« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月26日 (木)

時代の枠 あるいは昔の映画

昔、映画好きでした。

昔、映画は封切館の後は「名画座」で見ることができました。

名画座は数多あり、安い上に3本立てなんぞもザラでしたから、映画好きで金のない若者は暇さえあればあちこちの名画座に通いました。

封切館へ話題の新作を見に行くのは、デートだとか、ちょっとしたイベントでした。

ワタシの映画青春時代は1970年代です。

それ以前の年代は片田舎で思春期やってまして、それ以後の年代は子持ち勤労者やりまして、そのまた以後は老親問題がありまして・・・

早い話、映画三昧だったのはほんの10年間ぐらい。

で。

余裕の出てきた近頃、見る映画といえば、その1970年代に見たものが多い・・・

早い話、最近の映画が面白くないのね。

これって、凡人の宿命です。

時代の枠組みから離れられない。

人格形成期に見た映画はしっかりオノレの内面に組み込まれてしまっている。

で。

それではダメでしょ新しい動きに敏感にならねば・・・なんてこと、考えもしません。昔見た「名作」に新たに心動かされているのですよ。

いいじゃありませんか、この先下り坂のお年頃なんだからほっといてくれや。

(ダレもかまってませんけど)。

という長い前置きの後に、ワタシの好きな映画100。

(100もありゃしません。景気づけ)

順不同です。思い出した順かな。

YouTubeで結構見られます。

当然字幕なし。あっても理解不能な言語だったりします。

『首輪のない犬』(Chiens Perdus Sans Collier フランス 1955年)

いきなり田舎時代にTVで見たのをトップに出しちゃった・・・2013年のブログに書いてます。

『だれのものでもないチェレ』 ( Árvácska ハンガリー 1976年)

2010年に再公開されましたが、個人的にゴタゴタしてまして、気がついたら上映終わっていました。残念。

1930年代の独裁政権下の貧しいハンガリーで孤児であったら、それは人間であることを意味しない・・・

↓孤児チェレが唯一親しんだおじいさん(Nagyapa)。しかし、老人の命は長くはない。

140613t3

冬に備えて豚の屠殺場面。

140613t1

流れ出る血を容器に受け、固まらないようかき回す。

しかし、こき使われたチェレに御馳走の分け前はない。

↓老人と過ごした牛小屋で、今は一人祈りを捧げるチェレ。

140613t2

火は倒れて藁に燃え移り炎上する・・・

ハンガリー語はさっぱりですが、Nagyapa(おじいさん)だけは覚えてしまいました。

『シベールの日曜日』(Cybele ou les Dimanches de Ville d'Avray / Sundays and Cybele フランス、1962年)

DVDが出ていますが、ラストの重要なシーンがカットされているいないでネット上に様々な説が出ました。

ワタシはカットされていないプリントを名画座で見ています。

Cybele

Cybele1

Cybele2

Cybele3

改めて見直すと、死のイメージがちりばめられています。

上から3番目、森の中、ピエールに死体のように抱かれて歌い続けるフランソワーズ。

2番目、占い師から盗み出したナイフは重要な小道具。

4番目、ピエールにナイフを向けるシーン。知らない人が見たらまるで「殺害が行われようとしている場面」。がフランソワーズはいとおしげにナイフを自分の顔にあて死を語る。

・・・カットされたシーンへの伏線になっているんと思うんですけどね・・・それでもあの場面、カットしちゃうんですか・・・

『愛の嵐』(Il Portiere di notte / The Night Porter イタリア 1973年)

これもDVDが出ていますが、ネット評によると画質が良くないとか。

シャーロット・ランプリングがナチの軍服着せられ(半裸)で歌う頽廃的な場面が忘れられません。

Night

倒錯のお嫌いな方にはお勧めしません。

『国境は燃えている』(Le Soldatesse / Camp followers イタリア 1959年)

