(当事者が必要あって整備したのですよ。)

8817_141019senkawal350

このお屋敷の緑は「井口家の屋敷林」と言いまして、平成21年度 練馬区登録文化財になっております。上の写真の真ん中の下に見える白い棒のようなものが、説明標識です。

↓好きな風景。多分「井口家」の農地だと思います。

B0341_141019noutil350

吉祥寺駅からそう遠くはないとは信じられない風景です。

吉祥寺は駅前が急激に発展しましたが、少し離れただけでのんびりとした雰囲気が残っています。

↓門に旧住居表示「東京都武蔵野市吉祥寺○○番地」の表札を残すゆったりした構えの平屋住宅。

B0342_141019kitil350

現住居表示なら「東京都武蔵野市吉祥寺東町○丁目○番地○号」となるところです。

この辺はこのまま残って欲しいなあ・・・

こんな一角に、吉祥寺在住の漫画家「西原理恵子」さんのお宅があります。千川上水沿いに吉祥寺に行くとき、いつも西原さんちの横を通って行きます。

(「まあじゃんほうろうき」を単行本で読んでからのファンです。)

西原さん、吉祥寺のあちこちに普通にお出かけしてるようですが、ワタシがお見かけしたのはずいぶん前のこと。今は亡きカモちゃんこと鴨志田穣さんとご一緒でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月23日 (木)

Windows updateの怪

吉祥寺の東急デパート角の交差点で空を見上げたら、トンガリ屋根がありました。

8781_141018kojo

思い出しました。あれは古城会館でして、その昔「純喫茶 古城」がありました。外観も確かお城風だったはず・・・昭和の遺構ですわね。

吉祥寺今昔写真館プロジェクト (facebook)に昔の写真があります。)

-------------------------------------

先日、仕事場のWindows 7 PCにWindows updateファイルが配布されました。

Windows 7は、シャットダウンする時にインストールされる設定になっています。電源は自動で切れますから(あんたが切るな)・・・とメッセージを残しつつ。

ですので、さっさとパソコンから離れて御飯の支度とか始められます。

Windows 7のアップデートはあっさり終わってしまいました。

で。

自宅のWindows 8.1もさっさと終わるだろうと思いました。こちらはファイルが来ているからインストールするように、とのメッセージが現れます。7と同じつもりでシャットダウンすると、そのまま終わってしまいました。なんで、と思いつつ再起動して、電源オプションをみると、「更新して再起動」というのがありました。

そういえば、前回は「更新して再起動」でインストールした気がします。じゃ、それで・・・

で。

7時45分にクリックしました。「インストールしています。電源を切らないでください」のメッセージが出てから1時間たっても「13個のうちの1個をインストールしています」のまんま。

へ? と思いましたが、電源は切っちゃいけないそうです。別パソコンで調べましたら「net framework」関係のアップデートは時間がかかるとのこと。途方もなくかかることもあるとのこと。

んじゃ、とお風呂に入って出てきてあれこれして、2時間経過してもそのまま・・・

バッテリー切れちゃうよ、と電源コードをつないで・・・4時間経過してそのまま・・・

仕方なし。寝てしまいました。

で。

翌朝5時過ぎに目が覚めて、昨日のまんま・・・

いくらなんでもおかしいでねえですか。

アクセスランプが息も絶え絶えな感じでときどき光りますが・・・電源切っちゃえ。(禁断の荒業ですぞ。)

その後おっかなびっくり電源入れると、すまして起動しました。

で。

Windows Updateを再確認します。昨夜ほぼ9時間かけたのに、なにもインストールされていない・・・

Internet explorerの深刻な欠陥もあるみたいだし、早いとこインストールしなくちゃ・・・

昨夜と同じ事態に陥りたくないので、とりあえず「net framework」関係のチェックを外してインストール。ふんふんふん・・・13分でインストール完了、再起動してと、構築するのに3分。こうでなくちゃ。

残りもインストールしなくちゃ、とWindows Updateを確認したら、あれえ、全部インストール済みになってるざます。どういうこってしょ。でもまあ問題なく終わったからいいか。

教訓:Windows Updateの際、「更新して再起動」を選んではいけない。←もしかしたら別の要素があるかもしれませんけど、とりあえずネットには「更新して再起動」でお手上げになる話がいくつかありますので、絶対安全コースを選ぶことにします。

追加の問題:windows 7の更新履歴を見たら「失敗」表示のあるファイルが・・・Windows Updateをやり直してもダメ。ネットを調べると、その失敗ファイルを再インストールするには、「インストールされた更新プログラム」から該当ファイルを削除する必要があるとのこと。

しかし、別情報では、削除するとWindowsが起動しなくなることもあるとか・・・

(インストールに失敗しているのに、「インストールされた更新プログラム」から削除するんですか・・・)

どうすりゃいいのよ~と少し悩みましたが、失敗した更新ファイルが「重要」ではなく「推奨」レベルでありますので、まあいいか・・・と。

重要ならMicrosoftからアナウンスがあるはずざます。ムダに悩んでも仕方ないざます。人生そんなもんよ。(開き直りましたよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

川中散歩サギ

19日快晴。日差しの強い暑い日でした。西東京市の武蔵野大学の学園祭をちょこっと覗いたあと、吉祥寺目指して、仙川上水沿いを下って行きました。

いつも武蔵野市側から眺めているので、今回は西東京市側を行きます。

同じ流れなのにずいぶん表情が違います。理由は単純、武蔵野市側からだと太陽を背にしますが、西東京市側だと太陽を正面に受けまして、もろもろ輝いて見える・・・

途中あっち寄りこっち寄りして、吉祥寺圏に入りまして・・・

へ?

川(上水)の中を大きな鳥が歩いてるう。

8816_141019sagi

な、なんですか、あの鳥さんは。お散歩ですか。

B0329_141012agi

望遠倍率の高いカメラに持ち替えてそろそろと近づきました。

B0330_141018ssagi

ゆったり優雅に足を抜き差しして、上流側へ歩いていきます。

B0331_141019sagi

遠目には貴婦人風。

ワタシも結構車の通る道を用心してそろそろと鳥についていきます。

B0332_141019sagi

鶴かと思いましたが、サギでしょうか。

B0332_141019sagil350
(クリックで拡大します。)

アオサギでしょうか。

↓あ、カメラ向けてるの見つかっちゃった。

B0333_141019sagi

こういう時はどうすればいいんでしょうかしら。とりあえず横向いて「知らんもんね。見てないもんね」と、とぼけることにします。

横目でちらちら伺い見ると、人間をたいして気にしてないようです。

柵を越えて近づいて来れないだろう、とタカをくくっているのでしょうか。

ある程度上流に歩いたら、また下流側に戻ってきます。食べられるものを探しているみたいです。時間は12時少し過ぎ。人間ならランチタイムです。

川の真ん中で左向いて・・・

B0334_141019sagi

右向いて・・・

B0335_141019sagi

もう一度、顔のアップ。

B0336_141019sagil350
(クリックで拡大します。)

結構ゴミ溜まってますね。

B0337_141019sagi

のっぽですね・・・

B0338_141019sagi

アオサギは、まちまちなネット情報を適当に寄せ集めると、「コウノトリ目サギ科アオサギ属、全長~98㎝、翼開張~195cm」だそうです。

不思議なのは、この日の千川上水沿いは結構人通りが多かったのに、誰もアオサギに気がつかないことでした。

子ども連れなど、格好の親子の話題にできたでしょうに・・・

ワタシはきょろきょろし過ぎて時に挙動不審に思われますが、こんな思いがけないものに出会えることもあります。気づかないで通り過ぎてしまうなんて、もったいない・・・

↓えへへ、やっぱり載せちゃお。ポーズとってるような全身像。

B0334_141019noppo

でっけえですよ。脚が色っぽいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

武蔵野の森

12日の武蔵境だらだら散歩の4です。

その後また北上して、都立武蔵高校の別の角に出ました。そこで曲がります。

↓少し先にあったお宅。中はだだっ広く、旧家風のお屋敷があります。

8768_141012yasikil350

昔の地主様・・・かな。緑影が濃いな、と思ったら後ろ一帯が「独歩の森」でした。独歩の森へは脇の道を通って行きます。

↓途中のいかにも農家然としたお宅。周囲は東京の多摩の最近の普通の住宅街です。

8770_141012noukal350

写真に写っていない左側で野菜の産直販売をやっていました。性善説に基づく無人販売です。ついつい先客のおばさんに並んで物色してしまいました。

買っちゃいかん、いや新鮮だ、との内なる声のせめぎあいの末、バジル1束100円を手にして、会計用の缶にチャリーン。不正なんぞいたしませぬ。お天道様が見てござりまする・・・

で、右を見たら、「独歩の森」入口でした。

正式には「武蔵野市立 境山野(さかいさんや)緑地」ですが、地元では「独歩の森」。国木田独歩の小説『武蔵野』の舞台だったそうです。

↓こんなんね。

B0312_141012sakaiyama

↓こんな道路も通っていますが、メインは上のような山の中風景です。

B0313_141012sakaiyam

舗装でないところは自転車は入っちゃダメです。

↓こんなんね。歩き以外は入れませんよ。

B0316_141012sakaiyama

ぐるーっと回って北上すると、「入口」らしきところに出ました。すなわちワタシが入ったのは「裏口」。どこまで行っても裏口専門・・・

「入口」脇に説明が貼ってありました。

B0314_141012battal300

要するにバッタランドであるので、心せよ、ということらしいです。

↓ここにいるのかしらん。

B0315_141012sakaiyama

別の道をちょこっと公園内に戻ってみます。

おお、目玉だ。

B0317_141012medama

ピーチクパーチクの口もあるぞ。

B0318_141012medama

↓最近どこにでもいる「怪獣系」タイワンホトトギス。

B0319_141012hototo

え、タイワンホトトギスは絶滅危惧種? ワタシ、名前を間違えているかしら?

とにかく、植物好きには、あれやこれやの宝庫です。なまくらなワタシはまだ遠いお家への帰還めざして先を急ぎます。

玉川上水のあちら側へ行くウド橋の上からの眺め。

B0320_141012udobasi

結構深いです。満水だったら怖い流れです。

ウド橋越えて、田園風景を進めば市立「農業ふれあい公園」。

B0321_141012nagaya

でんと御座す(おわす、と読んでくださいまし)は、市内の旧家「高橋家」の長屋門にございます。

(去年2月の農業ふれあい公園に写真あります。)

↓長屋門の脇の酔芙蓉にございます。

8771_141012fuyo

花の中になにかいるような気がしましたが、気のせいでありました。

少々くたびれてまいりましたが、お家はまだまだ先。

寄り道した「市民の森公園」の道路際の花の植え込み。

B0324_141012hana

もうぎっちり花花花・・・ボケ写真で相すみませぬ。実物は圧巻です。管理は市民の方がされています。

↓竜の髭、でしたっけ。似て非なる植物でしたっけ。

B0325_141012_1437ryu

とにかく植え込みで粒々をつけていました。

↓おおーっと、ここは何でしたかしら。

8774_141012genba

緑地であったことは確かですが、なくなってしまうと思い出せない。

ここいら一帯は急速に宅地化しつつあります。緑残してくれい・・・

(くたびれ果てて、この日のだらだら散歩は撤収に向かいました。げっ、25000歩、歩いてる・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

花の通学路はどっち

12日の武蔵境目指してだらだら散歩の3です。

中央線の南側を、日本獣医生命科学大学、通称獣医大を横目に見ながらに武蔵境駅につきました。そそくさとお買い物をして、さて、どっちに行こうか。

まっすぐ帰る、はナシ。でも、遠出は今日はしたくない。

ほんじゃ、と「花の通学路」を歩いてみることにしました。以前行ったときはシーズンオフで満開の花には出会えなかったので、今なら・・・と期待して。

で、どうやって行くんだっけ?

地図を取り出して、ふんふん、獣医大の別校舎の横を北上すればいいのね・・・

↓これは何でしょう。

8755_141012kouka

JR中央線は、平成7年~25年の長い年月をかけて、三鷹~立川間が高架線化されました。

沿線は「いつ見ても工事中」続きで、雑駁な工事現場が日常となっていましたが、終了後は、あちこちの駅が一気に近代化しました。三鷹~立川間となっているものの三鷹駅は工事の対象となりませんでしたので、多少の変化はありますが基本旧態依然。

で、上の光景は、武蔵境駅近くの高架下にできた店舗。

武蔵境駅から西へ、橋脚を区切りに店舗が出来上がっておりまして、駅直近のお高級食品スーパークイーンズ伊勢丹の区画をはじめ薬局などが入っておりますが、駅を離れるに従い人通りは少なそう・・・商売になるんかいな。

そう思って歩いてきたら、上の№10店舗は空きのまま・・・そのうち、ここいら一帯どーなるんでしょーか・・・

で。獣医大校舎みたいな建物があって、その先で曲がったら馬術部ですと。

8756_141012bajutu

お馬さんがいるんかいな、とうろうろしましたが見当たらず。(吉祥寺の成蹊大馬術部にはいるんですが。)

深入りして不審者扱いされるのもナンですから、とっとと北上することに。

その後は、適度な田舎道をテキトーに曲がっているうちに、亜細亜大学横に出て、えーと、花の通学路はどこじゃ。

ありましたぞ。

8757_141012tuugakuro

で、今回も空振り。道っぱたのアジサイはとっくに枯れているし、ムラサキカタバミは元気だけれど、カタバミねえ・・・

コンクリート塀の向こうは農地のようで柿やらなにやらいっぱいらしいのですが、なにせ塀とおのれの身長のバランスが良くない。

↓カメラを持ち上げてパチリ。おお、豪勢に咲いているのですね。

8760_141012hana

塀の外からは天辺しかみえませんでしたぞ。

キウイもごっちゃりと。つくづく塀の向こう側に行ってみたいものです。

8763_141012kyui

それにしてもだだっ広い。

通学路の途中にドッグランもあります。見ての通り空っぽ。

8764_141012dog

連休中日では、飼い主様が遠出しちゃってるんでしょうかしら。

↓なんだかわからないけれど実。虫にとってはご馳走鈴生りかもしれませぬ。

8765_141012mi

花の通学路を抜けて、どっちへ行きましょか。とりあえず歩いてくと、都立武蔵高校の角です。校舎が建て替えらえて、中高一貫校化もされまして、多分昔の面影はないんだろうな・・・(十数年前に訪問したきりです。)

角で南下していくと、何やら緑の影が濃い。大邸宅がある・・・塀沿いに歩いた花の通学路の塀の内側はこんなんでしたのね。写真撮ったらセキュリティスタッフがとんできそうな雰囲気に負けて写真撮らず。惜しいことした。

で。コイツは何?

8766_141012paman

大通りに出た所の山中南公園にいました。ラッコのつもりかもしれませんが、ドラえもん風味でもあり、パーマンかもしれない。ほおかむりしたコソ泥にも見えます・・・公園遊具は実に不可解。

この散歩まだぐだぐだと続きます。

(昨日千川上水沿いに歩いていて、全長1メートルくらいの大きな鳥を目撃しました。その話はだらだら散歩が終わってからです。ふっふっふ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

昔、釣り堀がありました

12日の武蔵境目指して散歩の2です。(猫も入れると3)

横尾忠則風三叉路で右に行き、住宅街に唐突に存在する釣具店に遭遇して思い出しました。唐突ではなくて、昔近くに釣り堀があって、住宅街は後からできたものだ・・・

そう思ってきょろきょろしましたが、正確な位置は思い出せず。後で調べました。

太宰治跨線橋のすぐそばの駐車場がそれだとのこと。その日は写真は撮ってきませんでしたが、ふっふっふ、グーグルマップという便利なものがありますぞ。

1410162014horiai2

中央本線を画面中央で縦に横切るのが跨線橋です。その上(北)の長方形が、釣り堀跡の駐車場。

本当かって?

へっへっへ。執念で探しましたぜい。昔の航空写真。

1410161984turibori2

釣り堀がばっちり写ってますぜい。

この写真は「国土交通省 国土地理院」のものです。1984/10/31(昭59)撮影。

http://mapps.gsi.go.jp/contentsImageDisplay.do?specificationId=1032688&isDetail=true

記憶の中の少し西北側は、これが東京かと思うような田舎風景でした。

↓上の「国土交通省 国土地理院」の1984年の広域写真。

1410161984turibori1

↓グーグルマップ。

1410162014horiai1

やっぱり緑が減ってますね。そうでもない? ワタシがチャリでうろちょろしたのは1970年台だったかもしれません。とにかく、どこの山の中だ、と思うような光景がありました。

釣り堀の話は以上。

さて、堀合遊歩道の出口(入口)に辿りつきましたら、出迎えるものあり。

↓「よく来やがったな」

8731_141012risu

可愛いマスコットのつもりが怪奇キャラになってますぞ。公園設置物にはどういう基準があるんでしょ。

政党の辻演説もやってて、ワタシはその種の恰好のカモとみられるのか餌食になりがちですし、遊歩道を北上するのは止めて、記憶ではド田舎であった近辺をぐねぐね回り歩いて、遊歩道の北の入り口を目指すことにしました。

ありましたよ~記憶の中の風景。

8733_141012nouti

部分的に残っていました。

B0302_141012inaka

以前は辺り一面、こんなんだったような気が・・・

B0303_141012inaka

くねくねぐねぐね、写真撮って回っていると、通り過ぎる人が「何やってんだ?」と不審の目を向けます。そりゃそうでしょうね、本人以外には面白くもなんともなさそうなモノばかりとってるんですもの。

廻り回って、堀合遊歩道の北の入り口にたどり着きました。半月ほど前に見て「アケビ?」と思った実はやはりアケビでした。

8738_141012akebi

いい色になってますが採っちゃいけません。個人宅の生垣です。

遊歩道の出発点は「ぎんなん橋」です。

8737_141012akebi

名のとおりぎんなんがいっぱい散らばっていて、臭いのなんの。散歩の定番、ワンコのアレを踏みつぶしたのかと思うくらい。

さて、遊歩道を南に下ります。

始まりですよ~

8736_141012yuhodo

少し先にもあります。

8739_141012yuuho

このあたりは「多摩南北道路」と並行です。

8740_141012yuho

が、左側は緑いっぱい。 現役農地でもあります。

8742_141012satoimo

この日も農家の方が作業をしてらっしゃいました。

↓。どうよ、雰囲気あるでしょ。パリ郊外とか・・・

8743_141012yuhol350_2

張り紙がヤボか・・・

8745_141012ka

蚊に注意のこの張り紙、一番下の管轄役所名が違うだけで、あちこち使いまわされていますねえ。

↓祭壇のようなケヤキ古木の周囲。

8744_141012keyaki

思わず手を合わせてしまいます。なにとぞご利益がありますように・・・

その少し先、JA(地元農協)の仮設店舗のような販売所がありました。安くて新鮮なんだろうなとは思うものの、荷物を抱えちゃいかんです。じっと我慢。

販売所の裏には大輪の花の群れ。

8748_141012matuyoi

オオマツヨイグサでもなくて、ハマボウでもなくて、「トロロアオイ」のようです。 麦ご飯みたいな名前ですけど、実物は優雅。もう少ししたら、種を貰いに行って来よっと・・・

その優雅な花のすぐそばに、「深川の姐さん」こと別嬪猫さんがいらっしゃいました。再登場。

B8747_141012neko2

で、この後、狩猟猫に会ったりなどして、遊歩道の出口に到達しましたが、そのまま三鷹駅を目指したのでは意味がない。180度反対の武蔵境駅を目指します。

来るとき遭遇した、政党の辻演説が場所を変えてやってました。ワタシはやっぱりカモか。遭遇しないよう、こそこそ脇道へ入ったりしていると、人生の裏街道を行く気分になります。

↓なんだか知らないけれど、面白そうな枯草。

8751_141012kara

↓何の実か知らないけれど、テントウムシのお団子天国みたい。

8753_141012musi

で、このぐだぐだ散歩はまだ続くのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

ぐるぐる回り道

12日、武蔵境への道はぐるぐる回り道になりました。その1。

堀合遊歩道を行きたいけれど、東京都水道局武蔵境浄水場横から入ったら、出口が三鷹駅に近くなってしまう。なら、逆に三鷹駅北口から入って、浄水場まで遡って、その後本村公園経由で行こう・・・

で、なるべく普段通らない道を選んでいたら、「野鳥の森」公園に突き当たりました。

↓これだけじゃわかりませぬ。どこにでもある木立です。

8711_141012yatyo

証拠物件。

8713_141012yatyo

三鷹駅北口から少々歩いたところにある小さな公園です。メジャーではありません。この日は三連休の中日なれど(中日だから?)、誰もいませんでした。貸切状態でしたが、うら寂しい雰囲気で一人ぽつねんとしていたら、勘違いされるかな・・・手頃な枝ぶりでも探してるみたいかな・・・で、一回りして出てきました。

ご近所は結構な高級住宅街です。

8714_141012yatyo

公園出て少し歩いて振り返ったところ。奥に見えるのが公園でして、見事な松の大木は個人宅のもの。相続税が大変だろうな・・・と余計なことが気に掛かりますが、きっとポンと現金で支払えるくらいのお金持ちが住んでるんだろうな・・・

野鳥の森、というだけあって、ご近所一帯、うるさいほど鳥が鳴いていました。

公園の向こう側は玉川上水です。上水沿いに三鷹駅に向かいます。

駅手前で玉川上水は暗渠となり、駅の向こう側でまた現れます。暗渠の手前↓。

8716_141012jousui

水が流れてますよ~

8717_141012jousui

で。

8715_141012koi

ひええええ、と思ったのですが、いつの話だ? ネット記事によりますと、2006年6月9日に井之頭公園池でコイヘルペスにやられたらしい鯉が見つかり、その後玉川上水、千川上水でも見つかったと。

張り紙は比較的新しいものです。また最近見つかった? 

この3月の井の頭公園の池のかいぼりの際、鯉が結構処分されましたけど、あれはヘルペス禍の生き残りだったんじゃ・・・(済んだ話ですわよ。)

で。ニッポンレンタカーがあります。じゃなくて、石造庚申供養塔があります。

8718_141012kuyo

三鷹駅と武蔵境駅との間は、武蔵野市と三鷹市が入り組んでおります。供養塔は三鷹市の管轄です。

8719_141012kiyo

↓これが供養塔、だと思います。

8721_141012kanzeon

思います、と自信がないのは、向かって左側のボックスに90度回転した形で別の塔が収まっているからです。

↓「観世音ナントカ」だと思います。

8722_141022kanzeon

「観世音庚申堂」とは記されていますが、塔がなんであるかは書かれていませぬ。

8720_141012kanzeon

古くからの地元民にとっては、わざわざ書くまでもない常識の範囲なのでしょう。

線路にそって、武蔵境方向を目指します。線路の向こう側へ行くための堀合地下道。

8723_141012tikado

ここは通ったことがありませんなあ。どれ・・・は、今回はナシ。くぐっていたら堀合遊歩道がどんどん遠くなります。「堀合」というのは、この辺の旧地名とのこと。

「太宰治」跨線橋が上の写真の奥に写っています。わっかるかな~

寄り道しちゃいかんと思いつつ、橋があれば上ります。線路の南側からは数回上ったけれど、北側からは初めてかも。

おほほ。麗しい光景が。作業車大好き。

8727_141012densal350

もうちょっと移動すると、もう1台。あらん、素敵い~

8728_141012denshal350

いかん、先を急がねば。橋を降りて線路沿いに歩き始めるとまたしても、素敵なものがありました。「脱線復旧用工具」ですと。

8729_141012fukkyu

↓これね。上の台車に乗っかっていました。

8730_141012fukkyu

で、実はこの三叉路は跨線橋の手前にあります。

8724_141012sannsa

最初、堀合遊歩道はこっち、との思い込みで右に行きました。途中で間違いに気づいて、跨線橋近くに回ってきたのですが、右に行って良かった。

↓唐突に「つり具店」。

8725_141012turi

唐突、と書きましたが、そういえば昔この辺に釣り堀があったのですよ。見たなあ・・・釣りはしなかったけれど。どうなったんだろう・・・

この話、次回に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

猫のお仕事

台風19号は昨夜東京地方を通過しました。本日は強風なれど、台風一過の快晴となりました。西の空に下弦のお月様が傾いたUFOのごとく浮かんでおりました。

二日前の12日、地元では買えないモノを求めて武蔵境へ行きました。

まっすぐ武蔵境を目指すのが一番でしょうが、それじゃ面白くない。例によって曲がりくねった道程となりました。

途中の堀合遊歩道に猫さんがいました。

香箱作ったお行儀のよい猫です。

B8747_141012neko1

おちょぼ口に紅引いた美猫。深川の姐さんみたいです。

B8747_141012neko2

人間の方が風格負けしそうな風情。写真撮らせて下さいましてありがとうございました。ペコッ。

遊歩道をその先に進むと、今度は身づくろいに余念のない猫さんがいました。

B0305_141012neko

最初はジロジロ見られたのですが、猫式あいさつを交わすと、(コイツは害のないただのマヌケ)と認識されたようで、その後はひたすら顔のお手入れに没頭。

B0306_141012neko

気が済んだのか、がばっと起き上って歩き出します。

どこ行くの?

B0307_141012neko

ふん、あんたに関係ないわよ、みたいな雰囲気。

で、大木のそばで身をかがめました。

B8750_141012neko

お、何があるんでしょ。

B8749_141012neko

望遠が必要かも、と別カメラを取り出して電源入れました。

じゃーっと起動音がして・・・

「何やってんのよ、このまぬけっ!」

猫さんに怒られました。振り向いた顔が般若みたいで怖かった。

↓何か狙ってます。そう、猫のお仕事、狩猟の体勢。

B0308_141012neko

狙いは何か。右端に写っている鳩のよう。

B0309_141012neko1

じわじわと近づいていきます。また怒られないよう、ワタシもフリーズしました。

↓のんびり歩く鳩の運命やいかに。

B0309_141012hato

さあ猫が、の瞬間、チャリが猛スピードで突っ込んできて、驚いた鳩が飛び立って・・・残念と言ってよいのか、良かったと言ってよいのか。

空振りに終わった猫の狩人、(まったく人間てヤツは)と思ったかも。

(この日のお散歩、写真撮りすぎて収集つかなくなってます。整理できたらアップいたしますです。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

Office 2010とPDFののたくった関係

仕事場のベランダで忘れ去られていた鉢に花が咲きました。

8706_141011hototogisu

ホトトギスです。高級そうなお名前ですが、アップでみると、まるでキングヒドラ・・・

8706_141011hototogisu2

いくらなんでも花に失礼。楚々とした風情をもう一度・・・↓

8708_141011hototo

バックが良くないですけど、貴婦人風。

でもやっぱり、アップは怪獣系・・・

8709_141011hototo

8月からうなされていた仕事が一応終わりました。

一応、と書いたのは、印刷関係の仕事ゆえブツが出来上がって納品されて没問題となるまで気が抜けないからです。この時期、お客さんから電話があると

(げっ、チョンボしたかな)

とヒヤヒヤします。間違えてたよ~くらいで済めばよいのですが、訂正表入れるから作って~くらいで済めばよいのですが、訂正シール貼るから作って~くらいで済めばよいのですが、貼るから手伝いに来いや~くらいで済めばよいのですが、「刷り直しだよ」と言われた日には・・・考えたくない。

なにとぞミスが発覚しませんように。神様仏様道祖神様。

-------------------------------------------

以下、印刷関係のオタク話。

今回も様々な種類のデータ原稿を寄せ集めて編集いたしまして、出来のさほどよくない頭を悩ましました。

二口ありまして、一つは、

9月18日に書いたOfficeソフトの画質の問題 Adobe と MS Office の谷間

もう一つがですね、ワード2010からのPDFの書き出し

そんなん簡単じゃん、adobeのacrobatをインストールしてるんだから、プリンターメニューのAdobe PDFで書き出せばいいじゃん。

そう思いましたよ。昨年はそうしましたよ。で、あちこちから引っ張ってきた低解像度の図版(グラフなど)の出来上がりがいまいちで、もっとマシな図版を支給してほしいものだ、と執筆者に声の届かないところで文句を言ってましたよ。

で、今年もPDFに書き出して校正刷り(ゲラ)を出したら、泣きたくなるほど画質が良くない。支給データの画質が良くないところへ、PDF化が劣化に磨きをかけてしまったみたい・・・

問題はなんだ?

エクセル、ワード、パワーポイントのデータを、ワードで編集しています。コピーする際に画質を落とさないようにする方法は、前回作業で学習済みですので、昨年よりはきれいに仕上がるはず、と期待しましたし、事実編集したワードの画面ではマシでした。それを、PDFに書き出して印刷するとなぜぼろぼろになる?

去年と同じやり方で今年はダメなら、どーやったらきれいにPDF化できる?

●結論からいきます。Adobe acrobatがインストール済みの場合です。 

★高品質PDFが欲しければ、ワード画面上のacrobat(PDF Maker)で変換します。タブ「環境設定」で「高品質」を選び「詳細設定」で「画像」の「圧縮」をすべて既定のjpegからzipに変えます。この設定に名前を付けて保存します。それから「PDFを作成」をクリックすると、出来上がり。

あ、「タグ付Adobe PDFでアクセシビリティと折り返しを有効にする」のチェックは外しました。理由は・・・ネットのどこかで見た記事にそう書かれていたから。余計なものは削れという意味かと。

(環境:Windows 7 Pro 32bit、Word 2010、Adobe acrobat X Pro)

★最初タブ「環境設定」で「プレス品質」を選びましたら、黒1色の文字が4版分解されまして、使えねえ~

★昨年までの「プリンターAdobe PDFで書き出し」はファイルサイズは一番大きくなるのに、画質は上に書いたようにぼろぼろ。

ワードの「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」という方法もありますが、どうも解像度が「220」になってしまう模様。商業印刷に必要なのは「300(~350)」以上。保存時の「ツール」メニューをいじってもダメみたい・・・しかし、プリンターAdobe PDF書き出しの半分程度のファイルサイズなれど、画質はずっとキレイ・・・なぜ? acrobat無しの環境ではベストかも。

★ついでにわかったこと。ワード2003では、貼り込んだグレー画像を画面上で「グレースケール」に変換しておかないと、PDFで4版発生することになりましたが、2010だと逆に「自動」のままにしておきます。画面上でグレースケールに変更したら、4版発生しました・・・

●で、もうひとつ、とんだ伏兵がおりましたことが終わってから発覚。

ワタシはPDFファイルを印刷屋さんに納品します。それを印刷屋さんが校正用にプリントします。

プリンターが問題でした。

昨年は高解像度プリンターでした。そのプリンターが故障して、今年は低解像度プリンターで校正刷りしていたのでした。だから画質がガタ落ちに見えたんだ・・・

そうとは知らず悩みに悩んだワタシは間抜け。しかしおかげでPDFの画質について詳細な知識を得たのだからいいか・・・

やれやれ、めんどくさ・・・

ついでにもう少々愚痴を兼ねて。

ワード2010はプリンターへデータを渡す際、画質を落として送信するんだそうです。知らんかった。2003では定番だった「プリンター」から「Adobe PDF」を選んで書き出すのは、この設定に引っかかる模様。

グレースケール画像の4版化もしかり。2003から2007を飛ばして2010に行った報いですか。

上記の試行錯誤中、ファイル」メニューから「名前を付けて保存」で、「ISO 19005-1に準拠(PDF/A)」にチェックを入れる、というのがありましたが、その通りにすると、真っ黒けになる画像(画面上でグレースケール指定したもの)はあるし、カラーはRGB(商業印刷はCMYK)になるし、使えねえ~

仕事が暇な時に、あちこちのメニューをいじりまわしてみなければ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

あれれあらら

基本漫画好き。

ですが、特定の作家以外はリアルタイムで追っかけていませんので、発行から数年たってから読むことしばしばです。

つい最近読んだのは

『365日絵こよみ』 太田垣晴子 
ソフトバンククリエイティブ 2011年10月5日

のほほんとした絵が好きです。ですが、あらら! と内心大きな声を上げてしまいました。

↓12ページの1月の一コマ。

141010fukuju

福寿草を天ぷらにして食べちゃいけません。結構な毒ですよ~たまに新聞沙汰になりますよ~

天ぷらにするとおいしいのは「蕗の薹」です。しばしば混同されるようです。

この本の訂正記事があるかとネットを探してみましたが、今のところ見当たりません。

こうした著者の勘違いを発見する「校閲部」が出版社にはあるはずですが、見逃したのかな・・・この記述を真に受ける人がいないといいのですが。

(訂正希望。絶版にしないでくださいまし。)

さて、10月8日は皆既月食がありました。

ワタクシめも東の空を見上げました。8時16分の赤いお月様。

B0295_141008_2016moon

コンパクトデジカメの望遠で手持ちで撮ろうというのが間違い。画像が揺れる揺れる、シャッター押すとまた揺れる・・・

で、ピンボケ写真の出来上がり。それでも拡大するとクレーターみたいなものが写っているような(いないような)・・・

B0295_141008_2016moon350_2

8時35分。これも大ぼけです。

B0301_141008_2035

8時37分。古い方のコンパクトデジカメだとさらに情けないことになりましたが、雰囲気はわかるかな、とか。

8704_141008_2037moon

実は三脚がありましたが、なぜかぐらぐらして役に立たない。その後、新しいのを買おうかなと悩みつつ、しげしげ眺めて気がつきました。ネジが緩んでる。全部のネジが緩んでる。だからぐらぐらするんだ・・・

大きなドライバーでぐりぐり締め付けて、しゃっきりしました。

こんな簡単なこと、なぜ気がつかなかったんでしょう。それはね、持ち主の頭が老化しちゃったから。30年前の三脚です。使わなくなってから20年ほど経過。正しい三脚の有り様は忘却の彼方でした。

年取るってやあねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

千川上水のネズミ捕り

魚獲りじゃないかって。

確かに千川上水には鯉がうじゃうじゃ生息しております。大災害などの非常時には網もって食糧確保に来ようかとひそかに考えたりしています。違法行為かもしれませんが、刑法には「緊急避難」という便利な規定がありますぞ。

千川上水の鯉は近づこうものなら、くれえくれえ何かくれえ、と警戒心ゼロで寄ってくる餌づけ完了鯉です。

「エサをやらないでください」の張り紙があるのは鯉の野性喪失が心配なのではなく、「ドブネズミが目撃されています」からのようです。

で、緊急事態でもないマヌケが流れに網を入れたら、鯉の代わりにネズミが捕れましたとさ・・・

じゃなくて、別の意味のネズミ捕りのことです。

2週間ほど前のある日、買い物に行ってそのままスーパーを通り過ぎて千川上水沿いを歩いてしまいました。ストレスが溜まっていたのですよ、きっと。仕事がどうした、少しくらい遅れたっていいじゃないか・・・と開き直りたくなる程度に。

↓出発点。

8671_140928senkawa

千川上水の始点でも終点でもありません。単純に歩き始めた所。

上流方向を向いています。下流は道がかなり整備されちゃっています。自転車も通ったりして面白くない。行くなら上流側がよござんす。

↓前日か前々日かの雨で濁って水量あります。落ちたらえらいこっちゃな。

8672_140928senkawa

ほどなく「三郡橋」。みごおりばし、と読むそうです。意味は・・・わかりません。

8674_140928migoori

対岸に古そうな手すりが残っています。

8675_140928migoori

千川上水が生活用水の役を果たしていた頃には、この古い手すりのすぐ向こうを人々が行きかっていたのでしょうかしら。

↓で、橋を過ぎるといきなり舗装でなくなります。道路の向こう側です。

8673_140928senkawa

↓ふりかえるとこんな具合。

8676_140928senkawa

自転車が通ろうと思えば通れますが、この日は通行する自転車なし。通行人もなし。散歩向きの小道です。

上水の向こうの西東京市からの眺めです。川べりが親水公園だからか、あるいは昔日に大根洗ったりの生活用水だったからか、水場があります。降りてくる階段も。

8678_140928mizuba

田舎育ちの旧型日本人には、川で洗い物をするのは至極当然のことでしたが、都会の川を見て育った現代人には、「ええーっ」(そんなばっちいことを)でしょうね。

武蔵野市にある「NTT武蔵野研究開発センタ」通称電通研近くの道路は、地図で見ると立派な通りですが、現実は土地収用が途中なのか、わけのわからん地帯があるところです。

で。

西東京市側から見た「水場」。草茫々。降りる階段も草茫々。

8679_140928mizuba

人々の関心が無くなったから・・・じゃなくて、道路拡張のおかげで、向こう側の歩道が削られちゃったからでした。

以前、そうとは知らず歩き始めて、れれれ途中から道がない。車行きかう車線の端っこをおっかなびっくり歩いたことがあります。

武蔵野市側に戻ってしばらくのほほんと歩いていましたら、いきなり警察車両が横付け。警官が降りてきました。

げげげっ、ワッワッワッ、ワタシ何も、ししし、してませんです、あ~れ~

8681_140928nezumi

違いました。警察コーンを並べ始めました。白バイも待機して・・・そう、あれですよ、あれ。

ネ・ズ・ミ・捕・り。

もう少し先の植え込みの陰に小さな机を置いた警官が隠れていました。いや”待機”していました。

8682_140928nezumi

路上のスピーカーみたいのが計測装置のようです。

おほほ、ネズミ捕りね。ネズミのみなさん、スピード出し過ぎちゃいかんですよ。

千川上水にはいろんな橋がかかっています。橋と橋の間隔は短いのですが、それでも不便なことがあるようでして、こんなことも↓。

8680_140928hasi

手前には踏み台まで設置しています。これは上等な方。

↓どうやって渡れと。

8683_140928hasi

丸太の一本橋。ちなみにこの丸太、擬木というヤツです。どこの柵をぶち壊して調達したんじゃ。

↓景観には溶け込んでいますけど。

8684_140928hasi

この先は、川べりも広く、散歩最適コースとなります。

8688_140928senkawa

ええ雰囲気でっしゃろ。舗装なんぞしてくれんとき。(何方言じゃぞい)。

8689_140928senkawa

武蔵野大学(旧武蔵野女子大)の近くに「石橋供養塔」がありますが、以前は塔を眺めるだけで通り過ぎました。

で。これが「供養」されている石橋でしょうか。

8690_140928isibasi

この手の構築物は、じっと眺めていると吸い込まれていきそうな感じがします。暗闇の向こうは江戸川乱歩描くところの魔都東京みたいな・・・

招きよせられないうちにさっさと帰ることにしませう。これにてお終い。1時間ちょっとでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

台風接近中

東京地方に大型台風18号接近中です。

大雨の中を仕事場に出てきました。ぐしょぬれになりまして、タオルでふきふ。ピークはお昼頃でしょうか。歯医者の予約してます・・・

鳩も避難中。

8699_141006hato

どこぞのお宅のベランダの物干し竿にひしめいていました。ぼかした下の方にもいました。

鳩は目を付けた家には、追い払っても追い払ってもやってきます(経験済み)。対策は網を張るしかありませんです。このベランダの主様に同情申し上げます。

仕事場のベランダでは蝶が避難していました。

8701_141006tyou_2

目が合って、少し羽を広げた時に赤い模様がちらっと見えました。ナニ蝶でしょう。相変わらず無粋なもので・・・

(ツマグロヒョウモンかしらん)

前日、自宅のベランダのむかごを避難させました。避難じゃなくて収穫か。放っておいたら風雨に飛ばされてしまいます。そんなもったいないことができましょうか。ぶちぶちむしります。

8694_141006mukago

皮が固くなっているようなので、一晩水に浸けておき、それから笊でごりごりこすって流し塩少々をまぶしたものを、昆布出汁(実は昆布茶)を入れて炊きました。

↓ふっふっふ。本日のお弁当。

8695_141006mukago

茶色いのは香ばしいおこげです。んめえ~。

8698_141006mukago

アップで見ると、ジャガイモ丸ごとみたい・・・

さて、仕事の納品どうしましょ。台風が通過するまで、すっとぼけましょうかしら。

(追記:東京地方は11時には雨があがり、12時過ぎにはピカピカに晴れました。残念なことに、お隣の神奈川県で被害が出ています。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

てふてふがとほほ

140922_8668tyou

例によって野暮なもので、蝶々の名前はわかりませぬ。先月道を歩いていたらひっくり返っていました。お亡くなりになっている様子でした。ぴらーっと表にかえしたら、生きてるみたいに見えます。

(追記:アカボシゴマダラでした。教えていただきました。)

そのうち蟻さんが運んでいくでしょう。命は巡る・・・

本日やっと仕事のめどがついて、心置きなく週末を楽しめると思ったらぬか喜びでした。夕方原稿が入るからね~、と連絡がありました。納品は週明けかも。

(仕事があるのは幸せなことなんですよ。分かってますよ、そんなこと・・・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »