« 用の美 | トップページ | きれいな花にはムシが付く »

2014年4月29日 (火)

花の中にいるナニカ

なんざましょ。昆虫の背中?

B0166140427sumire1

スズメガの一種?

B0166_140427sumire1

いえいえスミレです。違います。ムラサキゴケだそうです。

B0165_140427sumire

苔じゃなくて、ゴマノハグサ科。

じゃ、このミルク王冠の団体みたいなのなーんだ?

B0170_140427bakuti2

花です。

B0170_140427bakuti

こともあろうに博打の木だそうです。

B0169_140427bakuti

(セイヨウバクチノキ)

で、呪いの人形(ひとがた)みたいなのは?

B0175_140427tanu

こういう花です。名前は・・・聞かないでくださいまし。(キランソウかも)

B0175_140427tanu2

じゃ、このナッツてんこ盛りは?

B0160jp_140727matu2

松でしたよん。

B0160_140427matu

アップにするといろいろ面白いです。

↓これは暗い繁みに咲いていました。撮った写真は真っくらけ。

B0173_140427hana

画像ソフトで明るくしたら

「黄金花だっ」 →テキトーです。ホントの名前は・・・キエビネかなあ・・・キンランかなあ・・・

ちょうど前日、映画『黄金花 秘すれば花、死すれば蝶』を見たばかりでした。

「長年映画界で美術監督として腕をふるってきた91歳の現役監督、木村威夫がメガホンを取った長編第2作。」だそうで、出演は原田芳雄ほか豪華陣。

原田芳雄さんといえば、藤田敏八監督の『赤い鳥逃げた?』で東京砂漠だか愛情砂漠だか歌ったシーンが印象に残っていますが、老人役もさまになってましたねえ・・・

映画『黄金花』は、難解だという評もあるようですが、思うに監督が撮りたいように撮ったんじゃないんですか。まず撮りたいイメージありき。ストーリーなんか取って付けただけ。解釈しようなんぞと思わず楽しんじゃえ楽しんじゃえ。

↓黄色ついでにもうひとつ。タンポポじゃないですよね。オオジシバリかしら。

8354_140427popo

へへへ、枯草に隠れてるのは花じゃありません。

B0183_140427tokage2

カナヘビかな。しっぽが切れた個体でした。

↓見よ、この哲学的な風貌を。

B0183_140427tokage

いい加減な霊長類の部類は、へへへーっと平伏したくなります。

以上、4月27日の、東大田無演習林の休日公開でありました。

通称東大田無農場が見られる、といそいそお出かけしたのですが、やっぱりやることが中途半端、「東大田無」には二つの施設があって行事は別々ということを知りませんでした。

以前覗き見した北海道風の農場風景は「東京大学大学院農学生命科学研究科」の「附属生態調和農学機構」でした。

今回見学したのは「附属田無演習林」でした・・・

少し前のお花見公開が「附属生態調和農学機構」だったんだよお~ 来年まで待たなきゃなんないよお~

(平日なら1年中公開してるんですけどね・・・仕事サボって行くか・・・)

その帰りがけの都立武蔵野中央公園お花畑にて。

↓ちょび髭オヤジの団体・・・

B0188_140427hige

↓梅干し食べてスッパマン(古いっ)。

B0189_140427suppa

栽培種のスミレ(パンジー)にはいろいろな模様がありますが、顔に見えるものが結構多い。

写真にはありませんが、黄色花の中心に黒ベタがある種なぞ、まるでグラサンかけた髭オヤジ・・・

いい加減枯れかけチューリップにもなんだかねーいますよ。

B0186_140427tulip

シャキーンとハサミを振りかざす謎の生物。

B0186_140427tulip2

陸イソギンチャク科の「寄らば刺すぞ」です。(嘘です。)

↓我こそはセンジュヒドラなるぞよ。近う寄れ。我に食されるべし・・・

B0187_140427tulip2

↓ネスミだか宇宙人だか3人ほど西に向かってお祈りしているような・・・

B0190_140427tulip

肝心なことを忘れるとこでした。

東大田無演習林はこんなところでした。入口近くの庁舎。

B0184_140427kanri

中央遠方の木々の向こうは大型マンションが透けてみえます。

B0177_140427mori

周囲を住宅に囲まれた貴重な「自然林」です。

↓巨木あり。

B0161_140427mori

伐採された大木が積み上げられていました。写真は一部だけ。

B140427mori0163

え?と思った、春なのに赤いモミジ。

B0167_140427momiji

普通のは緑色です。

B0168_140427momiji

ひらひら手巾が揺れる・・・

B0180_140427hankati

ハンカチの木でした。

B0180_140427hankati2

人は少なかったですよ。

ホーホケキョ、とウグイスの声が近くで聞こえました。

が、姿見えず。鳥狙いと思しき方がカメラ構えて静止していたので、見える人には見えるんでしょうね。凡人の出る幕じゃない・・・

静かないい場所でした。片道1時間ちょいで歩いて行きました。この日はその後吉祥寺へも歩いて行ったので、久しぶりの3万歩越えでした。

|

« 用の美 | トップページ | きれいな花にはムシが付く »

おさんぽ3・西東京/小平市」カテゴリの記事

植物・あれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

住宅街の真ん中に、こんな演習林が残って
いるんですね。

まあ、ここに農場が出来た頃は、まわりは
武蔵野の雑木林と麦畑が広がっていたんで
しょうけれど。

散歩の途中に赤土の畑をみつけると、武蔵野
を思い出します。

投稿: なかっちょ | 2014年4月29日 (火) 10時35分

こんにちは^^
いつも楽しく拝見しています。
写真の解説の語り口が素敵ですgood
セイヨウバクチノキや、ハンカチノキは
新宿御苑にもあったので、懐かしいですlovely

投稿: ターコイズ | 2014年4月29日 (火) 13時11分

こんにちは~。
ははは、ミルク王冠には笑っちゃいました。うまいgood
マイマイさん視点、全開ですねdog

投稿: ジャネット・ぽこ・リン | 2014年4月29日 (火) 13時40分

なかっちょさん おはようございます。
「東大田無」は、千葉へ移転する話があったそうです。
近隣住民の反対運動と諸々の事情で、移転を免れたとのこと。
貴重な緑地です。
関東ローム層の赤土は、東京の思い出でしょうかhappy01

投稿: マイマイ | 2014年5月 1日 (木) 09時39分

ターコイズさん おはようございます。
コメントありがとうございます。
新宿御苑にもあったのですか。
(って当然かもしれませんね。)

ハンカチの木は人気があるようで、通りかかる人がみなカメラを向けていました。
花は高所にあったので、空の明るさに負けてしまいました・・・

投稿: マイマイ | 2014年5月 1日 (木) 09時43分

ジャネット・ぽこ・リンさん おはようございます。
まさにミルク王冠でしたよ。taurus
アップで見ると、いろいろ面白いです。

投稿: マイマイ | 2014年5月 1日 (木) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/525834/59546495

この記事へのトラックバック一覧です: 花の中にいるナニカ:

« 用の美 | トップページ | きれいな花にはムシが付く »