今のところYouTubeには予告編のみ。DVDはブラジルでのみ発売。

第二次大戦下、イタリア占領下のギリシャは困窮、女たちは生きるためにイタリア軍に・・・

Marie2

英題の意味は「従軍×××」。切ない話です。

Marie1

執念でネット全体を探すとfull movieがあるようですが、いずれも外国のサイトで、登録が必要だったり、何かのダウンロードが必要だったり、あるいはいきなり画面が始まるものの、2時間も接続している間に何かしこまれるんじゃないかと不安を覚えたりで、おすすめできません。Le Soldatesse 1965。

(写真はイメージ検索からお借りしました。出所は外国の危ないサイトかも。)

『家族の肖像』(Gruppo di famiglia in un interno / Conversation Piece イタリア・フランス 1974年)

YouTubeには断片だけ。DVDでてます。

(デジタル・リマスター 無修正完全版ですって・・・)

ルキノ・ヴィスコンティ監督。監督お気に入りの美男俳優ヘルムート・ベルガ―がドイツの過激派学生を演じていました。

Conver

右翼に袋叩きにされる場面は、『ガラスの部屋』でレイモンド・ラブロックが内ゲバで襲われるシーンと通底しているようないないような・・・

『ガラスの部屋』(Plagio イタリア 1969年)今のところYouTubeには予告編のみ。

DVDが出ています。唯一日本のみだそうです。画質がとても良いとか。

引き込まれた映画ですが、正直言ってもう一度見るのが怖い。あの感性が自分に残っているか不安で。

Plagio2

『モア』(More ルクセンブルグ 1969年)

ドイツ人の健全な若者が旅先で知り合った女性に引きずられてドラッグ中毒となり、ぼろくずのように命を落とす話。YouTube上での視聴年齢制限あり。そんなにヤバイ話だったかしら・・・ミムジー・ファーマーに惹かれました。

制限無しバージョンもあり。MORE 1969 Subtitulada。ほとんど同じだと思うんですけど。

どっちも画質はよくない・・・

Original Trailerがきれいです。

音楽がピンク・フロイド。DVD出てます。

More1

ミムジー・ファーマーがとにかく魅力的。

ネットには「変態映画ファンのミューズ」という評も。

More2

これももう一度見るのが怖い映画。

あ、でも、もう一度見たくなってきた・・・

----------------------------------

結末が悲惨なものばかり・・・ よっぽど人生辛かったのかしらん。

他にも好きな映画はあります。

『反撥』『袋小路』『地球に落ちてきた男』『惑星ソラリス』『悲しみよこんにちは』『気狂いピエロ』『その男ゾルバ』『去年マリエンバートで』『黒いオルフェ』・・・

邦画はどうした。

日活ロマンポルノも含めて結構見たはずなんですけどね、うーん、思い出せない。『8月の濡れた砂』とか・・・いや、見たくて見られなかったのかな・・・

敏八監督の『赤い鳥逃げた?』の桃井かおりの白黒ショーは覚えてますけどね・・・

いずれまた。

待て、ハリウッド映画はどうした。

見てますよ。

『さらば愛しき女よ』『俺たちに明日はない』『ガルシアの首』『ディアハンター』とか・・・

もっともっと見てるんですけど、ハリウッド流ハッピーエンド映画はどうも記憶に残らなくてえぇぇぇぇ。

(そういえば1990年代後半にレンタルビデオでアメリカ映画を見まくりましたわね。)

でね、思うんですよ。好きな映画のことを話すのは、こっぱずかしいと。

冷蔵庫の中身を公開してるみたいだと。

----------------------------------

恥かしついでに冷凍庫の中身も公開。

片田舎の青少年期、観たい映画は地方まで来ないこともありました。というより多かった。

『ブーベの恋人』(La ragazza di Bube イタリア・フランス 1963年)

どれほど憧れたことか。いまだ見ていません。

YouTubeには今のところ予告編「ブーベの恋人」と部分的なものがあるだけ。

(La ragazza di Bube - Luigi Comencini (1963) English subtitles)

DVD出てるんですけどね。高騰してる・・・

『ナック』 (the knack イギリス 1965年)

おしゃれな映画らしい、と思い続けていました。

かのモンティパイソンの国のリチャード・レスター監督です。

DVD出てますけど、高いな・・・と思ったら、ぶつ切りですがYouTubeにありました。

つなぎ合わせてみればいいんです。the knack  1965。

つぎ、TVで一度みただけでもう一度見たい映画、

『河は呼んでる』(L'eau Vive フランス 1958年)

DVDがありましたけど、18000円だって・・・じょーだんじゃない。

YouTubeには影も形もなし。

と思ったらありました。

昔白黒テレビで見たので白黒映画と思い込んでいて見逃していました。カラー映画でした。

L'eau vive en entier。 おほほ、見るざますよ・・・

というところに仕事入稿。あ~れ~、片付くまで消えないでいておくれ。

も一つ、ついで。題名が恥かしい『傷だらけのアイドル』

邦題が悪いんじゃい。原題:Privilege(特権) イギリス 1967年。

田舎のブリティッシュロック好きには必見なのに見られない幻の映画でしたぞ。

おお、YouTubeにある。Privilege (1967)

仕事片付くまで消えるなよっ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

ワニさん、お散歩

日曜日は雨降り。

おうちであれこれお片付けなどしてましたが、お昼すぎて雨やみそう・・・

図書館に本を借りにいきましょ。ついでに少し歩きましょ。

そんなに遠くに行きません。

8426_140622senkawa

千川上水沿いをとことこ・・・

雨降りの後は水嵩が増してます。こういう時は川に入っちゃいけません。

でもね、いつもと違うから子どもには魅力的。そおっと家を抜け出してね、そおっと・・・

8429_140622wani

そおっとと言ってるのに、ワニさん、大手を振ってます。ばれるでしょ。

千川上水は行政区の境を流れています。

玉川上水から分岐してしばらくは、武蔵野市と西東京市の間を。

それから武蔵野市と練馬区の間。

すなわち、お互い川向うはヨソの町。

このワニさんは練馬区の「関町カトレヤ幼稚園」のワニさんです。他にもいろんなキャラがいらっしゃいましたが、このワニさんが一番楽しそう。

練馬区は大根が有名になってしまいましたが、いろいろ栽培しています。

↓これ、な~んだ。

8428_140622cabe

水も滴る、いいキャベツ。

8427_140622cabe

おほっほっほ。キャベツ帝国陸軍独立歩兵連隊が人類を食い尽くすぞ~

8430_140622cabe

みたいに押し寄せるキャベツ畑の向こうの森みたいなのは、千川上水の木々です。

貴重な緑地帯ですのよん。

練馬区側に深入りしたい気分ですが、地図を持ってきてませんので、上水沿いに帰ることにします。

(紙の地図が頼りのアナログ人間です。)

↓橋の向こうが地元市です。

 赤いのは、農家の産直販売のノボリ。

8431_140622senkawa

えーと、ここは何橋だったかな・・・東北裏橋かな・・・

東北・裏橋ではなく、東・北浦橋のはず。

↓で、これはなんでしょう。練馬区側から見ています。

8432_140622senkawa1

後ろの道と家屋が傾いているのは、実は塔が傾いているのをまっすぐに見えるよう撮ったからです。

「千川上水施餓鬼亡霊供養塔」とありますぞ。

「養」の字は「美+良」になってますぞ。

上下関係が左右関係に入れ替わっておりますぞ。

練馬区の資料によりますと、

〈吉祥寺橋近くには水難者を慰める千川上水施餓鬼亡霊供養塔があり、「右ハ田無小金井道」、「左ハ吉祥寺停車場井之頭道」などと刻まれており道標にもなっています。〉

だそうでして、あれ、吉祥寺橋ですか。

いんや、吉祥寺橋は下流側の次の橋だと思ったんですけどぉ。

とにかく橋。

8433_140622senkawa

結構、水流れてます。

8434_140622senkawa

で、手すりのすぐそばに履物が揃えてありまして・・・

8435_140622kutu

まさか身投げ、じゃないですよね。うーん、何があったのか。

靴の主、ウチに帰ってこっぴどく叱られた、くらいで済んだんならいいんですけど。

↓で、どこのお寺の入口?

8436_140622seikeijp

成蹊大学の「西門」です。

〈1939(昭和14)年岩崎小弥太元理事長の鎌倉の別荘の正門が移築されたものです。〉 大学のHPから。

そうなのよね。三菱系なのよね。岩崎財閥系なのよね。

↓西門近くの秘密の花園みたいな小さな公園にて。

8437_140622ajisai

アジサイでしょうね。アジサイもあれこれ多彩。

キャベツも見たしアジサイも見たし、オウチへ帰ります。

あ、忘れました。千川上水の手前で見た風景。

↓サトイモの葉っぱに水玉ころころ。

8423_1406sato

小さい頃は、この葉っぱを傘代わりにしましたっけ。

あれ? 畑から勝手に引っこ抜いて、怒られなかったのかしらん。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

ぱんっ

ぱんつじゃなくてぱんっ。パンがぱんっ。膨らみすぎちゃった。

パンを焼こうと思って、前準備でドライフルーツ類を冷蔵庫内で水浸しにしておきました。

いちじく、ぷるーん、れーずん、らずべりー、他にもなにか。

で、じわじわと5日ほど経過しまして、さっさと作らないとまずいよ、という事態に至りました。

作るぞっ。

タミさんのパン焼き器 2」の要領です。

のつもりでしたが、さらに手を抜いて、前回量って取り分けていた粉以外は目分量・・・

それでも水だけは分量を守ろうと一応量ったのですが、水浸しドライフルーツの含有水分を失念しました。

結果、粉に対して水分多過ぎ。

膨らまないだろうって?

いんえ。

↓膨らみすぎるのですよ。

8404_140615pan

本来は中央に穴が開いているはずでしたが、どんどこ発酵して穴をふさいで蓋を持ち上げるとこまでいきました。

ひっくり返しすと、ほらケーキみたい。

8403_140615pan

テキトーに捏ねて、水浸しドライフルーツを入れた段階で、浸かりすぎてふやけたイチジクやプルーンがジャム状になって捏ねにくくて、オリーブオイルを追加して捏ね回し、

(オイルが入ると生地がまとまりやすくなります)

んじゃ発酵させよう、と思った段階で塩を入れ忘れていることに気づき、

一瞬「入れなくたっていいじゃないか」と思いかけた邪念を振り払い、

目分量で塩をぱらぱら入れてちゃっちゃっと混ぜ、「混ざってないよ」と思いながら発酵待ち。

こんなんでもパンはできます。

興味のある方はやってみましょう。失敗したらお焼きにすればいいんだし。

で、弱火のガス火で20分焼き、容器ごとひっくり返して10分焼きました。

↓見た目は悪いけど、おいしかったです。

8407_140615pan

この写真撮った段階で半分近く食べちゃった。

あはは、散歩のお弁当にする予定だったのに。

-------------------------------------

↓自宅の朝顔はネズミに食われて全滅しましたが、仕事場の朝顔は虫に食われながらもジャングル化しつつあります。

8417_140619asagao

この写真と同様なのが、あと3個ありますので、こちらはグリーンカーテン間違いなし。

ふっふっふ。

全滅後の自宅の朝顔は、懲りずに4回目の種まきに挑戦。

↓今朝見たら、芽を出し葉を出していました。

8418_140620asagao

周りを虫よけネットで囲んである、袋入り娘です。

さあ、四度目の正直で成長なるか。

(おネズミや、袋入り娘に手を出したら、こんどこそ罠をしかけちゃる。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

そぞろ歩き

そぞろ歩きとは、あてもなく、気の向くままにぶらぶら歩きまわることだそうです。

確かに、当てがなかったなあ・・・

日曜日の15日、ふらふらと吉祥寺に行きました。

ユザワヤでダイロン(染料)を買いました。

お気に入りのスカートに染みがついて、落とそうと酸素系漂白剤に漬けたら、なんということでしょう、まだらに色落ちしてしまいました。

塩素系じゃないのに。

仕方なし、染めることにしましょう。

他に買うものない。このまま帰りたい気分でもない。じゃ、以前来たときに工事中だった井の頭公園の西園に行ってみましょうと・・・

おもろない。

草茫々のまんまでいいと思うのに、整備されちゃって、奥の方はおガキ様用のカラフルな遊び場が見えちゃったりして・・・

昔どこにでもあった原っぱが懐かしい。

で、玉川上水沿いを遡って帰ることに。

上水の柵の向こうにアジサイが咲いていましたよん。

8413_140615ajisai

古いデジカメしか持っていませんでした。いつも通り撮ったら、色が全然違う・・・

モノは試し、とホワイトバランスを「日陰」に変えましたら正解でした。

実物より落ちますがアジサイの青が鮮やかになりました。

で、ついつい、道端の花なんぞをぱちりぱちり。

8414_140615yuri

なんの花でしょね。ユリだということはわかりますけどね。

8415_140615yuri2

白いユリ黄色いユリ桜色のユリ赤いユリ、でどうでしょ。

8416_140615yuri3

前後しましたが、おもろない井の頭公園西園光景。

8408_140615kouen

整備を望む声の方が多かったんだとは思いますが、田舎育ちはとかく、土が恋しい、むんむんする草いきれが恋しい。

↓小鳥の森の脇路。

8409_140615mori

人がいなくて、いい雰囲気です。

さて、そろそろ少し遠くにお出かけしたいですねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

カイガラムシ

サザエの貝殻蒸し・・・

アワビの貝殻蒸し・・・

エビも乗っけてカニもウニも乗っけてチーズも乗っけて貝殻蒸し・・・

レモンをきゅっと絞って、よーく冷えたシャブリの白なんか頂いて・・・

という妄想を吹き飛ばす事態発覚。

ベランダにローズマリーの鉢があります。お魚や肉をフライパンで焼くとき一緒に入れると美味しいんです。ららら、一枝取ってきましょ・・・

ぎいやあああ。

なんかいるぅ、可愛いローズマリーに宇宙生物みたいなのがついてるぅ。

8395_140612rose

焦ったのでピンボケ、じゃなくて早朝フラッシュなしでしてシャッター速度10分の1だからじゃなくて、やっぱりピントが後ろにあってます。マクロ苦手・・・

なんですか、このしなびた花のようなものは。

8397_140612rose

ネット検索して「カイガラムシ」と判明。貝殻虫ではなくて介殻虫です。

樹液をちゅーちゅー吸っちゃう害虫。

即、庭用トングでつまんで除去しました。

数匹、と思いましたが、目が慣れてくるに従い次々見つけて、計28匹つまみだし。

ベランダに来る鳥さんが食べてくれるかと、縁にならべておきました。

ここまでが昨日の出来事。

今朝見たら、鳥さん食べてません。不味いみたいです。どれ味見を・・・するわけありません。

で、ローズマリーを改めて点検したら、まだ5匹いた・・・

薬は使いたくないので、つまみだし作戦で対応いたしますです。

それでもカイガラムシはまだカワイイ。ウチのベランダにはありがたくない客が夜ごと訪れるようです。

おネズミ大明神。

食べるものなんかないよ、と思っていましたが、なければ何でも食べてやる、とネズミはたくましい。

朝顔をやられました。種をまいて芽が出て葉っぱが出たところをごっそりと。

朝顔って毒性じゃなかったんですかぁ。毒は種だけかなぁ。

そのうち食えねえと気づくだろうと、2回蒔き直して計3回やられました。蒔くほうがアホウか。

↓朝顔の痕跡なし。

8402_140612asagao

わさわさと朝顔が目を出し歯を出し、じゃなくて芽を出し葉を出していたのですよ。最後には土をほじくり返して根っこまで散らばしやがって。

さあ、どうすべえか。

朝顔のグリーンカーテン欲しい。大きくなるまで仕事場で育ててから持ってくるか。

いや、ネットに絡ませたいし・・・

しばし思案して、虫よけ網を買ってきました。筒状にして鉢をすっぽり覆って種を蒔こうかと。

やってみますよ。

気がかりなのは網が樹脂製だということ。食べたい一心でタッパに穴をあけるような連中ですよあいつらは。

やってみなきゃわかりませんので、やってみますよ。

で、これはなんでしょう。

8398_140612myouga

茗荷ですのよ。

8399_140612myouga

これも芽が出るとネズミが齧り・・・を繰り返されて、ようやく古いすだれで囲いを作ることを思いついたのでした。茗荷って日当たりの悪いところに生えるんだし。

今のところ無事です。ですけどね、いつネズミが茗荷のことを思い出すか。思い出されたらすだれなんぞネズミの歯の敵ではありません。忘れたままでいておくれ。

なんでもかんでもベランダで栽培するのはやめようと思いつつ、柿の種なんぞを埋めちゃったりして。

8401_140612kaki

出てきちゃったよ。

柿って盆栽仕立てにできるのかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

ちまちま思案中

もろもろ御無沙汰しております。

根性意欲向上心希望信念その他もろもろ欠如してる故ですが、それは大昔から分かり切っていたこと。

ここにきてね、ちょいとね、野暮用が積み重なりましてね・・・

という言い訳をしている間に何とかすべし。

悩みの一つが「パソコン買おうかどうしようか」

XPがねえ、PC雑誌で延命方法とか特集したりしてますけどねえ、結局通常の使い方はできましぇん。

XPのまま使いたいなら、MS社に有償サポートをお願いするか、シマンテック社に有償サポートをお願いするか、それとも・・・いずれも法人向けでして、単位がパソコン99台までは~円ですぅ、とか個人事業主なら「新しいの買うわい」と啖呵切りたくなるようなものばかり。

ハミングヘッズなるものも検討しましたよ。アンチウイルスソフト デイフェンダープラットフォームだそうですよ。ホームエディションなら無料ですよ。

うーん、「タダ」は何と引き換えになるのだろう・・・

うお~

だもんで、ただ今大型ノートPC検討中。

画面15.6インチ以上がいいな、17.3だといいな。

メモりは8GB欲しいな。CPUは~3.2GHz欲しいな・・・

安くないな・・・

がくっ。

気分直しに、自宅の冷蔵庫を整理しました。スパイス類がそろそろ過熟成になりつつあります。

以前はねえスパイス駆使してお料理なんぞしましたが、今は胡椒と山椒とナツメグとシナモンくらいで用が足りてます。

フェンネルだのクローブだのターメリックだの瓶の中で固まっちゃった・・・

もう使っちゃいかんです。始末するです。

GABAN社で統一してました。容器マニアとしましては空き瓶が捨てられません。ごま塩とかゆかりとか入れようと思いまして、ただ今乾燥中・・・

8394_140611bin

うーん、安全ラインで富士通とか東芝とかお高い国産PC買おうか・・・それとも・・・

と思案しつつ、傘をさして夕食当番のお買いものにいきました。

リンゴ1つ税抜228円、げっ高い(シーズンオフですよん。買うな)。

近頃お散歩してないので、帰り道はちょこっと寄り道して公園へ。

じゃーん、なんでしょか。

8390_140611sakura

芝生じゃなくて、桜の幹です。白いのは桜樹液。乾くと琥珀みたいになりますが、連日の雨降りでぶよぶよになってました。

(梅雨が明けたら琥珀採取に来ちゃるで。)

気分直しに穴も掘ってみました。

8389_140610

ベランダで増えすぎたマーガレットや菊を植えるところです。

小雨の中で穴掘り人夫をやりましたら、泥だらけになりました。

しかもスカートはいたまま。作業ズボンにはきかえろよ、と自分でも思いましたが、それがどうした、洗えば済むじゃないかと・・・

どこかでなにかを間違えているみたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

雨が降ります

雨が降ります 雨が降る 

遊びに行きたし 元気無し 

紅尾の郭公の尾が切れた

救急車呼びましょか 

輸血しましょか献血しましょか

いえいえ紅いのは抜けた尾羽の色

 

雨が振ります 雨が降る

昼も降る降る 夜も降る

お洗濯したけど 室内干し

じとじと湿ってカビ生えそ

乾燥機に入れましょか

いえいえそれは節電に反します・・・

 

何十年も生きていながら、春の後には雨季(梅雨のことネ)がやってくることをすっからかんと忘れておりました。

いきなり気温が下がって、新鮮にびっくりしています。北海道は別みたいですが。

このまま暑くなっちゃう、と焦って日よけを出したりしましたが、降るわ降るわ降りすぎです。日本列島びしょ濡れ。

近頃あらゆるものから節度というものがなくなりつつありますが、気象のタガのはずれ具合も相当のものです。

人類がその元凶だとも言われていますが。

しかしまあ、雨降りだと人類やる気が出ません。ワタシも逼塞(ひっそく)しております。

小人閑居してナントカを為す。

仕事場のジジイ様(元社長・・・昔ワタシが仕事を手伝っておりましたぞ。給料は売れたら払うと言われて結局・・・)関係の古い書類を整理し始めました。

自分のことは自分でやれ、と長年ほっておいたのですが、この先ジジイ様が自分で整理することはありませんでしょう。

万一の事態に備えて、何がどうなっているか明確にしておかねばなりませぬ。

で、整理しながら気が付きました。

ジジイ何回入院してるんだ・・・入院するたび医者を無視して勝手に退院してるんだ・・・

そのたび誰が後始末したと思ってるんだ・・・

いかん。

新鮮に怒りが込み上げてくる。

方向転換。

運気がよくなるよう、仕事場室内を片付けましょう。

ワタシが仕事をする範囲は片付いています。

それ以外がねえ・・・

玄関から開始。下駄箱開けたら、訳わからんもの一杯。片方破れた長靴とか、すり減ったスリッパとか・・・モロモロ妖怪になりかかってますぞ。

捨てますよっ。

傘もねえ、何本あるんですか。骨折れてるじゃありませんか。穴空いてるじゃありませんか。玄関の棚は使い捨てマスクの使用済みだとかゴミだらけじゃありませんか。

ワタシの運気まで吸い取られちゃうじゃありませんかーっ。

で、盛大に処分しましたぞ。

なんかすっきり。

もしかして断捨離ってこういうことですかね。モノが捨てられない人間ですが、他人のモノなら大胆に捨てられます。それって、断捨離じゃやっちゃいけないことらしいですけど。

けど、このままほっといたら、ジジイ様、自身の人生を捨てちまいそうです・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

暑い日々がやってきた

お暑うございます。

5月の末にいきなり真夏日が来ましたねえ。

3日ほど居座りましたねえ。

心もですが体の準備ができていませんで、疲れ果てました。

本日少し気温が下がりましたが、気温29度でして夏日。

「涼しいわ~」と感じるのは、どうにかこうにか「暑熱馴化」できたということでしょうか。

昨日は昼の部で出歩いたせいでしょうか、夜の部でいきなり睡魔に襲われました。

8時頃居間でテレビつけたまま爆睡・・・

はっと気づけば11時過ぎ。

あれまアイロン掛けしてないだよ。その前に洗濯物を畳んでないだよ。お風呂も入ってないだよ。明日の朝のお米研いでないだよ。げっ、借りてきた本やら洗うタオルやあれこれモノをカバンに入れっぱなしだよ・・・

どーでもええわあ

そのまま寝てしまいました。

今朝、目を覚ましてするのは大航海、じゃなくて大後悔。

歯を磨かないで寝てしまったなんて。

今後の人生、清く正しく美しく生きねば。

シャワー浴びて泡だらけになりながら、ただでさえ忙しい朝時間に風呂場の掃除なんぞを始めてしまうのでした。

で?

そろそろあちこち出歩きたいですねえ。いろんなモノみたいですねえ。暑い暑いとぐだぐだしてたらお楽しみを逃してしまいます。

(手帳の予定欄を見ましたら、おウチに閉じこもっていた日曜日の所に吉祥寺教会バザーと書き込んでありました。しまった・・・)

----------------------------------

IE11がココログ対応してないので(逆。ココログがIE11をサポートしていない)、google chromeでブログを書くようになったら、改行が変です。

ビューを「HTMLの編集」に切り替えてみたら、余計なタグ(<div>,  </div> ブロック要素)が入っていました。 

悪いけどジャマ。削除して、IEのように<p> </p>(段落)だけにして、「記事の作成」に戻って書き込み。

こうすると、リターンキーで改行されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »